ギコバンスタッフブログ

伊藤工設計スタッフのブログ、日々の様子やプライベートもお届け

若林区の家 社内検査

2019-02-21 15:03:16 | 現場進捗
2/20(水)、若林区の家の社内(完成)検査をしました。



前日にクリーニングが終わり、桧の床材が現れていました。

無垢はいいです!!

そして予想はしていたものの、23日(金)に行う蜜ろうワックス塗りが…
広範囲だということに改めて気が付きます。

今回の蜜ろうワックス塗りの助っ人は、大のつく先輩OBさまのAさんにお願いしました。
この日の内に、巾木や押入の中、人が歩かないところや細かいところを塗ってもらいました。



大助かりです。

今回は駐車台数の制限があったので、だれかれお声掛けをできない事情がありました。

でも次の機会にはお願いします。
OBさま、一緒に汗かいて労働しましょう!とお誘いします。



さて、検査事項をひと通り終えくつろいでいます。

施主様のご要望に精一杯応えたつもりではおりますが、
これに満足せず改良を重ねクオリティを上げていきたい…、

まず図面の詳細を描く!納まり部ひとつひとつの標準化を図る!
など伊藤が口すっぱく言うところがここです。

今回も藤澤棟梁始め、たくさんの職人さんたちが手掛けました。
みなさんの協力のお陰であったと…しみじみと語っていたのでありました。




ロフトベッド 下部はたっぷり収納スペースになっています


帰宅して手を洗う用に階段下に手洗いを設けました


伊藤美和子でした



コメント

石巻の家 階段ができました

2019-02-18 16:44:29 | 現場進捗

石巻の家では引き続き大工工事中です

要所であった階段廻りの造作がおわり

建具の枠も今日で終わり!と棟梁

明日からはクロスの下地の石こうボード貼りがメインとなりそうです






2階は天井まで石こうボードが終わっています






階段ができると安心してお施主様にも2階をみていただけるんですね


石巻の現場から荒川でした


コメント

若林区の家 完成間近です

2019-02-10 16:12:43 | 現場進捗
2/9(土)若林区の家に行ってきました。


オープン階段


2階の一部屋はロフト付き




この日はカーテンの打合せでした。


その前に、お引渡しの前後は火災保険の加入や登記の手続きなど、他にも諸々ありますので、私の方から一通りの説明をさせていただきました。

いよいよ完成に近づいているということで、施主様も感慨深いご様子、実は私も同じです。
初めてお会いした時のことは忘れがたいものです。

「住宅メーカーをひと通り巡ったけれど、最後の最後に伊藤工設計さんに出会えて良かった!」と言っていただきました。
ありがたい!この上ないです。

こちらのお宅は完成公開はいたしません。

ご要望の方にのみご案内させていただきます。

手をあげていただいている方には今週中にご案内をお知らせしたいと思います。

伊藤美和子でした。





コメント

利府の家 祝上棟

2019-02-07 10:46:19 | 現場進捗
2月6日(水)利府の現場は建て方を行いました。

建て主さまご家族にとって、待ちに待った日というよりは、
家のカタチが現実となって、やっと実感できる瞬間だったのではないでしょうか!



小学生のお兄ちゃんが帰ってくるタイミングでご案内できました。

中にも入ってもらいました。

家の真ん中に大黒柱的な柱が一本あります。



3人のお子さんの成長記録がここに刻まれることになっています。

「♪柱のキズは…・背比べ♪」です。

3人がこの家ですくすくとノビノビと大きくな~れ!と願うおばちゃんなのでした。




さてお兄ちゃんの新しい住まいでの気がかりは…
自分の部屋のことではなく、秘密基地をどこにつくろうか、ということらしいです。

真顔で「おばちゃん、秘密基地はどこがいいだろうか…」と相談されました。

「よその土地は無理なんだよ、危ないからダメ」と言いたくはありませんでした。
子どもながらに、憧れに胸膨らませて想像しているってとっても素敵なことだと思うのです。

陰ながら応援しています(笑)!




コメント

完成見学会は行いませんが…

2019-02-04 16:48:31 | 現場進捗
風の強い日、
くまのぷーさんだったら「風の日おめでとう」というかもしれません。
東北本線は案の定止まってしまいます…

伊藤美和子です。


社長伊藤の現場確認に同行しました。


まずは「石巻の家」

施主様は度々現場に足を運んでいただいていると聞いていましたが今日もお会いできました。
今日から入った外壁やさんともご挨拶です。

大工さんはじめ職人さんの仕事ぶりを間近で観ていただいていて私共も嬉しいです。
誰が住む家なのかわかって仕事ができるって励みになりますものね。


光セラ外壁が貼られる直前の状態です




髙橋棟梁と外壁やさん


仕事が趣味なんて…と施主様から労ってもらっています高橋棟梁



「利府の家」

大工工事が始まり土台敷き、水曜日には建て方があります。

「子ども畑のある家」とも呼んでいます。
変形土地南のすぼまったスペースに畑をつくることになっています。
畑が大好きな子どものためです。



平面上ではわかっていても、実際に目でみて安心しました。
十分な広さの畑スペースがとれます。

私の目線はそこか!って笑わないでください。



間取りが空間がとにかく楽しい家になります!



「若林の家」

内装工事終盤です。
珪藻クロスは慣れない職人さんだと貼れないのだそうです。



それを知ってもgbスタイルの標準仕様にしています。
珪藻土では高くなってしまうので…、
珪藻土の風合いを持ったクロスでも十分に雰囲気が出ると思っているので。



今月末の完成見込みがたってきました。

今回こちらのお宅は、駐車場スペースの確保が難しいことなどから、
完成見学会は行わないことになっています。

ただ「見学なさりたい方がいらっしゃればどうぞご案内してください」と施主様からは言われています。

何組かの方からはお声をいただいていますので、日程を調整してご案内できたらと思っています。








コメント