あわら病院ブログ

国立病院機構あわら病院のブログです。
重症心身障がい、神経・血液・免疫等の難病、老年を専門として頑張っています。

災害時における電動車から 医療機器への給電活用マニュアル

2022-07-20 10:33:25 | <きたがたレポート>

在宅医療で医療機器を取り扱う方には必見です。

詳細は下記アドレスをご確認ください。

             記

 2022年3月25日に「国土交通省 安全・環境基準課」 および「経済産業省 自動車課」より、災害時における電動車から医療機器への給電活用マニュアルが発刊されました。

・「災害時における電動車から 医療機器への給電活用マニュアル」

http://www.cev-pc.or.jp/xev_kyougikai/xev_pdf/xev_kyougikai_saigaiji_xEV_katsuyou_manual_iryo.pdf

※電動車活用社会推進協議会へ移行します。

上記URLよりアクセスし、災害対策に活用してください。

(医局F/M)

 


療育指導室も地域包括ケア実習に協力しています。「福井大学医学科・地域包括ケア実習~障害福祉サービスについて~」

2022-07-16 17:00:30 | <きたがたレポート>

7月7日・8日に福井大学医学科の地域包括ケア実習で、障害福祉サービスについての講義と通所事業の見学を行いました。

あわら病院で行っているサービスについて説明した後、通所事業所を見学して、サービスを利用している方とのコミュニケーションを楽しんでもらいました。
また、スヌーズレンルームでウォーターベッドに横になって療育体験を行いました。学生さん達からは「すごい!」「きもちいい!」等の声や笑い声が聞かれました。

 

これから未来を担う学生さん達に、障害福祉について少しでも考えていただける時間になったのなら幸いです。

 

(療育指導室 M2 / M) #療育指導室  #地域包括ケア  #障害福祉サービス

 


福井大学の医学科生が実習に来られました。

2022-07-16 08:55:50 | <きたがたレポート>

7月7日と8日に、福井大学医学部医学科5年生が当院に“地域包括ケア実習”として来られました。

普段は大学病院内の専門診療科の特定領域の専門的治療についての実習が多く、今回のような、医療だけでなく介護等を含めた地域医療の全体像を学ぶような実習は少ないため、貴重な学習機会が提供できたと思います。

 

(医局 S / M) #地域包括ケア


福井大学医学部医学科学生実習

2022-07-15 16:39:32 | <きたがたレポート>

7月7日、福井大学医学部医学科5年生の学生実習で『地域の在宅医療を支える国立病院の役割 あわら病院の地域包括ケアの実際』についてお話しさせていただきました。

当院が平成19年から進めてきた在宅医療支援体制の道程を振り返り、私自身も当院の地域包括ケアでの役割を再認識する機会となりました。

↑ 病棟入り口の、七夕の笹飾りです。


(医局 K / M) #在宅医療  #地域包括ケア


地域包括ケア実習

2022-07-14 14:36:04 | <きたがたレポート>

 今回の実習で「地域医療連携室MSWの役割」として担当させていただきました。MSWとは医療ソーシャルワーカーのことです。講義ではMSWとはどういった職種なのか、相談ごとの内容についての説明から、病院の地域医療連携室でMSWがどのような役割を担い、地域とのかかわり、他病院、他施設とどのような連携を行っているかをスライドで説明させていただきました。
 午後からは模擬カンファレンスを体験していただきました。多職種カンファレンスで事例の患者さんについてどのような話し合いが行われているのか、それぞれの職種がどのように患者さんを捉え、専門職としてかかわっているのか、チーム医療の実際を体験いただけたように思います。「多職種連携で気を付けていることは?」との質問もあがり、日頃からのコミュニケーションの大切さも学んでいただけたように思います。

実習の時には、あじさいがきれいに咲いていました。

(地域医療連携室 S / M)