おもい出し日記

伊藤工設計代表 伊藤 博範の日記。家づくりのお役立ち情報を発信。

現地確認

2021-05-11 18:29:22 | 現場
5/10(月)
解体の見積り依頼の為、愛子方面へ!
解体範囲の指示をする為、同行。

既設建物、塀、土留、植栽、土間コンクリート、カーポート…。
大きい敷地です。解体撤去範囲を指示しないと迷うことでしょう。

解体物以外に近隣周辺環境等も確認させていただきました。



敷地高低差はどれぐらい?
日陰になる?
計画しているプランのリビングや寝室から見える景色は?



北側は?、東側は?




5/11(火)
高森の家、工事進捗確認
外壁工事の貼り方が終わりました。
木工事は、壁の下地材を貼っていて、もう少しで終わり、天井の下地貼りに移ります。





西側の銀杏の木を見るために設けました…。
いい感じで緑の葉が見えます。肉眼では見えます。



広めの玄関土間北側にある窓から広い道路を挟んで隣地の植栽を見ることが出来ます。
視線が抜けて気持ちいいと思います。


(有)伊藤工設計のホームページはこちら

GWは…

2021-05-07 08:48:55 | 家づくり
休暇の予定は、5/4・5でしたが…。
いつものGWよりちょっと寒く感じる天気で、仕事をした方がいいのではと…。

おかげでプランを4件、まとめることが出来ました。
休みは一日だけとなりましたが苦にはなりませんでした。

プランをつくるにあたって、いろいろなことを考えます。
家族がどう暮らしたら楽しくなるのか…。

一日を通して、太陽の光はどう入ってくるのか…。
この窓から何が見えるのか…。

いろいろ想像を働かせて…考えます。
中には、土地の広告と公図の形状が違ったり、土地造成中で近隣環境が解らなかったりしますので…。

妄想力は、より必要になります。



プランは手書きです。
1/100のサイズで描きます。

柱もフリーハンドで一本一本、描いていきます。
描きながら、考えながら、描いています。

プランは手を動かすことが大切です。

以前計画した同じような敷地のプランを今回計画する敷地にパソコンでもってくることは簡単です。

同じような敷地形状ですが、周りの環境は違います…。

CADは内観、外観のパースも見ることが出来るのでわかりやく、見やすいです。
ですが…。

視覚的な情報が優先となり、イメージが膨らまないかと…。

設計者の考えが伝わるには、シンプルな手書きの平面図だけで暮らすイメージが出来れば最高です。

設計者が愉しんでつくったプランは、他のデータから持ってきたプランとは違います。

そうすると…プラン作成は、仕事と言えるのか?。
TVゲームをしているのに近い?

あつ森のゲームに似ている?
ゲームをやったことがないのでわかりませんが、あつ森は楽しいようです。

OB様が教えてくれました。

妄想の中で仕事を愉しみ、GWが終わりました。



伊藤工設計ホームページはこちら

高森の家、構造見学会終了

2021-05-01 17:07:01 | イベント
今回の構造見学は、5組10名の方に見ていただきました。

平日いらした方は大工さんとの作業と重なり、ほこりの中での見学でしたが…。
誰がつくっているのか、顔が見られてよかったのではないでしょうか。

また宮城県水産林政部のみなさんにも構造材を確認していただきました。



柱や梁の材種やサイズ、継ぎ手の位置、金物、乾燥について、換気、UA値、気密方法等も説明をさせていただきました。
ありがとうございます。



完成見学も予定しています。
ぜひ参加していただければと思います。

お疲れさまでした…。

母、転倒 

2021-04-29 14:16:51 | 家族
ガチャ、ガチャ、ごろん~

朝5時30分頃、ダイニングで新聞を読んでいる時でした。
近くのトイレ前から私の名前を呼ぶ声が…。

キャスターが2個ついている歩行器でトイレに向かう途中、あお向け状態で助けを求めた声でした。

身体を起こし、妻と二人がかりで便座に座らせトイレを済ませ、近くのベッドまで移動。

聞けば昨夜10時頃、杖を使ってトイレに行こうとしたところ、杖がはずれ?畳の上で転倒し、うまく歩けないとのこと。

その時は自力で起き上がったそうですが…。
痛かったのでしょう、しっかり足にシップが貼ってありました。

前々日は、杖を使いながら退院から45日後の診察を受け、帰りもかかりつけの医院に寄り薬局で薬をもらい、すこし運動でもした方がいいと思いイオン南の食料売り場へ!

