茶の湯 徒然日記

茶の湯との出会いと軌跡、お稽古のこと

芳名録 (*最新記事はすぐ下)

2020-12-31 00:00:00 | m-tamagoの物想い
 友人が足あと帳をブログに設置したのにならって私も設置してみることにした。名称は足あと帳ではなく、”芳名録”としました。m-tamagoの茶室 “茶の湯徒然日記” にお越し下さった記念に、芳名録に気軽にお名前(ニックネーム)とコメントを残して頂ければ幸いです。普段記事を読んでいるけれどコメントしずらいという方も、こちらにどうぞ。 (注:最新の記事は芳名録の下にございます) . . . 本文を読む
コメント (297)   トラックバック (1)

三重紀行 川魚釣り

2019-08-31 14:22:02 | 旅先にて
 ずいぶん前のお話になりましたが、気を取り直して、三重紀行を続けます。    茶摘みと新茶作りを楽しんだ後は、庭で賑やかにバーベキュー。新鮮な食材が並び、息子さんが手際よく焼いてくれ、お隣に住むご両親も合流して下さり、ビールや手作りの梅酒を飲みながら皆でいい気分に。幸せなひとときでした。  そして翌日は、川魚釣りに出かけました。友人夫婦は、子供たちが小さいころ(今は社会人と大学生)はよく来たけれ . . . 本文を読む
コメント (2)

戦争と平和 「一盌からピースフルネスを」

2019-08-14 18:09:33 | m-tamagoの物想い
 明日8月15日は終戦記念日です。6日は広島原爆の日、9日は長崎原爆の日、8月は日本にとって様々な思いが交錯する月です。しかし、最近は終戦記念日を知らない子供たちも多いとか。平和な日本ですが、未だ世界中で紛争は繰り返されていて、全く関係のないものとはいえません。近年、第二次世界大戦前の頃の世情に似ているという意見もよく聞かれます。平和な今を当たり前のものと考えずに、戦争と平和について考える時間を持 . . . 本文を読む
コメント (2)

三重紀行 手作り緑茶

2019-08-10 21:01:50 | 旅先にて
 緑茶の作り方は、テレビで見たことがありました。大きな工場で、機械が茶葉を蒸して、揉んで、乾かしてを繰り返す風景。  当然のことながら、昔は茶摘みから蒸す、揉む、乾かす全ての工程を手作業で、村の皆で協力して行ったそうです。友人の村は、長く共同工場を持って、茶葉の収穫後、工場に集めて生産し、出荷をしていたとのことですが、今や工場跡地となっていました。これも時代の流れだとか。  友人は兼業農家で、今は . . . 本文を読む
コメント (2)

三重紀行 茶畑と茶摘み

2019-05-04 21:38:00 | 旅先にて
 この10連休、皆様はいかがお過ごしでしたか。 我が家は主人の友人のお宅に遊びに行きました。第一の目的は”茶摘みとお茶作り”です。 緑茶に抹茶、毎日長年お世話になりながら、実際にお茶を摘んだことがなく、いつかしてみたいと思っていたところ、茶畑で好きなだけ茶摘みをしていいと願ってもないお話を頂き、出かけたのでした。ご友人宅は三重県いなべ市。  茶所といえば、どこが思い浮かびますか。静岡茶、狭山茶、 . . . 本文を読む
コメント (2)

年末ご挨拶2018

2018-12-31 23:08:19 | m-tamagoの物想い
 今年もいよいよあと一時間ほどになりました。NHK紅白歌合戦を見ながらこのブログを開いております。    今年は2月に義父が急に亡くなり、実父も肋骨骨折したり、自身もインフルエンザにかかったりと、大変なことが重なって、我ながらこういうこともあるのかと驚きました。その後は様々な出会いや新しい環境と、慌ただしい中であっという間に年末を迎えました。  そんなこともあり、茶道もお稽古も3月から8月までお休 . . . 本文を読む
コメント (2)

三浦友理枝デビュー20周年リサイタル

2018-06-21 08:55:11 | m-tamagoの物想い
いつも楽しみにしている三浦理枝さんのピアノリサイタル。 子供がいるので夜のリサイタルにはなかなか伺えずにいましたが、今回は夏休みということで家族で出かけることにしました。 なんと今回は日本デビュー20周年の記念コンサートです。 会社に勤めている頃、友理枝さんのお父様が取引先の方だったこともあり、皆でデビューリサイタルに伺ったことを懐かしく思い出します。 あの頃は私も若かった(笑) あれから20年、 . . . 本文を読む
コメント (2)

漱石と羊羹

2018-06-06 12:24:19 | 茶の湯エッセイ
 あっという間に月日が経っていきます。前回のブログアップからもう2か月、申し訳ございません。 今回は少し前に会報誌に記事を書く機会に恵まれたので、その記事をご紹介したいと思います。  ブログを通してご縁を頂き、折々にご指導頂いてきた丹治先生。茶道の先生としての出会いでしたが、「京都漱石の會」の代表でもいらっしゃり、私も入会させて頂いて、会報「虞美人草」を拝読しています。  昨年春送られてきた「虞 . . . 本文を読む
コメント (2)

春よしと

2018-04-01 09:50:22 | m-tamagoの物想い
 ご無沙汰しておりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。  2018年も、もう四分の一が過ぎて、春になってしまいました。  今年は年の初めからいろいろなことがあり、悪いことは重なるものとぐったりしていましたが、やっと落ち着き、春を楽しめるようになりました。  春休みに入り、娘と春を満喫しています。  まず、和菓子作り。メインの写真には娘が作ったものを載せました。下には和菓子職人の先生が作られた . . . 本文を読む
コメント (4)

茶壷の茶器

2017-10-06 18:32:30 | 美術館・展覧会
 今年も早くも10月を迎えました。中置の季節です。  9月の終わりに、高島屋美術画廊で開催されていた「還暦記念 六代 上田直方茶陶展」に出かけました。飾られた焼き物は信楽焼、どれも土の色なのに、様々な表情を見せておりました。沢山並んだものを見て、土の色もひとつではないとつくづく思いました。茶入に添った仕覆は、奥様が作ったものだそうで、緞子以外に木綿で作られたものもあり、その素朴さが土の雰囲気に合 . . . 本文を読む
コメント (2)