ただの映画好き日記

映画や本の感想です。
たまに音楽やドラマも。

蜜の味

2008-05-29 | 映画 マ行
ロンドンで貧しい人々が暮らす一角。そこで暮らす母親ヘレンと高校生の娘ジョーだが、ヘレンは年下の交際相手に夢中になり、ジョーを捨てて家出した後、再婚する。 . . . 本文を読む
コメント

新・少林寺三十六房

2008-05-28 | 映画 サ行
幼少の頃から武術を学んで育った漢民族の青年サイヨ。ある日彼は、広東会館で清朝の武官たちを相手にひと悶着起こし、彼の身柄を渡さなければ会館を閉鎖すると迫られた家族は、案じた末、サイヨを少林寺に入門させることを決意する。 . . . 本文を読む
コメント

不都合な真実

2008-05-24 | 映画 ハ行
地球の危機を訴えるアル・ゴア前米副大統領のスライド講演の模様を、彼自身の独白を交えつつ構成した97分間の衝撃ノンフィクション! . . . 本文を読む
コメント

300〈スリーハンドレッド〉

2008-05-24 | 映画 サ行
紀元前480年。スパルタ王レオニダスのもとにペルシア帝国の使いがやって来た。この東方の大帝国が次なる標的に定めたのは、スパルタをはじめとするギリシアの地。 . . . 本文を読む
コメント (2)   トラックバック (2)

敬愛なるベートーヴェン

2008-05-23 | 映画 カ行
1824年のウィーン。“第九”の初演を4日後に控え、未だ合唱パートが完成していないベートーヴェンのもとに、作曲家を志す若き女性アンナがコピスト(写譜師)として送り込まれる。 . . . 本文を読む
コメント (4)

ラブソングができるまで

2008-05-22 | 映画 ラ行
一世を風靡した80年代は遠く去り、いまや、往年の“ギャル”たち相手にイベントを賑わせるしかない元ポップスターのアレックス。 . . . 本文を読む
コメント (2)

ザ・プレイヤー

2008-05-21 | 映画 サ行
ハリウッドの大物プロデューサーのグリフィンの元に、恨みを持つ脚本家から「すべての脚本家に代わってお前を殺す」という脅迫状が届く。 . . . 本文を読む
コメント (4)

ナイト ミュージアム

2008-05-19 | 映画 ナ行
何をやってもうまくいかないバツイチの失業男ラリー。別れた妻の再婚にとまどう彼にとって、離れて暮らす最愛の息子との接点を失うのは堪え難いことだった。 . . . 本文を読む
コメント (2)

陽気なギャングの日常と襲撃 / 伊坂幸太郎

2008-05-18 | 本 伊坂幸太郎
人間嘘発見器成瀬(なるせ)が遭遇した刃物男騒動、演説の達人響野(きょうの)は「幻の女」を探し、正確無比な“体内時計”の持ち主雪子(ゆきこ)は謎の招待券(チケット)の真意を追う。 . . . 本文を読む
コメント

ルワンダの涙

2008-05-17 | 映画 ラ行
1994年、海外青年協力隊の英語教師としてルワンダにやってきた英国人青年ジョー・コナーは、英国ローマン・カトリック教会のクリストファー神父が運営する公立技術専門学校(ETO)に赴任する。 . . . 本文を読む
コメント (2)

輝く夜明けに向って

2008-05-17 | 映画 カ行
人種隔離政策“アパルトヘイト”が行われていた80年代の南アフリカ。公安部テロ対策班のニック・フォスは、テロリストの一掃に尽力していた。 . . . 本文を読む
コメント

最高の人生の見つけ方

2008-05-16 | 映画 サ行
自動車整備工のカーターと実業家で大金持ちのエドワードが入院先の病院で相部屋となる。方や見舞いに訪れる家族に囲まれ、方ややって来るのは秘書だけという2人には何の共通点もなかった。 . . . 本文を読む
コメント (4)   トラックバック (2)

トランスアメリカ

2008-05-15 | 映画 タ行
かねてから男性であることに違和感を持つ“トランスセクシュアル”のブリーは、LAで女性として慎ましく暮らしていた。そして念願だった“本当の女性”になるための手術を控えた彼女に、ある少年がNYで警察に捕まったという連絡が入る。 . . . 本文を読む
コメント

絶対の愛

2008-05-14 | 映画 サ行
付き合いはじめて2年になるセヒとジウ。セヒは彼と永遠に愛し合いたいと思うがあまり、彼はかわり映えのない自分の顔に飽きているのでは、と不安を感じはじめる。 . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (1)

終末のフール / 伊坂幸太郎

2008-05-13 | 本 伊坂幸太郎
あと3年で世界が終わるなら、何をしますか。 . . . 本文を読む
コメント