pacific0035'写真BBS

文学や史跡で登場するマチを旅しながら、折々、紹介することを心がけています。

生涯学習・釧路学・比較文化・地域創造演習 釧路湿原シニア大学・大学院2023・2024年次開設科目230306

2023年03月06日 10時57分42秒 | 催事
 ◎釧路湿原シニア大学・大学院(初年次)
 (春)「生涯学習Ⅰ」   生涯学習のWhy
 (夏)「釧路学Ⅰ」    乗算から乗数に転じた基幹産業、実は減算の始まり
 (秋)「比較文化Ⅰ」   変わる家族の形
 (冬)「地域創造演習Ⅰ」 「(広島市東区)歴史の散歩道」

◎釧路湿原シニア・大学院(初年次)
 (春)「生涯学習Ⅲ」   生涯学習のWhy
 (夏)「釧路学Ⅲ」    乗算から乗数に転じた基幹産業、実は減算の始まり
 (秋)「比較文化Ⅲ」   変わる家族の意味
 (冬)「地域創造演習Ⅲ」 「エコミュージアム 『北海文学』 女性作家の原郷土」

◎釧路湿原シニア大学・大学(二年次)
 (春)「生涯学習Ⅱ」   生涯学習のHow
 (夏)「釧路学Ⅱ」    加算から乗数に転じた基幹産業
 (秋)「比較文化Ⅱ」   変わる家族の意味
 (冬)「地域創造演習Ⅱ」 「(厚岸町湖南地区)あっけし史跡の杜公園」

◎釧路湿原シニア・大学院(二年次)
 (春)「生涯学習Ⅳ」   生涯学習のHow
 (夏)「釧路学Ⅳ」    環境に文化を読む
 (秋)「比較文化Ⅳ」   文化的多様性ーアイヌ民族文化ーの理解
 (冬)「地域創造演習Ⅳ」「エコミュージアム ふるさとの歴史の散歩道・くしろ元町」
              (担当 佐藤 宥紹 城山モシリヤ学コミッション調査役)

 生涯学習・釧路学・比較文化・地域創造演習 釧路湿原シニア大学・大学院2023・2024年次開設科目230306
 1988年2月、釧路老人大学院講座に出講して以来、年に一度。長く関わってきましたが、少しまとまった話を必要とするようになりました。
 公営で開設された北海道老人老人大学釧路校が改組され、釧路湿原シニア大学として民営化されました。2005年のことです。

 この経過をうけ釧路老人大学院は釧路湿原シニア大学院となり、在籍学生の卒業期は「湿原シニア」に移行したことを起源としています。
 近年、「大学」のネーミングが<独り歩き>するようになりました。「大学」に相応しい講座内容。そして「大学の名」に恥じない運営の透明性が必要になっています。
 地域の高等教育機関経験者の参画。その点が不可欠となりつつあります。
 「市内の高等教育機関を札幌の植民地にしないためにも」。
 そこまでは申しあげているわけではありませんが。
 他方でこの地を愛し、このマチで地域創造に尽力されている方に深甚の敬意を申しあげつつ。
コメント    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 「<自然の魅力を発信>&<... | トップ | 岩本橋(眼鏡石橋)-万田坑... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

催事」カテゴリの最新記事