【じごく耳】基本的人権は~現在及び将来の国民に対し侵すことのできない永久の権利として信託されたものである

国権の発動たる戦争と武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。


稲田さん、大臣辞めても“日報隠蔽疑惑”に対して説明しなさいよ

2017年07月28日 | ☆ツブヤキ・つぶやき☆

 やっと、あの稲田大臣が辞めてくれました。

通常なら、あれだけ様々な疑惑や失言を繰り返していたら、辞任というより「罷免」だったはずです。

それでも、昨日まで大臣の職に「恋々としがみついていた」のは、往生際の悪い性分だったからでしょうか?

それとも、安倍首相の多大な庇護に胡坐をかいていたからでしょうか?

この方は、己の失言や疑惑に対しての記者の質問に 人を舐めているとしか思えない愚答を繰り返していました。

数秒聞くだけで不快になり、ムカムカするような愚答です。特に最近は、夕方のニュースで度々登場し、その度に不快な思いになりま

した。これ程、不快感を与える方も珍しいのでは?

陸自の真面目そのものの複数の方達が、「日報があったと報告しました」と言っているのに 稲田議員は、「聞いてません。」「そういう

認識はありません。」と。(こんな部下を貶めるような上司の下では、私なら馬鹿々々しくて「とってもやっていられない!」ですわね。)

 

この人、野党時代は、甲高い声で大変品性のない「野次」を飛ばしていて、それが放映されていました。

  2011年の衆議院予算委員会で、当時の一川防衛大臣に向かって

稲田「笑わせないでくださいよ」

   「国民目線というのであれば、素人を防衛大臣にしないでほしいというのが、国民目線ですよ。」

   「部下に責任を取らせて、ご自分は保身を図る、それが政治主導ですか!」

   「政治主導というのは、政治家が責任を取ることですよ。」

   「あなたは、自分の役目が分かってるんですか!」

   「あなたの役目は、この国を守ることであって身の保身を守ることじゃありませんよ。」

   「いいかげんにしてくださいよ」

ですって!!! あ~はっはっはっはっはっはっ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・はっ!!!

当時の大臣に “そっくりそのままあなたにお返しします”と言われそうですね。

久しぶりに腹を抱えて笑いましたよ。それでも 稲田議員の「疑惑」には、笑ってる場合じゃありません。

大臣を辞任しても「疑惑」は、残ったままです。

議員を辞めないのなら、引き続き国民に対して真面目に答えなければなりません。


【加計学園疑惑】第一弾の闘いが終わって~安倍シンパの滑稽な面々

2017年07月26日 | ☆ツブヤキ・つぶやき☆

 昨日の参議院審議会で、『加計学園疑惑』に安倍首相が丁寧に説明したと思っている国民は、殆どいないでしょう。

メディアのアンケート調査で8割近い人が、「丁寧な説明をしたとは思わなかった」と報道されましたが、ホントのところは、9割ぐらいで

しょうね。

安倍首相は、加計学園の獣医学部新設申請を知った時期を過去の発言と違えて、大臣の規範や申請許可に関わった事を否定で

きる唯一の日、1月20日だったと訂正し、それを説明する度に矛盾が生じてしどろもどろでした。(己の記憶が真実ならあんなにドギマ

ギしないのよ)

*加計学園理事長の加計孝太郎氏に~山本有二農水相は昨年8月23日に面会し、「その折に獣医学部の話

は聞いた」と答弁し、山本幸三地方創生担当相は昨年9月7日に面会し、「獣医学部の提案をしたいので、よろ

しくお願いしたいという話があった」と答え~松野博一文科相は昨年9月6日に面会したことを認め~

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik17/2017-07-26/2017072601_04_1.html

 

今日は、各テレビ局が審議会の内容を検討?しています。

中には、安倍擁護の気持ちが高じてか、『良いものであれば、首相の友達がやってる学校でもいい』などと、新設故に その学校

容が「良い」か「悪い」の判断など到底不可能なのに 平然と恥ずかし気もなく言っておられる方もいました。

思わず吹き出してしまいましたよ。テレビに毎日出演されて多忙の為か、混乱してるのでしょうね。

新聞にも昨日の審議会の記事が出ていました。

幸い我が家が購読している新聞は、数ある一般紙の中でもマトモだと思っているので、信憑性は高いです。(個人の行動を歪曲する

うな形で載せるような卑怯でサモシイ一般紙ではありませんから)

 

 

