時間を生み出すブログ はりの助

REPT関数で複数文字を繰り返す


「はりの助」だけでなく他のソフトでも役立つREPT関数の使い方の4回目です。1回目からお読み下さい。前回までは1つの文字だけでしたが、今回は複数の文字を繰り返して表示します。
と言うと難しそうに思うかもしれませんが、繰り返したい文字を変更するだけです。

前回の「羊」をひらがな3文字にしてみます。「羊」を「ひつじ」に変えるだけです。
次の図はA1セルに「ひつじ」と入力して、100回繰り返すように指定しています。文字数は3文字×100回で300字になります。
「『ひつじ』を背景にした年賀状」はこの方法で表示したものをコピーして作成しています。


もちろん、セルでなく数式に直接指定する場合もこれまでと同じです。

=REPT("ひつじ",100)

「レイアウトワープロ はりの助」公式ホームページ

          <前へ>  <次へ>

名前:
コメント:

※文字化け等の原因になりますので顔文字の投稿はお控えください。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

 

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

最新の画像もっと見る

最近の「エクセルとの連携」カテゴリーもっと見る

最近の記事
バックナンバー
2022年
2018年
人気記事