カルハ染織研究室

染め紡ぎ織りの日々と田舎の暮らし
E-mail:karuha.dw@gmail.com


草木染めを楽しむ!

2022年05月08日 | ワークショップレポート
ブログ久しぶりとなりました。

今日はNHKカルチャーセンターの
「染めと紡ぎの研究室」の開催日でした。

この講座では染めや紡ぎの基本を学びながらお一人お一人がやりたいことを追求できます。

2回目の今日は、みんなでいろいろな植物を持ち寄り、煮て染液にして染めを楽しみました。

集まった染料はこちら
ジャーーーン!

 

漆の木



桜の枝



玉ねぎの皮



ハンノキの実


アカネの根





などなど、ぐつぐつ煮出しました。




こちらは漆の木
上はミョウバン媒染
下は無媒染


こちらも漆
かわいいポーチです。
ファスナー部分も少し染まったかしら?




こちらも漆
ステキな刺繍のハンカチ。
シミがあったとのことですが目立たなくなりました。


こちらはアカネ
ご自宅から採取してきてくださいました。
最初はオレンジっぽかった染液も酢酸を加えて煮出し続けると鮮やかな色が出てきました。



私も玉ねぎで靴下を染めてみました。
安定の濃さ!





下はミョウバン媒染、もう片方は後ほど鉄媒染をしてみる予定です。

桜の枝は時間が足らず、下茹で程度でした。次回アルカリ抽出にて続きをやってみようと思います。

あー楽しかった!
次回は藍染の予定です。



【納品情報】藍染ハンカチ、手紡ぎ糸あります

2022年01月18日 | 納品・出店・ワークショップ情報
本年もどうぞよろしくお願いします!

久しぶりの納品情報です。







多機能型事業所ito様にて、
・藍染ハンカチ
・手紡ぎ糸
・手染め毛糸  
を展示販売をお願いしております。
詳しくはこちら↓

藍染ハンカチは広げてみて一つしかないお気に入りの模様を見つけてみてください。

手紡ぎ糸はほんの少しづつですが、アイデア次第でいろんな使い方ができます。既製品の毛糸とは違った風合いがあります。ぜひ触ってみてください。

これからの納品予定ですが、
・藍染靴下
・手彫り県産木材使用の木ベラ
・手織りマフラー、ショール
・ヘチマたわし   
・手編み作品   などなど…

予定しています。寄るたびに楽しく、少しづつ違う物を並べていけたらなと思っています。

スタッフの皆様、利用者の皆様のお世話になりながら手に取った方が楽しくなるような物作りを進めていきたいと思っています。

本年もどうぞよろしくお願いします。

カルハ染織
菅野晴香


沈殿藍作りのレポート

2021年12月01日 | 染織研究
気づいたら師走になってました…

今年が終わる前に記録しておこう!


①沈殿藍づくり
今年は畑に出た日が少なかったため、去年の三分の一しかできませんでした。
しかし、2回目ということもあり少し要領良くなりました。






驚いたのは肥料に撒いたコンポストの土から自ら育ったトマト…


10月頃までほっといて、収穫し追熟するとそれなりに赤くなりました。
皮は硬めでしたが、まぁまぁの味でした。





樽につけて、取り出して濾して、
石灰水入れて撹拌














沈殿してきたら上澄み液を捨て







保存容器に入れて終了

化学建で家族のTシャツを染めてみました。











自分なりの藍との付き合い方、やり方が少しできてきた実感がありました。

沈殿藍だけでこんなに長くなってしまった…

他のレポートはまた次回にします。


ダンボールコンポスト シーズンワン終了

2021年07月15日 | 日記

5月からスタートしたダンボールコンポストでの生ゴミの堆肥づくり。

6月末までの2ヶ月間、清濁飲み込んで粉々にしたくれたコンポストに感謝です。


入れても分解されなかったものを書いてみました。

・紙の麦茶パック
・ブドウの軸
・玉ねぎ、ネギの外側

これらは丁寧に取り除きました。





↑臭いはほとんどありません。


今回は初めてだったのでアイリスオオヤマのコンポスト用基材のお世話になりました。





これを入れると生ゴミ臭さが抑えられる!
ということで、2日に1回は入れました。

熟成には時間が必要なのですが、藍の畑に入れることにしました。

根から離したところに溝を掘ってバラバラと撒いて、土をかけました。

たまごの殻は細かくなっててもまだまだ分解されない様子です。









肥料として役に立ったのかはまだわかりませんが、この2ヶ月間のゴミの減量化と私の楽しみとしてとても役に立ってくれました。

シーズン2はもみ殻くんたんだけで挑戦中です。





藍染のワークショップ終わりました!