 向かって右側の新聞の最後に前愛媛県知事の加戸氏が前川氏の告発を「虚構の話」と言っています。

これは、第三者である者にとっても 大変憤怒する非常に問題のある発言で、絶対看過できません。

彼は、加計疑惑を解明する為の参考人であるのに 獣医学部の新設の意義を己の独断による自説 を長々と述べたのです。

あの自説展開で疑惑解明の時間が随分、無駄になりました。

それでも彼は、話の中でいい事をいってくれましたよ。

「内閣府の、あるいは虎の威を借る狐が発言を用いても強行突破していただいたことを私は大変喜ん

で今日に至っております。」

これは、内閣府が加計学園新設(今治で獣医学部新設を計画していたのは加計学園のみ。勿論、加戸氏は知っています)に関与

し、当時の文科省(最高責任者は前川氏)に圧力を掛けた証拠です。

*「愛媛県にとっては12年間加計ありき」と国会で熱弁ふるった加戸前愛媛県知事は、日本会議愛媛県本部

の相談役。なんだ、友達の輪のひとりだったのか。なるほどねえ!!

http://kuronekonotango.cocolog-nifty.com/blog/2017/07/post-51cd.html

与党議員の質問内容や首相・大臣の答弁を細かく分析すれば、この問題が限りなく「黒」に近いと分かります。

逃げ切れると思っているようですが、こんな人達と侮辱された我らはどこまでも追いかけますよ。

 


加計学園問題~さらに深まった疑惑

2017年07月25日 | ☆ツブヤキ・つぶやき☆

 午後の参議院審議会の様子を長々と訂正したり、関係のある記事をリンクさせたりしていたら、かなりの時間が経っていました。

長々と書いていたのが原因でしょうか、少し場を離れてここに戻って来たら、書いた文字が全くなくなって白紙になってしまいました。

書く気力がなくなりましたので、信憑性のある記事をリンクさせるだけにします。

それにしても前愛媛県知事の発言は、看過できない酷いものでした。個人的な意見と独断で平然と間違った事を言っていましたね。

☆“加計ありき”の証拠が続々! でも安倍応援団は「加戸前愛媛県知事の証言で疑惑は晴れた」の大合唱、そのインチキを暴く!

 http://lite-ra.com/2017/07/post-3328.html

☆加計学園問題 前川証言を裏付ける特区諮問会議議事録(上) 仕組まれた獣医学部新設

http://hunter-investigate.jp/news/2017/05/post-1054.html

☆これが“政府公認”文科省加計文書

http://hunter-investigate.jp/news/2017/06/post-1070.html

☆加計の計画認識時期 首相答弁の変遷

http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2017072590135941.html

福島みずほ議員が4月18日に提出した質問主意書で「加計孝太郎理事長が今治市に獣医学部を作りたいと考えていることをいつから知っていたか?」と総理に質問。それに対する答弁書には平成19年11月には知っていたとされる旨の記載が。1月20日に知ったという本日の総理答弁は虚偽答弁では?

https://tr.twipple.jp/p/df/104169.html

 


【加計学園問題】参議院審議会~リアルタイムに記録と感想

2017年07月25日 | ☆ツブヤキ・つぶやき☆

 今、参議院での審議が始まりました。

青山議員の「和泉総理補佐官から呼ばれた時、加計学園という言葉が出たかどうか」という旨の質問に前川氏は、時系列に起きた

「事実」に基づいて、

2016年8月26日 木曽内閣官房参与が来て、「今治の獣医学部の件、宜しく」という旨を話した。(今治に加計以外に候補なし

    (9月7日 安倍首相の腹心の友である加計孝太郎氏が、山本大臣を訪問し、今治に獣医学部を新設したいと伝える。)

     9月9日 前川氏は、和泉総理補佐官から呼び出しを受け、「総理は、ご自分の口から言えないので~国家戦略特区の件」 

           を早く決めてほしい旨を話す。

    (10月2日 安倍首相と加計理事長と会食)

    (10月4日 第24回 国家戦略特区諮問会議  

     *この会議の中で、国家戦略特区諮問会議有識者議員でワーキンググループの座長を務めた八田達夫アジア成長研究所

      所長は、「今治市は、獣医学部の新設を要望しております。」と、(手を挙げていたのは加計学園のみ)発言。 ↓  

http://hunter-investigate.jp/news/2017/05/post-1054.html

    11月 萩生田氏ご発言の文書 ☆~今治市への獣医学部新設は総理のご意向~

だから、前川氏は、和泉総理補佐官から言われた国家戦略特区の事業体は、「加計学園」だと判断した。という事です。

余程の間抜けか馬鹿でもない限り、この時系列での事実を知っていながら、この事業主体が「加計学園」だと判断できない筈はない

のです。

これを一般社会で「名称を聞いてないから、誰かわからなかった」な~んて、トボケタ寝言を言ったら、上司に即刻「お前は馬鹿か!」

と叱責されますね。

☆( )は、私が収集した事実 ☆青色は前川氏の発言           

青山議員は、「加計」という言葉は出なかったと指摘し、「加計学園ありき」は、前川氏の思い込みだと断定したのは、青山議員の

察力のなさと常識の欠如です。

こんな馬鹿げた質問を真剣にしている国会議員が放置されている現実を見ていると、何だか日本のモラルが先進国の中でサイテ~

どころか、とんでもなく下卑な国にいるようなおぞましい不安感に襲われます。

この方、まだまだ、どうでもイイ阿保らしい事を質問して、時間の無駄使いをしています。

参照  http://lite-ra.com/2017/06/post-3210_3.html

一旦、終わります。


加計学園問題~首相と取り巻き連中の辻褄の合わない発言で「加計ありき」を確信した!

