Potential of aromatheapy

aromatherapy and golf

フュージョン料理

2017年02月16日 | お料理
ちまたで話題になっているお料理。
多国籍料理とか無国籍料理のような様子だと思います。
フュージョンという音楽もありますが。
ちょっと調べました。

「フュージョンとは「融合」という意味。
フュージョン料理とは、日本、アジア、フランス、イタリア、中華、などそれぞれの料理が
ボーダーレスで融け合わさった料理のことです。
グルメ本やレシピ本のインデックスにも、今までの中国料理、日本料理、フランス料理、タイ料理、
、、などに混じってフュージョン料理というカテゴリが堂々と存在するようになっています。

「料理」はその国や地域の文化であり、フランス料理、イタリア料理、日本料理、中国料理等、
それぞれ独自の歴史や体系を持っています。
しかし最近、これらの食文化はバラエティーに富んださまざまな味覚が
融合されるようになってきているのです。
こうした自由な発想とスタイルでさまざまな国の多様な料理の要素を
合わせ持って作られたフュージョン料理は、一部の創作レストランだけの話ではなく、
デパチカのお総菜チェーン店やファミリーレストランなどでも手軽に体験することができます。」

なるほど。

「複数の国の料理や食材を融合させて、今までにない料理や食べ方のスタイルを
つくり出すというフュージョン料理。
作る側から言えば、世界各地から日本に集められた豊富な食材の数々を
ひとつの料理に完成させるために、各国料理の中から必要な要素を選び出し、
ベースとなる料理に自在に取り入れていくということです。
そうして“和風テイストのイタリアン”や、“アジアンテイストのフレンチ”の創作料理が生まれます。
「フュージョン料理」のはしりとして登場し、すでに私たちの食生活に
すっかり定着しているものには、中国の伝統的な料理に“フレンチ”の要素を取り入れ、
食材から調味料、盛りつけに至るまで、今までの常識にとらわれない全く新しい中国料理を
完成させた『ヌーベル・シノワ』、日本の「寿司」をアレンジして『SUSHI』という
料理スタイルを生み出した『カリフォルニア・キュイジーヌ』、
同じくカリフォルニアで定番の『フレンチチャーニーズ』などがあります。」


日ごろ、私たちも何気なく「融合」させています。
先日は、たまねぎとベーコンのお味噌汁でした。
フュージョンです。
トマトとレタスのお味噌汁もいいです。

意識して、そういうお料理を作ってみようと思いました。

この記事をはてなブックマークに追加

ゴルフは難しい

2017年02月15日 | ゴルフ




川奈ゴルフ大島コース

アップダウンが激しくて、距離感がなくなります。
しばらく行かなくてもいいです。

この記事をはてなブックマークに追加

『walking dead』

2017年02月14日 | 映画
人に勧められて、観始めることにしました。
なぜか人気がある様子。

ゾンビの物語なのでしょうけれども。
アメコミで、そして長い・・・・・・。


この記事をはてなブックマークに追加

一人暮らしの女性たち

2017年02月13日 | 看護師の仕事など
4人も続けて一人暮らしの女性が新規で訪問となりました。

さまざまな環境、病態、性格。

救急車を頻回に呼ぶ人。結局、救急隊は連れてってくれませんでした。

この記事をはてなブックマークに追加

昔のほうが忙しかった

2017年02月12日 | 看護師の仕事など
看護師って、昔は優雅だったななんていう人がいたので、激しく反論しました。

ほとんど昼間働くこともないほど、夜勤連続でした。
尿を集めるのも看護師。
ごみを捨てるのも看護師。
夜中に検査伝票を、医師のカルテから転記して、スピッツを作るのも看護師。

