pacific0035'写真BBS

文学や史跡で登場するマチを旅しながら、折々、紹介することを心がけています。

自分の人生の変化、人生の思いの変化が表現され、綴ること 馬場あき子200105ETV

2020年01月13日 08時56分43秒 | 放送
自分の人生の変化、人生の思いの変化が表現され、綴ること 馬場あき子200105ETV
カテゴリ:記録
​ 「(日本は)植民地をもった。もっとも卑劣なことは言葉を奪ったことです」。

 「(毎年、桜を読む、水を詠っていると)自分の人生の変化、人生の思いの変化が表現され、綴ることができます」。

 「歌は短い器のなかで言葉を凝縮でき」「ことばは日本語をみがく砥石」。

(以下、番組案内)
 歌人・馬場あき子さん、91歳。
 その原点は戦争体験。戦後の焼け野原の中ではじめて、自分が一個の“物”ではなく、一人の“人間”であることに気づいたという。
 その後、教師となり、歌を詠みながら、能や古典の研究にも打ち込んできた馬場さん。
 たとえ国が滅んでも、歌や芸能によって言葉が守られれば、人々の“いのち”は失われないと語る。
 常に心に一匹の“鬼”を飼ってきたという馬場さんの半生と数々の歌をたどり、話を聞く。【出演】歌人…馬場あき子 「​こころの時代~宗教・人生~「歌詠みとして今を生きる」 ​
コメント

森のこみち 阿寒湖200102.

2020年01月11日 10時15分45秒 | 旅紀行
 森のこみち 阿寒湖200102.
 阿寒湖畔の泥火山域<ポッケ>から、稲荷神社もしくは国立公園駐車場の丘陵地を行く散策路。

 181230に泥火山域をあるくも気がつかなかった。木製階段が施され、かれこれ20メートル登攀して海抜440メートル付近。

 振り返ると阿寒湖に<ひとすじの氷の亀裂>。御神渡りではとなって、一枚を撮影。

 散策路には道路標識、植物の解説も施されて屋根のない博物館。

 ちょうどお昼に至る頃。アイヌ民族コタンの方まで出かけて昼食所の物色。「奏楽(そら)の森カフェ」と表現して「そらのもりカフェ」。


 平成29年をもって閉店とあって、驚き、至極。
コメント

「欲望の資本主義2020」 nhk200104

2020年01月09日 19時36分45秒 | 放送
「欲望の資本主義2020」 nhk200104. 「やめられない、とまらない…、欲望の資本主義。日本はどこへ?」のサブタイトル。

 日本銀行の政策責任者が、ある意味それぞれ異なる立場で論じていたように思える。
 岩田規久男副総裁、早川英男氏。こちらは理事職経験者であった、か。

 「日銀が金持ちになり」は、国債の保有に歯止めがかからず大量に抱え込む現状。
 他方、株主としても特定の株を保有する姿は、先進国のセンターバンクたるに望ましい経営理念なのであろうか。
 いざインフレに転じたとき、歯止めがかかることになるのか。つまり、貨幣の価値を守る役割が後退し、中央銀行の意味がうすれる、責任を放棄することにならないのか。

 世界の富裕層、日本人ではソフトバンクとユニクロが名をつらねる。45位と40位。

 中央銀行がマネーをばらまくマネーゲームをやめて、「本当の需要」を喚起することが重要。だれかが、そう提案。

 大インフレに陥る危険。果たして「期待をコントロールできるか」。この3年、この番組がつづいているのでは。
コメント

660戸、3名の死者=真砂町大火 地域コミュニティ放送200113.

2020年01月08日 16時36分37秒 | 記録
 660戸、3名の死者=真砂町大火 地域コミュニティ放送200113.

