ネタバレ映画館

最強寒波が来るから
早めに映画観ておいた方がいいですよ!

俺は、君のためにこそ死ににいく

2007-05-18 19:38:25 | 映画2007
 河合の惣ちゃん、かわいそう・・・ってギャグですか。

 観る気などなかったのに、窪塚洋介の「この映画を見て、戦争賛美だというヤツはアホだと思う。もう一回見た方がいい。見る前に言うヤツはアホ」という挑発的な言葉に刺激を受けてしまいました。たしかに観る前までは、戦争賛美だとか右翼映画だとこき下ろしてみようかと批判の言葉を準備していたのに、観終えた直後は「これは映画になっていない・・・」と、戦争に対するメッセージが云々というよりも脚本の未熟さに驚いてしまう言葉しか思い浮かびませんでした。さすがは“ペニスを障子につきたてる”文章で芥川賞を受賞した作家です。日頃は難解な言葉で人々を煙に巻く雄弁さの政治家がわずか三日で書き上げた脚本だけあって、全く感動できない映画になってしまいました。

 新城監督が悪いなどとは思いたくなかったのですが、個々の俳優のアップ映像が終盤になるまでなかったのも原因のひとつ。それに、登場人物それぞれ過去のエピソードが欠如している脚本。おかげで誰一人として感情移入できない作品に仕上がってます。いくら群像劇といえども、突然登場した俳優が死に行く悲しさを演出するのは不自然すぎるのです。特攻に赴くそれぞれの兵士だって立派な人格を持った個人であるのだから、この映画のように十把一絡げに“みんなまとめて英霊”として称える作者の考えは、一人の兵士は戦争の駒にすぎないということを意味しているのでしょう。

 残念ながら、井筒監督が『パッチギ2』の中で批判したようなシーンはなく、むしろ「死なないで!」と恋人(戸田菜穂)が特攻兵士田端(筒井道隆)に懇願するシーンが全く逆の印象を与えてくれる。と思ったのも束の間、「日本は負ける」とか「生きて帰る」ことに考えが変わる田端がヘンテコな死に方をしてしまい、軟弱者はいらないんだという強い右翼思想が浮き彫りになってしまいました(いつでも死んでやるわい!とか、冗談にもほどがあります)。もう一人「死ぬな」という言葉を使った少年もいましたが、後に彼が自衛隊員になるという奇想天外な後日談で魅せてくれます。

 予告編によっても迫力ある特攻シーンに期待がかかる。しかし、実際には飛ばない実機と模型やCGがほとんどであり、最も悲惨なシーンにおいては敵機の銃撃が散弾銃であるかのようにバラバラで、直線にならないところも見事でした。隼からの俯瞰図は一瞬だけで、急降下する臨場感を無くしたことももお年寄りの観客がショック死しないよう配慮したのか、優しい作りになっています。このクライマックスにおいては、特攻隊員側からよりも米艦側からの映像が中心になっていて、これならば途中に一瞬だけあった実写フィルムを多様して全くのドキュメンタリーにしても良かったのでないかと思えるほど。迫力だけを期待するのなら『パールハーバー』のほうが何百倍か凄いですよ。

 戦争を美化しているという悪印象はそれほど感じられませんでしたけど、“潔く死ねない奴は美しくない”という強いメッセージは伝わってきます。とにかく映画としてお粗末な内容でした。最後にはまるでホラー映画のような演出になっていたこともあるし、桜が満開の時期にホタルが飛ぶという、日本の美しい四季を全く無視したセンスに脱帽です。石原氏にとっては潔く切腹することのほうが美しく感じるのでしょう。おかげで映画館を出るときには気分が悪くなってしまいました。

・・・・・(0点)
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (27)   トラックバック (20)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« パッチギ! LOVE&PEACE | トップ | リーピング »
最近の画像もっと見る