その頃は看護婦。

シーツ交換も、ベッド周りの掃除も、みんなやりました。

忙しかったです。

点滴の準備も、ボトルに名前を書くことから始めていました。
今は薬剤師さんがやります。
しかもシールです。

なんでもやっていました。

今はたぶん、別の忙しさがあるかもしれませんが、
昔のほうがはるかに大変でした。
ERがないので、夜中に病棟に急患が運ばれましたから。

みんなが寝静まっている病棟に、救急搬送されて
検査や治療を始めるのです。
周りの患者さんだって、眠れませんでした。

やっぱり現場は楽しかったのかもしれません。


この記事をはてなブックマークに追加

和服を着ると、胴回りがかゆくなる

2017年02月11日 | 雑記




和服はすごくいいのですが、どうしてもかゆくなります。
死ぬほどかゆいです。
じんましんみたいに帯の幅でまっかになり、かゆいです。

この記事をはてなブックマークに追加

『愛さずにはいられない』

2017年02月10日 | 映画
ニューヨークで働くビジネスマンのアレックスが出張でラスベガスに行ったところ
偶然出会ったメキシコ女性のイザベルと意気投合し、一夜を共にする。
翌朝にはアレックスの下から消えていたのだが、
それから3ヶ月後に彼の子を身ごもったという彼女と再会する。
その後、流されるまま結婚する二人であったが、
都会人とメキシカンの両者には様々なギャップがあり、徐々に問題に直面してゆく。
・・・・・・・・

地味にいい映画でした。
サルマ・ハエックだったかな、女優さん。情熱的でした。

この記事をはてなブックマークに追加

小児の訪問看護

2017年02月09日 | 看護師の仕事など
週に4回、小児の訪問看護を受け持っています。
1人は週に3回行っていますので、他の患者さんと比較すると、頻回です。
お母さんの介護の大変さが、ひしひしと実感できます。

1人は、6年間も介護しています。
2歳からずっと・・・・たえまない介護です。
本当は、歩いて、元気に幼稚園に行き、小学校に入り、運動会、学芸会など
さまざまな成長の様子を喜ぶことでしょうけれども、肺炎を併発することも多く
入院する機会がけっこうあるのです。

そのたびに病院に泊まります。

もうひとりお子さんがいるので、自分の時間などありません。

長い闘病生活は、いつまで続くのでしょうか。
一緒に考えても、何もいい案が浮かびません。
ただただ、一緒にいてお話を聴くばかりです。

自分の子どもは、健康で、なんとか自活できるようになりました。
それだけでも、幸せでしょう。
健康は、なにものにもかえられません。

でも、病気や障害をもってもなんとか生活できる日本です。
介護保険も健康保険もありますし、難病対策、小児医療対策も
まだまだあるのですから。

もう二月も半ば近くになります。
今年もあっという間に終わりそうです。

この記事をはてなブックマークに追加

『her』

2017年02月07日 | 映画
観るのは二回目。
ホアキン・フェニックスが、ロマンチックな役柄。
彼は、1974年生まれ。
両親が宗教団体の活動家だったため、各地を転々としたそう。
『グラディエーター』で私は知りましたが、やはりあの映画で
有名になったようです。
ナイト・シャラマンの『ビレッジ』も、わけがわからない映画でしたが
覚えています。でていたってことだけは。

どんな役柄もこなせそうな俳優さん。

この映画の中では、ロマンチックでせつなかったです。

人工知能の彼女に恋をするのです。
かなうはずのない恋。
わかっていてもせつない。

本物の人間のかなうはずのない恋愛と
人工知能の相手との恋愛と
どちらがせつないのでしょうか。


この記事をはてなブックマークに追加

『ケイト・レディが完璧な理由』

2017年02月06日 | 映画
ボストンの投資会社でファンドマネジャーとして働くケイトは、夫と二人の子供を持ちながら、
数々の仕事で成果を挙げるキャリアウーマン。
仕事と家庭をなんとか両立させながら懸命に働く彼女に、ついに大きなチャンスが訪れる。
新しい投資ファンドに関する彼女の提案を、ニューヨーク本社の幹部が高く評価したのだ。
この報せを受けて喜ぶ彼女だったが、プロジェクトへの本格参加が決定したことで、
ボストンとニューヨークを往復する多忙な日々が始まってしまう。
どうにか今まで通り家庭と仕事を両立させようと奮闘する彼女だったが、次第に両方とも上手くいかなくなってしまう。

