ab Cuore 

帰国した時ノンポリだった私が見たのは≒無政府状態の日本。
ショック、怒り、希望をこのブログに書きました。

7/31 手根管症候群 今更アステラスで聞いて

2014-07-31 07:47:00 | チーコ、カーコ、ヒナコ 他
7/31 手根管症候群 今更アステラスで聞いて

手根管症候群というのは加齢とか手の使い過ぎで起こる神経の病らしい。

この病気は4つほど治療の方法があるそうだ。

手術は4つ目の方法だった。
でも局部麻酔で、日帰りでできる手術だそうだ。

母がこの手根管症候群と判断された手の痛みを持っていた。

医者は10日ほどの入院がいると言った。
母は10日もベッドにいたら歩けなくなるとかぼやいていた。
でも実際はさらに入院期間を延ばされた。
母が怒っていたのは主手術したけど痛みが治らなかったことなのだ。

私は遅ればせながら手術の内容などをチェックして、医者にいくつか質問したのだけど遅すぎた。

母の年代は医者に「たてつく」ことをすごく恐れる。
カウンターチャックもしない。

日帰りでできる手術を2週間も入院させるなんて、
その医者はそれほどヤブだったのだろうか?

それとも母の言うように、老人だから実験に使ったのだろうか?

アステラスは私の関係ないことでもすごく興味深い情報をくれるとても貴重な番組なのだ。


コメント

7/31 ガザとか、イスラエルとか

2014-07-31 07:46:35 | チーコ、カーコ、ヒナコ 他
7/31 ガザとか、イスラエルとか

あれは80年代のことだったと思う。
その時出て来た国はどこだったか覚えていない。

しかし、中東、アラブ国なんかでは私たちにない考え方があるのだ。

彼等は身内が殺されたら、殺し返さなければ恥、神への冒涜になるのだ。
だから戦争なんか終わるわけがないのだ。

当時タイムで読んだと思うのだけど、アメリカ人の女性で
彼等に白人が干渉すべきではないと言った人がいるのだ。

それを読んでその時、私もそう思った。

多かれ少なかれ、宗教が絡んでいて、他の主義、宗国国には理解できないところがあるのだ。

それを、戦争だから悪いというので、自国の利益になりそうな国の片棒をかつぐのはいいとは思えない。

もちろん民間の子供や女性には救助を出してあげたいけど。

アメリカとか結局、両方を滅ぼしてしまったのを思い出すのだ。


コメント

7/31 ヒナコ

2014-07-31 07:14:33 | チーコ、カーコ、ヒナコ 他
コメント

7/31 Gooさん、 もっと詳しく書いてください

2014-07-31 07:13:54 | チーコ、カーコ、ヒナコ 他
コメント

7/31 チーコのアルバム 2羽とも子供だけど、右はクチバシが黄色

2014-07-31 07:12:16 | チーコ、カーコ、ヒナコ 他
コメント

7/31 チーコのアルバム

2014-07-31 07:11:45 | チーコ、カーコ、ヒナコ 他
コメント

7/31 アサガオ展 いるまでかの写真がなくなりました

2014-07-31 07:10:48 | チーコ、カーコ、ヒナコ 他
コメント

7/31 大輪のアサガオ

2014-07-31 07:10:19 | チーコ、カーコ、ヒナコ 他
コメント

7/31 タクシーの話

2014-07-31 07:09:57 | チーコ、カーコ、ヒナコ 他
7/31 タクシーの話

フランスではガソリンが勿体ないので空車で客を求めて走り回ることはしない。

タクシーステーションがあってそこにタクシーが待っている。
このタクシー亭が多い。

とてもいい、日本でもあったらいいシステムがここにあるのだ。

ひとつはこのテクシー亭に絶対にある電話。
受けるだけです。
ここに電話してタクシーを自宅に呼べる。
近所のタクシー亭にかけるのだから、来てもらう時間も距離による料金もだいたいわかるから、安心して呼べる。

タクシーは時に長く客を待つこともある。
原則、先頭の車に乗るのだけど、近かったような場合はドライバーに一番後の車に言ってなんて言われる。
長く待って、その距離ではやっていられないよと言うことなんだろう。

日本のタクシーは空車で走っても違和感がないから、おかしなタクシーがあるんだよね。

それはまた書く。



コメント

7/31 でもレモンさんの所のような子供たちもいるから

2014-07-31 07:09:28 | チーコ、カーコ、ヒナコ 他
7/31 でもレモンさんの所のような子供たちもいるから

レモンさんの子供相談室に出演している子供は中学生。

ゲーム大好きという子もいるけど、どの子も表情豊かで、問題を起こす子供たちのタイプではないのだ。

レモンさんに相談にくる他の子供の話を聞いて、彼らの経験とか、考えなどをちゃんと言える。

違いはなんだろう?