27 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
0点 (たいむ)
2007-05-18 21:32:37
kossyさん、こんばんは。
gooと復縁できたみたいでとっても嬉しいです。

kossyさんの0点、はじめてみました(爆)
私も、唯一まともに見えた「弟」のオチに???でした。
でも事実なんですよね?コレ。
世にも奇妙な物語でしたね。

愚かな時代の愚かは発想が生んだ悲劇ですからね (PGM21)
2007-05-18 22:24:01
何時もお世話になっております。
え~と私のBlogの中で0点をつけたのは音楽記事ではたった1記事ありましたが、映画記事の過去最低は15点ですね。もし最初から0点の可能性があるならまず観る事しませんね。
6月に1作品15点をつけた作者の候補作品があるのでそれを観たら予告を観る限り多分同じような点数が付くだろうなとは思っています。
とはいえこれは事実の話しなので、その時代の日本帝国軍が愚か過ぎたという事です。
その戦犯が靖国神社に祭られているそのものが中国や韓国などのアジア諸国から反感を買うだけですしね。
その戦犯を靖国神社から切り捨てる者が現れない限りはアジア諸国の怒りはこれからも収まらないだろうなと感じています。
それだけ愚かな時代があったという事です62年前に・・・
戦争 (ハンター)
2007-05-19 01:04:31
kossyさん、こんばんは、私は、この映画を、息子、娘、父、母、祖父、祖母と観ました。それぞれの世代で観て、いろいろな感想がでました。この映画、賛否両論ありますが、子供に、「60数年前は、こういう時代だったんだよ!」教えました。
余裕で井筒監督の勝ち? (aiai)
2007-05-19 15:08:09
感想ありがとうございました~。
観てないのでタイトル以外の批判はしないつもりですが、やっぱり観にいく気にはならないです(^^;)

でも週間興行成績ではこの映画が3位に入っていてビックリです!都の取引業者を含めて、前売りを買わせまくったのかな??なんて思ってしまいます。
ガンツ先生ですな (よゆぽん)
2007-05-19 15:23:46
kossyさんの採点、





『ロボコン、0点(`□´)!』





ですな(笑)
やっぱり・・・ (AKIRA)
2007-05-19 18:51:22
レンタル待ちにしよ・・・^^;
0点 (kossy)
2007-05-21 02:40:32
>たいむ様
ほんとは★ひとつにするつもりだったのですが、それだとインパクトがないな~と思いまして(笑)もちろん初めて0点をつけてしまいました。
事実は事実ですんなりドキュメンタリーにすればいいのにと思いつつ、妙なところばかり目立つような工夫がされてたんですよね・・・記事には書かなかったけど朝鮮人のエピソードとか・・・目立ちすぎです。

>PGM21様
見る前から1点か2点しかつけないことはわかってたのに、正直言って、どうせなら無くしちゃえ~みたいなノリもありました。
俺がダメだと思った点は他にもいろいろとあったんですけど、大東亜共栄圏に関してだとか、「美しい」という言葉ばかりを強調するだとか・・・
靖国に関しても朝鮮人がそのまま入ってしまうとか・・・これは多分批判がくるんでしょうねぇ。

>ハンター様
家族や肉親を特攻で亡くした遺族の方々とか、その同年代の方々は感情移入できる映画だと思いました。70以上の高齢の観客は泣いてた人が多かったようでした。
また、戦争について何も知らない若い人たちにも戦争を知るいい機会だったかもしれませんね。

>aiai様
観客動員は多いようですね~とにかく高齢者で埋め尽くされてます。
不思議と30歳~60歳くらいまでの年齢層の観客がいない映画なのかもしれません・・・東京都庁の人はチケットを買わされてることでしょうね(笑)

>よゆぽん様
すみません。
1点よりも気持ちいいでしょ?(笑)

>AKIRA様
『男たちの大和』ほど迫力もないし、敢えて大スクリーンで観るほどでもなかったです。隼マニアとかなら映画館がいいんでしょうけど・・・
こんばんは☆ (きらら)
2007-05-21 21:30:08
おおおー
0点ですかー!それはすごい!
せめて主題歌に1点を、、、

