pacific0035'写真BBS

文学や史跡で登場するマチを旅しながら、折々、紹介することを心がけています。

新しい掲示物が一点。「北海道遺産 史跡国泰寺跡」

2020年02月23日 10時28分48秒 | 旅紀行
 新しい掲示物が一点。「北海道遺産 史跡国泰寺跡」。

 2019年に指定があった。指定を記念してその一翼に表示が設けられて。

 写真の右手は現役の高等学校で、江戸時代は先んじて「アッケシ会所」が設置されていた。

 会所と寺院をむすぶ通路は、背後の公園地のなかにあって、寺院が湊、自然の泊まりに面していたシンボルでもある。

 被災、異時、異事、異変があると、そればかりか新年慶賀など非日常の交流が、寺院と会所のなかで取り交わされた情報の道。

 そこに桜が増えて整備がすすむ。その桜を育てながら、このマチが姉妹都市をむすぶクレアランス市との交流、交換を深めて、ゆきたい。
 「日豪交流の森<育てる>」はどうであろうか。
コメント

森のこみち 阿寒湖200102.

2020年01月11日 10時15分45秒 | 旅紀行
 森のこみち 阿寒湖200102.
 阿寒湖畔の泥火山域<ポッケ>から、稲荷神社もしくは国立公園駐車場の丘陵地を行く散策路。

 181230に泥火山域をあるくも気がつかなかった。木製階段が施され、かれこれ20メートル登攀して海抜440メートル付近。

 振り返ると阿寒湖に<ひとすじの氷の亀裂>。御神渡りではとなって、一枚を撮影。

 散策路には道路標識、植物の解説も施されて屋根のない博物館。

 ちょうどお昼に至る頃。アイヌ民族コタンの方まで出かけて昼食所の物色。「奏楽(そら)の森カフェ」と表現して「そらのもりカフェ」。


 平成29年をもって閉店とあって、驚き、至極。
コメント

6つのポイント 迂遠別橋・バス停物語191021

2019年10月20日 10時50分04秒 | 旅紀行
6つのポイント 迂遠別橋・バス停物語191021

バス停「迂遠別橋」は阿寒バスが運行する釧路駅・市立病院と阿寒町、阿寒湖畔をむすぶ定期便路線の停留所。

 釧路市桜田と釧路市阿寒町下舌辛の接点に設けられている。接点はウェンペツ川が境界となっており、川に架橋された迂遠別橋の名が、バス停名ともなっている。

 そこに六つのポイントを提示させてもらっている。

 ①河川名、②橋名、③変電所、④桜田・山花行き道道分岐、⑤青山林道が網走山道。⑥「wen・pet ウェン・ペツ」=悪い川の6点。

 あわせて、北海道内にみえる「wen・pet ウェン・ペツ」の地名。
 目梨郡羅臼町の植別川。標津郡標津町との町境、郡境に位置する河川。
 雨竜郡雨竜町にある雨煙別川です。JR北海道の駅で雨煙別駅という駅もある
 最後に夕張郡栗山町にある、雨煙別川。「wen・pet」は「何が悪いのかわからなくなっている地名の一つ」ということであるも。

 放送は10月21日 午後6時15分過ぎ。FMくしろ 76.1メガサイクル。鈴木直哉アナウンサーと対談の形で。
コメント

地域ガイドに真摯な取り組み 金星ハイヤー釧路191007

2019年10月08日 18時52分12秒 | 旅紀行
地域ガイドに真摯な取り組み 金星ハイヤー釧路191007.

いろいろ考え、暫くぶりに長距離ハイヤー利用で、スケジュールを確保。

 配車のドライバーさんは観光案内業務にも従事されている、そうで。「利用者からの問い合わせで多い項目は?」、と。

 1)案内で乗務する時には、「案内ポイントにまつわる<裏話>を挿入」。
 2)リアルタイムの話題を提供できるように、「道内新聞には細かく目をとおします」。
 3)「やはり<釧路湿原>には関心の高いお客様が」。