2021年07月05日 | ワークショップレポート

昨日はNHK文化センターでの藍染のワークショップでした。

またまた夢中になりすぎて、写真が少ないのですが、

布を畳んで、それぞれ模様をつけて楽しみした。










自由に持参していただいたショールや手ぬぐい、ブラウスなどもよく染まりホッとしました。






今回の藍染液は昨年、樽で3つ仕込んだ沈殿藍を活用しました。






しっかり色が出たことに感動し、
少し自信を持ちました。

沈殿藍についてはまた改めて書きたいと思っています。

帰ってからは畑仕事を少し。









今年も沈殿藍を作りたいと思います。



藍染のワークショップあります

2021年06月29日 | 納品・出店・ワークショップ情報
7月4日NHKカルチャーセンター北上教室にて「藍で楽しむ簡単な絞り染め」講座あります。


今回は布を折り紙のように畳んでできる簡単だけど複雑な模様の染めに挑戦!






まだ残席有りますので、どうぞご参加ください〜

藍が発芽しました 20210511

2021年05月13日 | 草木
撒いてから一週間ほどで、始めの一つが発芽しました。

それから3日目、双葉がチラホラみられます。



発芽するまではやはりドキドキします。
成長がたのしみです。

一緒にまいたヘチマも発芽しそうでした。



藍の種まき 20210502

2021年05月02日 | 草木
今年はポットに撒いて間引きして苗づくりをすることにしました。

真ん中に穴をあけて、パラパラと種をひとつまみほど入れました。



一つのポットに大体これくらいの種。
どのくらい発芽するのかしら…

今回は育苗ハウスの隅っこにお世話になることにしました。

今日はヘチマもまきました。






スポンジを作る予定ですが、どうやら食べることもできるみたい。

植える場所の準備はまだまだです。
急がねば!




ダンボールコンポストはじめました

2021年05月01日 | 今日の百姓

いろいろ思うところあって
ダンボールコンポストをはじめました。

調べてみると、様々な市町村で取り組みがされており

作り方や使い方が丁寧に紹介されていました。

私の目的は
「少しでもミネラルや栄養分を土に還すこと」です。

お買い物でゲットしてきた卵のダンボール箱があったので早速作ってみました。



ダンボールの底には同じ大きさの底板用のダンボールを入れます。さらに新聞紙を敷いてみました。


いろいろ混ぜてみることにしました。
土の量は箱の半分くらいになるようにします。
ピートモス
くん炭
バーミキュライト
腐葉土


4種類の土を混ぜたところ


早速その日の生ゴミを混ぜてみました。
卵の殻、キャベツの芯、長芋の皮、麦茶パックなどです。

柑橘系の皮はあまり適さないそうですが、
構わずちぎって入れてみました。

結構入れてしまったなと思ったのですが、
土で満遍なく覆われました。
端材で蓋も作りました。隙間は無い方がいいです。


さらに、使わない布団カバーがあったので
箱ごとすっぽり入れました。チャック付きなので便利です。
ファンシーなコンポストの出来上がりです。

底にはこれまた使っていない木の枠を敷きました。底面の通気性確保の為です。

毎日混ぜ混ぜすることになりますが、
果たして続くかが問題です。
どんな風に土が出来上がっていくか楽しみです。








3月27日のノラマルシェに出店します〜

2021年03月26日 | 納品・出店・ワークショップ情報
雪が降ったり、急に暖かくなったり…

体が季節に追いつきません

気がついたら明日に迫りました。



ノラマルシェに出店します〜

藍染ハンカチやりんごジャムなどもありますし、その他の出店者さんもたくさんです。

ぜひ、お近くの方はお越しください〜








糸つむぎワークショップのお知らせ

2021年02月22日 | 納品・出店・ワークショップ情報
くるくる系のワークショップのお知らせです
🌀🌀🌀🌀🌀🌀🌀🌀🌀🌀🌀🌀









くるくる糸つむぎワークショップ

開催日 2021年2月28日
場所 NEKONOTE(ネコノテ)
〒024-0092北上市新穀町1丁目8−4
 
A.スピンドル体験
10:00~15:00まで随時参加受付 
所要時間 30分~1時間程度 
参加費  500円

コマのようにくるくる回すとあら不思議!すーっと糸が紡げます。
スピンドルは歩きながらでも糸が紡げる遊牧民のアイテムの一つです。すでにマイスピンドルをお持ちの方は是非ご持参
ください。

B.足踏み糸車体験
①10:00~11:30(定員2組) ②13:00~14:30(定員2組) 
所要時間 1時間30分程度 
参加費  2000円

一人一台づつ糸車をご用意
しますのでじっくりと糸紡ぎを体験できます。
マイ糸車のご持参も大歓迎です。

………………………………
  お申込み:予約サイトからお願いします。 
https://reserva.be/karuha
 お問い合わせ:✉karuha.dw@gmail.com(菅野)