私も登場人物のアップがないこと、すごく気になりました。すごく分かりずらかったです。
とってももったいないなぁ~って思いましたよ。
エンドロールが一番良かったです。
都知事・・・ (ノラネコ)
2007-05-22 02:24:13
私は岸恵子さんの発言で観にいったんですが、石原慎太郎は脚本の書き方を忘れちゃったんでしょうかって出来でしたね。
彼の脚本が一番のネックだった気がします。
まあ言いたいことは判るんですが、これでは伝わるべき物も伝わらないでしょう。
窪塚はもうちょっと脚本を読める様になった方が良いですね(笑
えっと (通りすがり)
2007-05-22 06:19:27
kossyさんはよほど石原さんが嫌いなんですね。

それありきだからまともに映画が見れるわけがない。

映画としておかしい、脚本がおかしいというが死ににいく直前に言葉で語り合うのは不自然じゃないしたいした落ち度は見えません。

桜の季節に蛍がおかしいと言うならば、何故に別映画だがパッチギの試写会会場に不良学ランが大人しく座ってる矛盾は指摘しない?

それは石原慎太郎に対する偏った見方があるせい。



これより酷い脚本の映画なんか五万とあるでしょうに。

なのに偏見ありきを認めず脚本が酷い、映画になってないはないんじゃないか

コメントを投稿

映画2007」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

20 トラックバック

「俺は、君のためにこそ死ににいく」みた。 (たいむのひとりごと)
真実の物語だと言う。けれど、リアリティが感じられないのは何故だろうか?なんだかとっても明るい隊員たち。実際、この物語に登場する隊員達はとても若いのだから、馬鹿騒ぎして盛り上がる年頃なのかもしれないのだけれど。。。(以下、若干ネタに触れてい
「俺は、君のためにこそ死ににいく」死ぬしか守れなかった無念と見守る事しかできなかった特攻隊の母の平和への願い (オールマイティにコメンテート)
「俺は、君のためにこそ死ににいく」は太平洋戦争で敗戦濃厚だった日本帝国軍が行った飛行機特攻で命を散らした若者たちとそれを見守る事しかできなかった鳥濱トメさんの生涯が描かれている。石原東京都知事総指揮の映画としても話題だが、この時代からみた特攻について改...
俺は、君のためにこそ死ににいく (週末映画!)
期待値: 76%  石原慎太郎 脚本の戦争映画。 岸恵子、徳重聡、窪塚洋介、筒井道隆 出演。 ストー
【2007-67】俺は、君のためにこそ死ににいく (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
特攻隊員から 母のように慕われた 鳥濱トメさん。 彼女に聞かせてもらった 隊員たちの真実の声。 苛酷な時代を生きた、 美しい日本人の姿を 残しておきたい。 『思い返せば返すほど、み~んな素晴しか、美しか若者たちでございもした。』 愛する人を...
映画~俺は、君のためにこそ死ににいく (きららのきらきら生活)
 公式サイト今回はお初の映画館、「ユナイテッドシネマ豊洲」での鑑賞です♪いやぁ~いいね!この映画館。もしかしたら今まで行った中では最高かもしれない。(ポップコーンまずかったけど!)コチラの映画館がはいっているららぽーと豊洲もちらりと見た感じ、楽しそう☆...
俺は、君のためにこそ死ににいく / 映画 (あかねのたわごと☆本日記)
というわけで観てきました映画『俺は、君のためにこそ死ににいく』ですSTORY:昭和19年秋、太平洋戦争で圧倒的劣勢を強いられていた日本軍は、戦闘機に250kgの爆弾を搭載して敵艦に体当たりする特別攻撃隊を編成。本来なら未来を担うべき若者たちの尊い命が多数失われてい...
映画「俺は、君のためにこそ死ににいく」 (FREE TIME)
昨日、現在上映中の映画「俺は、君のためにこそ死ににいく」を鑑賞してきました。
俺は、君のためにこそ死ににいく (佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン)
知覧特攻平和会館に 行ったのはもう10年前くらいか。周囲は茶畑。この知覧の特攻基地に絡む映画としては高倉健の「ホタル」以来。今度は鳥濱トメさんを菩薩と仰った都知事さん総指揮・脚本、実はこれが石原慎太郎畢生のライフワークなのかもしれない。岸恵子様、お元気そ...
