【じごく耳】基本的人権は~現在及び将来の国民に対し侵すことのできない永久の権利として信託されたものである

国権の発動たる戦争と武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。


“減思力(げんしりょく)”を防ぎ,判断力・批判力を育はぐくむために~【本当の】放射線副読本

2012年04月26日 | ☆ツブヤキ・つぶやき☆

 昨年出された、学校で使用される放射線教育用の文科省推奨「放射線に関する副読本」が、あまりにも原推進機関のデー

タだけに基づく偏向的な内容で多くの批判を浴びながらも、文科省は、その方針を変えようとしない。学校教育の中で、一方

的・偏向的な知識だけの書いてある教本を使用する事が、真実を学ぶべき教育と如何に矛盾する事か、教える立場の方々の

良心に訴えたい。

 以下は、文科省の偏向的な放射線に関する副読本とは対極にあるような、“真実”が語られている本の内容です。

☆『放射線と被ばくの問題を考えるための副読本~減思力(げんしりょく)を防ぎ、判断力・批判力を育むたに~』より

 *特に重要な点に付いて*

【人工放射線は身近にはありません】

 自然の放射線は身近にありますが,人工の放射性物質による放射線は身近にはありません。身近ではない人工放射線によ

る無用な被ばくを防ぐために,追加の被ばく線量(医療除く)限度や放射線管理区域が設定されています。

【無用な放射線は浴びないに越したことはありません】

 放射線は細胞のDNAなどに影響を及ぼすことから,無用な放射線はできるだけ浴びないようにすることが大切です。特に,

細胞分裂が盛んな子どもや妊婦の方は,注意が必要です。

【低線量被ばくの影響は解明されていません】

 年間の被ばく線量100mSv程度以下の,いわゆる「低線量被ばく」による健康影響については,未だ解明されていません。影

響が解明されていない以上,「正しい怖がり方」というものは論理的に成立しません。

【リスクの公平性について考えましょう】

 放射線の被ばくによる健康リスクを考える際には,便益(ベネフィット)や負担の公平性についても考慮されなければなりませ

ん。放射能に汚染された地域での無用な被ばくには,便益は伴っておらず,負担にも不公平性があります。

【情報を鵜呑みにしない判断力や批判力を育むことが大切です】

 いわゆる「原子力の安全神話」は,原発推進側に偏った教育・広報によってつくられてきました。二度と同じ過ちを繰り返さな

いためにも,教育や広報における公平性を追求するとともに,一人ひとりが判断力や批判力を育むことが大切です。

*放射線と被ばくの問題を考えるための副読本全文

 http://tamaky.com/kibou/wp-content/uploads/2012/04/5c6a0681fe85d8079d414bed11fdc0d9.pdf 


農水省は放射性物質の独自検査をする食品小売業者に圧力を掛けないように!

2012年04月24日 | ☆ツブヤキ・つぶやき☆

 4月20日、農林水産省はスーパーや食品メーカー、外食産業等270団体に対し、国が設けた放射性物質基準を守るよう求

める通知を出したそうだ。これが、今までの諸々の食品規制値の時と全く真逆で、「国よりも厳しい独自基準を設けて自主検査

を実施する事」を避けてほしいという通知なのだ。食品に含まれる放射性物質は、健康に“有害”な物だ。だからこそ食品業界

は、人々が健康被害を少なくしたいとする要求にえるべく“放射性物質の自主検査”を行っているのに、国がそれをさせまい

とする事など言語道断だ。

 ☆IPPNW(核戦争防止国際医師会議)ドイツ支部の放射線防護の研究者レポートによると、「放射性物質が食品から体内

入るのは、 長期に渡って人間の健康にたいへん大きな危険をもたらします。そのため、放射線のリスクから守る目的で公的に

規定された食品内の放射性核種の含有量の上限値ないし制限値は、特別の意義があります。~中略~、“より安全な”制限値

というものは存在せず、いかなる制限値を設定してもそれが予想される放射線による死者の数をあらかじめ規定してしまうことを

示しています。~中略~今回の調査は、有効な制限値がヨーロッパ、日本を問わず、たいへん無責任なものであり、故意に数

千人の死者を容認するものであるとの結論に達しました。食品の放射能汚染が有効な制限値のわずか5%程度であったとして

も、ドイツのような国では放射線による死亡者が年間最低でも7,700人にもなることを予想しなければなりません。ただここには、

甲状腺や膵臓の慢性疾患のような後遺症は含まれていません。」と。

 *あらかじめ計算された放射線による死:EUと日本の食品放射能汚染制限値

http://www.strahlentelex.de/calculated-fatalities_jp.pdf#search=' 


原発の「安全神話はいかに作られたのか」(内橋克人氏)☆大飯原発再稼働させない為にもう一度よく聞こう☆

2012年04月04日 | ☆ツブヤキ・つぶやき☆

 昨年のこの時期、経済評論家の内橋克人氏が「原発安全神話はいかに作られたか」をラジオで話されてたそうです。(内橋克

は、「原発への継承」という著書を30年ほど前に出している。)

*原発を社会に受け入れさせる戦略・パブリック・アクセプタンスには、3つの柱があるのでそれを紹介します。

(1)反原発の報道や意見に対する電気事業連合会の見解として膨大な量の抗議書が作成されている。

(2)小学校低学年から中・高校まで、エネルギー環境教育原発是認教育が社会、理科、総合などの授業の中で行われ、それを

教師が採点して生徒の成績まで左右していた。

(3)文化人にパブリシティ記事を書かせる。有名人をめったに公開されない地下の原発施設に案内し、ルメット姿で立たせて

語らせ記事にする。名の知れたTVキャスターは、「原発問題は論理的考えよう」と御託宣~

☆原発安全神話はいかに作られたか

http://www.youtube.com/watch?v=ZpbWmejc63Y