時間を生み出すブログ はりの助

作業手順を重視した操作性と数々の独自機能により無駄な操作を削減し、時間を生み出す「レイアウトワープロ はりの助」を紹介

「DAY関数」で不要な曜日を判断する

2015年04月30日 | エクセルとの連携
【連絡メモも 「はりの助」】

図は前々回のサンプルファイルで「日2」の欄の1日に入力したDAY関数を2日から31日までのセルにコピーした状態です。


図では「日付」の欄(H列)の書式設定を「曜日」の表示から「月/日」と表示される形式に変更しています。
「日付」の欄が日付データであることを確認しやすくしただけなので、元通りの表示でも問題ありません。

「日」の欄と「日2」の欄を比べて下さい。
何か気がつきませんか。

そうです、「31日」の行が違いますね。
「31日」(H35セル)の日付は「5/1」です。だからK35セルはその「日」だけなので「1」となっています。
1日から30日までは「日」と「日2」が同じ値なのに、4月の表に不要な31日のG35セルと K35セルだけが同じではないのです。

このことを利用すれば、不要な曜日を表示しないことができます。
「条件付き書式」でもできますがIF関数」/だけでできるので、次回その方法を説明します。

上図のサンプルファイルをダウンロードできますサンプルファイルについて「sample_150430.xlsx」をダウンロード

「レイアウトワープロ はりの助」公式ホームページ

この記事が参考になったら、右下の「いいね!」を押してください。

   <前へ>   <目次へ>   <次へ>
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 日付データからは「年」と「... | トップ | IF関数で「表示しない」設... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

エクセルとの連携」カテゴリの最新記事