スリーウェイシリンジ用、人気カテゴリ、 歯科医療従事者向けの歯科器材紹介

スリーウェイシリンジ用、人気カテゴリ、 歯科医療従事者向けの歯科器材紹介

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

唾液の分泌を多くする3つの方法

2017-09-27 14:02:57 | 日記

サラサラ唾液を意識的に分泌させる方法はこちら!歯面清掃用ハンドピース

1. よく噛む

1回の食事で20回、それも意識的に両方の奥歯で姿勢を正してしっかり噛むのがポイント。また、繊維質の食品や野菜、果物など水分の多い食品をよく噛んで食べたり、ガムを噛むのもいいでしょう。もし食事の際に片方の歯でしか噛んでいない人は、普段使っていない側でガムを噛んで鍛えると◎! あご周りの筋肉や関節への負担にならないよう、1回につき30分を目安に行いましょう。ホワイトニング機器

 

2. リラックスする

唾液の分泌は副交感神経がコントロールしているので、リラックスしたときに分泌されやすくなります。そこで、お口周りの筋肉が緩まる「上下の歯と歯を触れずに唇を閉じる」方法を試すと◎。舌の先端を上の前歯の裏にある口蓋ひだに触れて、舌全体を上顎に置く感じで唇を閉じます。その状態でいるとじわーっと唾液が出てきます。人と話さないときなど常にここに舌があるようにすると、簡単にお口の中がリラックスでき、唾液も分泌されやすくなります。また、お風呂に入りながらゆっくり丁寧に歯磨きを行うことも、非常に良いリラクゼーションになるのでおすすめです。

 

3. マッサージをする

若返りホルモンは耳下腺から分泌されるため、分泌を促すには耳下腺のマッサージも効果的。両手で頬と耳たぶの間(耳下腺)を円を描くようにマッサージしましょう。これに加え、耳たぶを優しく下に引っ張るとリラックスし、唾液の分泌が促進されますよ。

普段の生活の中でも、ちょっとした心がけだけで、質の良い唾液を増やせそうですよね。口の中を清潔に保ち、良い唾液と「若返りホルモン」を意識的に分泌させていきましょう!

 

http://teeths.prtls.jp/entry.html?did=9a878127e191a9

コメント   この記事についてブログを書く
« 日本学校歯科医会・川本強会... | トップ | 1日からできる!歯科医師が教... »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事