帝塚山鍼灸院 大阪市阿倍野区阪南町

不妊症や逆子、冷え性、肩こり、腰痛、頭痛、痺れ、鬱病、目の疲れ、難聴など鍼灸に興味のある方へ理解を深めて頂く為のブログ

梨状筋症候群と鍼灸治療

2020-04-01 19:04:05 | 肩こり・腰痛・関節痛・頭痛・痺れ・麻痺・運動器疾患
梨状筋症候群は坐骨神経の出口付近で骨盤と梨状筋でトンネル状の通り道を形成している 部位で神経を圧迫障害し主に腰部〜臀部、足の付け根や大腿部の裏側が痛み酷くなると足を着くだけでも激痛が走り歩行が困難になります。
梨状筋症候群は長時間の運転などの座位や中腰姿勢、腰の回旋運動が伴うスポーツなどで梨状筋が硬くなり痛みが誘発される事が多く軽度の場合には歩行時に痛みが消失したり梨状筋のストレッチを行うことで改善するのが特徴です。また骨に異常をきたす訳ではなくレントゲンなどの画像診断では特定する事は出来ません。
症状が軽度〜中程度であれば消炎鎮痛剤の服用や湿布薬の貼付、重度になるとブロック注射の適用となります。
上記のような治療をクリニックでは行われていますがどれも対症療法で一時的な痛みの緩和が目的であり根本的な解決に至りません。
鍼灸治療では大学病院での研究でブロック注射に似た効果が確認されており神経根や梨状筋に対する鍼通電を用いたアプローチで痛みを緩和すると共に東洋医学では瘀血と言われる血行障害で梨状筋症候群が考えられ瘀血を引き起こす冷え湿邪を取り除く事で再発の防止に導きます。
梨状筋症候群(坐骨神経痛)に鍼灸治療ぜひご相談ください。



~~~~~~~~~~~~~~~~~
美容鍼・小児はり・逆子治療専門
帝塚山鍼灸院
大阪市阿倍野区阪南町5-11-17
予約専用電話 06-6629-0567
ホームページ:http://www.tezukayama.net
~~~~~~~~~~~~~~~~~

腰の痛みに鍼灸治療

2019-11-27 19:47:39 | 肩こり・腰痛・関節痛・頭痛・痺れ・麻痺・運動器疾患
日本人の多くの方が悩まされ日常生活にも影響が及ぶ国民病の第一位は腰痛症であり全国で約2800万人いると言われています。
腰の痛みの原因には様々な種類があります。

1、筋・筋膜性疼痛:脊椎の周囲に張り巡らされている筋肉の障害によって起こる腰痛
2、椎間関節性疼痛:脊椎と脊椎の繋ぎ目(関節)の障害によって起こる腰痛
3、椎間板性疼痛:脊椎と脊椎に挟まれているクッション(椎間板)の障害によって起こる腰痛
4、神経根性疼痛:脊椎の穴から出ている神経での障害によって起こる腰痛
5、骨性疼痛:脊髄や骨盤の骨に障害があり起こる腰痛

クリニックで画像や血液検査などを行い上記2〜5に分類されるのが全体の2割程度で残る8割が1の筋筋膜性腰痛と診断されています。
筋筋膜性腰痛は2〜5の腰痛と違い細かな原因の特定が難しくクリニックの治療では鎮痛剤の服用や湿布薬に頼るのが実情です。またマッサージや整体などで一時的に凌がれている方も多いかと思います。
原因の特定が難しい腰痛はお仕事や長時間の運転や移動など無理な姿勢が続く事で純粋に筋筋膜が緊張し損傷することで痛みが出ている場合もあればストレスなどによる心因性で痛みが出ていることも多々あります。
ストレスで自律神経の乱れから痛みが出る事は腰に限らず起こりえます。
鍼灸治療では腰痛といえど患者様のお身体の状態を把握したうえで痛みのある局所や腰痛に関連するツボへのアプローチもさることながら自律神経の乱れを整える唯一の治療として確立されています。
鍼は痛いお灸は熱いと先入観で敬遠されている方も多いかと思いますが現代の鍼灸治療は身体にも優しい施術ですのでご安心下さい。
腰の痛みに鍼、お灸お気軽にご相談下さい。



~~~~~~~~~~~~~~~~~
美容鍼・小児はり・逆子治療専門
帝塚山鍼灸院
大阪市阿倍野区阪南町5-11-17
予約専用電話 06-6629-0567
ホームページ:http://tezukayama.net/
~~~~~~~~~~~~~~~~~