キャスター付きの買い物かごで、すいすい歩いていて調子が良かったようです。
転倒した時や疲れたときを考え、無人の車いすを並走もしていましたが…出番はありませんでした。

今度の日曜日は姉妹の人が来るのでプリンを買い、家では煮物を料理して準備していたのですが…。
調子が良すぎたのか…転倒してしまいました。


ベッドに横にしてから三日前に伺った病院に電話をしたところ救急患者として扱えると言われました。

ケアマネージャーにも報告。

本人は「寝ていれば治る」ということですが…。
救急車だと大げさになるので車で行くことに!

病院での診察は骨が折れているとのこと。専門の病院を紹介され、今度は救急車で搬送!
毎年同じような手術が500件もあるとのことです。すぐに手術日も決まりました。

畳の上での転倒ですが、高齢だと骨が折れてしまうのですね…。

4/27の手術は無事終了!
入院はリハビリも含め5~6週間はかかるとのこと。
本人のリハビリ次第ですが、また歩けるようになるとのことでした。

高森の家 構造見学

2021-04-19 17:26:12 | 現場


動物の現場足場シートが貼ってあります。
子供たちに見てもらえれば…。



玄関の土間が広く、いい感じです。
広さは収納部分を入れて、6帖ぐらいあります。
直接リビングにつながっています。




リビング西側の開口部です。
サッシの上端が天井の高さです。
歩道にある銀杏の木を見るために設けました。



2階部分の構造材です。



5/1(土)まで構造見学できます。
材種や金物、耐力面材等を見るのですが…。

梁の太さや長さ、気密方法も確認してほしいところですし、
窓の位置や空間の大きさも体験していただければと思います。



高森構造見学のご予約はこちらから
※「構造見学を希望します」と添えてください。

令和3年度 地域型住宅グリーン化事業の説明

2021-04-16 16:13:35 | 近木職GG
まん延防止重点措置が取られているのでセミナーは中止としていたのですが、令和3年度の事業が国交省より発表され、工務店の代表の方に来ていただき説明させていただきました。



説明の前に、まず昨年度のグループ活動を振り返って、問題点や反省点の話し合いをしました。

問題・反省点等として
1. 資材不足(桧材)に対しての対応は
2. 見学会の参加は
3. セミナーの参加及び内容は
4. 地域型住宅の利用は
5. モデルハウス(伊藤工設計)の利用は
6. マーケティングは

セミナーは、参加することがメインで…。
その時だけ気分が高揚し、終わっていないか…。

資材が不足しているので原木供給、製材、プレカット、木材を扱う建材流通を増やすことに決めました。

説明会に参加していただいた工務店代表の推薦を受け、協力工務店が1社増えそうです。

今年度は、これからの申請でまだ採択を受けてもいませんが…。
どれぐらい国から予算が付くのでしょうか?

今回より、長寿命型(長期優良住宅)において、BEIが0.8以下の場合、1戸あたり補助上限額が約+30万円で、計130万円になるかもしれません。

一方、高度省エネ型は1戸あたり上限額が70万円に引き下げになるようです。

県の助成金50万円をプラスすると最大180万円の大きい金額になります…。
これから家を建てる方に…利用していただければ幸いです。



私の好きな本屋

2021-04-12 14:52:18 | 
小さい頃は、近くに本屋がなく塩釜市まで行かなければなりませんでした。
自転車で必死に漕いで20分!そんな思いをしてまでも行きました。

確か本屋が3件ぐらい近くに集まっていたと記憶していますが、そのうちの1件にだけ行っていました…。


最近、事務所の近くに大きな本屋ができました。
ずっと楽しみにしていたのですが、一度行ったきりで足が向きません…。

むかしの本屋と比べると広さが全然違うし、本の種類も量も、なんでもあるようですが、
足が向きません…。

本はいつものように並んでいます…。
整理もされているようですが…。

買う気がおきないのです。
探していた本がそこに置いてあっても…。

私のお気に入りの本屋はエスパルに入っている本屋さんです。
置いてある本の前に手書きで本の紹介が書いてあります。

専門書は違う本屋で購入し、専門書以外の本はここで購入します。
専門書の本屋にもありますが…ここで買います。





3/27(土)朝日新聞のbeのフロントランナーに隆祥館書店店主 二村知子さんの記事が載っていました。

フロントランナーは毎週、読ませていただき参考にさせてもらっていて、さすが先頭を走っている方だなぁ~と感心させられました。

この書店の売り場面積は、なんと13坪!
町の小さな本屋がアマゾンや千坪を超える大型書店の向こうを張って日本でトップクラスの販売数を記録する本が何冊もあるとのこと。
すごい!



