日々の寝言~Daily Nonsense~

日々の出来事への感想、雑感、思いつき、ぶつぶつ・・・

コントロールしたがる人

2017-01-28 11:30:05 | 雑感
世の中には3種類の人がいる。

他人をコントロールしたがる人

他人にコントロールされたがる人

どちらでもない人

どちらでもない人が好きだ。
コメント (2)

サラ・オレイン

2017-01-28 11:24:21 | 音楽
隣の人がテレビを見ているのを
脇から見ていた。

NHK の「・・・娘をやめていいですか?」
というような題名のドラマ。

自分も、子供時代に親に結構コントロールされて、
その結果として、今でもコントロールしたがる人はすごく苦手なので、
伝えたいことはとてもよくわかるが、
視ていてかなりイライラするドラマだ。

NHK のドラマは、最近、ちょっと過激というか、
ストレート過ぎるものが多いような気がする。

それはともかく、エンディングの歌が気に入って
ネットで調べたら、サラ・オレインという
才色兼備の Diva だった。

CD も置場が無くなっているし、
そもそも、買っても聴く暇がないないのがたくさんあるのだが、
どうしようかなぁ・・・

というわけで、とりあえず防忘。
コメント

トランプ大統領

2017-01-28 11:21:17 | 雑感
TPP 完全離脱とか、オバマケア廃止とか、
メキシコとの国境に壁をつくる大統領令とか、

白黒はっきりしているとも言えるが、
大丈夫なのだろうか?

そもそも白黒はっきりさせるのが嫌い、というか
はっきりさせないで済むほうが幸せだと思う
性格のせいもあるのだろうが、
終末時計もずいぶん進んだようだし、
嫌な世の中になっている感じがするなぁ。

コメント

サピエンス全史(2)

2017-01-28 11:16:46 | 
最近、あまり読む時間が無いのだが、
Kindle 版の上下合本で、
半分くらいまで進んだ。

「人類の統一」という章。

宇宙からの視点で見れば、
いろいろな文化が徐々に
統一に向かっているという。

それはそうなのだろう。

全体的に、文章の運びが、シニカルというか、
相対主義的。

確かに、歴史を学ぶというのは
そういうことでもある。

自分の依って立つも文化的な価値観などを
相対化されるところが、受けているのだろうか?

うなずけることは多いし、
紹介されているエピソードも面白いが、
特に新しい視点が拓ける、
というほどではない。
コメント

雑感

2017-01-28 11:15:22 | 雑感
これまでの人生を顧みると、
後悔の山ばかりが目立つ。

ごめんなさい。
ありがとうございました。


コメント

練習しても上達しない

2017-01-28 11:14:07 | 生きるヒント
練習しても上達しないのは、
単に反復練習が足りないのか、
それとも何か脳に障害があって、
運動学習ができないのか、

どっちなのだろう?

両方なのかもしれない。

コメント

超小春日和

2017-01-28 11:06:44 | 雑感
昨日は、春一番のような風が吹いたし、
今日は絵に描いたような小春日和でとても暖かい。

このまま春になればいいのに・・・
コメント

手首式血圧計

2017-01-26 23:07:19 | 健康
血圧が高いようなので、
手首式血圧計を買ってみた。

コンパクトですぐに測れるのは
とてもすばらしい。

最近はちょっと大きい腕時計くらいの
大きさのものもあるようだ。

しかし、何度か測ってみたが、
値はやや不安定な感じ。

特に、手首の位置や姿勢で
かなり値が変わるようだ。

手首の高さを心臓の高さにしないと
いけないというのだが、
心臓の高さってどこ?