肩凝りと鍼灸治療

2019-02-28 19:43:05 | 肩こり・腰痛・関節痛・頭痛・痺れ・麻痺・運動器疾患
一般的に肩凝りとは首〜肩〜背中の不快感、重だるさ、鈍痛、コリ感を指しますが細かな症状や場所の違いによって様々な原因が考えられます。

1、整形外科領域の肩凝り:頚腕症候群、むち打ち(後遺症含む)、40肩・50肩(肩関節周囲炎)などの診断名がつく整形外科領域の疾患は肩凝り症状が出ます。頚椎周辺の持続的な緊張により僧帽筋に代表される筋肉への血流障害が起因し肩凝りが誘発されます。

2、眼科領域の肩凝り:眼精疲労、緑内障、左右の視力差がある場合などに肩凝りが誘発されます。目の奥の痛みや頭痛、めまいが併発する事が多く後頭部〜頚部に凝り症状が出やすいです。

3、婦人科領域の肩凝り:生理痛、生理不順、冷え症、更年期障害のある方は「血」の巡りが悪く肩凝りの症状が多く見受けられます。

4、内科領域の肩凝り:高血圧、心筋梗塞、胃潰瘍、胃腸や肝臓などの虚弱体質の方。

5、心療内科領域の肩凝り:不眠、うつ病などストレスが起因する心の病に肩凝り症状が出ます。

肩凝りへの鍼灸治療では上記の原因によって病症に分類していき患者様一人一人に合った全身への施術を行っていく事で様々な肩凝り症状を改善していきます。
肩凝り解消に鍼、お灸お気軽にご相談下さい。



~~~~~~~~~~~~~~~~~
美容鍼・小児はり・逆子治療専門
帝塚山鍼灸院
大阪市阿倍野区阪南町5-11-17
予約専用電話 06-6629-0567
ホームページ:http://tezukayama.net/
~~~~~~~~~~~~~~~~~

春のめまいと鍼灸治療

2017-03-25 13:46:09 | 肩こり・腰痛・関節痛・頭痛・痺れ・麻痺・運動器疾患
春になると多いお悩みにめまいがあります。
なぜ春にめまいが多いのか?
寒暖の差が激しかったり免疫力が低下していると恒常性が保てず自律神経が乱れ、めまいがします。
東洋医学で春は冬の寒さから開放され身体が陰から陽へ、静から動へと移行していきます。
五臓では血や気の流れの調節機能を司る「」が重要な役割をします。
冬場に貯められた血が末梢まで行き渡り身体機能が活発になりますが「肝」が弱り血が不足するとめまいや頭痛が起こり過剰だと火照りのぼせます。
また春は五行で「」の季節であり木の芽時と言われるように気が上に上にと上がり成長する時期です。
その為春のめまいは足元がふわふわするような症状が多く見受けられのも特徴です。
常々めまいに悩まされている方や春先にだけめまいが起こる方も共通して悪化させてしまうと症状が多岐に渡ってしまいますので早めの対策が必要です。
春のめまいに対する鍼灸治療では頭に登る気を抑え、身体の状態に合わせて「虚実補瀉」(補ったり取り除く)で「肝」の機能を正常化していきます。
春の体調管理に鍼、お灸を是非ご活用下さい。




~~~~~~~~~~~~~~~~~
美容鍼・小児はり・逆子治療専門
帝塚山鍼灸院
大阪市阿倍野区阪南町5-11-17
予約専用電話 06-6629-0567
ホームページ:http://tezukayama.net/
~~~~~~~~~~~~~~~~~

