鈴木ナオミ劇場 舞台裏

鈴木ナオミ活動報告まとめ版

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

最近の芸能活動のその後/イメージソングおちゃっぴと斎藤ノブさんのアルバムとBBC

2008-12-15 09:07:02 | Weblog
 斎藤ノブさんのアルバム

日本が世界に誇るパーカッショニスト 斎藤ノブさん。
この斎藤ノブさんのソロアルバムが発売されました。
タイトルは『ZEN』(Victor)
すんごーく良いです。是非みなさん聞いて下さい☆
なんてったって、私 鈴木ナオミがこのアルバムに
『拍手』
『足踏み』
『指パッチン』で参加(ほほほ)
昨年、このアルバムのレコーディングでノブさんがイギリスにやって来ました。
その時のレコーディングのコーディネートをさせて頂いたのでした。
ノブさんとのCo Producerは、
Jamiroquai(ジャミロクワイ)や、Incognito(インコグニート)Seal(シール)Kylie Minogue(カイリーミノーグ)Gabrielle(ガブリエル)
など、多くの世界的アーティストのアレンジ等も手がける、
Simon Hale(サイモンヘール)さんで、
彼のスタジオがあるオックスフォードに、皆で
1週間泊まり込みでのスタジオセッション。
彼のご家族や、わんちゃんとも仲良くなり、
和気アイアイと、とても盛り上がりました。
斎藤ノブさんとは、この時初対面でしたが、
それまでの印象は
「芸能界の上下関係・規律に厳しく、
余計な事を言ったらその場で”起立”させられ
大変なことになりそう!
という感じでちょぴりビビっていましたが、
実際は、正反対で、とても気さくで優しく暖かく、
限りなく『欧米人』的で、おおらかで、
もの凄いフレキシビリティーの中に
もの凄い集中力を発揮される
本当に素晴らしい方でした。
レコーディングはまさに、
奇跡のような、磁場と、才能と、
エネルギーの競演。
尊敬するノブさん&サイモンさん
と一緒にお仕事をさせて頂き、
私もとても幸せでした。
更に、尊敬する大好きなベーシスト、原田くまさんも
参加され、まさに夢の競演。
遂に日本でリリースとなり、あの時の興奮が甦りました。
めちゃくちゃシャープでグルービーなビート中に
メロディアスなクラッシックの安らぎと優雅さが融合され、
目を閉じて聞けば、そこは斎藤ノブワールドの映像が
見えそうです。
ノブさんワールドを楽しんでください!

おちゃっぴ
それから、もうひとつ大事なお知らせです。
先日お知らせの”最近の芸能活動”で歌のお仕事では、
経済産業省(WEBムービー)のオープニングのイメージソング
その名もレッツゴー3R!
環境を大切にreduce reuse recycleしましょう!という歌
を作って歌った事は既におしらせしましたが、
http://www.meti.go.jp/po;ocy/recycle

その、キャラクター『おちゃっぴ』の作家さんのアート展が
12月16日から21日まで開催されます。
会場:表参道ヒルズ西館一階 Gallery80 
住所:渋谷区神宮前4-12-10表参道ヒルズ
このムービーのオープニングの曲も会場で流れますよ

今回は特別におちゃっぴのクレイアート制作過程を大公開!
可愛くて、あったかくて、どこか懐かしいおちゃっぴ流キャラクター作りの
秘密等も展示されているそうです。

映像プロデューサーは、古くからの仕事仲間&親友笠井さん。
音楽プロデューサーは、これまた古くからのバンド仲間&仕事仲間&親友の前川さん。
双方とも、私が一番最初にインディーズで制作したCDのプロデューサーさんです。偶然にも時を越えた競演となりました。
あれから長い時間は流れましたが、
その間、お互いの頑張りを
刺激し合い、尊敬し合える、
そんな数少ない大事な仲間達です。
こちらも是非Watch Out!!
詳しくはこちらをご覧下さい。
http://www.ochappi.com

BBCのドッキリテレビ出演
年金を受け取り忘れている
田舎のレストラン経営のおじさんに会って、
日本語とわざと意味不明で失礼なセリフ(台本通り
<しかもリハーサルまであった>で
「年金受け取って下さいね~。」と騒ぎ、
おじさんを困らせる観光客役の映像は
こちらサイトの左"showrell"→"entertainment"→"cash back"を
クリックして見て下さい。
この後、おじさんは観客の待ち受けるテレビ局のスタジオ
に仕掛人の家族に連れてこられ、
私達が、おじさんにいたずらする為に、
ワザと日本語で騒いだ事を知るのでした。

http://www.thomasstarkholland.com

継続は力なり。
http://www.sweet-naomi.com







コメント (3)