やはり上腕で測るものに
すればよかったかなぁ。

でも、腕まくりしないといけないし、
大きいのは嫌だ。

一長一短だなぁ・・・

まぁしばらくは使ってみたい。

こちらにわかりやすい説明があった。
コメント

分限を弁える

2017-01-26 22:45:39 | 生きるヒント
若いころは、少し能力を超えたくらいの
ことに挑戦するほうが成長するが、

歳を取ったらもうあまり
成長は期待できないのだから、
分限をわきまえる必要がある。

能力以上の仕事を
引き受けてはいけない。

やることとやらないことを
しっかり分けて、やらないと、
二兎を追うものは一兎をも得ず、
になって、何をしているのかわからなくなる。
コメント

調整が苦手な理由

2017-01-26 22:41:00 | 生きるヒント
一人ではできないことをするとなると、
たくさんの関係者が必要になる。

その間で何かを決定するためには、
調整が欠かせない。

日程調整からはじまり、
文言調整、意見調整、・・・

合意を取りながら進めるのは
確かに必要なことだが、
この「調整」というのがすごく苦手。

なぜかと言うと、
ぎりぎりまで決められない性格と
関係があると思う。

ぎりぎりまで考えて決めたいのだが、
調整するためにはある程度事前に決めて、
調整したらもう変えられなくなる。

もちろん、その早めの締切にあわせて
ちゃんと考えればいいのだが、
なぜかそれができないのだなぁ・・・

というか、調整の時間が入るために、
締切がその分短くなっていて、
そもそも時間が無いことが多いのだ。

プロフェッショナルなら、
反射的に正しい判断ができないと
いけないのだろうが、
どうもそうならない。

情けないことだ。

もう一つ、他人の意見に左右されやすい、
というのもある。

調整のために意見を聞くと、
それに引きずられて修正したくなる。

それを繰り返すときりがなくて、
調整時間がどんどん長くなる。

あー、嫌だ。
コメント

他人をコントロールしたがる人

2017-01-22 19:50:25 | 生きるヒント
他人をコントロールしたがる人がいる。

そういう人の人の好き嫌いは単純で、
自分の言うことをきいてくれる人は好き、
きかない人は嫌い。

自分の言うことが正しい、ということを
確認したがる、という癖もある。

○○さんは私の言うことをきかないんだけど、
私、間違っている? みたいな・・・

単純でいいなぁ。


コメント

他人がやっていることは簡単に見える

2017-01-21 18:48:51 | 生きるヒント
自分がやっていることは
細部までよくわかっているので
難しさもよくわかる。

他人がやっていることは
細部までよくわからないので
簡単そうに見える。

という認知バイアスは
わりと一般的に存在するように思われる。

だから「なんでそんなこともできないの?」
という質問がよく出てくることになる。
コメント

鶏と卵の問題はなぜ解けないか?

2017-01-21 14:59:20 | 生きるヒント
世の中には、鶏と卵の問題が多い。

Aが決まらないとBができない。
Bが具体的に見えないとAが決まらない。

というような感じでデッドロックする。

こういう状況を一般的に解決する方法が無いかというと、
実は存在していて、ブートストラップと呼ばれている。

とりあえずAを決めて、Bをしてみて、
その結果を見てAを修正して、・・・
ということを繰り返して、少しづつ
良い結果に近づけてゆく。

Aから始めるか、Bから始めるかは
どちらでも良いが、要するに、
とにかくやってみて、何度か修正してゆく、
ということだ。

同じ考え方はいろいろなところで
使われていて、いろいろな名前で呼ばれている。

アジャイル、というようなものも、
これに近いのではないかと思う。

しかし、これは繰り返しの修正が必要なので、
AとBの担当者が、それぞれ手戻りを嫌がると、
実行できない。

もちろん、最初からトップダウンにきれいに設計できて、
そのとおりに作れれば一番効率が良いのは確かだが、
そうならないから困っているわけで、
関係者が、無駄が生じることを承知で、
何度か修正することを合意することがまず最初に必要だ。

とはいえ、確かに、やり方を間違えると、収束が遅くなって
無駄が増えてゆき、デスマーチになりやすいので、
「とりあえずやってみる」、「結果を見て修正する」
というところをどれくらいきちんとするかも重要だ。

以前にピクサーの映画作りを紹介したテレビ番組で、
主要な関係者が全員集まって意見出しをして、
それをヘッドが集約して修正をかけて、
というのを何度も繰り返していたが、
そういうプロセス(PDCAか・・・)が
ちゃんと回るようになっていることを
関係者が認識して相互に信頼できていないといけない。

そして、それは言うほど簡単ではない。

つまり、PDCA がちゃんと回って良いほうに向けて改善してゆくケースと、
仕様変更が重なってどうにもならなくなるデスマーチとは
実はよく似た状況であって、紙一重ということか。

サイクルが回って、良くなるか、悪くなるか、
それを決めるのは、やってみた結果を集約して
次のアクションを決めるマネージャのセンス、
ということになるのかなぁ・・・

コメント

羽生さんの勝率

2017-01-21 14:30:08 | 将棋・ゲーム
スマホ・カンニング疑惑は、
谷川会長の辞任にまで至ってしまった。

もともとマネジメントは
お好きではないだろうから、
良かったのかもしれないが・・・

というわけで、波乱続きの将棋界だが、
羽生さんの年間の勝率も、
かなりの波乱という印象。

これまでの最悪でも 6割3分くらいだったのに、
いきなり5割3分に落ち込んでいるのだ。

今年度は名人戦敗退から始まったので、
ずっと勝率が低迷して、少し回復したのだが、
玲瓏によると、直近10局でも4割で
また悪化している。

叡王戦も佐藤名人に負けてしまって
コンピュータとの対戦もお預けになってしまったし、
なんだかかなり残念だが、
世代交代は世の常ということで、
これもまたしかたのないことか・・・

コメント

小嶋屋のへぎそば

2017-01-21 14:04:04 | 食べ物
新潟の方に、越後十日町小嶋屋の
へぎそばを送っていただいた。

半生タイプの真空パック。

そばもつゆもおいしかった。

かなり気が早いが、
今年の年越しそばはこれにしようかなぁ・・・

ところで、ネットで調べると、

小嶋屋総本店 新潟県十日町市中屋敷758-1
越後十日町小嶋屋 新潟県十日町市本町4丁目16番地1
長岡小嶋屋 新潟県長岡市殿町2-2-9

といろいろある。

総本店のサイトの FAQ によると、
二代目のときに、長岡、十日町に支店を出して、
初代の長男が総本店、三男が越後十日町小嶋屋、
五男が長岡小嶋屋、とそれぞれ分かれていった
ということのようだ。

なるほど・・・


コメント