ネタバレ映画館

映画ドットコムに記事を移行してます!

カンナさん大成功です!

2007-12-20 01:12:34 | 映画2007
 ムリ~ヤ~♪そりゃ、ムリ~ヤ~♪

 衝撃のBefore&After。Beforeのカンナさんは誰が演じているんだろうと調べてみたら、なんとキム・アジュン本人じゃございませんか。顔だけじゃなく、体重も半分にして、胸にはシリコン、とにかく“全身整形”です。これは本年度のジョン・トラボルタの特殊メイクを完全に上回ってます!

 男にとって女は三種類・・・綺麗な女はブランド品、普通の女は既製品、あなたは返品よ!といきなりどぎつい言葉で攻めてくる友人ジョンミン(キム・ヒョンスク)でしたが、そんなカンナさん(キム・アジュン)にも取り柄があった・・・(テレクラテクニックも持ってましたが)それは歌!人気歌手アミのゴーストシンガーとしてなくてはならない存在だったのだ。

 整形美女になることは本当に幸せなのかと考えるよりも、『ヘアスプレー』よりも先にこっちの映画を見たかったと思う。化粧する感覚のプチ整形とは極端に違い、明らかに人格までもを変えてしまいそうな全身整形。手術後は人の視線が痛いほど突き刺さり、改めて美人になったのだと実感すると同時に、過去の自分とどう決別すべきかを悩む姿。一途な恋心も別人としてのアプローチをすることによってちぐはぐな行動をとってしまう微妙な心理まで見事に描かれてました。とにかく主演のアジュンの演技力と歌唱力には注目なのです。

 「したいことはできるのは神だけ。できることをするのが人間だ」という父親の口癖のおかげで、新しい自分ジェニーがカンナなのだとバレそうになるし、犬のサランもなついてくる。友人ジョンミンにだけは打ち明けてあったのですが、友人の立場とすれば本当のカンナを取り戻してもらいたいと願うばかり。それでも極端に性格悪くなってるわけじゃないし、ストーカーにだって優しいし・・・

 コメディとしては『猟奇』を抜いて韓国映画史上NO1。これは納得。笑いと恋愛のパート、そしてコンサートで盛り上げる部分、とバランスがいいのです。脇を固める俳優もイ・ボムスやイ・ハヌィ(金森似のおっさん、今年よく見るな~)が笑えるし、人気歌手から介護士になってしまったアミ役のソユンも面白かったりする・・・。鈴木由美子の原作も読んでみたくなりますなぁ。

★★★★・

コメント (13)   この記事についてブログを書く
« サーフズ・アップ | トップ | ナショナル・トレジャー リ... »
最新の画像もっと見る

13 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
イオン三川で上映無いです。。 (ぱたた)
2007-12-20 14:30:40
本作品、あちこち評判良いんですよね~。
しかし残念ながらイオン三川で上映無いです。。
一時期多く上映された韓流映画も今や数える程度。
しかもメロドラマに偏りがちなので、こんな元気になる作品や
様々なジャンルの韓流映画を劇場で観たいですねぇ。

日本+韓国 (かのん)
2007-12-20 22:24:49
最初のほうにいきなり派手なライブシーンがあって韓国映画にしては垢抜けてるなぁと思ったんですが、思えばあのスタートダッシュが物語を勢いづけたというか、突っ走ったかと思えば止まったり転んだり、九回転したりとストーリーの緩急が多彩でとても面白かったです。

韓国の評判通りに楽しめたのはやっぱり原作が日本のヒットコミックという要因も大きいのかな。
楽しめます (kossy)
2007-12-20 22:50:14
>ぱたた様
近くで上映されてないってのは痛いですよね。俺も色んな映画で悔しい思いをしています。
一応ワーナー配給なので、マイカルがあればほとんどやってると思うのですが、自由枠は最終的にはシネコン支配人の判断・・・
韓流作品にしてもファンが多ければ上映チャンスが増えるはずなのに、やっぱり減ってるんでしょうね~

