ART COMMUNICATION IN SHIMANE みるみるの会の活動報告

島根の美術教育関係者が集まって立ち上げた対話型鑑賞の普及に努める「みるみるの会」の活動情報をお知らせするブログです。

対話型鑑賞の実践中

2013-01-29 21:30:32 | 対話型鑑賞
対話型鑑賞の実践中


今日は授業時数が少なく、3学期早々に行った3年生の対話型鑑賞の文字起こしを行いました。作品は雪舟の「慧可断臂図」です。3クラスで実践したのですが、今回はクラスによって情報の提供に差をつけてみました。

対話型鑑賞では原則として作品にまつわる情報を提供しないというルールがあります。これは、MOMAで始まったVTSの手法の影響を強く受けていると思います。私も実際に教育プログラムの開発にかかわったフィリップ・ヤノウィン氏のレクチャーを受ましたので、この原則に強く縛られていました。しかし、京都造形芸術大学でACOPを主宰する福のり子教授は、積極的にではないが、時と場に応じての情報提供はあってもいいのではないかというスタンスで実践を行っておられます。実際、情報を提供したことによって、会話の内容が深まりを見せる場面に昨冬のACOPで居合わせ、福教授のACOPスタイルを取り入れていくことは、教育実践の場では有効なのではないかと考えるようになったからです。

慧可断臂図は達磨大師の弟子になりたくて、修行をしている達磨のところに慧可が訪ねますが、受け入れてもらえないので、気持ちの固さ、決意の表れを、自分の左手を切り落とすことで慧可が示すという場面を描いた作品です。日本人でありながら、日本の美術作品にあまりなじみのない生徒たちは、色味のない水墨画に描かれているものの意味を読み取るのに困難を感じます。しかも、切り取られた手は、よく見ないと切り取られているようには見えません。しかし、1年生の時からこの鑑賞スタイルに慣れ親しんだ本校の3年生は、「よく見て」と繰り返しみることを促すと、一人くらいは気付きます。そして、気付いたことを発言すると、学級の中にざわめきが起きます。「なぜ、切れた手を持っているのか?」「あの手は誰のものなのか?」「なぜ、手が切れているのか?」様々な思いが、困惑が生徒たちの頭の中を駆け巡ります。

この時、「誰の手なのか?」という疑問が起き、誰のものかを考えさせる方向で進めると、作品の解釈は広がります。実際、年末に2年生で行った時には情報を提供しなかったので、手の主を巡っての発言も様々出ました。

今回は最後のクラスで「この手は切れています。そして、この手は、この手を持っている、この人のものです。」と情報を提供しました。そうすると「切れた手を、この人に治してもらおうと持って来た」と、達磨大師が偉い、超人的なパワーを持っている人ではないかという見解が出ます。また、「この二人は師匠と弟子で、弟子が手が切れて困って、師匠に助けてもらおうとしている」という真実に迫るような発言も出てくるようになります。しかし、達磨が背を向けていることから、「頼みごとをしても断られている」という風に読み取ります。

鑑賞後の記述されたワークシートには、「弟子が、手を切ってまで、何かのお願い事をしているのに、師匠は頼みごとを聞き入れず、背を向けている」という、まさに絵に描かれた逸話に迫る読み取りをする生徒も出てくるようになります。この時、私は、読み取る生徒の力もすごいと思いますが、生徒にそこまで読み取らせる作品のすごさ、それを描いた雪舟のすごさに感服します。

そして、この時、対話型鑑賞のねらうものはなんなのかを考えます。

文部科学省の学習指導要領に示される鑑賞には具体的なねらいを持った授業がなされるようにと記されています。表現との関連を持たせるようにとも言われています。確かに、表現に活かす鑑賞も必要だと思いますが、純粋に鑑賞のみに浸る、作品を味わうだけの鑑賞を行ってはいけないのでしょうか?

多くの生徒たちがこの鑑賞活動のあとのワークシートに授業の感想として「こんな鑑賞をまたやりたい。ひとつの作品をじっくりみて、考えることはとても楽しいと感じた」「この鑑賞は、中学校の授業では、もう最後だと言われたけれど、卒業までにもう1回したい」「高校へ行ったらもう美術はないかも知れないけど、絵をみることがあったら、こんな風にじっくり対話してみたい」などと書くのです。授業者としてこんなうれしいこともありませんが、それより、この鑑賞活動が、「将来にわたって美術を愛好する心情」を育てるのに何より寄与していると思うのです。

授業を行うのでありますから、授業のねらいはなくてはなりませんが、大局に立った価値に基づく鑑賞活動があってもいいと思うのです。その鑑賞がこの対話型鑑賞ではないかと、実践を行うたびに、その思いを強くする、今日この頃です。
コメント

