ab Cuore 

帰国した時ノンポリだった私が見たのは≒無政府状態の日本。
ショック、怒り、希望をこのブログに書きました。

8/22 カブトムシを自分で触ってってCMがあるけど

2019-08-22 15:23:08 | 医療関係


8/22 カブトムシを自分で触ってってCMがあるけど

かわいそうなカブトムシ。

あれはスーさんの中で宣伝を聞いたどこかの虫の展示会場。

大昆虫展だと今もCMやった。


なんか虫を食べさせるとこともあるとか。

ナイツで小林さんが虫を食べさせられた。

女子アナもお笑いの人もあまり変わらないことをやらされる。



東南アジアでは虫を食べる国もあるけど、オーストラリアの原住民で

芋虫を食べる人たちもいる。

美味しんぼで読んだ。

貴重なたんぱく質源なんだけど、生で食べるらしい。


虫にとって人間に触られるってすごく怖いことだと思う。

このCM嫌い。


パリでチーちゃんがわざわざ入り込んできて、私につかませようとしたことがあった。

他の雀の見ているところで、チーちゃんは勇気のあるところを見せようとしたのだ。

それを感じたけど、私はカーテンごしにチーちゃんを挟んでそっと外に出した。


昔、母のカナリアがすごく慣れていて人の頭に止まったり

手につかまれても平気だった。

間違って外に出たときも、ピーちゃんと呼んだらすごいスピードで家の中に

飛び込んで来たものだ。


でも普通の鳥は自分で入ってきてもやっぱり気が狂いそうに怖いのだ。



8/22 こんなアイスの自販機見たことない

2019-08-22 15:22:12 | 医療関係
繁華街にしかないのかな?