群発頭痛と鍼灸治療

2016-05-28 09:19:11 | 肩こり・腰痛・関節痛・頭痛・痺れ・麻痺・運動器疾患
慢性的な機能性頭痛で最も痛みが強く6ヶ月3年の周期で春や秋などの季節の変わり目で一定期間(一ヶ月三ヶ月)に集中して繰り返し起こる群発頭痛、1回の持続時間も短く30分1時間程度ですが眼球を抉られるような激痛が起こり気持ちが滅入る事から別名「自殺頭痛」とも呼ばれています。
他の機能性頭痛(筋緊張性頭痛片頭痛)と違い若年層(20代~40代)の男性に多く自律神経へも影響を及ぼす為頭痛以外にも様々な症状(目が充血する、目蓋が腫れる、鼻が詰まるなど)を併発するのが特徴です。
原因はストレスや飲酒、入浴や頚部の姿勢などが起因し脳に繋がる内頸動脈の血管が拡張し起こるとされています。
クリニックでは痛みが出ている時の対症療法(トリプタン系血管収縮剤や鎮痛剤など)と痛みの落ち着いている時には予防療法(エルゴタミン系血管収縮剤や抗うつ薬など)が行われています。

東洋医学では頭痛は「頭熱(のぼせ)足寒(末梢の冷え)」で発症すると考えられます。
頭に気や血、水といったエネルギーが過剰に行き過ぎてしまい鼻や目などの異常も起きます。
またイライラや不安など精神状態からも慢性的な頭熱状態が引き起こされる為ストレスなどを溜め込まない事も予防には重要です。
群発頭痛に対する鍼灸治療では痛みが頻繁に起きる群発期には痛みや興奮を抑える局所と全身への治療、群発期以外では脈や舌、腹診など東洋医学の観点からお身体の状態を把握しながら気血津液の流れを良好な状態「頭寒足熱」を維持出来るよう定期的に施術をしていきます。
群発頭痛の予防と痛みの緩和に鍼灸治療はお勧めです。



~~~~~~~~~~~~~~~~~
美容鍼・小児はり・逆子治療専門
帝塚山鍼灸院
大阪市阿倍野区阪南町5-11-17
予約専用電話 06-6629-0567
ホームページ:http://tezukayama.net/
~~~~~~~~~~~~~~~~~

産後の腰痛に鍼灸治療

2015-07-02 19:41:37 | 肩こり・腰痛・関節痛・頭痛・痺れ・麻痺・運動器疾患
妊娠中、10ヶ月の時間をかけて赤ちゃんが育ちます。
その間に母体は出産準備や赤ちゃんの居場所を作る為にリラキシンというホルモンが分泌され骨盤の周辺の関節や靭帯が緩んでいきます。
その為、産前は骨盤周辺の筋肉に負担がかかり腰痛が誘発され産後は緩んだ関節や靭帯が元に戻る不安定な状態で赤ちゃんの抱っこや授乳など前かがみの姿勢が負担となり腰痛が発症します。
又、産後の腰痛は臀部(腰の下部)に出る事が多いのが特徴で骨盤帯痛とも呼ばれます。
産後の腰痛には腰痛体操、骨盤を安定させるために固定ベルトをするのが一般的によく行われていますが長期や長時間の使用は筋肉を弱体化させ慢性的な腰痛になる事もありますので注意が必要です。
鍼灸治療では骨盤内や骨盤周辺の血流を改善する事で痛みの原因となっている筋緊張の緩和、出産による疲労回復を促進します。
産後の腰痛を是非ご活用下さい。



~~~~~~~~~~~~~~~~~
美容鍼・小児はり・逆子治療専門
帝塚山鍼灸院
大阪市阿倍野区阪南町5-11-17
予約専用電話 06-6629-0567
ホームページ:http://tezukayama.net/
~~~~~~~~~~~~~~~~~

打撲(打ち身)の後遺症に鍼灸治療

2015-06-17 13:59:01 | 肩こり・腰痛・関節痛・頭痛・痺れ・麻痺・運動器疾患
事故やスポーツなどで強くぶつかったり転倒したりして外部から圧力がかかり軟部組織(皮膚・皮下組織)が損傷し内出血や腫脹、痛みや痺れが出るのが打撲の症状ですが通常一週間程で自然に治癒していきます。
骨折や脱臼に比べると症状、治癒期間ともに軽度ですが部位(肩関節、股関節など)や組織損傷(筋肉、靭帯など)の重症度によって一週間を超えても痛みや痺れが残る場合があります。
また打撲の合併症としてコンパートメント症候群(腫脹により神経や血管を圧迫する)や外傷性骨化性筋炎(上腕、大腿骨周囲の内出血が吸収されず骨化し筋肉を圧迫する)により痛みや麻痺、筋力低下などの後遺症が出る事もあり注意が必要ですのでまずはクリニックを受診し画像検査(X線→CT→MRI)で原因や骨の状態を確認する事をお薦めします。
骨に異常なしとなればクリニックでの治療は湿布薬の貼付や消炎鎮痛剤の内服、電気療法や温熱療法が行われます。
コンパートメント症候群外傷性骨化性筋炎の場合は根治に外科手術が必要になります。

