目の中のリンゴ

なぜ一日はあっという間に終わってしまうのだろう

可愛い~ 「ヘイフラワーとキルトシュー」

2005年10月16日 | 映画タイトル は行
今日から公開だったので、雨の中行ってきました。
満員だったらどうしよう??と思いきや、空いてました。
初日プレゼントで、クナイプの入浴剤(”ヘイフラワー”)をもらった♪

フィンランドの映画です。
モデルのSHIHOが翻訳監修をしたというので、
え??フィンランド帰国子女??と思ったらば、そうではなくて、
女の子の話す言葉らしい自然な字幕にするお手伝い、だそうです。
なんで彼女が・・・。

小学校に上がる直前のヘイフラワーと、妹のキルトシューは仲良し姉妹。
ジャガイモの研究に熱中しているパパ(ショボいヴィゴ・モーテンセン風)と、
主婦業は苦手なママと、ワガママなキルトシューの面倒を
一手に引き受ける しっかり者のお姉ちゃん、ヘイフラワー。
でも、彼女は悩みます・・・
”私が学校に行ったら 誰がキルトシューの面倒をみるの?
神様、お願いです、普通の家族にしてください・・・”


雰囲気はスウェーデン映画の「ロッタちゃん」シリーズによく似てます。
さらに可愛い、2人の姉妹!!お人形さんみたいー!!
(透き通る肌に青い目、キラキラの金髪・・・ああー 誘拐したいくらい(笑))
そして、インテリアや衣装も カラフルですごく凝っててカワイイ!!

でも、この妹、ムカつきます
いくら小さいとはいえ、ワガママ放題。
キーキー泣きわめくわ、えらそうにするわ・・・。
対する お姉ちゃんのヘイフラワーのけなげで 良い子なこと!!
なのに、両親の仕打ちはヒドイんじゃないの??
誰だってムクれて当然!!観てて 腹立ってきましたよ。
両親の描き方が 納得いかないなー。
ドタバタでお茶を濁された感じ。

(フィンランドでの 女性の社会的地位とか就業率とか わからないけど、
ママは バリバリ働きたいタイプみたいだった。
なのに なんで家にいるのか不明)

でも、まぁ、カワイイ2人と、ステキなインテリアを観るだけでも楽しい。

フィンランド語では ヘイナハットとヴィルッティトッスというらしく、
映画を観てると その呼び方が聞こえてくるから、
この方が 覚えにくいけど自然。
ヘイナハット=麦わら帽子
ヴィルッティトッス=フェルトの靴

という意味なんだそうです!

8月にこの2人、来日していたけど、2002年製作の映画なので、
もう かなり成長してました。

「ヘイフラワーとキルトシュー」 公式HP

ジャンル:
ウェブログ
コメント (28)   トラックバック (12)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 好きなものONLYバトン | トップ | 写真集のような映画 「トゥ... »
最近の画像もっと見る

28 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
みた~いけどやってな~い (oi-ska)
2005-10-16 11:02:34
ヘイフラワー~見たいけどこちらではやってません。麦藁帽子と、フェルトの靴下。

可愛くって、ポップでキッチュなインテリア

お洋服を見たかった。。。。

カトリーナちゃん、チョット大人になってて

キレイだった。



ブルース・ウェバーもずいぶんと先にしか

こちらではやらないので、待機するのみ

観たいです (りーめい)
2005-10-16 22:32:42
まだ観てないんですが、女の子がいかにも北欧の子って感じでかわいいですよね。フィンランド映画なんてあまりないからすごく観てみたいです♪ヘイフラワーが確か7才の役なんですよね。娘と同い年なのでどれだけしっかり者なのかが気になります。
カワイイよー (kino)
2005-10-17 00:10:58
>oi-skaさん

せめて各都道府県で1館くらいは上映すれば良いのにね。

とってもカワイイ映画でした。

せめてオフィシャルHPで インテリアなど覗いてみてください。



>りーめいさん

実際に女のお子さんがいる方は どのようにご覧になるのでしょう。

”ロッタちゃん”の時、友人は”こんな子だったら叱りまくってる!”と 

怒ってました(笑)

私も観に行きたかった… (Kim)
2005-10-17 15:33:09
ほんと、北欧の人って色素が薄くて羨ましい!?(笑)

昨日、7歳児君を誘って観にいこうかと思ったのですが、なんか、ゲーム買ってもらってウヒョウヒョしてたので止めました。

うちでも上の子はせっせとお手伝いさせられて、下の子はわがまま放題かなぁ…(^^;

なので、戒めの意味でも見せたかったのですが(笑)

お母さんは大変 (kino)
2005-10-17 23:51:19
>Kimさん

この映画、女の子はより好きだろうけど、男の子も

楽しめると思いますよ。

でも、弟くん、ますますエスカレートしちゃうかも?!

遊びにきました^-^ (モリオ)
2005-10-18 22:11:08
それぞれの名前にちなんだお洋服が

超可愛いですよね!!
おしゃれ! (kino)
2005-10-19 08:02:12
>モリオさん

コメントありがとうございます!

本当にかわいい姉妹でしたね!

ママと隣のオバサン姉妹の若作りは なんとも言いようがなかったけど(笑)



あっ早ーい (hiyoko)
2005-10-19 11:40:29
行きたい気はするけど、

いつもながら遠いからなー

可愛らしそうな映画ですよね。

因みに、モデルのシホさんが翻訳手伝って

話題、とかなってましたけど、

なんかシホさんテイストって出てた?