8/22 ほら、お天気で見えた

2019-08-22 15:21:28 | 医療関係
ちょっとくどいかな

8/22 ホランさんの昨日の衣装

2019-08-22 15:20:45 | 医療関係
これ下までこうだった。

8/22 これ合成なんだろう 虎は火が怖いはずだから

2019-08-22 15:19:37 | 医療関係
こんなの平気でいられないよ。

でもとても可愛い顔している。

8/22 これは乾燥盆栽 土がないので輸出が楽

2019-08-22 06:45:04 | 医療関係


8/21 盆栽 乾燥盆栽があるそう ガチャガチャで買えるとか

ガチャガチャってやったことどころか見たこともない。


そのガチャガチャでプラスチックの盆栽が買えるのだとか。

なんかちょっとどぎつくてあまり買いたいと思えないけど、

こちらの本格的に乾燥させた盆栽は興味ある。


値段もガチャガチャ価格でないし、輸出も可能。

土がないからだ。


盆栽とは呼べないかもしれないけど

母は何かの木をアチコチ摘んで小さい”大木”を作っていた。

あれは年月が経てば盆栽なんだろう。


盆栽は投稿した記事があるから好きな人は見てください。



8/22 できるとこうなる

2019-08-22 06:44:38 | 医療関係


8/21 盆栽 乾燥盆栽があるそう ガチャガチャで買えるとか

ガチャガチャってやったことどころか見たこともない。


そのガチャガチャでプラスチックの盆栽が買えるのだとか。

なんかちょっとどぎつくてあまり買いたいと思えないけど、

こちらの本格的に乾燥させた盆栽は興味ある。


値段もガチャガチャ価格でないし、輸出も可能。

土がないからだ。


盆栽とは呼べないかもしれないけど

母は何かの木をアチコチ摘んで小さい”大木”を作っていた。

あれは年月が経てば盆栽なんだろう。


盆栽は投稿した記事があるから好きな人は見てください。



8/22 ガチャガチャで買える盆栽

2019-08-22 06:44:03 | 医療関係


8/21 盆栽 乾燥盆栽があるそう ガチャガチャで買えるとか

ガチャガチャってやったことどころか見たこともない。


そのガチャガチャでプラスチックの盆栽が買えるのだとか。

なんかちょっとどぎつくてあまり買いたいと思えないけど、

こちらの本格的に乾燥させた盆栽は興味ある。


値段もガチャガチャ価格でないし、輸出も可能。

土がないからだ。


盆栽とは呼べないかもしれないけど

母は何かの木をアチコチ摘んで小さい”大木”を作っていた。

あれは年月が経てば盆栽なんだろう。


盆栽は投稿した記事があるから好きな人は見てください。



8/21 マンホール・・・・の柄 Nスタ これを見られたのは

2019-08-22 06:43:18 | 医療関係



8/21 マンホール・・・・の柄 Nスタ これを見られたのはいい

私、母の家に住んでいたころから、マンホールの柄に興味を持っていた。


道でマンホールのふたを見ると、チラチラと柄を眺めチェックする。

私のカメラはどれも大きくて、スマホみたいなら結構な写真があると思う。

でも今回見たようなきれいで可愛いふたはなかった。

でも、かなり手が込んだ柄だったのは覚えている。


マンホールのふたはどれも丸いけど、丸いとずれても落ちるリスクがないそう。

知っていた?

さらに中の水や空気を抜くために1cmほど浮くように作られているなんて

知りませんでした。



8/21 山ちゃん 後ろはご両親?

2019-08-22 06:42:47 | 医療関係

8/21 山ちゃん 後ろはご両親?

私は山ちゃんが今ほど人気がなかった時から結構好きだった。

ラジオのたまむすびにずっと出ていた。

彼はすごく育ちのよさを感じさせる。

よくお父さんが部屋の掃除に来てくれる話をしていて、

かわいがられた息子なんだと思った。

彼のよさ、優しさは育ちのよさんなんだろう。


どうしようもないアホウな相棒、たまおを実にうまくカバーしている。






8/21 輸入すり身 輸入価格が高騰 ならば日本で作って輸出

2019-08-22 06:41:58 | 医療関係

8/21 輸入すり身 輸入価格が高騰 ならば日本で作って輸出したら?


すり身ってすけそうだらのすり身らしい。

魚の消費が上がったらしくすり身の生産量が減ったらしい。

当然輸入化価格も上がる。

でもそれなら、すり身なんか機械で作れるのだろうし、

魚はすけそうだらしかいけないのかな?


恐らく魚の段階から日本では足りないのかもしてない。

すり身なんか昔、いやちょっと前まで日本でも作っていた。

割安だから輸入することになったのだと思う。


すり身を日本で作れるようになったら

今度は輸出すればいいのだ。


フランスにもすり身を使った料理はあるし、フランス人がカニカマが好きなら

すり身で作った他のものも好きかもしれない。

あれはまだ30代のころかな?

カルフールのような大型スーパーに行ったときカニカマをみつけた。

そしてさらにそれを買おうとしている女性がいたから

それ、カニじゃないよ と言った。

そうしたら知ってる。 でもおいしいという反応があってちょっとビックリした。


私は個人的にはカニカマはそれほど美味しいと思ったことない。

チクワのほうがましかもしれない。

カニカマをフランスに輸出するのに成功した会社は、何かまったく異なるすり身製品を

輸出できるかもしれないことを考えてみるといい。


ブイヤベースは日本でも有名だけど、

フランスではガラス瓶入りの魚のスープがある。


日本人は食べる機会があればみんな好きになるスープだ。

作るのは結構大変なので、輸入会社はこのスープを輸入してほしい。

食べ方は温めて、クルートン、トーストでもいい。

これにニンニクバターでも塗って、スープに浮かせる。

そうすればすごい一品になる。





8/20 NHK 一般公開しているわけ?