当院の打撲に対する鍼灸治療では電気鍼での局所治療(血流の改善・筋緊張の緩和・免疫細胞の増加)を主に行い1回〜3回の治療で良好な結果が得られています。
1週間以上、痛みや痺れが取れない打撲後遺症でお悩みの方はぜひ1度ご相談下さい。



~~~~~~~~~~~~~~~~~
美容鍼・小児はり・逆子治療専門
帝塚山鍼灸院
大阪市阿倍野区阪南町5-11-17
予約専用電話 06-6629-0567
ホームページ:http://tezukayama.net/
~~~~~~~~~~~~~~~~~

五十肩(肩関節周囲炎)に鍼灸治療

2015-06-04 17:58:15 | 肩こり・腰痛・関節痛・頭痛・痺れ・麻痺・運動器疾患
肩関節周囲炎は一般的に40代や50代に多く見られる肩関節の炎症性の痛みで発症した年代によって広義で四十肩、五十肩と呼ばれています。
原因は加齢や運動不足による機能低下と考えられていますが今だはっきりと解明出来ていない曖昧な部分も多い疾患です。
但し原因は曖昧ですが症状は明確なもので特徴的です。
症状は3つのステージに分けられ1炎症期→2拘縮期→3回復期と変化します。

1、炎症期:痛みが強く動作時の痛み、安静時の痛み、夜間(就寝時)の痛みが出ます。クリニックでは消炎鎮痛剤の内服、ステロイド剤の注射で痛みを抑えます。
2、拘縮期:安静時や夜間(就寝時)の痛みは治りますが肩関節の動きが制限されます。クリニックでは関節の可動域を広げるリハビリが行われます。
3、回復期:肩関節の動きも良くなり症状が改善しますが拘縮期にしっかり治療してない場合に肩関節の動きが制限されたままの後遺症(症状固定)が残る事があります。

上記の症状経過は平均6ヶ月〜1年はかかり長いと2年〜3年かかる事もあり個人差があります。
五十肩(肩関節周囲炎)に対する鍼灸治療はWHO(世界保健機関)においても鍼灸適応症として効果が認められており日本においては健康保険の取り扱い疾患の一つでもあります。
炎症期には消炎鎮痛効果を促す治療を行い拘縮期には肩関節や肩関節周囲の血流を促す治療で症状の改善や治癒期間の短縮を図ります。
適切な時期に適切な治療を行わないと長年にわたり肩関節の動きが悪くなり肩や背部、上腕の痛みに悩まされる事になりかねませんので五十肩(肩関節周囲炎)鍼灸治療ぜひ当院までご相談下さい。



~~~~~~~~~~~~~~~~~
美容鍼・小児はり・逆子治療専門
帝塚山鍼灸院
大阪市阿倍野区阪南町5-11-17
予約専用電話 06-6629-0567
ホームページ:http://tezukayama.net/
~~~~~~~~~~~~~~~~~

三叉神経痛に対する鍼灸治療

2015-05-22 11:03:15 | 肩こり・腰痛・関節痛・頭痛・痺れ・麻痺・運動器疾患
痛みを脳に伝える神経伝達物質の過剰分泌によって起こる神経障害性疼痛(強い痺れ・鋭い痛み)の中で脳神経の圧迫に起因して40代以降に顔面部(片側)に数秒〜1分程度症状が出るのが特徴の三叉神経痛があります。
三叉神経痛には原因不明の突発性三叉神経痛と脳腫瘍、帯状疱疹、神経炎など原因となる疾患が特定できる続発性三叉神経痛とに分類されます。
主に洗顔時や歯磨き中、飲食時や会話などの動作時に誘発され場合によっては風に当たったり大きな音でも誘発される事があります。
また三叉神経には3本の枝があり障害を受ける枝によって痛みの部位が異なるのも特徴です。
一般的には第2枝(頬)、第3枝(下顎)に頻発しますが希に第1枝(おでこ)に出ることもあり症状部位は単独(1本)で出る場合と重複(2本)して出る場合とがあります。
クリニックでの治療では神経抑制剤(リリカなど)、消炎鎮痛剤(ロキソニンなど)の処方や手術の適応になる事もあります。
お薬では副作用が出たり効果が一時的で断薬時に再発の可能性があり手術では麻痺が残るリスクがあります。