私の推測でしかないのだけど、いわゆる「育ちがいい」のだ。

親の子供に対する関心が子供を通じて感じることができる。

なによりレモンさんの番組で経験したことをベースに物を考えるところがいい。

あの同級生を殺してしまった子の家庭、メチャメチャじゃないの。
おかあさんが生きていたころから問題を起こしていたけど、彼女の心にはまだブレーキがあったように思う。

これからわかるだろうけど、長い友達関係にあった子を殺してしまいたい理由はなんだったのだろう?

レモンさん、すごく残酷な話だけど、子供たちがどう感じているか話し合ってください。

ぜひ同年代の子供の意見を聞いてみたい。
コメント

7/30 無機質では感じられない生命

2014-07-31 07:08:57 | チーコ、カーコ、ヒナコ 他
7/30 無機質では感じられない生命

私はCMでゲームというものを見ることがあるけど、実際にゲーム機を手に取ってやったことはない。

一見おもしろそうだけど、すぐに飽きるのは明らかで、やってみたいと思ったことはない。
ある。
関ジャニの太鼓叩き。 あれはリズムを取るのが楽しいし、私には難しいけど、バチが1つならやってみたいと思った。
リズムを取るのが好きなのだ。

しかし、どのゲームも共通するのは相手がいて、その相手より早く・強く何かの目的に達する。 さらに悪いのは相手がいて、その相手をいかに速やかに破壊するかという遊び。

相手が破壊されても、リセットすればまた相手ができて、再び相手を破壊できる。

考えてみればこれは恐ろしいことだ。

しかも相手の痛みは伝わってこない。
ただ勝利感だけがそこに残る。

だからこんなんで遊んでいたら、相手の痛みなんてわかるわけないし、生命の尊さなんか感じるわけがないのだ。

こういうゲームでマスターするのは迅速さ・それから勝つための技。
この技というのは、血も涙もない技なのだ。

上に出て来たけど、残った勝利感って一体どういう感触なんだろう?

もし一人でできるゲームなら、勝利感って自分を克服した勝利感?
それとは違うように思える。

アナログのなかでは、自分との戦いって多い。
スポーツ、音楽、芸術、どれをとっても、怠けたい気持ちを克服して、毎日同じような訓練の繰り返しで、でもそれを乗り越えるからこそ
勝利に到達できて、「やった!」感がするのだ。

ゲームに夢中になっている人に聞きたい。
汗をかくような訓練もなく、指先だけで勝つゲームの勝利感ってどんなか言ってほしい。



コメント

7/31 森田さんの この太陽 文字が入って残念

2014-07-31 07:07:38 | チーコ、カーコ、ヒナコ 他
コメント

7/30 タスクマネージャー2つ出る でも数値が違う

2014-07-30 13:20:45 | チーコ、カーコ、ヒナコ 他
コメント

7/30 タスクマネージャー2つ出る でも数値が違う

2014-07-30 13:19:44 | チーコ、カーコ、ヒナコ 他
コメント

7/30 両親の要求通りにそのストーカーは死刑

2014-07-30 13:18:27 | チーコ、カーコ、ヒナコ 他
7/30 両親の要求通りにそのストーカーは死刑

このストーカーは性質が悪い。

トレラ並みに性質が悪い。

逮捕されない限り、続けられると考えているトレラ。
仲間を増やし、どうやって説得して犯罪に加担させているのだろう。

両親が言うまでもなく、ストーカーが殺人を犯すというのは人数の問題ではなく、とても被害者に苦痛を与えた2回殺人をやっているようなものなのだ。

トレラはすでにフランスでストーカー行為をやって、その心身ともに疲労のせいで私は乱れて異常行動を取ってしまったのだ。
これについてはそのうち再度書こう。

そしてそれから何年経ってからだろう、再び私の前に出て来たのが2005年。
それ以来、常に電磁波攻撃が続き、弱い人なら病気になるところだ。

私の場合は、攻撃されたことで、私本来の攻撃性が目覚めたのだ。

ストーカーがいかに残忍な行為をする生物かを思い知らすためにも彼は死刑。
それしかない!

コメント