ただの映画好き日記

映画や本の感想です。
たまに音楽やドラマも。

たぶんねこ / 畠中恵

2015-12-11 | 本 畠中恵
若だんな、そんなに頑張ってだいじょうぶ?両国を仕切る親分の提案で、大店の跡取り息子三人が盛り場での稼ぎを競うことに。 . . . 本文を読む
コメント

ひなこまち / 畠中恵 著

2015-03-23 | 本 畠中恵
長崎屋へ舞い込んだ謎の木札。『お願いです、助けて下さい』と書かれているが、誰が書いたか分からない。 . . . 本文を読む
コメント

えどさがし / 畠中恵著

2015-03-07 | 本 畠中恵
時は流れて江戸から明治へ。夜の銀座で、とんびを羽織った男が人捜しをしていた。男の名は、仁吉。 . . . 本文を読む
コメント

ゆんでめて / 畠中恵 著

2013-02-03 | 本 畠中恵
屏風のぞきが行方不明になり、悲嘆にくれる若だんな。もしあの日、別の道を選んでいたら、こんな未来は訪れなかった? . . . 本文を読む
コメント

ころころろ / 畠中恵 著

2012-01-06 | 本 畠中恵
ある朝突然、若だんなの目が見えなくなってしまったからさあ大変。お武家から困ったお願いごとを持ち込まれていた長崎屋は、さらなる受難にてんやわんやの大騒ぎ。 . . . 本文を読む
コメント

いっちばん / 畠中恵 著

2011-02-02 | 本 畠中恵
兄の松之助が長崎屋を出て所帯を持ち、親友の栄吉は菓子作りの修業へ。普段から病弱な若だんなは、さらに寂しそう。 . . . 本文を読む
コメント

ちんぷんかん / 畠中恵

2010-02-17 | 本 畠中恵
「私ったら、死んじゃったのかしらねえ」長崎屋が大火事に巻き込まれ、虚弱な若だんなはついに冥土行き!?  . . . 本文を読む
コメント

うそうそ /畠中恵

2009-01-12 | 本 畠中恵
若だんな、生まれて初めて旅に出る! 相変わらずひ弱で、怪我まで負った若だんなを、両親は箱根へ湯治にやることに。 . . . 本文を読む
コメント

おまけのこ / 畠中恵

2007-12-25 | 本 畠中恵
摩訶不思議な妖(あやかし)たちに守られながら、今日も元気に(?)寝込んでいる日本橋大店の若旦那・一太郎に持ち込まれるは、お江戸を騒がす難事件?  . . . 本文を読む
コメント (4)   トラックバック (1)

つくもがみ貸します / 畠中恵

2007-10-11 | 本 畠中恵
深川で古道具屋兼損料屋・出雲屋を営む、お紅と清次姉弟。出雲屋の古道具の中には、生まれて百年を経て、「つくもがみ」という妖怪に化したものが多かった。 . . . 本文を読む
コメント

まんまこと / 畠中恵

2007-08-26 | 本 畠中恵
江戸は神田の古い名主の家に生まれた麻之助。支配町から上がってくる奇問に幼馴染の色男・清十郎、同心見習の吉五郎と取り組むが・・・。 . . . 本文を読む
コメント (2)

ねこのばば / 畠中恵

2007-02-12 | 本 畠中恵
お江戸長崎屋の離れでは、若だんな一太郎が昼ごはん。寝込んでばかりのぼっちゃんが、えっ、今日はお代わり食べるって? . . . 本文を読む
コメント (4)   トラックバック (1)

ぬしさまへ / 畠中恵

2007-02-11 | 本 畠中恵
きょうも元気に(?)寝込んでいる、若だんな一太郎の周囲には妖怪がいっぱい。おまけに難事件もめいっぱい。 . . . 本文を読む
コメント

しゃばけ / 畠中恵

2007-02-07 | 本 畠中恵
江戸有数の薬種問屋の一粒種・一太郎は、めっぽう体が弱く外出もままならない。ところが目を盗んで出かけた夜に人殺しを目撃。 . . . 本文を読む
コメント (2)