三叉神経痛への鍼灸治療では神経の興奮を沈め緊張を解す事を目的にアプローチしクリニックの治療との併用においてもお薬の副作用を軽減し症状の再発を防ぐ効果も期待できます。
神経障害性疼痛は長引く事によりストレスが溜まりへの影響も懸念されますので早めに最善の治療をお薦めします。
痺れや痛みのお悩みぜひ当院へご相談下さい。



~~~~~~~~~~~~~~~~~
美容鍼・小児はり・逆子治療専門
帝塚山鍼灸院
大阪市阿倍野区阪南町5-11-17
予約専用電話 06-6629-0567
ホームページ:http://tezukayama.net/
~~~~~~~~~~~~~~~~~

肋間神経痛に対する鍼灸治療について

2015-04-02 11:30:39 | 肩こり・腰痛・関節痛・頭痛・痺れ・麻痺・運動器疾患
肋間神経痛とは文字通り肋間部に沿って走る末梢神経が痛む症状です。
30代~40代以降に多く見られ原因としては事故や怪我など外部から圧迫や刺激を受けて発症するケース、ウイルスや細菌の感染、免疫力や体力の低下により元来身体(子供の頃に感染)に潜んでいたウイルス(帯状疱疹・水痘)の活性化などが挙げられます。
症状としては急な動作時や不自然な姿勢をとった時に背部~胸部に鋭く強い痛みが走ります。
クリニックの治療では消炎鎮痛剤の処方やブロック注射などの対症療法が行われますが痛みを根本的に取り除く事は難しく慢性化してしまう事もあります。

鍼灸治療では痛みのある肋間部への施術と東洋医学で肋間痛に関係の深い腹部や手足にあるツボ(肝経など)にお灸で刺激する事により痛みの早期の改善を図り慢性化を防ぐ事が可能です。
肋間神経痛に対する鍼灸治療はWHO(世界保健機構)が提唱している鍼灸適応症の1つですのでお悩みの方はぜひ当院へご相談下さい。



~~~~~~~~~~~~~~~~~
美容鍼・小児はり・逆子治療専門
帝塚山鍼灸院
大阪市阿倍野区阪南町5-11-17
予約専用電話 06-6629-0567
ホームページ:http://tezukayama.net/
~~~~~~~~~~~~~~~~~

偏頭痛(片頭痛)に鍼灸治療

2015-02-21 12:57:14 | 肩こり・腰痛・関節痛・頭痛・痺れ・麻痺・運動器疾患
慢性的な頭痛の中で脳の興奮(血管の拡張)が痛みとなって片側または両側に激しい痛みが起こる偏頭痛ですが女性に多いのも特徴です。
男性に比べると約4倍の発症率と言われています。
それだけに女性にとって頭痛は身近な存在であり軽視しがちですが重篤な脳の疾患の場合もあるのでまずはクリニックへの受診をお薦めします。

偏頭痛とは?
1、こめかみ、目や耳の周りに起きる拍動性(ズキンズキン)の痛み
2、吐き気や嘔吐を催す
3、反復性(一ヶ月に1回~2回)の頭痛
4、数時間~2、3日頭痛が続く
5、身体を動かすと痛みが増す
6、疲労やストレスで頭痛が起こる
7、頚や肩の凝りも併発する
などが主な症状です。

偏頭痛に対する鍼灸治療では自律神経のバランスを調整し脳の興奮(血管拡張)を鎮める事を目的に治療をしていきます。
特に偏頭痛や筋緊張型頭痛では頚~肩のコリが顕著に見られる事が多いので日頃から治療を受ける事が大切です。
女性特有の偏頭痛の事なら当院へご相談下さい。



~~~~~~~~~~~~~~~~~
美容鍼・小児はり・逆子治療専門
帝塚山鍼灸院
大阪市阿倍野区阪南町5-11-17
予約専用電話 06-6629-0567
ホームページ:http://tezukayama.net/
~~~~~~~~~~~~~~~~~