>かのん様
そうでしたよね。俺のような音楽好きにとってはいいつかみでした。
ゴーストシンガーなんているのか?と思ったけど、どこかにはいるんだろうなぁ・・・
評判がいいのは歌唱力がポイントでしたね♪
最高 (祐。)
2007-12-23 00:06:02
コンサート会場の人の多さにびっくり。
観客全員エキストラーなんだろうか。。
ともあれ、ハリウッド並みの起承転結があり、整形という韓流文化も見事に織り込んで、楽しかったです。
これぞ、韓流ラブコメだと思うのですが、上映回数が先週よりグーンと減りました。
この映画 ヘアースプレーより楽しいのになんでやろーと思いました。

見落としたらくいの残る映画だと思ったので、kossyさんが紹介してくれたので助かりました。
今年の韓国映画 (kossy)
2007-12-23 08:24:03
>祐。さま
意外と脚本がしっかりしてるし、視覚的な出来もばっちり。今年日本で公開された韓国映画の中では一番かもしれないですね。
さすがに『ヘアスプレー』と比べると、やっぱり負けるでしょ?ま、それは人それぞれですが・・・
でも、『ヘアスプレー』も公開期間が短かった。これは日本受けしないってことですね。
2ヶ月前に観たかった (エージ)
2007-12-25 20:17:11
テレビで韓国大統領選挙の特集を見てソウル市民の貧富の差が日本以上に広まってる現実を知ってしまった後すぐこの映画を観たので少し複雑な気分でした。「いい作品だけど勝ち組のラブコメだよな・・・と」この映画には罪はないのですが。カワイくてコメディもできるキム・アジュン日本でも人気出そうですね。(ユンソナに少し似てるかな)
勝ち組 (kossy)
2007-12-26 08:07:29
>エージ様
まぁ、確かに勝ち組ではあるかもしれませんね。それでも何もわかっちゃいないプロダクション社長はともかく、みんな真剣に生きている感じがしてなかなか良かったです。
貧富の差は今後もますます拡大するでしょうね~
今年の前半はネットカフェ難民の問題も大きく扱われていたのに、今ではさっぱりですし、原油の高騰によって貧困層の家計はますます打撃を。頑張ってるかのような野党ですら道路整備をなんて主張してるくらいだし・・・派遣会社が全部無くなればいいのにと願うばかり。
こんにちは (はらやん)
2008-01-12 08:56:37
kossyさん、こんにちは!

キム・アジュンさん、新人なんですよねー。
キュートだし、歌も上手ですし、今後注目株ですね。
脚本も良かったです。
全身整形というのは元には戻れないという意味で、今までの自分を否定し捨て去ってしまい別人になること。
自分の生きてきたことを受け入れるのか、否定するのかその心情のブレがよくでていました。
そんなテーマでもコメディなので軽く楽しめるところもいいところでしたね。
歌も歌える (kossy)
2008-01-14 05:19:02
>はらやん様
すごい新人が出てきましたね~
歌って踊れて演技ができて・・・単なるアイドル女優じゃないです。
元に戻れないってことはかなり深刻だと思うけど、いい思い出とかなかったら、それはそれで踏ん切りがつけやすいのかもしれません。自殺を選ぶよりは絶対にいい。
なかなかの良作でした。
原作のカンナさん (Aki)
2008-06-03 00:47:21
学食で働く女性。イケメン大学生に恋。整形は自腹。性格は小心者。術後は藤原紀香さんで原作にワリと忠実にドラマ化されました。恋のライバルはナチュラルビューティー。
一方、本作のカンナさんは、テレクラの客、整形外科医師を脅迫し手術。タトゥーあり。原作のカンナさんに比べ、かなり強いイメージ。
そして何よりゴーストシンガー!?ぐっとエンターテイメント性が加わった。
更に、父さんは痴呆症!?親孝行韓国人のハートをワシヅカミ。
選曲も有名曲ばかり。
脚本家さん大成功です!
日本ではドラマや映画からデビューする歌手が多いけれど、韓国でも、このパターンが増えるかもしれしれませんね。

演技ヨシ歌ヨシ苦手はダンスだけとミタ!!

コメントを投稿

映画2007」カテゴリの最新記事