報道されない特に注意する問題(報道特注ではない)

政治や色々言いたい事を書きますが、基本報道特注を見ての感想が多いと思って下さい。どちらかと言うと保守ベースです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

いやぁ〜山尾志桜里のお尻に「いちご牛乳」浣腸ってのに総計7000PVとは驚いた。一週間分が36時間で見に来た。さて何故「いちご牛乳」で「浣腸」なのか?

2017-10-11 17:56:18 | 完全に無能で白痴のクソサヨクの分際で!

実は派手な不倫ほど「肛門性交」をしたがる傾向にあるようだ。

1)コンドームを山と持って行くと、ヤバイ

 ①相手のやる気が満々ではないと「コイツ飢えている」と思われる。

 ②大量に高級品とはナカナカ行かない、となると3箱千円とかは使えない。

2)じゃ…、生か?妊娠しない年ではない。

 ①膣外射精:妊娠の可能性高い

 ②素股:山尾志桜里は満足できない

 ③肛門性交

となるのだろう。

最初「穏当な数」を用意していたのだろうが、直ぐに使いきり、欲求不満の山尾志桜里に

「どうだろう?お尻の穴ってのは…、そんなに悪くないよ…」

もうすでに倫理を捨てた山尾志桜里にとって大きな山を超えて、肛門性交など低い山だ。

「どうするの?」

と言うと倉持太鼓持ちがにやりと笑って、巨大浣腸器(300ml:だいたいこのクラス)を持ち出し、薄めたグリセリン液を持っていた。

これは蓮舫とのプレイでも使ったようだ。

これで最初の「肛門洗浄」が終わって、グリセリンの粘性が、容易に肛門に倉持魔羅持ちのナニが悠々と入り、それからは、果てるまで延々と楽しめた。

最初の一回だけで、後は手間が要らない!「肛門は良いわぁ〜」と何度も山尾志桜里は果てた。

倉持は自分の持ち魔羅意外にもディルドーを前の穴に入れて、振動MAXで動かした。

また魔羅に付けるクリトリス用バイブレーターを指に付けて、刺激したという。

初めての感覚に山尾志桜里は、発狂寸前だったという。

このプレイを何回もしていたが、その日「発覚の日」には「グリセリン溶液」が切れていた。

「どうするの?」

「ちょっと危険だけど…」

と倉持がニヤニヤして提案する。

「牛乳を使うんだ」

「まぁ素敵…」

と山尾志桜里はニヤリとして、コンビニに入る。

タダの牛乳は、危険だから混ぜモノがあるといいだろう、しかし、バナナ牛乳は、あまりにも、それっぽいし、黄色を連想する。

だから「いちご牛乳」を選んだのだ。

部屋に入ると倉持が

「いちご牛乳なのかい?何故?」

「だって、ちょっとピンク色でしょう?」

「セカンドバージンを奪った感じか?」

「最初のは緩すぎて、盛り上がらなかった。やっぱりちょっと処女膜を破るような、痛みが欲しいの…」

「じゃぁ…、全部入れようか?」

「…」

暫くして思いつめたように山尾志桜里が言う。

「うん…、全部入れて…」

そして、いちご牛乳を浣腸器に吸い出す。

挿入部の先端からピンクが少し入った牛乳が垂れる…。

「いいかい!」

「…う…うん、お願い…」

最初肛門をいちご牛乳で湿らせてじわじわ入れる。

「…う…うぅぅぅうう」

「牛乳を入れるから受け止めて…」

「はぁぁぁぁぁぁあああああああ…うふぅ〜ぅぅぅぅぅぅううううううう」

同じような事を三回やった。

最後は「破裂したらどうなるの?」

「一月便秘した女も居るんだよ…、大丈夫、糞と違って、上に上がるさ…、腸は4.5mあるんだ。

そう言うとアナル栓を人舐めして、山尾志桜里の肛門に入れ、固定レバーを上げた。

「…っん、…ああ、出ない…、出ないのよぉ…、ああ、痛い、い…、痛い、…」

「覚悟の上だろう?そうだ、この浣腸器の説明書を読み上げてから、栓を外そう…。」

「あ…、はい…、ほ…、ほんせいひんは、だいべんなどの…はいせつがぁ…あぁァァァムッむずかしぃぃぃかたのぉぉおおおためにぃぃぃいいいい、…い痛いぃ…、はいせつをぉぉぉぉおお、そろそろさせてぇ〜、ねぇ〜ん、あなたぁ〜。」

「駄目だね、まだ練れていない。最初もそうだったろう、まだ、いちご牛乳、が混ざっていない…」

「まっ…まざるとぉ…どどぉ…なぁるのぉ〜んんんんん、…」

「ピンク色が黄色に代わるのさぁ〜、」

「それじゃぁバナナ牛乳と同じじゃなぁい…、」

「分かっていないなぁ〜、最初ピンクだったのがぁ、腹黒い、この淫売の下衆女の腹の中で黄色く臭くなって出てくるんだ…、そして、綺麗になったオマエを…、」

「ぁぁぁぁああああぁぁぁぁああ、もう限界ぃ〜、もぅ〜、お願い、お…ぉぉぉおねねねぇぇぇぇぇがぁががががぁぁぁぁぁいぃぃぃぃいいいいいい!」

「しょうが無いなぁ〜」

と言うと倉持太鼓持ちは、山尾志桜里の尻を前にしてアナル栓のレバーに指をかけた…、そして、…。

「パチ」と音がすると、倉持の顔にあたって次の瞬間、若干黄色の入った白い液体が迸った。

倉持は口を開けて、それを口の中に入れた。

「ウゥゥうううううっっぅううううううううううううンンンンンンンンン…」

山尾志桜里は力の限りひり出した。

そして全部出し終わると

「はぁぁぁぁあああ、すっきりした…、これで…」

そう言う前に倉持が怒張したものを白い液体の垂れる中に入れた、これからただひたすら同じことが続く、朝、日が開けるまで、ただやる事は一つ…。

「うぅぅぅぅうあああああああ、ああああああああああああ!」

と山尾志桜里の断末魔のような声が延々と続くのであった。

かもしれない。

コメント (1)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 小池の卑怯な逃げ口上が始ま... | トップ | 恐るべし!山尾志桜里!ま…ま... »
最新の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
起きてはいけないひどい事件発生 (芋田治虫)
2018-04-01 23:08:32
ドイツの学校で、「ヒトラー・ユーゲントと国民突撃隊は無罪」と言った生徒を、担任の教師が射殺するという事件発生。↓
https://youtu.be/LC1pBq1UevU

コメントを投稿

完全に無能で白痴のクソサヨクの分際で!」カテゴリの最新記事