一目惚れしたこの瞬間に、感謝と乾杯!!

人生長く生きていると種々雑多な事・物が頭に鬱積してすっごく重たい今日この頃です。今こそリフレッシュ!それでは、よろしく!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

午前は雨降って散々。しかし午後からは嘘のような撮影日和になりました!於12柴又帝釈天と矢切の渡し撮影会

2012-10-16 | Weblog

柴又帝釈天境内の案内図前で開会式!

 10月7日(日)に、葛飾区柴又にあります柴又帝釈天と近くを流れている江戸川の矢切の渡しで開催されました「2012年 柴又帝釈天と矢切の渡し撮影会」のモデル撮影会での当方の撮ったモデル写真をアップしました。主催は、全東京写真連盟です。

 あいにく朝から雨のお天気で、開催は延期して翌日の振り替え休日「体育の日」にするだろうと、朝起きて窓の外を見ていましたら、「違う」ということでした!全東のHPには、何と「開催」という二文字が!!結局は、午前中は小雨が降ったり止んだりで、午後からは打って変わって雲の切れ間から太陽が顔を出す程の「秋晴れ」となり、気難しいコンディションの中での撮影会となりました。

午前中は小雨がぱらつくお天気でした、、、

 さてさて出演モデル名を紹介していきましょうか?愚図ついたお天気にも拘わらず、事前の変更はあったものの、出演予定モデル12名が元気よく出てきました!9月23日の「葛西臨海公園撮影会」が中止となったため、8月5日以来の洋服による全東所属のモデル撮影会となりました。

  1. 華音 (カノン、2012年フォトジェニック・グランプリ)
  2. 小林 里緒 (コバヤシリオ、2012年フォトジェニック)
  3. 艸川 澪那 (クサカワレナ、2012年フォトジェニック)
  4. 水原 みう (2012年契約更新モデル)
  5. 宮沢 磨由 (2012年契約更新モデル)
  6. ファンファン (2012年契約更新モデル)
  7. 希咲 まりあ (2012年契約更新モデル)
  8. 神崎 由莉 (2012年契約更新モデル)
  9.  (イツキ、2012年契約更新モデル)
  10. アライ ミユ (2012年新人モデル)
  11. 月 桔梗 (ユエキキョウ、2012年新人モデル)
  12. 南 りこ (2012年新人モデル)

 今回も、例年通り、午前中は奇数番号のモデルが帝釈天境内、偶数番号のモデルが「葛飾柴又寅さん記念館」から江戸川土手の柴又公園と矢切の渡し周辺、午後からはその逆という、半々に分かれての撮影でした。ところで今回の目玉としては、宮沢磨由さんが、午前中のみでしたが、チャイナドレスを着てカメラマンの歓心を誘っていて、多数のカメラマンが撮影していたことです!洋服でも、何か「新奇性」や「目新しいもの」や「一工夫」がありますと、それに刺激されてカメラマンの撮影の発憤材料になることは以前から言っているとおりでして、つまりモデル撮影での新たな「やる気」が湧いてきますね!

 開会式のモデル紹介

 当方は、午前は小雨もパラパラ降ったり止んだりの天気でしたので、雨を遮るものがある帝釈天境内で撮影、午後からの最初の撮影時間は矢切の渡し周辺に移動、その後帝釈天へ戻って撮影しました。午前中は強く降っている雨を避けての撮影でしたので撮影枚数も大幅に激減、午後からの方が午前中の倍は撮ったという程の差がつきました。今回は580枚程度撮影しましたが、午前中は230枚程度と少なかったです。一方午後からの「奇跡的な?」秋晴れにより、撮影意欲を掻きたてられたせいでしょうか、トータルとしていつもより100枚程度多かったですね!※なお、モデルの写真は概ね当方が撮影した時系列順に並べています。

艸川澪那さん

樹さん

宮沢磨由さん

午後のモデル紹介

月桔梗さん

華音さん

希咲まりあさん

矢切の渡しの渡り船

 以前から撮影時におけるモデルさんの「まばたき」や「目つむり」が、当方の場合問題になっていました。つまり、モデルに限ったことではないと思いますが、目を閉じた瞬間を撮影した場合、大概「NG」ですね!もちろん目を閉じて何かを考えたり思い浮かべている表情は、これはこれで「絵になる」ので良いのですが、やはり撮影する側の意図したものでないと、「撮った!」という感じがしなくてNG写真となりますね。で、意外とこういう目つむりNG写真がモデル撮影の場合多いんですが、よ~く考えてみますとシャッターチャンスがちょっとだけずれている(一瞬遅れて撮影している?)のかも、、、と考えていたんです。ちなみに、まばたきは3種類ありまして、無意識におこなう「周期性まばたき」、目に光が差し込んだ時におこなう「反射性まばたき」、そして意識的におこなう「随意的まばたき(ウインクのような)」だそうで、無意識に行う「まばたき」は平均で100-150msで、1分間に男性は20回、女性は15回程度のようですが、、、。