 そうですかー。往復すれば70キロの道のり。乗車率は4割ほどしかない、が。発注に不安もよぎったが。

 そこは前日に乗車したときの女性運転手。「大丈夫ですよー、行きます」「ゴルフのお客様がよく利用してくださいます」。

 この会社。平成21年に始まった「くしろ検定」には、社をあげて取り組んでくださっている。そこで、若者らと移動の時は、利用することにしているが。

 予定より結構、早めに目的地。車中で話しっぱなしの労をねぎらって、これからの健闘を期
したのであるも
コメント

夕映え二景 幣舞橋190928

2019年09月29日 06時58分03秒 | 旅紀行
 夕映え二景 幣舞橋190928.吟行会で<夕焼けツアー>のチャーター船に乗ると申す。

 「そうですか」「行ってらっしゃーい」。こちらは丘の上のレストランで夕食と決め込む。

 中心街でバスを降りて、橋をわたる手前でまずは岸壁から橋の上を。時刻は17時ちょうど。

 これから10月中旬にかけ、この時分には<夕映え展望>の客人があつまる。土曜日の28日は、ご覧のとおり多かったですよ。

 でわ、どのような夕映え?。客人の背後から一枚、二枚。今朝はその一枚をご披露。

 この日の夕日。ほどなく雲間にかくれて、光彩を放つもそれは瞬時。坂をのぼって<レストラン舞鶴>。

 「展望膳」なる料理を所望。あわせて「北の勝」の地元酒300CC.こちらは開封することなく自宅にもちかえる。なぜなら、24日に開封の銘酒、いまだに残量が二度分。

 そのレストランから眼下の川を一枚。暮れなずむ東方の<陽>の土曜日の二景.
コメント

報徳の里 豊頃町二宮190620

2019年06月26日 05時58分32秒 | 旅紀行
 報徳の里 豊頃町二宮。ハルニレの豊富なマチで。十勝国中川郡豊頃町。

 1)人跡から遠い、
 2)肥沃な土地を、
 3)川縁のほとり。

 興復社が選んで入地の今は、ハルニレの豊富なマチで。牛首別川のほとり。大樹町尾田への道をたどる。

 興復社事務所跡。
 記念のモニュメントの残る碑の公園。往時の建物が保存され、社長一族の墓碑も残る。コミュニティセンターが設けられ、人心のよりどころに<報徳のおしえ>が、筋をとおす。

 「芋ごじ」。
 強雨風の時だけでしたねー、「集まりが休みになった、のは」。「午後からの集会は、歩いて会合にでるには、午前では無理でした」。
 キツイときも励ましあって、結束。facebookで済ませるいま、face to faceの威力は大きかった。
コメント

土が違うかツツジ 布伏内「茶房 かくれんぼ」

2019年06月16日 09時30分50秒 | 旅紀行
 土が違うかツツジ 布伏内「茶房 かくれんぼ」。阿寒町雄別炭礦への途中。

茶房 かくれんぼ。その庭の木が威勢も姿勢もよろしくて一枚。

桜の幹が急成長。ツツジの花弁もまことに豊か。色あざやか、いきいき感がマチ中のそれとは異なる。

そうではあるまいか。葉の勢いは窒素分。根の成長は加里分。花弁のふくよかさはリンか。

肥料の三要素、そろって豊富か。花弁のゆたかさ。4月=福寿草、5月=桜、6月=スモモにライラック。
 10月紅葉。7-9月の名花、名物を考えたいところ。
コメント

出かけてゆきます 豊頃町二宮190620

2019年06月13日 06時38分32秒 | 旅紀行
出かけてゆきます 豊頃町二宮190620.二宮は豊頃町の西部に位置しています。

 北海道道湧洞豊頃停車場線と同じく尾田豊頃停車場線の交点が目安です。「二宮簡易郵便局」という機関も地図に図示されています。

 平地と丘陵の間を牛首別川 ウシシ・ペツ川が流れ、この川に「小川」という川、北部には山蔭川=「やまかげかわ」と読むのでしょうかねー。流れています。

 豊頃町の町勢要覧では、二宮を次のように紹介しています。
 「この地区は川沿いから開拓が進められました」。
 「明治27年(1894)頃から富山県人や広島県人が入植を始めています」。
 「明治29年(1896)二宮尊親興復社社長らが石狩や富良野付近を調査の後、十勝平野の調査に大津から入りました」。
 「望みの土地がなかなか見つからず、最後に二宮地区を探検調査しました」。
 「ようやく念願の土地を見つけ、二宮地区を事業地と決定し、入植を開始した」。
 「明治34年までの5年間で160戸が入植」「農地844ha、橋61個所、道路13,200m,排水溝51,000mを造成」。
 「その他宅地や防風林、薪炭用林など1,345町歩(約1,345ha)の二宮大農場が完成しまし」。

