ただの映画好き日記

映画や本の感想です。
たまに音楽やドラマも。

風の音が聞こえませんか / 小笠原慧

2008-07-21 | 本 男性作家


  風の音が聞こえませんか

  小笠原 慧 著     角川書店 / 2007.9



  川村美知は、保健福祉センターの障害保健福祉課で働く新人ケースワーカー。
  統合失調症を抱え、通院も服薬も途絶えたまま一人暮らしのアパートにひきこもっている
  杉浦晃の母親から相談を受けた彼女は、晃の訪問指導を引き受ける。
  何度も厚い壁に跳ね返される美知だったが、しだいに彼女のひたむきさが晃の心を開いていく。
  美知は、晃との間に些細な共通点を見つけては喜び、二人でいると素直な気持ちになれるのだった。
  だが、晃の回復に取り組む中、美知は、晃の主治医・佐伯にも惹かれていく・・・・・・。







面白いという表現が適切かどうかは判りませんが、う~ん、面白かったです。
そうなんですよぉ~、面白かったんですよね~。
晃が魅力的に描かれていたことや、美知のひた向きさにハラハラさせられたりと、どこか目が離せない雰囲気がありました。
美知が佐伯を選んだ段階で、失速しちゃったな~と、それまでの面白みが半減しそうだったのですが、納得のラストだったので、総じてとても惹き込まれる小説でした。

晃がジュンちゃんと結婚したことは、正直、ちょっと驚いたのですが、このお話を終わらせる為には必要だと思われるので、これでよかったんだろうなと思います。
佐伯も、本当は美知とやり直したいのでしょうが、でも、美知はそれを選ばなかったところも、ある意味、晃や佐伯などたくさんの人達に迷惑をかけたことを考えると、正解だっただろうと思います。
結果、みんな苦しんだけれど、苦しんだ挙句、気持ち良く成長できたので、よかったんだと思います。

『本』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« キング・オブ・コメディ | トップ | I LOVE YOU / 伊坂幸太郎/石... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

本 男性作家」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事