まぁ1分間に15回もまばたきするのであれば、それはポーズなどが良い時は1分間に9枚とか撮影していますので、無意識的なまばたきに撮影時間が偶然合ってしまうことは、やむを得ないかも知れませんが!?あと、心得ているモデルさんでは、意識的に目をつむって大きく見開く場合もあるようですね!また涙を出すことによって、目の瞳が輝いているように見えますし、、、。

 このシャッターボタンを押してからカメラに撮影が記録されるまでの時間を「シャッターレリーズタイムラグ」というそうで、シャッターボタンを押している時間とシャッターが上がって撮像センサーに光を通すまでの時間が含まれます。「その表情&そのポーズ」を撮りたいというモデルさんを見た瞬間にシャッターボタンをすかさず押して、実際にカメラが撮影するまでの時間が短ければ短い程良いわけですね!で、α77のネット情報や取説などを見ていて、「電子先幕シャッター」を採用したとあり、当方のカメラの設定を見てみましたら、「切」になっていたんですね。切の場合は、通常の「メカニカル先幕シャッター」を使っているため、押してから撮影までの時間が長く(長いと言っても100msとかでしょうけれど、)、電子制御による「電子先幕シャッター」にしますと、α77の場合は50msということで、かなり短くなるようです。ただし大口径レンズで高速のシャッタースピードで撮影する場合は「ボケ像」が欠ける場合があるそうですが、当方の場合は、そんな「大砲」は使っていないため、大丈夫でしょう(※また古いレンズでは適正露出にならないとのことですが、当方にとってはこれも関係ないし、、、)!次回のモデル撮影で、早速試してみましょう!!シャッター音が短く軽くなるということですが、まぁ、撮ったという確認用ですから、聞こえればよろしいかと、、、。ただし、誰かのブログにバッテリーの減りがかなり早くなると書いてありましたが、スペアーを2つ(純正とノーブランド品ですが)持っていますので心配はないかと思いますね。通常の撮影会では、内蔵フラッシュを使う場合は撮影の8割以上は発光させています(キャッチライト用)が、バッテリーは1つ半ぐらいの消費ですから、、、。

水原みうさん

ファンファンさん

神崎由莉さん※約一年ぶりの出演!相変わらずお綺麗で、撮りガイがありましたよ!ちょっと大人になったような、、、??またまた頑張りたいとのことです!ブログはこちら⇒神崎由莉☆ブログ

小林里緒さん

南りこさん

アライミユさん※ここに掲載したモデル写真は全て全東の「2012年柴又帝釈天と矢切の渡し撮影会」で当方が撮影したものです。モデルさんにも肖像権がありまして、故に二次使用は禁止です。

 気の合うモデルさんの場合でも(この場合は、恋心とかではなく、単純に好みの問題ですかね???)、何故か撮影時のリズムが取りづらい方がいます。波長は合うのだけれど、撮影の波長は合わずと言ったところですか、、、?と思っていましたら、ある時気がつきました。それは違うんですね!モデルさんの「フォトモデル」としての力量や才能?(生来的なものなのか後天的なものなのかは、当方には分かりませんが?)に、左右されているのかも知れません。そう言う意味では、「美人」=「上手いモデル」というイコールは、「フォトモデル」の場合は成り立たないようです。

 何故か、モデルさんには悪いのだけれど、それほど気がないモデルさんでも(失礼)、バッチリ手ブレなども無く、いとも簡単に綺麗に撮れてしまう方がいらっしゃいます。素晴らしい才能なのかもしれません!そう言う方は、年齢など関係なく(まぁ、ご自分でヤバイと思ったら引退かも、、、)、末永く全東でモデルとして活躍して欲しいですね!モデル業も、熟練度が増してきますと、それなりに表情やポーズが本当に様になってきて綺麗に上手になるもんですね。その上で、当方と気が合えば、「一石二鳥?」ですかね!?ただそういう上手いモデルさんは、事実大多数のカメラマンからも支持が多いし、人気もあるように思われますが、、、。

 長い人生のある時期を「モデル」として活動(全東とかでは実際は限られた時間ですが、、、)することに意義があるかと思われますが、また色々と困難な事柄や諸般の事情なども生じることとは思いますが、出来ましたら是非とも精一杯「フォトモデル」として頑張っていただければなぁ、と思っています。何か、当方はいつも同じようなことを書いているかも知れませんが、、、。よろしくお願いいたします。

閉会式

閉会式、モデル(1)

閉会式、モデル(2)

 柴又帝釈天の撮影会の帰りには、毎年必ず「草だんご」を買っています。今回も行きつけのお店で「草だんご」購入しました!注文した時に箱に粒あんを入れて包装するのは出来立てのほやほやではありませんが、見ていてとっても新鮮、また衛生上も「清潔」でもありますね!もちろん、自然なほどよい甘さの粒あんで、草餅をうまく引き立てて美味しかったのは言うまでもありません!!

 

それでは、ご機嫌よう!

一目惚れでした!

 


コメント   この記事についてブログを書く
« 「あみん」再探訪~初々しさ... | トップ | 未来永劫、女神を追い求める... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事