慢性的な腰痛でお悩みの方へ

2015-02-07 12:18:12 | 肩こり・腰痛・関節痛・頭痛・痺れ・麻痺・運動器疾患
とても多くの方が悩まされている腰痛ですがクリニックでの検査(レントゲン、MRI、血液検査等)で原因が特定出来る腰痛は約15%と言われています。
原因が特定される腰痛としては圧迫骨折や脊柱管狭窄症、腰椎椎間板ヘルニアなどです。
稀にですがガンや細菌感染、内臓の異常による物もあります。

残る85%は画像や血液検査などでは原因が特定出来ない慢性的な腰痛症です。
疲労やストレス、生活習慣などで起こりがちな筋膜性の腰痛や脊柱管狭窄症の予備軍である変形性腰痛症などが疑われます。

東洋医学では腰痛は腎虚(腎気が外部の邪気によって侵される)と言われています。
例えば寒い時期ですと風寒の邪気、夏場などの湿度の高い時期は湿邪に侵されます。
「腰は腎の腑」と呼ばれ腎が病めば腰痛を発症します。

当院の治療では患者様の状態を良く把握した上で鍼やお灸で西洋医学的な筋肉、神経への局所アプローチと東洋医学に基づいた全身への施術で症状を緩和していきます。
色んな治療を試したけどなかなか良くならない…
頑固な腰痛にぜひ鍼灸治療をお試し下さい。
たくさんのご相談、ご予約お待ちしております。



~~~~~~~~~~~~~~~~~
美容鍼・小児はり・逆子治療専門
帝塚山鍼灸院
大阪市阿倍野区阪南町5-11-17
予約専用電話 06-6629-0567
ホームページ:http://tezukayama.net/
~~~~~~~~~~~~~~~~~

顔面神経麻痺に対する鍼灸治療について

2014-10-23 20:07:35 | 肩こり・腰痛・関節痛・頭痛・痺れ・麻痺・運動器疾患
顔面神経麻痺には2つの原因があります。
外傷などによる脳や脳幹に原因がある中枢性のものか原因が特定できないあるいは過度のストレスやウイルス感染などによって起こる末梢性(ベル麻痺)のものかです。
どちらも主に片側に出るため発症すると麻痺側の目じりや唇が下垂してしまいます。

中枢性の症状の特徴
○顔面だけでなく手足にも痺れや麻痺が起こる
○少し眼や唇が動かせる

末梢性(ベル麻痺)の症状の特徴
○突然片側の顔面のみが動かなくなる
○中枢性に比べ麻痺レベルが高い

などの違いがあります。
専門医との治療を並行しながら鍼灸治療が効果がある事はWHO(世界保健機構)でも認められています。
特に末梢性(ベル麻痺)に関しては自律神経が関与してる事もあり早く治療をスタートさせる事で良い効果が期待出来ますし自然治癒力を高め再発の予防にも繋がります。
中枢性の場合麻痺レベルや原因によって治癒までの期間は個々に差はありますがお灸で麻痺側の顔面部のツボを刺激し血流の改善する事で回復を早めます。
お顔の麻痺の場合は軽度であっても人目が気になり外出が億劫になったりとメンタル的にも影響が出てしまいがちですので早めの治療を!顔面神経麻痺のお悩みぜひ当院へご相談下さい!



~~~~~~~~~~~~~~~~~
美容鍼・小児はり・逆子治療専門
帝塚山鍼灸院
大阪市阿倍野区阪南町5-11-17
予約専用電話 06-6629-0567
ホームページ:http://tezukayama.net/
~~~~~~~~~~~~~~~~~

めまいでお悩みの方へ

2014-10-17 18:21:13 | 肩こり・腰痛・関節痛・頭痛・痺れ・麻痺・運動器疾患
鍼灸院には頭痛と同じくめまいでお悩みの方も大変多く来院されます。
めまいには大きく分けて4つのタイプに分かれます。
○回転性のめまい(耳や小脳、脳幹の障害)
○非回転性のめまい(自律神経系の障害)
○動揺性のめまい(歩くとふらつく)
○起立性のめまい(立ちくらみ)