 榎本守恵先生が、『北海道開拓精神の形成』((雄山閣、1976年)という本のなかで、この二宮に入植した興復社の組織と営農の推移を紹介して、全国的に知られることになりました。
 『北海道の研究 第5巻』近・現代篇Ⅰ にも榎本先生の「北海道開拓精神の成立」が、収録されています。
コメント

硫黄山 摩周湖から神の子池への道

2019年06月12日 20時52分20秒 | 旅紀行
 硫黄山 摩周湖から神の子池への道。ともかく摩周湖第三展望台から硫黄山のカルデラを撮影したかった。

 動く車の中からの撮影はままならない、が。それでも何枚かは成功。

 硫黄山を卑近に眺めることができるポイントで一枚。硫黄山は昨年9月以来の仰ぎ見る光景。

 なにしろ暑い、逞しい、エネルギーにあふれている。男のヤマか。
 5月2日、広島生まれ、広島育ちで、現在は弟子屈在住。そうしたお方とともに摩周湖から、清里町、神の子池への道すがらで、一枚
コメント

十勝川新水路に旧河道、河跡沼をみる 豊頃町茂岩・豊頃それに大津。

2019年06月09日 06時27分07秒 | 旅紀行
 十勝川新水路に旧河道、河跡沼をみる 豊頃町茂岩・豊頃それに大津。

 十勝国中川町豊頃町。十勝国東南部の自治体。本年5月末の人口は5172人と。

 地図でみてみると、整備された十勝川新水路に旧河道、河跡沼の<入り組>を見る。

 河口の大津漁港には「十勝発祥之地碑」のあることが知られている。十勝内陸部へ入る移住者の上陸地にして十勝農産物の搬出港であった。

 大津に上陸した本州からの移住者は、十勝川右岸の地に開拓地を広げている。明治10~20年代のこと。

 鉄道が内陸へ延びるにつれて、このマチの趨勢は大きく変貌する。

 農産物積み出し湊の機能は釧路港に移転した。明治37年に豊頃駅が開業し、十勝川左岸に集落が形成される。

 十勝の港で重要な集落は漁村に転じ、域内の農産物は船ではなく貨車で搬出されることになる。

 大津にあった戸長役場は、さてどのような推移を経たか。所在地は茂岩に移る、と。

 そのあたりの経過は次期に。十勝川新水路に旧河道、河跡沼をみる 豊頃町茂岩・豊頃それに大津。今回は茂岩界わいの話題提供、で。
コメント (3)

草原の先に海洋島 開陽台ー国後島190502

2019年06月08日 11時52分28秒 | 旅紀行
 草原の先に海洋島 開陽台ー国後島190502.晴天、しかし春先。

 開陽台の展望塔から東の位置に、島。国後島と想像したところであるが。

 なんどか開陽台を訪問しているが、離島を見通すことができたのは、初めてのことでは。

 一行は、広島生まれ広島育ちながら、弟子屈在住のお友達。広島で学んで広島に居着いた拙宅の娘一家。

 保護者で同伴、拙宅の二人。孫たちは「なにがなんだか」の状態ながら、そこは今や「異郷とされる島」を手近に。

 弟子屈在住のお方に、感慨深くながめていただいて。ご案内いただいた<甲斐>が、あったということ。

 位置を示しておきたい。
 「+」印が開陽台展望台。それより「2時方向」にある島が国後島。泊山=535メートルが画像の山かどうかは、さらに検討。
コメント

東光薬品・岩見浜・益浦神社 「桜ケ岡五丁目 バス停物語001

2019年03月27日 08時08分38秒 | 旅紀行
 東光薬品・岩見浜・益浦神社 「桜ケ岡五丁目 バス停物語001」。
 
 五月の連休。今年はことのほか、大型で。休みといって、他所に出て行くのでは、汗したお金が域外に流出。

 毎日が休日ならば、ホットボトルに冷酒福司を詰め、出発。路線バス車内で「休日専用一日フリー切符」を求めて、ノンビリ路線バスの旅。
コメント

地域資源を生かしたにぎわいづくり 広島市東区 二葉の里歴史の散歩道

2019年03月10日 10時19分53秒 | 旅紀行
 地域資源を生かしたにぎわいづくり 広島市東区。「二葉の里散歩道」ルートは、平成23年から動き出している、と。