この方は、有名、無名を問わず、販売前の見本に目を通し、ひとたび惚れ込んだら粘り強くセールスをかけるとのこと…。

なので…店の評判を聞きつけていろいろな人がやってきます。
出版社の方、作家、メディア関係者…。

「なにかお探しです」
「こないだの本、どうでしたか」
一人ひとりの話を聞いたうえで、その人の支えになると思った作品の魅力を心を尽くして語るのだそうです。

言い過ぎる時もあるそうですが…。
熱意と努力が作家からは「最強の本屋」と言われているそうです。

若い時はシンクロナイズド・スイミングの日本代表で、現・日本代表ヘッドコーチの井村雅代さんから「敵は己の妥協にあり」の教えをたたき込まれました。

30代半ば、パニック障害を発症し、生きる価値がないと考えていた頃、本を読むことで支えられ、客の笑顔に自信をもらいながら、近所の人たちに愛され今がある…。

我々、地域工務店も同じ立場あり、見習うことがたくさんあります。
「家を建てる情熱が誰よりもあるか」
「妥協で仕事をしていないか」

大阪に行ったら必ず立ち寄ります。
美術館だけでなく、本屋さんも見学したい!

そこで会話して、本を購入してみたい。
コロナウイルス感染が落ち着いたら…。

「推し、燃ゆ」 21.3月の本

2021-04-09 13:32:47 | 


読み終えるのに時間がかかってしまった。
途中まで読み、しばらくしてから続きを読むと…前の内容がわからず戻って読むことに。
これを5回ぐらい続けてしまい…。

なにより文章が素晴らしすぎて、内容が入ってこない。
むずかしい表現ではないのですが…すごく感心させられ、それが凄すぎて内容が入ってこない!


本は自分で見つけるものと思っています。
お勧め!は参考にしますが、押し売りは受け付けません。

この方と出会ったのは、1/9(土)の朝日新聞、「距離と「におい」」の寄稿で知りました。
この文章がとても面白く、すごく興味を持ったのです。

「におい」のある現実で人と接触すること、誰からも距離をとること、「におい」のない世界でかかわりを持つことについて書かれています。



その後、1/20に芥川賞受賞し、2/5(金)の朝日新聞に芥川賞・直木賞受賞者 エッセーがのっていて、これも面白かった!

受賞のエッセーで「地獄と天国のシャワー」というタイトルです。



地獄のシャワーとは小さいころ、水泳の授業の前後に浴びるシャワーのこと、天国のシャワーはそれをもじって、よく行く銭湯の温かいシャワーでそれを受賞エッセーで書いていて…面白い。

現役の大学生であって、2作目で芥川賞はすごい!

この人にはかなわない。

先月のラン(2103)

2021-04-06 18:15:05 | ランニング
3月も中旬を過ぎるとあたたかく、走るのが気持ちよくなってきました。
走行距離は先月より10kmものびた!でも28km…。





大会がないのですこし緊張感にかける内容。

練習は休日に8km、平日の夜に3kmを2回走れれば!と考えています。
それでも月間56kmしかなりません。

休日の距離をもう少し伸ばせれば…。

休日の午前中は掃除機掛けとクイックルワイパー、アイロンがけを終わらせ、15時ごろからトレーニング!

帰ってきてお風呂に入ると…休日は終了!
午後から走る場合、アルコールを入れないように気を付けていて…飲めないのが残念!

就寝は21時頃、6時まで爆睡の熟睡!
心地よい筋肉痛もあり、翌日はなかなか起き上がれない。

次の日の朝食は、録画していた「ぶらぶら美術館・博物館」を見ながら!
これが休日の楽しみ!



ずいぶんと東京の美術館に行っていない!
直近だと令和元年11月に行った三菱一号館美術館になるか~







「ぶらぶら美術館・博物館」を見て行ったつもり!