宣伝だけかな?(笑)
可愛いね~ (choro)
2005-10-19 23:16:25
画像の女の子たち、かわいいですね~ミニシアター系も網羅されているkinoさん、さすがだ~~

これはDVDになったら観て見たいな~

SHIHOテイスト (kino)
2005-10-20 01:46:25
>ひよこさん

教えてもらった、ガーデンシネマに行く裏技(でもないか(笑))を

実践しようとしたんだけど、時間が足らなくて またまたいつもの道を・・・。

SHIHOテイスト・・・どうだろ(笑)

でも、確かに、”古臭い”と感じる字幕はなかったから、それなりに貢献したのかもしれないね。



>choroさん

ミニシアター系は 思い立ったときに観ておかないと、

レイトショー1回だけの上映、になってしまったりするので、

油断できません。

これは家でほっこりしながら観るのも良いと思います!お楽しみに。

コメントを投稿

映画タイトル は行」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

12 トラックバック

ヘイフラワーとキルトシュー (あんと夢子のス・テ・キ!なダイエットライフ)
ムーミンの国フィンランドからやって来た とびっきりキュートな二人の女の子のお話です。{/face_warai/}{/face_yoka/} ちょっとヘンテコリンだけど心がホンワカするよ!{/hearts_pink/} じゃがいもの研究に没頭しているパパ 料理も洗濯も苦手なママ{/face_gaan/}    
ヘイフラワーとキルトシュー (地元で働くOLの日記)
製作年度・国 2002年・フィンランド 上映時間 72分 監督 カイサ・ラスティモ 製作総指揮 - 原作 シニッカ・ノポラ 、ティーナ・ノポラ 脚本 カイサ・ラスティモ 、マルコ・ラウハラ 音楽 ヘクター 出演 カトリーナ・タヴィ 、ティルダ・キアンレト 、ア
Heinähattu ja Vilttitossu (ひよこのなんてことない日々)
'''ヘイフラワーとキルトシュー'''(原題:'''Heinähattu ja Vilttitossu''')、観て来ました。 実はこの映画は、チラシなど見て可愛いなと思ってはいたものの、特に観る予定にしていなかったのですが 妹が前売り
ヘイフラワーとキルトシュー (★☆★ Cinema Diary ★☆★)
とにかく可愛い映画。全てが可愛い。演技やセット、どれをとっても可愛い。何もかもが可愛い作品でした。主演二人の可愛らしさを観るだけでも十分価値ある作品です。
ヘイフラワーとキルトシュー(新映画日記転用) (新×3 もろもろ日記)
タイトルだけ見たら、「洋菓子の名前みたい」って思いました。 姉妹役の主演二人はかわいかったですね~♪ 私の見た映画館では「かわいい姉妹です」と申告すれば 一人1000円で見れると書いてありましたが じゃあ友達同士でも「かわいい姉妹です」 って勇気を持って言え
フィンランドで興行記録を塗り替えた『ヘイフラワーとキルトシュー』 (Dead Movie Society★映画三昧★)
ひゃ~!! 時が経つのは早いもので、アッという間にもう11月。 10月中旬に公開された映画を大慌てで紹介しなくちゃ…。 単館系なので、まだ公開中だと思うんだけど、 見てない方は是非、『ヘイフラワーとキルトシュー』を ご覧になってください。こんな素敵な田舎な
ヘイフラワーとキルトシュー HAYFLOWER AND QUILTSHOE (travelyuu とらべるゆうめも MEMO)
カトリーナ・タヴィ、ティルダ・キアンレト主演 原題はHeinahattu Ja Viilttitossu  ヘイナハットゥとヴィルッティトッス 珍しいフィンランドの映画です 10年前に私がフィンランドに行った時は寒く気候も良くありませんでした 北欧の春から夏にかけての一瞬は非常に美し
ヘイフラワーとキルトシュー (ネタバレ映画館)
 パンが焼けますように・・・  子供もいないし、姉妹でもない。ジャガイモも研究したことないし、家事はできないということもない。ということは、あの警官に感情移入するしかない。でも、ヘイフラワーとキルトシューが可愛いからといって、かまってばかりいると変態ロリ
ヘイフラワーとキルトシュー (映画チックな日々)
{{{: [[attached(1,right)]]製作:2002年 フィンランド 原題:HEINAHATTU JA VILTTITOSSU / HAYFLOWER AND QUILTSHOE 監督:カイサ・ラスティモ 出演:カトリーナ・タヴィ(ヘイフラワー)、ティルダ・キアンレト(キルトシュー)、アンティ・ヴィルマヴィル ...
「ヘイフラワーとキルトシュー」フィンランドのかわいい映画(DVD) (暮らし大好き!)
あ~、なんてフィンランドっておしゃれな国なんでしょう。 「かもめ食堂」に続きこの映画を見たら、もうフィンランドのとりこに!(笑) インテリアや雑貨がPOPでオシャレだし、明るいし。 そして このかわいい姉妹。 もう、かわいくてかわいくて、何度も、&l ...
ヘイフラワーとキルトシュー(DVD) (ひるめし。)
ムーミンの国[フィンランド]から、とびっきりかわいい映画がやってきた
「ヘイフラワーとキルトシュー」 (ひらりん的映画ブログ)
ちょっと気になってた姉妹もの映画。 おっと、気づけば、フィンランド映画でした。