 そういうことで、来週月曜日の放送は「真砂町大火」。市街地の戸数の三分の一が被災と言う大惨事。

 このマチの歴史のなかで一、二の惨事。一は釧路空空襲=1945年、二は真砂町大火=1901年かと。

 火元は真砂町=南大通、洲崎、入舟、港町を焼き尽くし、類焼を免れるは丘陵地の浦見町に、町はずれの米町のみ。

 火勢はひろがり難をのがれるため、浦見町の高台をめざして丘陵を昇る市民。体を支えるものがなく枯草につかまり、根元から抜け出す始末であった、と。

 当時の額で被災は13万9000円と。明治45年の物価で換算しても14億円にちかい被災。
 
 なぜにそうなった。230棟660戸に人口密集、単独世帯増加の側面。

 大型類焼火災にはマサ屋根、木造壁の非防火住宅。消火システムも未熟で手押しポンプが三台、貯水槽も水道も未設置。

 消防第一番屋も焼失の実際。1月13日、午後6時15分ころから。
コメント

崎 博充「日本人は自国の豊かさの現実をわかっていない」 200103「東洋経済」

2020年01月07日 15時08分18秒 | 記録
 岩崎 博充「日本人は自国の豊かさの現実をわかっていない」 200103「東洋経済」

民主党政権時代、2010年の1人当たりのGDPは4万3000ドル(約470万円、IMF調べ)。円高の影響もあるがピークに達している。 
安倍政権になった2015年は3万2000ドル(約350万円)に下落。
この現象は、政府が企業側にスタンスを置くか、労働者側に置くかで説明できる。
国の豊かさというのは企業が豊かになるか、労働者が豊かになるのかの違いと言っていい。
https://toyokeizai.net/articles/-/321681?page=4 「国の豊かさを4つの資本に分けると?」

1人当たりのGDP=26位が意味すること
それは「北欧諸国は、GDPの規模は小さいが、社会福祉制度が充実。質の高い教育環境が整備されている」。  「そういう意味では、日本は豊かな国とは言い難い」。

 経済大国、GDP世界第三位は表向きのトータルな数値。国民一人ひとりにあてはめると「世界26位」。

 観光立国をめざし外国人入りこみ客でGDPを600兆円にと申すも、外国へ旅することのできない国民の所得は、やがて国際批判を生みはしないか。
コメント

阿寒川・釧路川洪水100年 200106地域コミュニティ放送。第649話。

2020年01月06日 08時19分58秒 | 記録
 阿寒川・釧路川洪水100年 200106地域コミュニティ放送。第649話。

 本年は大正9年から通算して100周年となる。
今を去る100年前となると、さまざまな事柄が地域社会で起きている。

 その一つが「阿寒川・釧路川洪水」。
大正9年8月にはいって降りつづいた雨は8月9日までに236ミリに達した。
 とうとう出水。地域の新興中心街を冠水する被災となった。水が引いたのは実に8月15日。

阿寒川・釧路川洪水がわがマチに与えた影響。 
第一は、阿寒川がみずからその流路を変更したこと 
第二は、洪水のあった翌年から新釧路川を開削する工事が着工された。 
第三は、泥炭湿地におおわれた地域を居住活用可能地に転じた

 大正9年。 今を去る100年前。
「産業=量産化の確立期」
「都市=基盤整備の端緒期」
「泥炭地=居住地化の起点」 
総じて、この一年は「釧路川河口港の分岐点」とするにふさわしい。
コメント

庚子日出 200101朝 in 北海道東部

2020年01月04日 19時46分57秒 | 季節
 庚子日出 200101朝 in 北海道東部。集合住宅5Fからの観察。

 午前7時を期して、眼下4階建住宅の位置で日出。

 以前、さえぎる障害はなかりしも。太平洋岸は晴天。見事に顔をのぞかせてくれましたです。

 日出そのものよりも、近隣の雲間にあてる光彩が多様に彩りをそえたところが、焦点で。

 人の目の記憶よりも、レンズの記録はいささか平凡。そこのところ、一筆添えて、大正9年から百周年の春を刻すことに。

 令和庚子日出。
 晴天にめぐまれ、日の出に至る彩色が雲間に照り映えるさまは、夕暮れの光彩をうわまるかも。
コメント

<移動 兼 書斎>公共交通191205.

2019年12月24日 05時19分48秒 | 地域
<移動 兼 書斎>公共交通191205.

公共交通。
その持続のカギは、市民の「公共交通に乗る文化」。その定着と広がりにある。そうでは、あるまいか。

JR北海道がすすめる「かよエール 特急定期券」の吊り下げ広告。
「一人暮らしより断然おトク」と朱字記載。約10万円に×印をくわえ、「自宅で家族と暮らせて毎日うれしい!」