でも、やっぱり、実物が見てみたい!

もうすこしの我慢!

3月の走行距離:28.37km
散歩     :11.00km

ビール 消費量: 2.88ℓ
レモンサワー : 0.88ℓ


家づくりのステップと居心地等級

2021-04-04 11:43:14 | 家づくり
新年度が始まりました!
新一年生、新社会人の方、おめでとうございます。
初心を忘れず、志をもって頑張っていただければと思います。   

家づくりも新年度を迎え、みなさん気合いが入っていることと思います。
見学会やモデルハウスで初めてお会いする方は、これから家づくりの勉強をしていくという方が多く情報を吸収する意欲が感じられいつも感心させられます。

ステップ1 4つのグループに分けて
少しでも参考になればということで…最初に説明させていただくのは多様な住宅会社の価格帯と特徴をグループに4つに分け説明させていただいています。その中で、自分が建てたい家はどのビルダーが適しているのか…判断していただければと思っています。

家の性能がそれなりで低価格住宅会社を選択するのか?予算に余裕があるのでブランド住宅会社を選ぶのか?断熱・気密のレベルが低くても自然素材住宅会社を選ぶのか…。建築家に頼むといくらになるのか…。

自分たちが暮らす理想とする家を探すことから始まると思いますので、勝手ながら仕分けさせていただき、説明させてもらっています。

家は性能や素材・仕上げ、住設機器の仕様によって、価格が大きく変わります。
すべて伊藤工設計でつくる家が正解とは思っていませんが…。

私たちは近くの木と職人で、できるだけお金をかけないで、自然素材を使った省エネ住宅をつくりたいという考えです、それに賛同していただける方と打ち合わせしていきたいと思っているからです。家づくりの方向性が同じ方とであれば最終的にトラブルが発生することはないでしょう。

ステップ2 性能等を確認
考えに賛同していただいてからは伊藤工設計でつくる家の性能等や概算金額を説明しています。耐震性能はどこで確保しているのか?省エネ性は電気料金に換算してどのぐらいの差が出てくるのか?

シュミレーションすると結構な金額になります。これぐらいお金が貯まることになりますが…。

貯めることが目的ではなく無駄なエネルギーを使わなくて済むこと、それによって余分なエネルギーは輸入しなくてもいいことを理解していただきたいのです。少し断熱材を多くする、気密を確保するだけでよく、地球にやさしくなれます。

ステップ3 見学会参加や資金計画を確認
性能等を学習した後は、構造見学や完成見学会に参加することをお勧めしています。写真や図面、パースで観てはいても実物を確認することは大事です。空間の広がりなども写真ではわかりません。吹き抜け窓からみる空は体験しないとわからないところです。

お金の話も大事です。見学会では時間がなく詳しい話はできませんが、自己資金がいくらでいつお金を出してもらうようになるのか?どこの銀行がいいのか?

セミナー等の形式はとらず、個別に対応しています。土地から探している方は、土地が見つかってからは忙しくなるので、その前に確認しておいた方が安心と思います。

プランの作成(ご提案)はステップ3まで受講した方が基本対象となります。



居心地等級?と1/fゆらぎ等級?
外や内、縦に空間が感じられ、落ち着ける楽しい家なのか?
部屋同士が閉鎖され、寝るだけに帰る家なのか…。

家の性能と同じように「居心地」は大事です。人によって感じ方が違うのでは?と思われるでしょうが…。

1/fゆらぎというものがあります。自然界の1/fゆらぎ音を聴くと脳内がα波の状態になり、人間の生態にリラクゼーション効果をもたらすと言われています。焚火の火、星の瞬き、小川のせせらぎ、木々のそよぐ音、木肌のゆがみにもゆらぎ効果があると言われていて人に共通するものです。

自然の材料や空間の構成、太陽エネルギーの取り入れ方で、居心地はつくれるはずですし、必要なものと思っています。そこで!長期優良住宅に居心地等級か1/fゆらぎ等級を新設してこれから建てる方の指標になればいいのではと思っているのですが…いかがでしょうか?

いろいろ考えることは尽きませんが…。
新年度を迎え…自分が考えている家づくりに問題がないか、初心に帰って考えてみました。
心配事があればご相談ください。モデルハウスでお待ちしています。

伊藤工設計ホームページはこちら