走るナースプラクティショナー ~診断も治療もできる資格を持ち診療所の他に診療移動車に乗って街を走り診療しています~

カナダ、BC州でメンタルヘルス、薬物依存、ホームレス、貧困層の方々を診療しています。登場人物は全て仮名です。

現場へ足を運ぶ

2022-12-05 | 仕事
教会での出張診療所。牧師さんに「今時間ある?紹介したい人たちが来てる」と言われた。ちょうど患者が途切れた時。どうぞ、と言うとゾロゾロ15人ぐらいが入ってきた。なんとまあ、大人数。誰かと思いきや、政府のhousing development の人々。Field Tripです、と。Field Tripって訳せば遠足。そう大人の遠足。組織の遠足。ようは現場へ出てこい!って事で勤務中に生活困窮者の様子を見 . . . 本文を読む
コメント

俳句の成果 9〜11月、2022年

2022-12-04 | 俳句
本日は3カ月ごとの俳句の成果報告9〜11月分となっています。千鳥城という俳号を名乗っています。。まずは松山俳句ポスト365。「原爆忌」初級 入選 新型の広電は白原爆忌「芒」中級 並選 ポケベルを知らぬ俳優花芒「鰯雲」中級 並選 下牧した牛の数多や鰯雲今までは初級へ投句していましたが10月から中級以上への投句を始めました。初級と異なり投句は一句まで。自薦力も養われます。夏井組長の厳しい選考で没覚悟で . . . 本文を読む
コメント (4)

カナダ働きませんか?

2022-12-03 | 仕事
コロナ前から医師不足があったカナダ。コロナ禍でそれは加速しました。BC州で医師のプログラムがあるのはUBCのみ。先日SFUでもUBCのサテライトとして医学部を開始すると発表がありました。そしてそれに続き、海外で医師免許を持つものに対しての優遇策も発表されました。以前は米国で免許を持っている人でさえ、ハードルをいくつかこえなければなりませんでしたが、それも撤廃。以前は自国で医師でもこちらでは看護師っ . . . 本文を読む
コメント

陣地争い その3

2022-12-02 | 仕事
昨日絆創膏を変えるだけでは、オーバードースは減らない。ホームレスの状況も変わらない。それをきっかけに、医療に興味を持ってもらい、医療者や福祉士と繋がる事が重要なのだと書いた。 んんんんんん〜これって上から目線?看護師を馬鹿にしてる?と自問自答した。いやいや私だって看護師の1人。しかしやっていることは全く違う。責任の重さも違う。視点も違う。そう言う意味で疑問を抱いているだけ、と結論づけた。スタッフの . . . 本文を読む
コメント

陣地争い その2

2022-12-01 | 仕事
昨日の続きチームAは看護師のチーム。保健師、精神科看護師、訪問看護師で構成されている。急性期病院とコミュニティーを繋ぐナビゲーター的な役目。薬物依存のオーバードースを減少させるために作られた。シーソーの傾き - 走るナースプラクティショナー ~診断も治療もできる資格を持ち診療所の他に診療移動車に乗って街を走り診療しています~昨日の勉強会。麻薬処方について。北米では術後や怪我に対して麻薬を簡単に . . . 本文を読む
コメント