スリーウェイシリンジ用、人気カテゴリ、 歯科医療従事者向けの歯科器材紹介

スリーウェイシリンジ用、人気カテゴリ、 歯科医療従事者向けの歯科器材紹介

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

歯周病を予防するには、毎日の歯磨きと定期的な受診で口腔衛生を保つ

2018-09-27 12:08:09 | 日記

「歯ブラシでは6割しか汚れを落とせないので、11回はデンタルフロスをかけましょう。汚れは歯石となって蓄積していくので、定期的に歯科で取り除いてもらうことも必要です」

 

 睡眠時無呼吸症候群(SAS)の人は口呼吸になり、殺菌作用のある唾液(だえき)が減る。そのため歯周病が悪化して、口臭もひどくなることがある。SASの治療は命を守るだけでなく、口臭予防にもなるのだ。スリーウェイシリンジ

 

 歯科医は定期的に訪れる患者の口の状態に、変化がないかどうかチェックしている。都内の会社員男性(45)は月に一度訪れている歯科医から、こんなことを言われた。

 

「ブラッシングはできているはずなのに、歯ぐきの状態が急に悪くなっています。寝ているときに口呼吸になって口が乾燥しているのが、良くないのかもしれません。提携している病院の紹介状を書くので、SASの検査を受けてみませんか」 超音波スケーラー

 

 歯科医の勧めもあって検査したところ、SASであることがわかった。その治療を始めたことで、口の状態も改善したという。

 

 まれではあるが、がんなどの病気によって臭うこともある。

 

新谷院長はお酒が好きで居酒屋によく行く。そこではたくさんの中年男性と出会うが、「危ない」と感じる臭いがあるという。

 

「がん探知犬ではないですが、長年歯科医をしていると、がんの臭いがわかってきます。なんとも伝えにくい臭いですが」

 

https://luccye1.ti-da.net/e10729736.html


コメント   この記事についてブログを書く
« がん、糖尿病もわかる!? ... | トップ | 福岡市長選 医療団体、高島... »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事