鈴木ナオミ劇場 舞台裏

鈴木ナオミ活動報告まとめ版

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

The human.というBANDその2 & プリンセスダイアナ展

2009-08-06 18:40:50 | Weblog
The human.というBAND。
前回のブログでも紹介したニッポンのバンド。

世の中に送り出すと約束した彼らが一端ロンドンを離れて3週間以上過ぎた。
縁とは不思議だ。

私と英国との出会いは、世界デビューに向けて、
女性ジャパニーズシンガーを探していた英国のレーベル(当時ポリグラム)の
プロデューサーの目に止まってスカウトされ、
私はと言えば「世界デビューなんて。そんなまさかねぇー」と
冗談半分で、ウキウキと『タダ旅行』に魅せられて
ロンドンにやって来たことから始まった。

やって来てみれば、結構本気のプロモーションが展開され
BBCが私のドキュメンタリー番組を制作/放送したり
クラブチャートで12位になったり
有名プロデューサーとのコラボ、英国ツアーに
サイン会ありと
にわか有名人になったりしていた。

その時にとてもお世話になった英国の音楽出版社の大物社長さん。
今や、U2やデイビット・ボウイ、ボブマーリー等の
権利を持つ、インデペンデント出版社では
世界2位のシェアを誇る大御所。

初めて彼と会ったその部屋で、彼とThe human.が対面した。
そして可能な限りのサポートを約束してくれた。

話しは戻るが、にわか有名人になったのもつかの間、
日本の凱旋デビューを企画した日本のプロデューサーが
その多額の契約金を持って姿を消した。
関係者は全員首が飛んだ。

悪夢の数年間。私を支え続けてくれたのも
その音楽出版社の社長さんだった。
当時その出版社の一室に私のマネジメントオフィスがあった。

同じ場所で、今私が世界に発信しようとしている
ジャパニーズロックバンド 『The human.』
がここから羽ばたこうとしている。

何かの因縁か、運命か。。

誰に教えられた訳でも、命令された訳でもないのに、
彼らは自分達の意志で世界に羽ばたこうとし、
自らの力で私に辿り着き
必死にそして、限りなく素直に
彼らの中にある強靭な生命力と才能を
『フレキシビリティー』と、『純粋さ』いう武器を使って
進化させようとしている。

自らの力で可能性と運命をぐんぐんと引き寄せる。

私は、多くの『有名』と言われるアーティスト
と会って仕事をしてきた。

彼らにはそういう人達が持つ独特の
『不思議パワー』がある。
しかもかなり強烈な。。

それを支えるのは、たぶん彼らの人間性。。
謙虚さと素直さと誠実さだろう。

今回のThe human.の英国滞在中には
世界的に名高い超有名プロデューサーとの彼らの対面が
実現した。
そして、そのプロデューサー達もその未知への可能性に
早くも気付いている。
(写真はジェフベックのプロデューサーでもある、Andy Wright)

私が天に誓いなすべき事。
それは、私を悪夢へと導いた入り口のある場所に
自ら足を運び、もう誰も決して入る事ができないよう封印し、
そのリベンジを果たす事。

あの部屋の匂いはあの時と変わらなかった。
でも、もう悲しくも辛くもなかった。

このために待っていた時間だったんだね。

彼らが来年またUKに戻って来る間に
やることがいっぱい

8/30に 札幌で ワンマンSHOW@cube garden
札幌近辺の人は是非

詳しくは http://thehuman.jp/
************************

と、感傷に耽っている間に
ハゲができようが、胃潰瘍になろうが、私が
一生懸命オーガナイズしたプリンセスダイアナ展が
この1年半の間に日本各地をツアーで巡回展覧会を開催していました。
ついに、三越日本橋本店で千秋楽を迎えています。

彼女の表情がとても素敵です。
是非足を運んで頂き、この機会にダイアナ展を見て下さい!!
開催期日は8月10日(月)までです。

こちらもいろいろあったなぁー。。
ダイアナ妃ご子息である王子の執事に駄目元で手紙を書いたら返事が来てびっくりしたり、
何万枚とある新聞記事からダイアナ妃の
ニュースをピックアップしている間に体がシビレてヨレヨレになったり、
断られっぱなしのダイアナ財団に雨の日も風の日も
意地で押し掛け遂にチャリティー募金の許可をもらったり、
(募金よろしく~~
ダイアナ妃お気に入りデザイナーにドレスを貸してと頼んでいるうちに、
まんまと高額なドレスを買わされたり。。

いろんな経験できました
これを励みにまた新しいプロジェクトを
頑張ります

次は世界子供の絵展覧会
お楽しみに

●三越ダイアナ展サイト
http://www.mitsukoshi.co.jp/store/1010/diana/

●ポマトプロ ダイアナ展サイト
http://www.pomato.co.jp/diana/

継続は力なり
http://www.sweet-naomi.com



























コメント (7)