俺は、君のためにこそ死ににいく・・・・・評価額950円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
都知事、入魂の一作。 「俺は、君のためにこそ死ににいく」というまるで軍歌みたいなタイトルに、製作委員会のクレジットにズラズラと並んだ右系メディア。 ある意味で、久々に政治的な遠慮の無い思いっきりの良い戦争映画であ
劇場鑑賞「俺は、君のためにこそ死ににいく」 (日々“是”精進!)
「俺は、君のためにこそ死ににいく」を鑑賞してきました”特攻の母”として慕われた鳥濱トメさんの視点から、特攻隊員たちの熱く哀しい青春を実話を基にし描いた戦争群像劇。トメさんと長年親交を深めた石原慎太郎氏が脚本を製作総指揮を担当。ストーリーは・・・昭和19...
俺は、君のためにこそ死にに行く [映画] (mololog(モロログ) -映画レブーとかその他諸々)
http://www.chiran1945.jp/ 「俺は、君のためにこそ死に
映画「俺は、君のためにこそ死ににいく」 (茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~)
今となっては現職の東京都知事から、美しい日本と美しかった日本の若者達を取り戻すために書いた脚本といわれると、いささか政治的な匂いがしてしまう・・・ 1941年12月日本軍はハワイ真珠湾奇襲に成功するも、1942年6月ミッドウェー海戦に惨敗して背走を続け、1...
*俺は、君のためにこそ死ににいく* (Cartouche)
{{{   ***STORY***                 2007年  日本 昭和19年秋。太平洋戦争で不利な戦況の日本軍は、最後の手段として戦闘機に爆弾を搭載し、敵艦に体当たりする特別攻撃隊を編成。鹿児島県の知覧飛行場はその特攻基地となった。軍指定...
俺は、君のためにこそ死ににいく (ダラダラ生活 日記)
観に行ってきました。(Tくんと一緒に) 製作総指揮・脚本:石原慎太郎 監督:新城 卓 出演:徳重 聡・窪塚洋介・筒井道隆・岸 惠子 テレビで石原慎太郎が、鳥濱トメさんから聞いた話を そのまま映画にしたと語っていたので興味深く観ました。 敗戦がわかっていながら...
「俺は、君のためにこそ死ににいく」 (お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法)
(2007年・東映/監督:新城 卓) 太平洋戦争末期、特攻隊員から母のように慕われた、鳥濱トメさんを主人公にした実話の物語。 私は、右も左も関係なくどんな映画でも、面白ければ何で
「俺は、君のためにこそ死ににいく」 (ば○こう○ちの納得いかないコーナー)
**************************** 太平洋戦争末期の1944年秋、連合軍の圧倒的な戦力を前に敗戦に次ぐ敗戦を喫した日本軍は、戦闘機に爆弾を搭載して敵艦に体当たりする特別攻撃隊、所謂「特攻隊」の編成を決める。「国の未来を背負って立つ...
映画『俺きみ・・・」は誰のための映画か? (ノルウェー暮らし・イン・ジャパン)
病院の予約も午後に入っていたし、なんとなくグダグダ・・・のねえね。 今日は映画1000円の日だし、どうせ早引きしなくてはいけないんだから、学校サボって映画行っちゃう?先生には内緒ね・・・・・・
「俺は、君のためにこそ 死ににいく」 (管理人の極私的日誌 [四代目])
公式サイト 「製作総指揮/脚本 石原慎太郎」という事で、どんな物かと思っていたが、「所謂、右翼的なトーン」を避けるために恐らくは意識して感情を抑えた脚本に仕上がっていた......というか出来が悪いぞ。 「知覧(ちらん)」は陸軍の特別攻撃隊が出撃した基地である...
映画評「俺は、君のためにこそ死ににいく」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆(4点/10点満点中) 2007年日本映画 監督・新城卓 ネタバレあり
俺は、君のためにこそ死ににいく (mama)
2007年:日本 脚本・製作総指揮:石原慎太郎 監督:新城卓 出演:徳重聡、窪塚洋介、岸恵子、筒井道隆、戸田菜穂、桜井幸子、多部未華子 軍指定の富屋食堂を営み「特効の母」として慕われていた実在の女性、鳥濱トメさんの視点から、若き特攻隊員たちの熱く哀しい...