 「特急列車でラクラク通える」とは緑字で一筆。「毎日の通勤・通学時間がグンと短縮!」

「帰宅に困らない」は紫字で。「夜間も充実したダイヤで残業や飲み会があっても大丈夫」。

 <むすび>に「かよエールでゆとりの通勤・通学」とある。

ただし、ここまでに未記載の一項目が。それは「乗車中は読書や仕事」と緑の書体で示す。つづけて「時間の有効活用、渋滞のイライラからも解放!」、と。

道央圏。L特急のシステムが装備されている地域を念頭に、「二世帯にして一人暮らしするよりも」のキャンペーン。

公共交通は「移動 兼 書斎」。その暮らしを29年、続けたことがある。しかし、やめざるをえなかった。
その理由は。最低でも30分に一便のダイヤ。早朝、7時に目的地到着、夜22時台に便がなくては。
コメント

扁形の要因はなぜ 釧路駅前のイチイ樹木

2019年12月22日 10時07分31秒 | 景観
 扁形の要因はなぜ 釧路駅前のイチイ樹木。立派なイチイ。
 市内には釧路駅前、幣舞ロータリー=循環式交差点に据えられているのであるが。

 その樹木に異様が発生してはいまいか。幣舞ロータリーのイチイは先端部が枯れて、葉がない。ある意味、丸坊主。

 釧路駅のイチイは車線側の枝、葉ともに減少し、非車線側の駅舎方向の枝葉が辛うじて樹木の生体を維持する力を保っているかに見える。そうでは、あるまいか。

 それというのもツツジの植え込みで、車線に近い植え込みはかつての花の蕾が姿を消して、「葉の多いツツジ」に転じている。

 釧路駅前のイチイは、1972年かに移植された。
 移植当時の話題では羅臼、つまり知床半島の山中にあった樹齢1000年ほどの樹種を移植したということが言われていたように、記憶。

 まもなく2022年。移植後、半世紀を迎える頃にはまだ<けなげに>生きてくれてはいても、往時のバランスのとれた銘木も、いまやその扁形ぶりは否定しがたいのでは、ないだろうか。

 考えてみよう。多くの広葉樹にかこまれ、風を遮ってもらって、育った。落ち葉が腐葉土となって、供給される窒素、リン、カリ成分のバランスがよかったからこそ、ヒトあこがれる銘木となった。

 無情にも移植され、都心のシンボル樹木に。さて、移植をくわだてたのち、どのような管理が構想されていたのでありうか。

 それを超える交通量。誰に責任?。それはともかく、排気ガス社会が人類にも影響を、必ずや及ぼす。そのシンボルではと思うとき、市民は等閑視を許されないのかも。いかがであろうか。


コメント

念仏寺 化野に愛宕 さわやかウィンドー「嵯峨野」

2019年12月21日 06時51分36秒 | 放送
t-size:16px;">念仏寺 化野に愛宕 さわやかウィンドー「嵯峨野」 計10景ということか。

1)広沢池、2)化野・念仏寺、3)竹林、4)民家
5)保津川下り、6)嵯峨野のトロッコ電車が右岸を通過
7)渡月橋、8)野宮神社、9)道ばたの銘品店(野菜&竹製品) 10)愛宕念仏寺。

化野念仏寺と愛宕念仏寺の間は1.2キロ、徒歩17分と。

野宮神社、愛宕念仏寺、道ばたの銘品店は初の知見。広沢池はいまだ足跡を残したこと、なく。

広沢池の映像をみながら、「池、沼、湖」の違いがあるなー?の問い。

ネットと開いてみると、「大きくは違うは『泉』と池、沼、潟、湖」、ポイントはヒトの手による視点と、深さがポイント。

泉は湧水、つまり垂直の流量。池、沼、湖は横から流入、水平の水流量。池には自然と人工のファクターも加わる。


潟は砂州で河口がせき止められ、湖は水深5メートル以上。底土の土質も問題ながら、繁茂する植生の特質も判断のポイント

191219 nhkBS3「さわやかウィンドー 嵯峨野」の視聴記。
コメント

朝儀再興 「尊号事件」 生前譲位 光格天皇&松平定信191218

2019年12月19日 08時18分09秒 | 放送
 朝儀再興 「尊号事件」 生前譲位 光格天皇&松平定信191218

 光格天皇 第119代 安永9年即位 1)朝儀再興、大嘗祭など古制復活、2)「尊号事件」、3)生前譲位.

