一箱古本市

昨年に引き続き、東京は谷根千で行われた「一箱古本市」に行ってきました。
これは一箱づつ古本を持ち寄って街の各所でお店を開くイベントです。
全てをただ歩くだけでも1時間以上。お店に寄っては古本をのぞいていると時間はもっともっとかかります。
谷根千は、谷中、千駄木、根津の略称。東京の下町と言われている場所で歩いていても趣のある小道が続き散歩に楽しい街です。
猫ポイントも各所にあります。
先日紹介した一志さんの本、『東京ねこまち散歩
にも紹介されています。見てみてくださいね!
私が今回遭遇したのは文房具屋さんの猫。ショーウインドーの一角が猫のおうちになっていました。外からガラス越しに猫の観察が出来ます。許されるのが猫の町ですね^^
今回の一箱古本市で手に入れたのは『またたび浴びたタマ』村上春樹著
です。
中身は上から読んでも下から読んでも同じになる回文+イラストとお話。表紙もかわいく、内容も面白かったです。

毎年GWに行われる一箱古本市。ちょうと根津神社のつつじ祭りとも季節がかさなり街はものすごい人であふれます。つつじ祭りの人並みと一箱古本市の人並みの年齢層が違い見ていて面白かったです。

※私は一箱古本市の時に配られるイラストマップ「不忍ブックストリートMAP」がお気に入りです。一箱古本市のポイントと街の紹介、そこに怪しいキャラクターしのばずくんが色んなところに描き込まれていて、しっぽをかじられていたり、遊んでいたり見ていて楽しくなります※
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

本になりました!


雑誌「猫びより」で連載されている「東西南北 猫の道」が本になりました。一志敦子さんが猫をたずねて歩いた街を素敵なイラストでまとめています。

私は去年の春まで働いていた御茶ノ水にある梨白珈琲店で取材されたのがご縁で
なんと15ページに猫のとしちゃんと一緒に私も載っています^^
イラストで本に載れるなんてなかなかないですよね。うれしいです!!

猫の似合う街に自分のお店を開きたいと場所を探していますが、なかなか出会えず…が続いていますが
私の気づかなかった猫の街がもっとあるかも!
この本片手にあらたな出会いをもとめて歩こうと思います。

一志敦子さんの本
「東京ねこまち散歩」も一緒にどうぞ!



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

こんな出会い!?

今日は図書館でナイスな出会いがありました。

本棚の間に1冊の本が落ちていました。
「本が落ちてる、かわいそ~」と拾ってみたら
これ。


毎日毎日たくさんの本が出版されていて
出会いたくても出会えない本もあるのに
拾った本が猫本でびっくり。
棚に入っていたら気づかなかったかもしれないのに!
パラパラと見てみると
365日猫のことをイラストつきでコメントが書いてありました。
イラストも私好み。
出会えてよかった、ニッコリ借りて帰りました。

        
調べてみたら2004年11月に出版の本↑↑
が文庫になって2006年12月に出版されたものでした。
猫本は気にして見ているのに単行本サイズの時は気づかなかったわけで
ますます今日の出会いに感謝!
バックに入れて持ち歩いて気が向いたときに読むのが似合う本です。
そんなわけで文庫がおすすめ。
本屋さんにも並んでいると思います。
ぜひ一度手にとって見てくださいね。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

読む(4/6)日

今日は読む(4/6)日だそうです。そこでおすすめ本の紹介。
私は猫ストーカー」浅生ハルミン(洋泉社)
路地でみかけた猫のあとをついて行く話です。「猫ストーカー」指南の書。散歩の前にどうぞ。
私がこの本に出会ったのは神田神保町のすずらん通りの本屋さん「書肆アクセス」。地方発行の雑誌や他の本屋ではみかけない本が並ぶので通ると立ち寄る本屋さんです。そこで目を引いたのがこの猫の後姿。しっぽをぴっとあげてお尻丸見えのところに惹かれてしまいました。手に取ると中はわら半紙のようなザラ紙でやさしい手触り。「書肆アクセス」特典、かわいい浅生ハルミンさんサインいりです!
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

この方です!

一志敦子さん。
「東京ねこまち散歩 東西南北・路地猫マップ」日本出版社
の著者です。
雑誌「ねこびより」に連載中のねこまち散歩の取材で梨白珈琲店に立ち寄ってくださいました。来年の号に梨白珈琲店のある神田淡路町のあたりが載るそうです。
梨白のとしちゃんがどのように描かれるのかとても楽しみです。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

サイン!

サインをもらいました。どなたのサインでしょう。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

スズキコージさん

この方「スズキコージ」さんです。
今日は雑誌「みずえ」主催のイベントに行ってきました。
スズキコージさん、飯野和好さん、荒井良二さんの3人のライブペイントと絵本についてのトーク。
味のある絵本を作り出すお三方の個性がよくわかる楽しいイベントでした。
これはイベント終了後、絵本「ねこのどどいつあいうえお」に「猫をかいてください!」とリクエストしてサインをもらったものです。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

猫もの

どなたのサイン?

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )