ただ今乾燥中

“干菓子”を作りました。

この木型を骨董屋さんで入手したときから作りたかった干菓子。
なかなか良いレシピに出会えずチャレンジできなかった
私の中での待望のお菓子です。
四国は香川で作られる日本のお砂糖の代表格、和三盆と粉類をすりまぜて型に詰めて作ります。
このまま乾燥して出来上がり!
ふわ~とした口どけが魅力のお菓子です。

10/1(日)の花猫工房が出展する新浦安祭りではお抹茶ご注文先着の方にこの干菓子をお付けします!
ぜひ来て下さいね。お待ちしています。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

1930年の魅力

1930年代イギリス、クラウンスタッフォードシャーの、手書きのハーレークインー柄。
頂き物のカップです。
色合いがとても素敵です。
日本のものも大正、昭和初期と色合いや柄に惹かれるものが多くありすが、イギリスにもありました。
何が今と違うのか…。今の時代にも素敵なものもありますが、この色の風合いは70年前だからの味わいかもしれません。

杏のシフォンケーキで楽しみました。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

時計

左は尻尾の振り子時計。右は尻尾なしです。
(子供の頃、“しっぽなしさん”と言うねずみが主人公の物語を読んだな~)

やっぱり魅力は首のちりめんのリボンと鈴ですね。
鈴が付いてる時計は珍しいのではないでしょうか。

10/1(日)の“新浦安祭り”に「花猫工房」が出展します。
この時計はもちろん、猫のストラップ、お香立てと猫最中、そしてお抹茶をご用意する予定です。
お近くの方はぜひお立ち寄りください。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

やもり!?

その後、ネットで調べていたら昨日、家にいたのは“やもり”のよう。
「家の守り神だから怖くないんですよ~」と人に言っていたのに。
うちを守りに来ていた“やもり”を外に出してしまったのかと…。
でも、すでに動かなかったので外に出したのはしょうがないと自分を納得させつつも、やはり、もしかして死んだふりをしていたか?と思っています。
何はともあれ、内緒でまた家を守りに来て下さい。

コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )

とかげ?

全長4センチ。
見つけたときは良く出来たおもちゃかと思いました。
家の部屋の掃除をしていて箱をどけたら下にいたのです。
生きてる?おもちゃ?と思ってふーふー息をかけたり、紙でつんつんしてみたりしたのですが動きませんでした。
虫や小さい生き物も大概大丈夫だと思っていたのですが、さすがにさわれず紙に載せて家の外の手すりにのせました。
しばらくしてみたらいなくなっていたので風で飛んだか鳥にとられたか
万が一生きていて死んだふりをして外に出されたとたんに逃げ出したか…
なんとなく最後の選択肢のような気がしてなりません。
目はあいていたし、つぶれていたわけでもなく、今にも動き出しそうでした。
これは“とかげ”ですよね。
…もしかして“やもり?”
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

もう到着!

なんと余裕を持って発送したフランスへの荷物。
郵便局のEMS追跡サービスを利用して調べたらちゃんと3日で到着していました。
遅れるよりうれしいのですが
早く届くと1日600円の保管料がかかるのです。
ま、遅れるよりよいか…。
(荷物はフランスへ着いて半日でお店に届いていました。EMS追跡サービスは細かく日程がわかるので面白かったです)

荷物の中には焼成粘土で作った猫たちも入っています。
割れずに無事届いていますように!
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

フランスへ出発

なんとか荷造り完了!
フランスの雑貨展へ発送しました。
今回は新作の時計も出展。
和紙を貼った猫型にワンポイントでちりめんで首に鈴をつけました。
この赤が気に入っています。

発送は郵便局のEMSを利用。荷物がどこにあるか追えるので安心。料金も他の宅急便より割安のようでした。
スムーズに行けば3日でフランスへ届きますが税関で停まることもあるので日は余裕を持って下さい、とのアドバイスを郵便局の方から言われたので少し早めに発送です。

※9/25-10/2パリにてAMULET主催の手作り雑貨展へ参加※
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

日本では新浦安祭りに出展!

2006年10月1日(日)“新浦安祭り”に花猫工房が出展します。
場所は浦安市役所前。
東西線浦安駅、京葉線新浦安駅どちらからもバス5分。
少々不便な場所ですがお近くへお越しの際は
花猫工房へお立ち寄りください。
ステージ向かって左横に出展しています。
手作り猫たちと猫最中を販売予定です。

※2006.9.25~10/2 パリにて雑貨展へも出展!※
※詳しくは手作り猫紹介を見てください。※
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

薯蕷(じょうよ)まんじゅう

急に涼しい風が吹いてきたので、蒸し菓子に挑戦!
大和いもをすりおろして作ります。
お芋の力でふっくらさせるなんて日本人の知恵はスゴイ!

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

L'atelier du chat a la fleur

なんだかかっこいい横文字。フランス語で“花猫からの工房”となるそうです。

AMULET主催のフランスでの雑貨展に出展するためスイス在住のセンパイのつてをたどっていくつかの言葉をフランス語に訳してもらいました。
「招き猫とは?」や「お香たて」など花猫たちを並べるときの説明文を用意しました。フランスのどこかの街で“招き猫”が流行ったら楽しいな~なんて思っています。
私が作る猫はどれもぷっくり丸猫。ヨーロッパの猫の絵はスマートなものばかり見かけます。私の作る花猫たちがちゃんと猫とわかってもらえるますように!!
※9/25-10/2 パリの雑貨展に出展。詳しくはコチラ
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