その他の情報についてはこちら↓
カルハ染織 
https://lit.link/karuha

カルハ染織へのお問い合わせ方法

2021年02月12日 | カルハ染織

ご覧いただきありがとうございます。
お問い合わせはメールにて承ります。
講師依頼やワークショップのご相談、
オーダーなどなどお気軽にお問い合わせください。

karuha.dw@gmail.com

コメントボタンを押してご連絡していただいてもOKです。

その他のリンクやワークショップの詳細などについては以下からご覧いただけます。





2月21日ノラマルシェに出店します!

2021年02月12日 | 納品・出店・ワークショップ情報
久しぶりの投稿です。

北上市のNEKONOTEで開催の
2021年2月21日開催のノラマルシェに出店します。


初めて出店します。
出品者情報をご紹介いただきました。
出店は本当に久しぶりです。
2年くらいじっとしていました。
いつも通りほぼ行動展示です。
遊びに来てね!


………………………………………

カルハ染織
・手紡ぎ実演・体験
・道具材料販売
・染め、手織り作品の販売
・規格外りんご販売(予定)

カルハ染織は染織ファンの皆様のコンシェルジュです。
糸や羊毛、布素材を取り扱いながら、手織りや染めをやってみたいという気持ちを後押しできるようにワークショップや素材準備など様々なご要望にお応えします。
今回は私自身が自然のものを取り入れ糸を紡ぎ、染め織る日々を過ごす中で生まれた作品を出品します。
 また、実家で果樹園を営んでおりますので規格外の小玉りんごの販売も予定しています。




 










小さな織り生地がとんでもないものに生まれ変わっていた!

2020年09月30日 | ワークショップレポート

本日は昨年おじゃました黒岩地区交流センターさんからお声がけいただき、
木枠織の作品のブラッシュアップとアレンジの講座を実施してきました。

木枠織りをご紹介してはや1年…

小さな織り生地は、姿形を変え、

服やマフラー、帽子、バックなどに生まれ変わっていました。
















もっとたくさんの作品があったのですが、
興奮のあまり写真を撮ってませんので、
ぜひ11月7日の文化祭での展示をご覧ください。

説明書や図案がある訳ではなく、
繋ぎ方や仕立ては皆さんがそれぞれ考えて作り出したものです。

思わぬ発見がありとても勉強になりました。

生地を作るというところまでは同じでも、
そこからこんなにも発想が広がり個性がでるんだなぁと感じました。

私は織り生地2枚を使ってがま口に仕立ててみました。楽しかったです。

文化祭まであと1ヶ月あるので、皆さん更に磨きをかけてくるとのことでした。

文化祭も楽しみにしています。


意を決して、蒅をしこむ2020.8

2020年08月23日 | 草木

ご覧いただきありがとうございます。
カルハ染織は岩手で染め・織り・つむぎを中心に制作とワークショップなどの普及活動をしています。

ワークショップのご依頼や糸や生地、道具のオーダーもお待ちしています。
E-mail:karuha.dw@gmail.com

************


たぶん、3年ぶりの蒅作り。
前回はハエがたかってしまい泣く泣く山へ帰したのでした。
8月20日は暑い!とのことだったので
思い切って蒅を仕込むことにしました。

蒅作りには乾燥藍が沢山必要です。

目標は最低でも3kgでしたが、2〜3年で
用意できたのは2kgほどでした。





一年経つと発芽しないと言われる藍の種は、飽きっぽい私に種を撒き続けるという
継続した仕事をもたらしました。
少量ですが、ここまで続けられたことに感慨深いものがありました。


バケツから溢れる乾燥葉。





1.3倍の水と合わせながらバケツに入れていきました。
2.6Lの水をお椀ですくいながら少しずつ入れました。





するとバケツの半分ほどになりました。
水と合わせる前に葉を細かくするのですが、あまり細かくできませんでした。
ただ、乾燥する段階で生のうちに揉んでいるので一つ一つのかけらは小さかったです。
特に古いものは一部、粉になっていました。


翌日のバケツの中心部の温度は40度をこえていました。




これ以降も、朝晩混ぜて音頭を測りましたが、40度を超す温度は計測できませんでした。

3日経った今日、心配になったので
ひとまわり大きいバケツに湯を張り
蒅を仕込んだバケツを付けてみましたが、
果たして発酵が進むのかわかりません。

臭いは強くなってきましたが、アンモニアまではいかないのでもう一晩やってみようと思います。