小さな酒屋の日記

京都の東山の麓に佇む酒屋の日常生活です

東福寺アーモンド 満開

2017-02-28 17:01:01 | 日記
朝は寒いけど昼間は暖かいチョイ春日和が続きましたので
満開宣言をさせていただきます。



隠れファンの方、ゆっくり御覧くださいませ。

今日はこれまで・・・
コメント

昭和話

2017-02-24 20:08:43 | 日記
私の枚方デビューは3歳の頃らしいです



横に居た「シェー」の兄ちゃんにあっけらかん♪

今日は私も忘れかけていた昭和を振り返りたいと思います




「今日のいのちは三輪車」

二人乗りすればぁー?



「革の香りは大人の匂い」

グローブは大人の世界で憧れました



「宇治行急行」

洗濯物を干しながらって勤労少年ですね




「急行か快速がどっちやねん」

これは余程の鉄道ファンにしか解りません



「横玉取れたら一人前」

両玉~片玉に進化した時の様子です




「デゴイチにもツバメが居たりする」

これは私も初見です




「新日吉」より


「新ウルトラマ」


日吉丘高校の語源にも関係あるよ

春には文化がやって来る♪♪♪

まさに新春
待ち侘びる日々です・・・

コメント

Ningerrr~!! 222

2017-02-22 20:53:31 | 日記
今日は忍々・・・忍者の日

3年前、海外の女の子が「にんじゃ?」ってささやいた一言が耳に残るのですが



子供達にとって我が家への期待は
京町家ではなく忍者屋敷の様で
夢を壊さないためあえて否定はしていません。

甥子にもいよいよらしき行動が見え始めているので



家族も誰も知らない秘密の窓や



床の間の下に秘めた逃げ扉・・・



2人だけのひみつ♪って事にして
そっと伝えていくつもりです。

答えを知ってしまったらどって事ないのでしょうが

嘘も方便!

興味を向けて馴染ませる
それが神秘な古民家と子供とのふれあいなんでしょうね

やがては嘘がばれ、
「くそ爺ぃぃぃ~」ぐらい言われるでしょうがそれも覚悟の上です。



数年後に忍者資格をクリアしたら次はスパイ手帳を伝授する。。



もちろん誰からみてもすぐにスパイと解るよう、
胸にスパイワッペンを貼る事を義務する予定です。

忍者・スパイをクリアしたら・・・

そんなところで今日のおまけ

7分咲き?



満開予定日は25日か27日です
コメント

良慶さんの法話記憶をたどる

2017-02-19 22:14:36 | 日記
15年ほど前だったかな?

清水寺~東福寺に来られる観光の方が増えた頃、
「大西良慶」をご存じない方が多い事に驚いていたのですが
この頃から古くなった自分を感じ始めました。



でもバレンタインデーの翌日が良慶さんの命日らしく
店でその方の話が登場したので
私も今一度記憶をたどる事にしました。



9~12歳の頃だったかな?

アンパンとジャムパンが貰えるって事だけで
清水寺の法話を数度聞きに行きました。



子供が紛れているっ事だけで違和感の強い雰囲気でしが

私の両親でさえ若者感が強かった事から新聞社の方から取材を受けた記憶は満々。

それに「大西良慶」さんは私の爺ちゃん婆ちゃんより20才以上年上の方でしたので
活きた祖先の話を聞く気持ちでしっかり聞こうとした覚えがあります。

その時の「大西良慶」の視中はもちろん年配の方だったのですが
子供も居るって事からか、私が聞いても面白い!!
と思える話を交えた法話をされており、
老若男女全てに通じる老練法話だなって子供ながら感じました。

帰ってからはラジオ体操・店の手伝い・子守り・学校プール・虫捕りなどなど・・・



夏休みは何かと充実した子供時代でした



また改めて録音した法話を聞きたいと思います。

そんなところで今日のおまけ

これすら昔話になった今。



時々思い出さないと間が抜けるかも。。
コメント

つぼみ膨らむアーモンド

2017-02-17 20:48:00 | 日記
節分・立春・初午の次は~

涅槃絵・彼岸、その前に法事?

そんな事を考えていた矢先になんと!!

バレンタインチョコレートをもらいましたぁ~!!!!!



存在すら忘れていた行事でしたが
高級購入物と手作り品を添えるともなれば相当本気ですね

さり気無く年齢を聞くと、
だいたい90歳?

はっきり解らんらしい。。

私も90歳になっても渡せる人間でありたいと
しみじみと思いました。

そんな中、春一番が吹いた影響からか
アーモンドのつぼみが一気に膨らみました。



指はあかぎれ未満のしもやけ三昧、

気温も御覧のとおりの寒い中、



極寒の中咲く銘木は今
でも地元の隠れた人気者なので是非御覧下さい。

そんなところで今日のおまけ

(一部の方には)懐かしい一枚の写真



大変貌中

コメント