1月26日のお天気

2013-01-28 21:16:32 | 対話型鑑賞
1月26日のお天気


まだまだこのブログのプログラムをうまく使いこなせていません。一昨日の東西に長い島根県のお天気の変化を海の光景とともにお伝えしたいと思っていたのに、画像がうまくUPできず、大きな1枚の画像のみとなってしまいましたが、今日は、ひょんなことから、うまくいきそうで、若干のタイムラグをお許しいただいて、美しい日本海の、荒れた波間をご覧ください。そして、夜になって雪化粧をした出雲の街並みも併せてご覧ください。


さて、今日は、勤務する学校の校区にある幼稚園に対話型鑑賞に出かけました。

2011年から京都造形芸術大学で開催されたVTSJのセミナーを受講した私は、様々な年齢層を対象に対話型鑑賞を実践し、スキルアップしたいと考えるようになりました。それは、VTSがアメリカのキンダーガーデン(幼稚園)で実践されているVTRを見せられたのにも一因があります。アメリカの幼稚園の子どもにできるのなら、日本の幼稚園の子どもにもできるはずだと考えたのです。実際、京都造形芸術大学教授の福のり子氏は実践の経験がおありで、「できるよ。」とおっしゃられたので、「できる!!」を自分のものにしたくて、やらせてくれる幼稚園を探していました。以前の勤務校の校長先生がご退職なさって、幼稚園の園長先生をされていると聞いて、まず、その幼稚園で実践させていただくことにしました。この幼稚園ではすでに4回実践させていただいています。そして、この活動の有意義さを本校の校長に報告したところ、校区の幼稚園でも実践するようにと働きかけてくださり、新たにもう1園で実践することが可能になりました。

先に実践していた幼稚園での作品を後から実践することになった幼稚園でも使っています。同じ作品で実践することで、違いや共通項を明らかにすることができるのではないかと考えたからです。園児ですので、作品の選定はかなり悩みましたが、4作品の実践を終えて、なかなか良い作品を選んで実践できているのではないかと、まさに自画自賛するところです。

前置きが長くなりましたが、今日は、ピカソの「ハトを抱く子ども」という作品で行いました。

この作品は、画面の中央に白いドレスを着た少女が両手でハトを抱いて立ってるという絵です。少女の左下にビーチボールのようなボールがあり、画面の上下は真ん中あたりで塗り分けられています。上面は暗青色塗られ、下半分は黄土色で塗られています。上面の暗青色の左上面には赤色、右半分には黄色のような色が塗り重ねられています。この作品をみて、園児の発言は実に様々でした。

「女の子なのに髪が短い」とか「お家にいるのにドレスを着ている」とか「壁に英語で字が書いていある」などです。(上背面の青いところにピカソのサインが入っています。)また、「家の中なのに靴を履いている」と言うのも出ました。そこで、「どうしてお家の中なのに靴を履いていると思う?」と訊ねると「上履き」「まだ、靴の裏がきれい。新品だから。」とか「靴の絵の柄のスリッパ」「靴の絵のソックスを履いている」など、大人では考えもつかないようなことではあるけれど、(だって、大人は、外国では靴のまま、家に入ることを常識として知っている。)子どもなりに、子どもの知ってることの範囲で、理屈の通るような考えを導き出すことができることに感心するばかりです。実際に、担任の先生も感心しておられました。
そうして、この幼稚園では2回目の実践でしたが、1回目に見た作品を、1か月以上前になるのですが、ほとんどの子どもが覚えていたこと、また、1回目の時に、この鑑賞のやり方がわかったのか、2回目の今日は、前回よりも発言がずっと多かったことが挙げられます。2回目でのこの進歩ですから、3回目以降がとても楽しみだと、担任の先生もおっしゃってくださいました。小学校に上がるまでのあと2か月で、子どもたちの「言語力」あるいは「表現力」を伸ばす一助になれたらと思いながら今日の実践を終えました。
担任の先生からの記録もいただけるので、成長過程を検証できればと思うところです。

ちなみに1作品目は小倉遊亀の「径」を鑑賞しています。

さて、次回は、昨日評価した3年生の慧可断臂図のワークシートから新たな発見があったので、それをお伝えできればと思っています。
コメント

東西に長い島根県

2013-01-27 11:08:27 | 対話型鑑賞

昨日は私の住む出雲市からJR山陰線に乗って、西の端にある益田市まで「みるみるの会」の活動に出かけました。益田市にある島根県立石見美術館で開催されているコレクション展で「みるみるとみてみる」の企画に協力するためです。
島根県は日本地図でご覧になっていただければよくわかりますが、東西にとても長い県です。出雲市から益田市まででも152キロもあるのです。快速に乗り2時間ちょっとの旅の間の楽しみは日本海の光景です。昨日は風がとても強く、日本海は荒れ狂っていました。その海の様子が少しでも伝わればいいなと思って、携帯のカメラでその光景を撮影してみましたが、やはり、目の当たりにするリアルさに勝てるものはないですね。でも、少しくらいは伝わるかもしれないので、画像もUPしておきます。

