水饅頭と猫

杏と白餡を入れた水饅頭。冷やして夏にぴったりの和の甘味です。
九谷のかわいい猫のお皿をいただいて飾っていたのですがつい「水饅頭が似合うかも…」とのせてしまいました。
猫のあたまにのってますね(笑)
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

猫何匹?続き

タイヤの左に親猫1匹。車の下に2匹。
外で暮らす猫は警戒心も強く近づけないことが多いので写真は難しいです。
望遠のあるいいカメラが欲しくなります。本当は腕がいるのでしょうけど。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

猫何匹?

猫は年に3回くらい赤ちゃんを産みます。今はちょうど乳離れをして自分で歩けるようになってちょこまか動く仔猫の季節。
今日も出会いました。この写真は親猫を見つけたところ。見ていたら次の写真のように仔猫が出てきました。
この日は2時間ぐらい街をぐるぐる歩いていたのですが出会った猫は15匹くらい。親猫と仔猫が一緒にいるので数がぐっと増えます。(猫をみるために街歩きをしていたわけではありません。念のため)
子供の頃、「車のワーゲンを7台見るといいことがある。でも、停まっているのを見たら台数はゼロに戻る。」と言うのがありました。(ありませんでしたか?)
それになぞらえて「猫を7匹見るといいことがある。でも犬を見ると数はゼロに戻る」とルールを作り、つい数を数えながら猫を見ています。犬の散歩も多いので犬に出会わずに7匹の猫を見るのはなかなか難しいのです。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

夏みかんのマドレーヌ

そのまま食べてもおいいしい砂糖漬けですが
緑の丸型がかわいかったので上にのせてマドレーヌを焼きました。
中にはオレンジの皮を刻んで入れてさっぱり味の仕上がりです。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

夏みかんピール

夏みかんの砂糖漬けをいただきました。
オレンジのの皮のものはみかけますがみどりの小さいみかんを薄切りにして砂糖漬けにしてあるのは初めてです。
そのまま食べても美味しい!
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

雨で元気

久しぶりに大きなかたつむり発見!
(約全長約8センチ)
壁を垂直に下っているところです。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

雨の前田邸

東京の目黒区にある前田邸のお茶室で「お茶会」してきました。
と言っても、お茶がわかる人と一緒に教えてもらいながらお茶とお菓子をいただく会です。お菓子は先日紹介した「涼」を用意しました。雨が降って本当に涼やかな日でした。
でも、雨は土砂降り。着物はかばんにビニールをかけて持参。着いてから着替えました。
軒の深い日本家屋の作りのお茶室は障子を開け放していても雨が吹き込むことなく雨音を静かに聞くことができました。雨降りも悪くないと思わせる日本の家屋。
軒の深い家に住みたいな~と思いました。
※前田邸に窓ガラスはありません。昔のままに障子+雨戸です。ストーブもありますが真冬は寒いそうです。でも、雪のお庭も見てみたい!写真は茶室の隣の部屋、広い和室から見えるお庭です。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

器も…

涼しげな器を使って「涼」をイメージして作った練りきりを盛り付けました。
でも今日は少し肌寒いくらいなので暖かいお抹茶といただきます。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

桃山

昨日、今日と雨が降り続き気温がぐっとさがりました。
これはお菓子作成日和!
せっせと作っています。
これは「桃山」。材料は白餡と卵の黄味です。和菓子は簡単な材料で作れるものが多いですね。後は工夫次第。右の二つには刻んだオレンジピールを入れました。冷たいお抹茶といただけば梅雨のじめっとした季節にもさわやかな気分になれます。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

もう秋

毎日暑くて浴衣を着るのもためらわれるのに…もう秋物の登場です。
 名古屋帯(総手刺繍) 特選創作塩瀬九寸帯「秋のこもれびの猫」(たれ先にも柄!)
先手必勝、こんな帯を入手したら秋が待ち遠しくなります。
花猫着物ギャラリー・帯で紹介しています。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