【じごく耳】基本的人権は~現在及び将来の国民に対し侵すことのできない永久の権利として信託されたものである

国権の発動たる戦争と武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。


我らの平和憲法が緊急事態に晒されている!戦争法(アンポ法だとか)を廃案に!

2016年03月29日 | ☆ツブヤキ・つぶやき☆

 本日3月29日、大多数の専門家が憲法違反だとし大多数の国民が反対している「戦争法」((アンポ法ともいうらしい)が施行され

た。これで、集団的自衛権の行使と「戦闘地域」での米軍支援、武器使用などが可能になる。

これらは、今まで憲法や海外派兵法で禁じられていたものである。

歴代内閣法制局と政府は、「集団的自衛権の行使は憲法違反」だと判断し、昭和22年5月3日の日本国憲法施行以来、我がの自

衛隊は、専守防衛を貫いていた。

日本の自衛隊は「専守防衛」組織で「軍隊ではない」という認識が、憲法が公布されて以来70年間で世界中に周知され、中東や欧

米に多いテロのターゲットにもならなかった。

それが、今や国を挙げて「テロ対策」に時間とお金を費やしている。

だいたい、お正月に「初詣」して、お盆にはお寺に行き、キリスト生誕を祝うクリスマスパーティをする、という信仰する宗教が何が何

分からないという国や民を攻撃する‘大儀’など元々ないのだ。

今までの日本には、テロをしかける大儀もなく、遠すぎる距離と社会に溶け込むのが困難な容貌の違いなどがあり、わざわざ遠方か

ロをする意味や理由がなかったのだ。

わざわざ遠い中東の国に出向いて行って、米国のお仲間の国で米国の意向に沿った演説さえしなければ、彼らは「日本」がどこに

あるのかも知らなかったのだと思われる。

国家間の「戦争」が下火になって、次に考えるのは、「どこでも戦争」になり得る「テロ」の脅威・・・

次から次へと作り出される「戦い」 人々の命を奪う武器や戦闘機を作っている産業は、儲かってしようがないでしょうね。

戦争屋が考える悪辣なシナリオに我ら市民は、騙されてはならない。

 2016年度の防衛予算は、過去最大の総額5兆911億円を要求するとのこと。墜落件数の多い、あの垂直離着陸機オスプレイも12

機計1321億円も購入予定だ。(爆買いで我が国に莫大な利益をもたらしてくれる「中国」が脅威だとか?????)

3000億円の保育予算がないと言っていた政府は、欠陥だといわれている戦闘機を買うお金はあるらしい・・・

 

 有権者の16パーセントほどの支持しか得ていない一握りの政治家によって、我らの国の最高法規が歪曲され、やりたい放題だ。

憲法9条は危機に瀕している。言い換えれば、我ら国民の緊急事態でもある。

 

自民党がこれから改悪するであろう「自民党憲法草案」にそれが見て取れる↓

*現行憲法と自民党憲法草案 比較→ http://www.dan.co.jp/~dankogai/blog/constitution-jimin.html

 

*自民党憲法草案には何が書かれているのか?木村草太×荻上チキ→ http://synodos.jp/politics/15542

 

 *特集・自民党憲法草案IWJ→http://iwj.co.jp/wj/open/%E6%86%B2%E6%B3%95%E6%94%B9%E6%AD%A3