 とりわけ大嘗祭の祭祀をとりもどす、秘事再興には御所、築地塀の復興は<是非>であった。将軍家は当惑したらしい。

 総経費は81万両。時価に換算、810億円か。その出費を呑ませるに識者は、「劣位の朝廷、渾身の意地」と。

 将軍家の窓口は松平定信。出費を今回は負担。
 しかし、負担するには「将軍家=朝廷を尊ぶ恭順をしめすことで、下が上を尊皇する姿勢」。つまり松平は、「朝幕秩序」の定式化をはかる。

 大名家は将軍家を、家臣は大名を、農民は士族を。この<上向>思想で結ばれる家臣団組織。朝廷あっての幕府=東国政権の構図を明確に。

 他方で松平は、「尊号事件」に断固たる措置。
 黒幕の公家を江戸に召喚。吟味の上、蟄居・閉門などの措置を幕府がおこなう<荒ワザ>。

 光格天皇。
 朝廷の近代化をすすめ、「尊王思想」の底流を示すことになる、と。191218 nhkBS3「英雄たちの選択 そのとき歴史は動いた」
コメント

標茶 集治監のネットワーク191216

2019年12月16日 08時51分37秒 | 記録
 標茶 集治監のネットワーク191216。

 話の舞台を標茶町に移し、北海道遺産「北海道集治監釧路分監本館」開館記念フォーラムでの基調講演からです。

 高島幸次著『標茶町史考 前篇』から「第二章 北海道集治監釧路分監」の著作の構造を紹介。

 11節、4層の構造になっていました。
 <集治監の制度説明><集治監の機能><集治監の典獄、教誨師><集治監終章と標茶に設置された意味>です。

 高島幸次さんが「北海道集治監釧路分監」として紹介してくださった事は、大きな意義がありました。
 1)のちに三栖達夫さんが多くの著作を生み出します。
 2)それとは別に、集治監が「北海道産業近代化遺産群」を生み出した中核にあった点です。

 最後に標茶に開庁の集治監が、「北海道産業近代化遺産群」を生み出した点を紹介します。
コメント

富士夕景171002 機内にて

2019年12月15日 06時27分26秒 | 景観
  富士夕景171002 機内にて。いかなる用務で上京したか。帰路便で撮影の富士夕景。

 秋口の搭乗はしばしば、羽田から西にむかって離陸する。それより旋回、北にすすむのであるが。

 羽田からは急上昇。安定軌道にうつってほどなく右手にみえて機首がかわる。

 麗峯にあこがれるけれども、それにまして夕映えが見事。そうではあるまいか。

 午後の富士はその美景が他を圧するも、墨にいろどられた時刻の富士は、夕焼けに背景を染めてシルエットで存在感を示す。

 海からの富士を論じては、甲斐の国民、ご機嫌がななめ、か。「富士をみるなら中央本線の特急列車のビュフェから」。

 そうした託宣を耳に、機種は北に旋回、キブスをかえす。ゴメンナサイ。山梨のみなさん。せめて機内サービスのワインで乾杯。
コメント (1)

「日ノモト」の早暁 道東191210

2019年12月14日 06時20分40秒 | 景観
『諏訪大明神絵詞』の第□葉は、「當社ノ威神力ハ末代也トモ云ヘトモ」と、始まる。

このクダリ=件で「蝦夷カ千嶋トヘルハ我国ノ東北ニ當テ」と、始まる。
千の島は三領域にわかれと言及して、「日ノモト 唐子 渡党此三類」と続く。

その「日ノモト」の早暁。
午前6時40分25秒。自身ではかったわけではないが、美景とカメラをむけて撮影記録で記載をしておく。

怪なるや。
それでも新年は午前7時が日出となる。あと、二旬。日の出は冬至を期して遅れはじめるや。
(『諏訪大明神絵詞』 西尾市立図書館 愛知県 岩瀬文庫 国文学研究資料館)。
コメント

小さくなりました「-25%」 板かまぼこの板

2019年12月11日 08時16分38秒 | 記録
 「わーッ、小さくなったわ」。その声にはかってみました板かまぼこの「板」。

 「大」は戦後つづいた、伝統的「板かまぼこの『板』」。W=5.5センチ×L11.5センチ。

 「現」は小ぶりの板で、今日的「板かまぼこの『板』」。W=4.5センチ×L10.5センチ。

 「ひとまわり小さい」の形容ながら、その面積の差は「-24.7%」。四分の一は小さいことに。

 昔なら「値上げで」ことたりた、今日の食糧事情。価格は据え置きながら、容積が小ぶりとなって。

 小さくなりました「-25%」 板かまぼこの板。この前まで、バターがダブダブの箱にこぢんまりのバターの量。

 そういえば「ザル蕎麦」の量に、寿司の二握り。これまた往時の一人前が、現今の半分。時代はかわらぬ手法で、か。
コメント