 江戸時代=天保年間から「二葉山」と呼ばれるようになった、その山麓に史跡・重要文化財・寺社が配置されている。

 地図で図示することとは別に、その訪問ポイントを群としてとらえると、三領域に区分されるらしい。

 1)二葉山 環境としての地形・植生・眺望の景観に、社寺・高射砲陣地・平和塔などヒトによる文化が定着。

 2)尾長東・尾長西 京都と下関の往復路に、戦国時代の終末期に由緒をもつ史跡、祈祷・祈願をことする仏閣。

 3)二葉山山麓 広島城、すなわち近世城下の築城で生み出された、「艮 ウシトラ=鬼門」装置と大名家菩提寺群。

 これに、特に3)に「平成 七福神巡り」のプログラムを重ねて、「歴史と平和、緑とやすらぎ」をテーマ。

 その意図は都市改造事業で街路、避難、高規格化をめざした空間に、「地域資源を生かしたにぎわいつくり」をめざす。

 広島市東区、JR西日本旅客鉄道株式会社・広島駅新幹線口周辺の「ブラッシュアップ事業」。ちなみに「ブラッシュアップ=□■(なになに)しなおす事業」か。
コメント

文化として馬を位置づける あやめケ原180625

2019年02月21日 16時43分28秒 | 旅紀行
 文化として馬を位置づける あやめケ原180625.花と霧、岬の海岸線で知られる厚岸自然道立公園。

 厚岸は、厚岸町の「厚岸」ではなく、厚岸郡の「厚岸」をさすので、あろう。江戸時代、区分と命名を施した松浦武四郎の見識。

 厚岸町と浜中町の町境に近い「あやめケ原」。馬が放牧されている。いつから放牧されたか。1980年頃と記憶するが。

 放牧目的は、放牧場が草を食してアヤメは残してくれる知恵というより、結果がはたらいた。

 管理主体がどこであるかは不明ながら、数頭放牧されている。自然繁殖しているかどうかは確認していないが、黙々、生草を食して、原っぱの<草取り>をしてくれる。

 アヤメの咲く時期には観光客が訪問し、催事も行われる。では、非観光シーズンは撮影好きな趣味の方が訪れている様子。

 平日、BSグリーンチャンネルをみながら、考えた。定期的に放牧場コミュニケツアーがあっても、よいか。

 放牧はそのままに、馬の健康、癒やし、コミュニケ作用。ナトリウムは濃霧の塩分で補給されるも植生、樹木との<互生>確認も。

根室市の沖、ユルリ島にも野生馬が存する。雌だけ6頭になったということで、昨春か1-2頭の補充を行ったとの報もあった。

 そのためには、管理主体の明示が不可欠かも。


(グリーンチャンネル)
 「日本の農業および競馬の専門チャンネル」。
 「日本中央競馬会(JRA)の関連法人である一般財団法人 グリーンチャンネルが運営」
コメント

高校体育館の片隅に 島義勇屋敷跡

2019年02月06日 08時44分20秒 | 旅紀行
​​  高校体育館の片隅に 島義勇屋敷跡.所在地は佐賀市与賀町1343ということか.

 佐賀城跡にある新装の「島義勇銅像」から「徒歩で5分」と、しておこう.

 浄土真宗本願寺派の寺院右手の取り付け道路が目印.約150メートル進む.

 1)家臣子弟、2)弘道館に学ぶ、3)蝦夷地探索を命じられる、4)北海道開拓使判官、5)明治7年刑死.

 北海道ではその業績が高く評価されるも、江藤新平と共に、佐賀の乱の指導者として不遇.
 副島種臣とは従兄弟されているが.文政5年の産まれ.

 屋敷跡と表示されているのは「明治になって生活」した地とされる.

 佐賀清和高等学校の屋内体育館がせまってきてる.その一隅に顕彰のモニュメントが配置.

 生誕地は「佐賀城下の精小路」、さて、どこでしょう.
コメント