2017年07月24日 | ☆ツブヤキ・つぶやき☆

 今日の衆議院での集中審議は、予想どおり、与党議員の質問と与党側参考人の返答が「加計学園疑惑を解明する」事から、如何

国民の目を逸らすかに終始していた事がよ~く判りました。

前愛媛県知事が、獣医学部の岩盤規制に穴を開ける必要性や感染症対策の議論等を必死で訴えていましたが、これらの問題は、

前に議論する問題で、加計ありきの問題を解明する審議の場では、全くのお角違いです!

その上、この学園建設に投入される100億円近い莫大な税金は誰が負担するのかというと、この地域

に住んでいる人々です。

そして、今治市が加計学園に出す132億円の半分は、地方交付税交付金(国税)です。

我らにも関係があるのです。 

前知事は、この点を全く無視して発言していますね。まるで、己が負担するかのような思考です。

そんなに必要があると思うなら、学園が全額自費で開校するべきでしょう。

 http://lite-ra.com/2017/07/post-3328.html

 

今回、審議するべきことは、「加計学園獣医学部の新設に『安倍首相・官邸側(内閣府)の関与』があったかな

かったか」です。

関与がほんの少しでもあれば、それは、行政の根本が歪められた事で、主権者である国民への裏切りでもあり、違法行為にもなります。

前川氏が記録文書とご自分の記憶に基づいて、明瞭に発言されているのに官邸御用人達の返答は、「~記憶にございません。」

中でも和泉補佐官の言い草は、酷いものでした。「~私が記憶してしていないという事は、言っていないという事です」!?

この発言は、明らかに犯罪を犯していても被疑者が「私の記憶の中にはないので、(犯罪を)やってないという事です」と捜査官に言

うのと同じこと。

この政権の本質を見た思いです。戦闘を衝突と言い、憲法9条を勝手に歪曲解釈したのと同じ構図です。

省庁の職員や獣医師会が出した議事録が「証拠」としてあっても「それは、そちらが勝手に思い込みで書いた~」等と人を舐め切っ

た暴言を平然と言い放ち、存在するものや部下の報告を「認識していない。聞いていない」と逃げています。

黒を白と言ってのける「犯罪者」が重なって見えました。本当に醜悪な発言です。

安倍首相は、野党議員の質問の中でとうとうボロを出しました。

加計学園が獣医学部を新設する意向をいつ知ったかという野党議員の質問に安倍首相は「今年の1月20日に知った」と。

それならば、それ以前に獣医師会と官邸御用人が会議をした事や内閣府がやきもきしてこの件で行動していたのを知らなかった?

サスペンスが起こったということです。(安倍さん、これは絶対、嘘でしょう?)

今日も辻褄の合わない信用に値しないトンチンカンな発言を繰り返す官邸側の人々。

これを信用しろって?

まともな良識ある我ら民には、とてもそういう歪んだ判断はできません。

明日は、参議院での審議です。

さて、また、どんな詭弁や嘘の発言が出るのでしょうかね。この二つでしょうか?「記憶にございません。」「そういう認識はありません」


参考人招致で確信した諸々のこと

2017年07月12日 | ☆ツブヤキ・つぶやき☆

 先だって月曜日に行われた衆・参議院での「加計学園疑惑審査会」は、本当に酷いものでした。

参考人招致の持つ意味も参考人に対する最低限度の礼儀も持ち合わせていない与党議員のサモシイ(品性が下劣・卑しい・意地

汚い・見苦しい)態度と質問には、目を覆い耳を塞ぎたくなりました。

品性が良く高尚な前川氏は、あんなヤカラ達の戯言によく耐えていたと思いました。私だったらとっくにあの馬鹿々々しい愚にもつか

ない質問に数分で激高していたでしょう。

加計学園問題に全く関係のない“天下り問題”の責任を宣やら、貧困問題の実態を調べる為(前川氏のアドバイスで助けられた方の

証言あり)の前川氏の行動を彼らの考える嫌らしさに塗れた憶測を然も事実であるかのように発言している様は、醜悪としか言いよう

がありません。(きっと、彼らは、無償の人間愛や正義という概念がないのでしょうね。だから、思いもつかないのでしょう。)