石見美術館のコレクション展会場での対話型鑑賞は一般の成人(会員の知人や美術館ボランティア、出版社の方、取材の方)など10名あまりの参加者で行われました。みるみるの会員でもある廣田学芸員が収蔵の作品を、ある意図をもって展示している(シークエンスといいますが)作品を前に、上坂会員のファシリテート(会の進行役をこう呼びます)で行われました。

私たちが日常接している中学生とは違って、一般成人の方の発言は専門的なものも多く、表現方法や構図、色遣いの意味などを語られることもしばしばで、ファシリテートする側の人間の力量が問われます。中学生のみえているものを中心に語ることに慣れている私たち教育現場の会員は美術館で一般の方と対話型鑑賞を行うと、パラフレーズ(発言者の語ることを要約し、次の発言につなげること)をいかに行うかが絶えず試されることになります。

昨日も作品制作を行っている方々の参加でしたので、先にも書いたように、表現様式だったり構図だったりという、中学生ではめったに発言のない内容に触れる会話が多かったので、ファシリテートはかなり大変だったと思います。4作品で50分の鑑賞を終え、会員で反省会(ファシリテートの振り返り)を行いましたが、まだまだ研鑽を積んでいくことが求められるということになりました。

対話型鑑賞では「何を言ってもよい」「正解はない」とよく言われます。本当にその通りですが、大事なことは、「何を言ってもいいですよ。」「正解はありませんよ。」とアナウンスすることではなく、「何を言ってもいいのだ。」「間違いってことはないんだ。」という安心感を参加者に感じてもらえる安心感をファシリテーターが作り出すことではないかと私は思っています。「何を言ってもいい。」という安心感を(対話型鑑賞をしている)場に提供する役目をファシリテーターは負っていると思います。受容する態度と言うのか、そういう懐の広さがあると、参観者は安心して語れるのではないかと思っています。

その時に欠かせないのが「うなずき」ではないでしょうか。語る人の語る言葉のひとつひとつを「うなずき」ながら聞く。もちろんそれが儀礼的では意味がありません。語ることの意味をしっかり受け止め、理解しようと心がければ、おのずとうなずきが生まれるのではないでしょうか?「傾聴する」ことが大切だと思います。すべてはそこから始まると思います。

まだまだ、十分なファシリテートができるわけではないので、これからも会員とともにさらに研鑽を詰んでいこうと思います。

さて、夕方5時のJRに乗り、出雲に着いたのは7時半。なんと、出雲は白銀の世界に変わっていました。今日も雪が降り続いています。こんな寒い日には表には出ず、生徒たちと対話した雪舟の「慧可断ぴ図」のワークシート(生徒たちの書いた)を読み返し、評価をつけたいと思います。面白い記述がありましたら、また、お知らせできればと思います。
コメント (2)

出雲市中部ブロック造形展が開催されました

2013-01-20 22:09:49 | 対話型鑑賞
出雲市中部ブロック造形展が開催されました


みるみるの会の活動ではありませんが、美術科の教員として、作品展の紹介も行いたいと思います。

私の勤務する出雲市では教育研究会の中に造形部と言うのがあり、小学校の図工主任の先生と中学校の美術科教員が造形部に所属し、授業研究などの研修や、県図画作品展の審査や今回の造形展の運営にあたっています。

昨夏には益田の石見美術館学芸員、みるみるの会の会員でもある廣田さんにアートカードを使っての鑑賞活動のレクチャーを行っていただき、好評でした。

そして、今回は、小学校の造形作品と中学校の授業での制作作品、美術部の制作作品を出雲市駅の南にあるビッグハートという施設で展示するという造形展を開催しました。今日の最終時に受付で来場者数を確認したところ、ここ近年まれにみる数にのぼり、2日間で2000人を超えるという盛況ぶりでした。天候が比較的穏やかであったことも幸いしたのでしょう。小学校の作品を見に来られた家族連れがついでに中学校の作品も見て帰ってくれるという状況でした。明日は、午前中、かたづけと作品の搬出です。

この作品展のよいところは、小学校の先生方が中学生の制作した作品を見る機会があること、また、中学校の美術科教員が小学校の図工の作品を見ることで、小学校の図工の取り組みを知ることができるという面もあります。作品が展示されている児童生徒の家族の方々にも多数来場いただき、小中学校の図工・美術科の取り組みを知っていただくのにもよい機会だと思います。