めまいには軽い症状から重い症状まで幅広く存在します。
特に気をつけないといけない重い症状としては歩行困難・意識障害・吐き気が伴う場合は早急に専門医に見てもらうのが賢明です。
脳や神経系に致命的な疾患が生じている可能性がある為です。

上記の4つのタイプのめまいで鍼灸治療に通われている方々は症状が程度で慢性化している場合がほとんどです。
耳鳴りが併発している場合は早めに治療を開始しないと難聴になるリスクも伴います。
ほとんどの場合めまいは耳に関係しています。
東洋医学では「腎は耳に窮を開く」と古来から言われています。
ここに出てくる「腎」とは「腎臓」の事ではありません。
東洋医学で使われる「腎」とはホルモン、免疫、生殖の機能を正常に維持する事に関わっています。
「腎」が弱ってくると出てくる症状の1つにめまいや耳鳴りがあります。
もちろんめまいの訴えのすべての患者さんが「腎」が弱っている訳ではないですが慢性的なめまいではかなりの確率で「腎」が弱っている患者様が多くみられます。
当院では「腎」が正常に機能するように施術する事でめまいの改善を計ります。
めまいでお悩みの方はぜひご相談下さい。



~~~~~~~~~~~~~~~~~
美容鍼・小児はり・逆子治療専門
帝塚山鍼灸院
大阪市阿倍野区阪南町5-11-17
予約専用電話 06-6629-0567
ホームページ:http://tezukayama.net/
~~~~~~~~~~~~~~~~~

足の痺れでお悩みの方へ

2014-07-30 17:50:10 | 肩こり・腰痛・関節痛・頭痛・痺れ・麻痺・運動器疾患
一般的に、足のしびれは片足に起こってきます。
足のしびれでは神経障害だけでなく、血流障害からも起こることがあります。

 神経障害の原因としては

1、腰椎症や腰椎椎間板ヘルニア
2、脊柱管狭窄など 

が主なものです。

血流障害としては

下肢閉塞性動脈硬化症

が主な原因です。

 腰椎症や腰椎椎間板ヘルニアでは、神経分布に沿ったしびれや痛みを起こすため、しびれや痛みの部位から腰椎や脊髄のどのレベルで圧迫が起こっているか診断が可能です。一般に、腰が原因で起こる足のしびれや痛みは、座骨神経痛として知られています。

 神経が脊髄レベルで傷害されると、しびれや痛みは分節性に(シマウマや虎の模様のように横縞のパターン)起こる特徴があります。神経が脊髄から出た後の末梢神経の障害では、腕や足の長軸に沿って縦方向にしびれや痛みが起こってきます。脊髄レベルでの神経障害は比較的まれで、ほとんどは末梢性に起こるため、神経障害は腕や足の縦方向に起こってきます。

 よく知られる座骨神経痛は、臀部(おしり)から太ももの後面、ふくらはぎにかけて痛みやしびれを生じてきます。原因は腰椎レベルでの神経圧迫が挙げられます。

*正確には座骨神経は仙骨神経叢(しんけいそう)からなり、おもに下腿部に神経を出しています。しかし一般には腰神経叢も含めて総称することが多いため、臀部から大腿部の神経も含まれることになります。

鍼灸治療では構造的に問題があっても筋肉をほぐし神経の炎症を抑える事により痛みを取り除く事は可能です。
ただし神経の炎症は筋肉の炎症に比べると取れにくく時間がかかります。
例えば気圧の関係で台風や降雨の時などは一時的にですが痛みが増す事があったりもします。
また冷えや飲酒なども回復を遅らせてしまう事がありますので注意が必要です。
当院ではしっかり成果を出すために神経痛の治療は最低でも5回はご来院頂き施術を受ける事を推奨しています。
足の痺れや痛みでお悩みの方はぜひご相談下さい。



~~~~~~~~~~~~~~~~~
美容鍼・小児はり・逆子治療専門
帝塚山鍼灸院
大阪市阿倍野区阪南町5-11-17
予約専用電話 06-6629-0567
ホームページ:http://tezukayama.net/
~~~~~~~~~~~~~~~~~