☆子どもの貧困問題に取り組んでいるNPO法人キッズドア☆(都内を中心に52カ所の無料学習会を運営)

 前川氏は次官退職後、このNPOの別の教室でボランティアをしていました。素性を明かさず、一般の学生や社会人と同じように申

し込み、教えていました。「加計学園」問題の発覚後は「迷惑をかけるから」と指導を中断しています。

 

その上、以前、菅官房長官がわざわざ記者会見をして「前川氏は、地位に恋々としがみついていた」と公言した

ことは、伝聞だったいうじゃありませんか。(噂話を「あぁ~そうなの~」と、その事が事実かどうか確認もせず

噂を広めたのと同類)

要するに杉田副官房長官から聞いた事を本人に確認もぜず、我ら国民に吹聴したというわけです。

全くの事実無根を政府広報として我らに伝えたのです。

大問題です!

菅官房長官は、国民に「あれは、伝聞でした。間違えました。」と貶められた前川氏と国民に謝罪すべきです。

http://www.huffingtonpost.jp/2017/07/10/renho-shinsa_n_17448474.html?utm_hp_ref=japan

 

加計学園の疑惑を調査する審査会のはずが、森友学園国有地格安売却疑惑と同じく、問題の告発者を個人攻撃する為の場と化

ていました。

加計疑惑を全く解明するつもりがないどころか、この問題から目を逸らす為と前川氏を貶めようと躍起になっているのがよ~く分かる

場でした。政府側の対応は、この問題から如何に「逃げたい」のかを証明しているようなものです。(相当、都合が悪いのでしょうね。)

だから、何かというと『記憶にございません』

加計疑惑の要である安倍首相や和泉洋人・内閣総理大臣補佐官、杉田官房副長官、加計学園理事長(自民党が参考人招致を断

固として拒否しているのです)がいなければ、この問題の真相がわかるはずもないのです。

この方達を「証人喚問」しなければ、加計疑惑は解明できません。

通常は、やましい事がなければ積極的に疑惑を晴らそうとするのが人情でしょう?(やっぱり、やましい事があるのでしょうかね。)

 審査会を通じて露わになったのは、参考人の前川氏の発言が重く真実であり、与党議員の品性のない質問と官邸側の答弁が、如

にいい加減だったか、でしょうか。


【加計疑惑審査会】前川氏の真摯な発言と大臣・平井卓也議員の不遜で的外れな質問の差が際立つ

2017年07月10日 | ☆ツブヤキ・つぶやき☆

 先ほど、衆議院での加計学園問題審査会が終わりました。

森友学園で傲岸不遜で理不尽な質問をした自民党や公明党の議員と同じく、今回も与党議員の彼らは都議選での歴史的惨敗に

懲りず、参考人の前川氏に大変失礼で尊大な態度と的外れな質問を繰り返していました。

前川氏は、終始、文書化された「事実」に基いた内容と、他者に分かり易い言葉で真摯に説明されていました。

それにひきかえ、山本大臣の答弁は、目線を台に置いた長ったらしい文書だけに向け早口で読み上げ、聞いているこちら国民に

説明する気が全くない不遜な態度と内容でした。(内容は、加計学園が如何に事務手続き上、問題がないようなことです)

私は、手続き以前に学部新設の要件を加計学園のそれに合致するように捻じ曲げていた事が(安倍内閣で決定した)加計ありき

だった事の証明だと思いましたよ。

続く、平井卓也議員は、論外、言語同断!

http://lite-ra.com/2017/07/post-3305.html

真摯な対応をする優秀な前川氏に向かって、何を思ってか尊大で不遜、的外れな質問と忠言をしていました。

この審査会は、加計学園問題の真実を得る為の審査会なのに 平井卓也は、天下り問題を延々と述べ当時の責任者である前川氏

を批判したのです。(関係ないでしょう?豊田議員だったら、「違うだろ~~~~」)

加計疑惑から目を逸らし、前川氏への印象操作を延々とするのは、全く時間の無駄使いです。

官邸側の関与がなければ、飽和状態の獣医学部の新設などあり得なかった事ぐらい、並みのお頭でもフツーの民でも分かりますよ。

官邸御用人のあの不遜な投げやりな態度を見て、ますます確信しました。

あの方達、みんな態度に出ちゃうのね。

官邸御用人は、逃げる言訳(記憶にございません)ばかりをしていますが、彼らが事実を認めるまで、我ら国民は疑惑追及の手を緩

めません。

 それにしても、山本大臣や平井卓也議員のような国民を舐めているとしか思われない輩に我らの税金がたっぷりと使われているの

は、心底腹立たしい。

そして、こういう方を選んだ民にもちょっとだけ責任があるのかもね。