2019-08-20 12:42:55 | 医療関係

 
8/20 昭和天皇 昨日からもっぱらニュースになっているけど

今朝、院であれはひさとちゃんかな解説をしたのは。


写真の中にはみつけられなかったけど、

今朝の解説では昭和天皇は軍備についても意見をお持ちだったそう。

侵略を受けることの脅威で・・・・

でも田島さんがそれは禁句ですとお止になったとか。

ありがとう、昭和天皇。


でもその反省という言葉は上皇陛下にも今上天皇にも受け継がれています。

どこかで見たのだけど、昭和天皇と上皇陛下はよくお話しになっていたから

この反省という言葉は受け継がれたのだと思う。


下種の勘繰りでもいいからそう思いたいです。


8/20 昭和天皇 昨日からもっぱらニュースになっているけど

2019-08-20 12:42:21 | 医療関係

 
8/20 昭和天皇 昨日からもっぱらニュースになっているけど

今朝、院であれはひさとちゃんかな解説をしたのは。


写真の中にはみつけられなかったけど、

今朝の解説では昭和天皇は軍備についても意見をお持ちだったそう。

侵略を受けることの脅威で・・・・

でも田島さんがそれは禁句ですとお止になったとか。

ありがとう、昭和天皇。


でもその反省という言葉は上皇陛下にも今上天皇にも受け継がれています。

どこかで見たのだけど、昭和天皇と上皇陛下はよくお話しになっていたから

この反省という言葉は受け継がれたのだと思う。


下種の勘繰りでもいいからそう思いたいです。


8/20 この2羽だと思う、医者の家の側に来てくれたのは

2019-08-20 12:41:41 | 医療関係



8/20 この2羽だと思う、医者の家の側に来てくれたのは


2羽でいるのはチータンの連れてきたカーコとそのパートナーのカオなんだけど


この2羽がカーコとカオか確信がない。

松原先生のカラスの教科書の中には兄弟・姉妹で2羽でいる場合も

あるらしいけど夫婦の場合もあるらしい。


カーコとカオが夫婦か今一確かではないのだ。

あの2羽は今では9歳くらいになっているはず。

それくらい長いお付き合いなのだ。

チータンがカーコをこの子もいい?って連れてきたときは

カーコはまだ子供だった。

雀はカラスの子供の世話を結構するのだ。

大ちゃんとエレンさんの子も可愛がっていた。


カーコとカオが夫婦なら子供がいてもおかしくないけど、

この2羽の右はマリコにそっくり。

マリコは私がここに来てから来たことがある。

かくれんぼをやってくれてすぐわかった。


マリコが誰の子かわからないけど、

これがマリコなら5-6歳になっていてもおかしくない。

パリでチーちゃんたちが来たくらいの距離で顔が見られれば

識別できるんだけど。


カーコはマジマジかなり近くで見たことがあって、見ればわかるけど

このどちらかがカーコには見えないのだ。

と言うことはマリコは誰かパートナーを見つけた?


もっと側で見てみたいけど、カラスって臆病でね。



8/20 お雛様 インタビュー記事をみつけた

2019-08-20 12:41:10 | 医療関係


8/20 お雛様 インタビュー記事をみつけた


鳥が好きだとか。 ライチョウは鳥が好きだから。


子供の頃か?インコを飼って以来トリは食べないそう。

優しい人ね。

私は鶏も鴨(合鴨)も食べる。

合鴨は本物は見たことがない。

鳥が好きだから鶏を食べることを考えたこともあった。

だけど、鶏って私には鳥じゃない。

あいつらどうしようもないほど馬鹿で軽蔑さえしている。


いつだったかフランスでピクニックをやったとき、昼食にローストチキンがあった。

食べ残りをちょっと下の民家の庭の鶏に投げたら、我先に鶏肉を鶏は食べてしまった。

鶏ってこんなもんだ。


それに対して雀は卵すら食べるの好きじゃない。

卵の入った蒸しパンもあまり食べないし、ゆで卵も食べない。


他の鳥は黄身なんか大好き。


添付の写真の軍配はとても歴史のあるもので、もう一度読みいなおしてから

書きたい。