報道されない特に注意する問題(報道特注ではない)

政治や色々言いたい事を書きますが、基本報道特注を見ての感想が多いと思って下さい。どちらかと言うと保守ベースです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

我々は当たり前と思っているけど…(シリーズ1)「童謡などの、子供文化、『赤い花、青い花』」

2017-09-24 22:35:24 | 愛おしき、日本の文化、その流れ
左翼とホザク連中は、まぁ「愛の若草物語」を書いておきながら「子供の声が何より嫌い」と公言する「ジョセフ・オルコット」みたいなものである。

私の必殺技は「泣いている子を泣きやませる」で、大体成功する。

その私は「子供に楽しい何か」を作ろうとしている。

まぁ羽ばたき飛行機を作ろうと四苦八苦している。

もうすぐできるから、その後は日に何機も作って上げて回ろう。

さて、今となって口ずさむと、とてつもなく胸に染みる歌が、幼い記憶の中にある。

「赤い花見つけて、あの人にあ・げ・よ…、あの人の好きな、あの花挿して、あ・げ・よ…、赤い花赤い花…あの人の胸にぃ〜いぃ〜…、…、咲いて揺れるだろう、あの人の胸に…。」

この汚れ果てた心に本当に染みる、歌である。

この歌はリリーズが歌うと良いのだよ。

サビの所アンサンブルが、もう、涙なしには語れない。

明治末期か大正の頃の娘さんの絵が、瞼の裏に僅かに残る…。

死が近くなって、子供を見ると、涙が出て来る。

その涙は、幼い頃には、何とも思わなかった、瞬間が切り取られて、僅かに広がり、後に大波となって、涙を誘う…。

こんな文化、こんな歌、誰が作るんだろう?

そんなに何を持っている訳でもないが、この心の痛いような、温かいような、切ないような、こんな心の思いは、日本以外の世界には、多分…、無いだろう…。

もう、NHKを見ても殆ど見られない…、それだけでも、今時の子供は、不憫だ…、この思いは、金でも、スマホでも、ゲームでも得られない…、往々にして遅効性だ…。

この思いを、如何にやすれば、他の人と語れ合えよう…、
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする