徒然日誌

映画、演劇の感想はおそらく例外なくネタばれ注意!です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

映画「レ・ミゼラブル」鑑賞(ミリオン座)

2013-01-05 | 映画2013
レミゼフリークとしては、これは外せない!と思い、行ってきた。かなりネタばれなので、鑑賞予定の方は読まないほうがよいかも。
ミュージカル版をそのまま映画にした感じ。ミュージカルでおなじみの音楽がそのまま出てくるので、気を抜くと思わず日本語版の歌詞で歌ってしまいそう(苦笑)。レミゼといえば、反射的に涙が出てくるので結構最初から泣いてたりして(爆)。
しかし、かなりミュージカルのまんまなだけに歌でつなぐストーリーって感じで、ミュージカルを見ていない人にとってはどんな印象だったんだろう?展開もかなり速い。いろいろといいたいことはあるのだけど、一番いいたいのはエポニーヌの出番を減らしたな!といったところ(笑)。一番いただけないのは、ミュージカルでエポニーヌがマリウスから手紙を預かりコゼットに届けるつもりがバルジャンに渡してしまうシーン。あれは、エポニーヌを砦にこないようにという意味も込めてのお使いだったと思うのに、そこが少し変えてあった。映画では、マリウスと思いを通じさせたコゼットがバルジャンに言われて移動するときにマリウスへの思いを手紙に書きおきして門に挟み込み、戦闘が始まる前にそれをエポが見つけて持っている。戦闘が始まったあとでエポは手紙をマリウスに渡すがそのときは既にエポは撃たれていてそのまま死んでしまう。これじゃ、バルジャンが砦に来るきっかけが無いじゃん!と思ったら、なんとガブローシュがマリウスの手紙を持って、移動先の住処にお使いに。ここが不思議。なんでガブローシュは移動先を知っていたのだろう?という疑問も残るし、わざわざガブローシュにその役を担わせる意味はあまり無いんじゃないかな。このシーンはミュージカルのほうがすっきりしていて好き。あと、もうひとつそりゃないよと思ったのは、市長であるバルジャンが倒れた馬車に挟まった人を助けるシーン。ミュージカルでは廻り舞台で目の前で起こっている事故に対して市長が助けに入るというのは結構自然な流れでよかったんだけど、映画は室内でバルジャンと話しているところに「市長」と呼ばれて外に出る。馬車の事故にわざわざ市長を呼ぶというのはとても不自然に思える。うまいと思ったのはいくつかある追加されているシーン。一番わかりやすかったのはマリウスのおじいさんは大金持ちってところ?(笑)ミュージカルではその存在は出てこなかったし原作の本でも出てこなかった気がするけど、映画では前振りと最後のシーンで登場する。実際、ミュージカルでは、助かったあとの結婚式で急にきれいな衣装で登場するのでどうなってるの?と少し思っていたので、妙に納得してしまった。あと、最後のバルジャンが神に召されるシーンで、ミュージカルではファンテーヌとともにエポニーヌが登場して、一緒に歌いながら3人で昇天するイメージなんだけど、役柄的にはバルジャンとエポニーヌはまったく関係ないので登場するのは実は不自然だと思っていた。映画では、やはりエポは登場しない。そのあとの砦メンバーの回想シーンで登場する。まあ、まんまといいながら、そこそこ異なるところもあるってことなんだけど(苦笑)。
ああ、砦がちょっと貧弱だったかなー(苦笑)。でも、街中だから、後ろから来られたら、砦も意味が無いんじゃないかと思ってしまった。印象的だったのはアンジョルラスの死に方。砦ではなかったまでも、ミュージカルと格好が同じだった。…って、書き始めたら止まらないなぁ。なんかとりとめなくなってきた(苦笑)。
私はミュージカルのレミゼが大好きなので、この映画もよくできてると思うしいいんじゃないかと思う。ミュージカルを知らない人の意見がぜひ伺いたいところ(笑)。
コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 舞台「音のいない世界で」鑑... | トップ | 映画「さよならドビュッシー... »
最新の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ネタばれということなので (bunkichi)
2013-01-06 12:33:48
あけましておめでとうございます(*^^*)
ネタばれということなので、実は読んでませんが、火曜に見に行く予定にしてます。
めっちゃ楽しみ。
今年は新生レミゼを見れますね!
大阪もくるので、是非チケット取りたいです!
今年もよろしく~
ああ無情 (後藤 純一)
2013-01-06 22:10:29
ごぶさたしています。

舞台は見ておらず、原作ではなく、
小学校で読んだ子供向けの「ジャン・
バルジャン」のお話が印象深く、記憶に
残っています。

そのせいか、ヒュー・ジャクソンが
ジャン・バルジャンとしては
(わたしには)若すぎ、インテリ風に
見えて、むかし読んだ「お話」の
主人公と違うという気持ちが
残って、いまひとつ楽しめません
でした。

アン・ハサウエイがよかったです。

やあやあ。 (sachi@管理人)
2013-01-09 01:27:35
bunkichiさん、お久しぶり!今年も宜しくお願いします!
今日ですね、行きましたか?
なかなかミュージカルって感じだったでしょ?レミゼは好きな歌が多いので、大好きです。
名古屋も来るような気がするから、久しぶりに見に行ってもいいなぁ!なんてね(笑)。
コメントありがとう。
ご無沙汰です。 (sachi@管理人)
2013-01-09 01:30:42
後藤さん、こちらこそご無沙汰しています。お元気でしょうか?
アン・ハサウェイはよかったですね。意外に声も出てたし、歌える人だったんだなーと感心しました。
「ああ、無情」ってタイトルが少しなつかしい感じがします。
私も小学生の頃に読みました。
ただ、レミゼにはまってから、文庫本5冊の原作もしっかり読みましたけどね(笑)。

コメントありがとうございました。

コメントを投稿

映画2013」カテゴリの最新記事