以上はウィキペディアから。

サラ・ジェシカ・パーカーとグレッグ・キニアの夫婦が、結果的には良かったです。
子育てと仕事の両立は、どこの国でも大変です。

自分の子育てを振り返ることができました。
もっといろいろと一緒に行事を楽しんで、過ごしたかったです。

息子が私を追いかけるとき、その時のせつなさを思い出しました。
でも、あの子は一度も、お母さんがいなくて寂しいっていったことが
なかった気がします。

それはそれでどうだったんでしょう。

仕事しないで、子育てしている人が、羨ましいです。
今となっては。

この記事をはてなブックマークに追加

『恋人はゴースト』

2017年02月05日 | 映画
リース・ウィザスプーン主演。
自分が死にそうになった医師が、体から離れて
人を好きになってしまう。
でも、自分の体の寿命が、というか、人工呼吸器をはずすということに
なって・・・・

本当に何がしたかったのか、生きているときに。
死にそうになってみてわかることがあります。


この記事をはてなブックマークに追加

元町梅林

2017年02月04日 | お料理
元町梅林で、ランチしました。
何か月も前から約束していました。やっと3人の予定があって、かなったのでした。
美味しかったもの、これからのお料理に役立ちそうです。

プチトマトの味噌漬け。やってみたいです。
カボチャの入った卵焼きもよかったです。

近くでとれたイナダのお刺身。

お餅を揚げたもの。このお出汁がものすごく美味しい。

ここみがこんなに美味しいなんて、知りませんでした。

海老につけた衣が、パスタです。どこか外国の細いパスタです。
初めて見ました。

ローストビーフ。お味が絶妙。


もち米とウナギのちまき。
10個ぐらい食べられそうです。
これにあさりのお味噌汁。

デザート。イチゴのアイスに、黒ゴマのあんこが合っていました

この記事をはてなブックマークに追加

明日は立春

2017年02月03日 | 雑記
もうすぐ春です。



節分が終わると春です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今日の新規利用者さんとの契約は、なんだかあまり
よい時間ではありませんでした。
娘さんが機嫌が悪いのか、人見知りなのか、笑顔もなく
淡々としていました。
これから始まる介護生活が、不安なのかもしれません。

そしてお金もかかります。
お金のことを気にしていました。
介護保険が2割負担なので、なんでも倍額となってしまいます。

でも、胃ろうをつくって退院してくるお父さん。
不安が大きいと思いました。

何とか在宅生活が維持できるといいです。

この記事をはてなブックマークに追加

香り

2017年02月02日 | アロマ
イランイランの香りに包まれると、南国の気分になります。
お花の実物を、いつか見に行きたいです。
かわったお花です。

ブランドによって香りが違いますので、気に入ったブランドを探すことも大事です。
産地によっても香りは違いますし、その年によっても違います。
お酒やワインと一緒ですね。

眠れない夜は、好きな香りをかぎながらベッドにはいりましょう。

今日一日、どんな一日だったのでしょうか。

一日を静かに振り返ってみましょう。
とにかく、寒い一日でした。
脚が冷えて冷えて。
きんきんするほどでした。

この記事をはてなブックマークに追加

バリ島 

2017年02月01日 | 雑記
楽しんでいる知り合いがいます。
バリ島、住んでもいいと考えています。
仕事さえ あれば。






部屋が広すぎます。浴槽がお鍋みたいです。






Hotel Tugu Bali ゴージャスなホテルです。
クタビーチより北へ。

この記事をはてなブックマークに追加