帝塚山鍼灸院【大阪市阿倍野区阪南町】のブログ

帝塚山鍼灸院に通う方は大阪:阿倍野区・天王寺区・住吉区・東住吉区・平野区・生野区・西区・浪速区・中央区・堺市|東京・兵庫

心身症に対する鍼灸治療について

2015-07-22 18:56:07 | 疲労感・不眠・うつ・自律神経失調症・内科総合疾患
近年、仕事や人間関係でストレスを感じる事が多くなりうつ病と並んで心身症心身症型自律神経失調症でお悩みの患者様からのご相談が急増しています。

心身症とは?
心(ストレス)が起因して起こる様々な身体的な症状を総称して呼ばれています。

代表的な症状は?
高血圧や不整脈、胃潰瘍や過敏性大腸症候群、自律神経失調症(疲労感・肩こり・頭痛・めまい・冷え・ほてりetc)などがあります。

また心身症を患いやすい人は?
仕事やプライベートで色々な誘いや頼まれ事などを断れないで他人に気を遣う真面目な性格の方に多いとされています。

病は気から」と昔から良くいわれますが実は東洋医学の基本的な考え方から出来たことわざです。
東洋医学では身体機能を正常に維持する為に「」「」「」の流れやバランスを重要視しています。
現代的に置き換えると「」=「自律神経」、「」=「血液」、「」=「リンパ」となります。
病は気から」は「病は自律神経の乱れから」となり「自律神経の乱れはストレスから」となります。
心身症は心の病ではありませんが身体的な諸症状に対するアプローチのみでは改善は難しくメンタルのケアも重要になります。
当院では患者様とのカウンセリングにしっかりと時間をかけ仕事や生活面でストレスが溜まりにくくなるよう必要に応じて考え方のアドバイスもさせて頂いています。
また施術では自律神経の乱れや血液やリンパの流れを整える事により身体をリラックスさせると共に精神疲労の回復を促進します。
心身症の様々なお悩み(症状)お気軽にご相談下さい。



~~~~~~~~~~~~~~~~~
美容鍼・小児はり・逆子治療専門
帝塚山鍼灸院
大阪市阿倍野区阪南町5-11-17
予約専用電話 06-6629-0567
ホームページ:http://tezukayama.net/
~~~~~~~~~~~~~~~~~

逆子のお灸:患者様からの嬉しいご報告

2015-07-09 11:40:52 | 逆子・安産・悪阻・マタニティ鍼灸について
昨日、一昨日と逆子治療の患者様から嬉しいご連絡がありました。
当院での直近ヶ月の逆子治療の実績をご紹介させて頂きます。
逆子の鍼灸院選びのご参考にして頂ければと思います。

患者:Y様 平野区在住 40歳 初産 32週目 施術回数4回 改善
患者:A樣 阿倍野区在住 38歳 初産 31週目 施術回数3回 改善
患者:M樣 東住吉区在住 40歳 初産 32週目 施術回数6回 改善せず
患者:H樣 生野区在住 36歳 初産 33週目 施術回数7回 改善せず
患者:I樣 守口市在住 27歳 3人目 31週目 施術回数1回 改善
患者:K樣 阿倍野区在住 25歳 初産 36週目 施術回数2回 改善

帝塚山鍼灸院の逆子治療は母体の状態に合わせてオーダーメードでツボを選穴し独自の鍼やお灸での治療を組み合わせ、安定して高い成功率を維持(12年間で200症例以上)しています。
逆子のお灸は信頼と実績の帝塚山鍼灸院へお任せ下さい。


~~~~~~~~~~~~~~~~~
美容鍼・小児はり・逆子治療専門
帝塚山鍼灸院
大阪市阿倍野区阪南町5-11-17
予約専用電話 06-6629-0567
ホームページ:http://tezukayama.net/
~~~~~~~~~~~~~~~~~

疲れ目に美顔鍼灸

2015-07-08 13:05:31 | 美容鍼灸・皮膚疾患・ダイエットについて
美顔鍼を受診される患者様で多いお悩みの一つに目の周辺の肌トラブルがあります。
最近ではスマートフォンやパソコンで目を酷使する事もあり疲れ目による様々な症状が見受けられます。

疲れ目の症状は?
1、目の下にクマが出来る
2、目尻が下がる
3、目尻にシワが出来る
4、眼窩の浮腫み
5、まぶたが下がる
6、目の周辺のクスミ
7、首や肩の凝り
などが挙げられます。

上記のうち目尻やまぶたが下がる症状は表情筋の緩みから起こり、クマやクスミは血流障害、浮腫みはリンパ水分の流れが悪い為に起こります。
東洋医学では目に関わる臓器として「肝は血を蔵する」「肝は筋を主る」と言われ疲れ目による様々な症状に関わるツボが肝経に点在しています。
帝塚山鍼灸院の疲れ目に対する美顔鍼灸ではお顔への施術と共に肝経のツボへの刺激を組み合わせる事でより効果を高めます。
目の美容に鍼灸を是非お試し下さい。



~~~~~~~~~~~~~~~~~
美容鍼・小児はり・逆子治療専門
帝塚山鍼灸院
大阪市阿倍野区阪南町5-11-17
予約専用電話 06-6629-0567
ホームページ:http://tezukayama.net/
~~~~~~~~~~~~~~~~~

産後の腰痛に鍼灸治療

2015-07-02 19:41:37 | 肩こり・腰痛・関節痛・頭痛・痺れ・麻痺・運動器疾患
妊娠中、10ヶ月の時間をかけて赤ちゃんが育ちます。
その間に母体は出産準備や赤ちゃんの居場所を作る為にリラキシンというホルモンが分泌され骨盤の周辺の関節や靭帯が緩んでいきます。
その為、産前は骨盤周辺の筋肉に負担がかかり腰痛が誘発され産後は緩んだ関節や靭帯が元に戻る不安定な状態で赤ちゃんの抱っこや授乳など前かがみの姿勢が負担となり腰痛が発症します。
又、産後の腰痛は臀部(腰の下部)に出る事が多いのが特徴で骨盤帯痛とも呼ばれます。
産後の腰痛には腰痛体操、骨盤を安定させるために固定ベルトをするのが一般的によく行われていますが長期や長時間の使用は筋肉を弱体化させ慢性的な腰痛になる事もありますので注意が必要です。
鍼灸治療では骨盤内や骨盤周辺の血流を改善する事で痛みの原因となっている筋緊張の緩和、出産による疲労回復を促進します。
産後の腰痛を是非ご活用下さい。



~~~~~~~~~~~~~~~~~
美容鍼・小児はり・逆子治療専門
帝塚山鍼灸院
大阪市阿倍野区阪南町5-11-17
予約専用電話 06-6629-0567
ホームページ:http://tezukayama.net/
~~~~~~~~~~~~~~~~~