ただの映画好き日記

映画や本の感想です。
たまに音楽やドラマも。

みぞれ / 重松清

2008-09-30 | 本 重松清
思春期の悩みを抱える十代。社会に出てはじめての挫折を味わう二十代。仕事や家族の悩みも複雑になってくる三十代。そして、生きる苦みを味わう四十代――。人生折々の機微を描いた短編小説集。 . . . 本文を読む
コメント

ソウ4

2008-09-29 | 映画 サ行
ジグソウと弟子アマンダは死んだ。ジグソウ最後のゲーム現場でパズルを解こうと奮闘するホフマン刑事。ケリー刑事殺害のニュースを聞いたFBIからストラム捜査官とペレス捜査官も駆けつける。 . . . 本文を読む
コメント

包帯クラブ

2008-09-26 | 映画 ハ行
とは、インターネットを利用し「傷ついた出来事をクラブのサイトにて受け付ける→傷ついた人の傷ついた場所に包帯を巻きに行く→手当てした風景をデジタルカメラで撮影、投稿者のアドレスに送る」という活動。 . . . 本文を読む
コメント

インランド・エンパイア

2008-09-25 | 映画 ア行
ニッキーとデヴォンは、キングスリー・スチュワート監督の新作映画『暗い明日の空の上で』に主演することになる。 . . . 本文を読む
コメント (2)

ナンバー23

2008-09-24 | 映画 ナ行
ウォルターが手にした一冊の本。その物語は、背筋のぞっとするような殺人ミステリーだった。自らの生い立ちに酷似した内容と、まるで何かを暗示するように度々挿入される“23”という数字。 . . . 本文を読む
コメント

ミッドナイトイーグル

2008-09-22 | 映画 マ行
厳冬の北アルプス上空で、米軍の戦略爆撃機“ミッドナイトイーグル”が消息を絶った。ちょうどその夜、山に入っていた元戦場カメラマンの西崎は偶然にも、墜落する赤い光を撮影する。 . . . 本文を読む
コメント

トランスフォーマー

2008-09-18 | 映画 タ行
中東のカタール米軍基地を謎の巨大ロボットが襲撃。ロボットは軍用ヘリに姿を変え、まるで意志があるかのように攻撃を仕掛けてきた。 . . . 本文を読む
コメント (2)   トラックバック (1)

ブランケット・キャッツ / 重松清

2008-09-18 | 本 重松清
馴染んだ毛布とともにレンタルされる猫たち。「いま」を生きる人の孤独と猫のしなやかさ。 . . . 本文を読む
コメント

崖の上のポニョ

2008-09-17 | 映画 カ行
海を臨む崖の一軒家に住む5歳の少年・宗介は、瓶に入り込んで動けなくなっていたさかなの子・ポニョを助けた。 . . . 本文を読む
コメント

スパイダーマン3

2008-09-16 | 映画 サ行
スパイダーマンとして市民から賛辞を浴びるピーターに、ある日突然、謎の黒い液状生命体が取り憑き、その全身を黒く染めていく。 . . . 本文を読む
コメント

告白 / 湊かなえ

2008-09-14 | 本 女性作家
我が子を校内で亡くした女性教師が、終業式のHRで犯人である少年を指し示す。 . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (1)

キャンディ

2008-09-12 | 映画 カ行
詩人志望の青年ダンは、画家を夢見る美女キャンディと出会い恋に落ちる。ダンがヘロイン常用者だったことから、ほどなくキャンディもドラッグの世界にハマっていく。 . . . 本文を読む
コメント (2)

題名のない子守唄

2008-09-11 | 映画 タ行
心に深い傷を負い、過去に囚われたままの女イレーナ。今の彼女を支えているたったひとつの願い。それは生き別れた自分の子供を見つけだすこと。 . . . 本文を読む
コメント (2)

気をつけ、礼。/ 重松清

2008-09-11 | 本 重松清
受験の役には立たなかったし、何かを教わったんだということにさえ、若いうちは気づかなかった。でも今、あのときの先生の思いが胸に染みる…… . . . 本文を読む
コメント (2)   トラックバック (2)

魂萌え!

2008-09-10 | 映画 タ行
定年を迎え夫婦ふたりで平穏な生活を送っていた関口敏子、59歳。 63歳の夫・隆之が心臓麻痺で急死し、敏子の人生は一変する。 . . . 本文を読む
コメント (2)