ネタバレ映画館

映画ドットコムに記事を移行してます!

リーピング

2007-05-21 01:21:54 | 映画2007
 あなたは奇跡を信じますかぁ?

 アカデミー賞女優のヒラリー・スワンクがB級ホラーに主演?などと驚く方も多いだろう。しかし、元々映画デビューがヴァンパイア映画だった彼女は今後もまたヴァンパイア映画に出演するのです。多分、自身もホラー好きなのだと思わせるほどのヒラリー・スワンク。彼女の熱演のおかげで、かなり奥が深い旧約聖書の“10の災い”を楽しめるし、宗教や信仰心、ひょっとすると悲しみを背負った人間の生き様に感銘を受けることもあるかもしれない。

 主人公キャサリン(スワンク)は元宣教師だったが、アフリカで布教活動していた時期に娘と夫を亡くしてしまう。そんな彼女は信仰心を捨て、“奇跡”を信じないどころか、その事象を科学的に解明する科学者となっていた。そこへアメリカ南部の小さな町“ヘイヴン”で川が血のような真っ赤な色に染まってしまったという異変の調査を依頼される。調査を開始すると、川が血で染まったのは第一の災いであり、旧約聖書の“10の災い”にそっくりな展開になっていくというプロットだ。

 宗教を捨てたキャサリンにとっては“10の災い”も全て科学で証明できるのだと、早口で相棒ベンに解説するシーンが印象的。有名な出エジプト記の10の第一の災いは、大量の藻のおかげで微生物が発生して赤潮のように水が赤くなった・・・カエル、ブヨ、アブ、家畜の疫病、と全て科学的に説明がつくのだと・・・早口すぎて覚え切れません。そういえば、カエルの大群が落ちてくるなんて『マグノリア』以来。イナゴの大群は色んな映画に出ていますけど、旧約聖書をモチーフにしていたものが多かったのかもしれませんね。ようやく理解できました。

 キャサリンが転んで頭を打ったり、寝ているときに、現実なのか夢なのかわからないほどのフラッシュ映像が挿入され、アフリカに飛んだり、町で不吉な少女とされているローレンに出会ったりと目まぐるしく移り変わります。『エクソシスト2』でも似たような映像表現がありましたが、この映画ではとにかく特殊効果が凄い。どうやって撮っているんだろう?などと一瞬でも考え込んだら頭がパニックになりかねません。感心しているとストーリーはどうでもよくなってくるほどです。ダークキャッスルも金が有り余っているのか、とにかく映像にはビックリです・・・

 陳腐な部分も多いストーリーでしたが、そのなかでもほとんど浮いていた状態のスティーヴン・レイ。ヒラリー・スワンクに危機が迫っていると連絡をくれたりするのですが、彼だけ映画の別次元に存在していたかのようで痛かったです。そんな中でも拾い物だったのが、少女ローレンを演じたアンナソフィア・ロブ。『チャーリーとチョコレート工場』にバイオレット役で出演していた娘なのです。ほとんど喋りませんが、怖い顔とやさしい顔、色んな表情で演技できる存在感のある子役でした。

★★★・・

コメント (13)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 俺は、君のためにこそ死ににいく | トップ | ストリングス~愛と絆の旅路~ »
最新の画像もっと見る

13 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
風が吹けば、桶屋が!? (たましょく)
2007-05-21 07:41:59
 ども、たましょくです♪

 キャサリンが「十の災い」の連鎖を理詰めで
話すところは「あ~なるほど、なるほど」と思
いました。あと、あの赤い川は、セットだった
のかどーなのか妙に気になったり。

 ローレン役の娘、表情と雰囲気で見事に存在
感をアピールしてましたよね。売りになってい
た「いなご」も、短いながら迫力あったし。
売り方が失敗かも? (しんちゃん)
2007-05-21 08:05:27
 「イナゴ少女現る!」はなぁ(笑)
初子の私は大笑いしたし(爆)

 ヒラリー・スワンクの存在感・演技力がこの映画のすべてでした。
初です (豆ゆり)
2007-05-21 15:57:23
いつも読ませてもらってました(*>∀<*)
初コメです。

この作品まだ観れてないんですが
イナゴ少女が気になって仕方がない・・・
kossyさん★ (mig)
2007-05-22 08:23:37
おはよございます♪

カエル大嫌いなんですよムシもだけど。。。

マグノリアでやってたから驚かなかったけどリアルだったのでキモチわるかった
でも全部一瞬でしたよねー。
解剖シーンは怖いものみたさで目を凝らしちゃった
スティーブンレイはほとんど意味なかったですね
イナゴ (kossy)
2007-05-22 08:32:50
>たましょく様
赤い川はいきなりのミステリーでしたよね!
どうやって撮ったんだろ・・・まさか赤いインクを川に流したんじゃないだろうし・・・などと、序盤はそればかり考えてしまいまいた。巨大なセットなのでしょうかね。

アンナソフィア・ロブちゃん。すごい存在感でした。でもオチを考えると前半が不思議な演出だったような(笑)

>しんちゃん様
俺も長男だし、やっぱりなぁ・・・深く考えませんでしたけど。
予備知識が全くなく、ポスターなども観終ってから見たので、キャッチコピーにびっくりしました(笑)

>mig様
マグノリアではショッキングでしたよね。
俺もでかいカエルは嫌いです。
小学校のとき、カエルの解剖を経験しなかったので、ますますカエルに拒否反応が・・・

スティーヴン・レイの意味のなさ。あれはあれでギャグなのかも(笑)
よくわからないけど (しんちゃん)
2007-05-22 10:30:08
水の部分だけCGで色をかえるとか

できるかどうかは知らないけど(笑)



あとから気がついたんだけど…「あいつ」は「氷の微笑2」の「あいつ」だったのね?(^O^)ワハハ
CG (kossy)
2007-05-22 23:04:31
>しんちゃん様
それもありかな~なんて思って凝視していたのですが、撥ねた水も赤色だったし、結構難しいのかもしれません。人間がつかる部分だけ本当の赤色だったかもしれないです。

氷の微笑2かぁ~もう忘れちゃいました(汗)
Unknown (えふ)
2007-05-23 21:11:37
わたしの場合、

アナタハ カミヲ シンジマッスカ?

でした!(爆)
似てる・・・ (kossy)
2007-05-24 00:27:59
>えふ様
あやうく同じ冒頭文になるところでした(汗)
まぁ、神を信じてないと奇跡も信じられないのですが・・
こんにちは♪ (ミチ)
2007-05-24 09:11:02
「イナゴ少女」というキャッチコピーすら知らずに、ヒラリー・スワンク主演というだけで見に行っちゃいました。
彼女、こういうのに出たかったんでしょうかねぇ?
オスカー俳優さんたちも時々よくわかんない作品に出演しますよね?
アンナソフィアちゃんも今後が楽しみです。
U-15はアンナソフィアちゃんとかダコタちゃん姉妹とかジョデルちゃん(ローズ・イン・タイドランド)とか、いい子が揃ってるな~って思います。

コメントを投稿

映画2007」カテゴリの最新記事