時間を生み出すブログ はりの助

「DAY関数」で不要な曜日を判断する

【連絡メモも 「はりの助」】

図は前々回のサンプルファイルで「日2」の欄の1日に入力したDAY関数を2日から31日までのセルにコピーした状態です。


図では「日付」の欄(H列)の書式設定を「曜日」の表示から「月/日」と表示される形式に変更しています。
「日付」の欄が日付データであることを確認しやすくしただけなので、元通りの表示でも問題ありません。

「日」の欄と「日2」の欄を比べて下さい。
何か気がつきませんか。

そうです、「31日」の行が違いますね。
「31日」(H35セル)の日付は「5/1」です。だからK35セルはその「日」だけなので「1」となっています。
1日から30日までは「日」と「日2」が同じ値なのに、4月の表に不要な31日のG35セルと K35セルだけが同じではないのです。

このことを利用すれば、不要な曜日を表示しないことができます。
「条件付き書式」でもできますがIF関数」/だけでできるので、次回その方法を説明します。

上図のサンプルファイルをダウンロードできますサンプルファイルについて「sample_150430.xlsx」をダウンロード

「レイアウトワープロ はりの助」公式ホームページ

この記事が参考になったら、右下の「いいね!」を押してください。

   <前へ>   <目次へ>   <次へ>
名前:
コメント:

※文字化け等の原因になりますので顔文字の投稿はお控えください。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

 

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

最新の画像もっと見る

最近の「エクセルとの連携」カテゴリーもっと見る

最近の記事
バックナンバー
2022年
2018年
人気記事