茶の湯 徒然日記

茶の湯との出会いと軌跡、お稽古のこと

芳名録 (*最新記事はすぐ下)

2021-12-31 00:00:00 | 芳名録
 友人が足あと帳をブログに設置したのにならって私も設置してみることにした。名称は足あと帳ではなく、”芳名録”としました。m-tamagoの茶室 “茶の湯徒然日記” にお越し下さった記念に、芳名録に気軽にお名前(ニックネーム)とコメントを残して頂ければ幸いです。普段記事を読んでいるけれどコメントしずらいという方も、こちらにどうぞ。 (注:最新の記事は芳名録の下にございます) . . . 本文を読む
コメント (299)

神無月のお稽古 中置 秋うさぎに見守られて

2021-10-14 15:09:40 | 茶の湯エッセイ
 10月も中旬になりました。  1年ぶりの中置のお稽古をしました。  毎年、中置のお稽古をしました、と記事を書いているわけで、大分溜まってきました( ´艸`) 読み返すと懐かしくもあり、改めて学ぶことあり。  記録すること、継続することは、忘れやすい人間(特に私)には大切なことなのかもしれません。  まずは運びで、濃茶、薄茶のお稽古。  水指は、杵の形で、摘みが兎さんです! とっても可愛く . . . 本文を読む
コメント

秋を感じる茶道具 そしてもう来年? 髙島屋美術画廊探訪

2021-10-10 15:26:47 | 美術館・展覧会
   高島屋美術画廊と茶道具売り場のそぞろ歩き。 一粒万倍 徳風棗 高島屋美術画廊探訪  秋の茶道具がたくさん。 紅葉の五重塔が描かれた茶碗。京都かしら? 茶碗の内側が黒色で引き締まり、紅葉の風景が引き立っています。 抹茶の緑も映えそうです。 あー、京都に行きたいと思わず言ってしまいそうな。  そして、こちらは存在感たっぷりの長次郎写 剥き栗 茶碗     可愛らし . . . 本文を読む
コメント (2)

一粒万倍 徳風棗  高島屋美術画廊探訪

2021-10-08 23:36:35 | 美術館・展覧会
   十月に入りましたので、中置、五行棚のお稽古をされている方が多いのではないでしょうか。  久しぶりに訪れた高島屋茶道具売り場は、すっかり秋の装いでした。  先日の記事で紹介しましたが、ハロウィンのお茶碗もありましたよ。  風炉の逆勝手と ハロウィン茶事と  まず目に飛び込んできたのは、『徳風棗』。  実りの時季に茶会でよく用いられます。  裏千家11代家元である玄々斎のお好 . . . 本文を読む
コメント

くらべて覚える 風炉の茶道具 炉の茶道具

2021-10-04 13:14:30 | オススメしたい本
 先日、本屋さんに出かけて目にとまった本。 「くらべて覚える 風炉の茶道具 炉の茶道具」    帯に「お稽古の前に見る本です」とある。 「風炉と炉のちがいをくらべて見ることで、茶道具のあつかいと、点前の基本がよく解ります」 「初心者の方の予習と復習に、必携のテキストです」とも。  パラパラとめくると、見開き、写真で、風炉と炉の茶道具が並べられて、その違い、区別が書かれている。  初心者用とあっ . . . 本文を読む
コメント (2)