特に小学校は学年で取り組んだものを一堂に展示するので、出来上がった展示物は圧巻です。どの学校も作品はもとより展示にも工夫が施されています。飾り付ける先生方も真剣にやっておられ、頭が下がります。

そこにいくと、中学校の展示はシンプルですが、作品のグレードは高いので、見に来た小学生や保護者の方からも「すごい」「うまい」「きれいだね」などの感嘆の声を聞くことができます。図工と美術の違いを知っていただくのにもよい機会であると思います。

このような造形展は島根県内の各地区で行われていると思います。みるみる会員の地区で行われている様子もまたお知らせできるようにしたいと思います。

さて、連日、中学生を対象に「慧可断ぴ図」を行った時の様子についてお知らせしていますが、今度、小学校に出かけて対話型鑑賞を行うことになりました。1年生と4年生です。

1年生には、幼稚園で実践している作品で行い、その違い(違いがあるのか、ないのか)を検証したいと思っています。また、4年生は作品の選定に迷うところですが、ギャングエイジにふさわしい作品を選ぼうと考えています。この様子もまた、お知らせしますね。

では、また、新しい1週間が始まりましたが、寒さ厳しい時期を迎えています。くれぐれも健康に気を付けましょう。
コメント

今冬初の雪景色

2013-01-19 22:31:45 | 対話型鑑賞
今冬初の雪景色


一昨日は出雲で今冬初となる積雪があり、雪景色となりました。昨日の朝は路面が積雪により凍結し、いたるところで交通渋滞が起きました。いつまでたっても凍結路面の運転に慣れない私は、普段より15分も早くに家を出て学校に向かいました。おかげで、マイペースで運転することができ、ラッシュにも巻き込まれず、安全に学校にたどり着くことができました。

出雲はセンター入試の頃にいつも荒れた天候となり、受験生を苦しめますが、今年は一足早かったために、昨日のうちに積もった雪も溶けてしまい、今朝は日も差し、穏やかな受験日となったことをうれしく思いました。
受験生にとっては、そうでなくても過酷な日です。その日に追い打ちをかけるような天候だと、受験校に向かう前から試練が立ちはだかります。そんな日にならなくてなによりでした。でも、狭いようで広い日本の各地では、やはり雪に見舞われ、受験校に向かうのに難儀した受験生もいたようなので、ご苦労様でした。

さて、一昨日は、しんしんと降りしきる雪の中、3年生の2クラスで、雪舟の「慧可断ぴ図」の対話型鑑賞を行いました。雪って消音効果があるんでしょうね。とても静かな中で、2クラスの鑑賞は行われました。

1クラス目で感心した発言は「奥の白い服を着た人の線(描線)は他のところと比べて薄いけど、太いので、この人は偉い人なのではないかと思う」と、表現方法の違いに気付き、その違いの意味を考えることができたということです。

これは、何でもないような気付きに思われるかもしれませんが、VTS的に言うと、美的発達段階のステージが変わったと言える発言です。中学生くらいだと、見えたものに対する解釈(読み取り)は、見えたものをもとに、自分の考えを物語のように語るのが一般的です。しかし、この生徒は描き方と言う、表現様式の違いを見つけ、そこに描き手の存在を感じ、描き手が意志を持って描き方を変え、その効果(違うことによって偉い人と感じられるように描いたのではないかということ)までも狙ったのではないかと言うことまで推測することができていることは、作品をより客観的に解釈しようとしている表れであるからです。

このことを文章で説明し、理解してもらうことはなかなか困難な作業です。読んでいても、私が何を言いたいのかわからない方もいるかもしれませんね。

でも、対話型鑑賞を行うとき、このスタイルの鑑賞の初心者である生徒たちが見ている作品には当たり前ですが、それを制作した作家がいるのですが、その作家の存在は生徒たちにとって、思考の範疇外です。見えているものの意味を読み取ることに必死で作者の存在は意識されません。でも、このスタイルの鑑賞を続け、回数を重ねていくと変化が現れる生徒が出てきます。先の発言もそんな変化の現れです。

このような多くの変化を感じさせる発言がこのスタイルの鑑賞を5回くらい続けていると表れてきます。VTSでも、5回は行うことを原則としているのも、実践を重ねていると納得ができます。このことからも、私は中学校3年間で5回以上、このスタイルの鑑賞を行いたいと考えています。そして、見せたい5作品を厳選したいと考えています。

さて、2クラス目にも驚くような発言がありましたが、この報告は次回にしたいと思います。

対話型鑑賞の醍醐味について語っているつもりですが、だいごみの「だ」くらいは伝わっているのでしょうか?

コメント