ギコバン日記

伊藤工設計代表 伊藤 博範の日記。家づくりのお役立ち情報を発信。

お盆休みは…

2018-08-17 09:28:51 | 家族
子ども達が暑い東京から帰ってきました。

久しぶりに家族全員集合!
高校野球を観て、本を読んで、昼寝をして、毎晩ビールを飲む…。

息抜きしに帰ってくるので…そのような休みになったのかと…。

休日は少し仕事でもしようかと思いましたが…。
あえて何もしないことが休み明けの原動力になるのでは?と思い、何もしないことに!

お盆をそうして過ごしていると自然と仕事をしたい気持ちが増えていきましたが…。
子供達も同じだったのではないでしょうか。


母を連れて5人で外食をしました。
病院の帰りです。

叔母が入院していて毎月、母と面会に行っています。丁度伺う日だったので5人で行ってきました。

叔母は精神科の病院に入院していて私が保護者になっています。
八つ年上ですが私の子供と同じになっています。

法律上は私がすぐなれるものではないのですが…。
父が以前、保護者になっていましたし、誰もやりたがらないので…。

毎月入院費の支払いと顔を見てきます。

今回はお盆に重なったので、帰省した子供たちも一緒に!

叔母の顔色は良かったです。子ども達を覚えていました。
心臓が少し弱いのが心配ですが顔色は最近の中で一番でした。

精神病の患者が家族にいるのは気が重いとか隠したいとかあると思いますが…。
保護者になるにあたって、私にしかできないと思ったのです。
他の人には任せられない。

叔母を最低限幸せにできなければ仕事がうまくいくはずがない。
私はそう考えました。
叔母のおかげで今の自分があると思っています。

私の母も82歳で元気です。
「義理の妹の面倒を看る」という気持ちが強く、健康でいられるのだと思います。

そのおかげで母がつくった昼食をいただけるのです。
我々夫婦は月・火・金・土、社員は土曜日のカレーをいただけます…。

家族で外食は出来たし、これも叔母のおかげです。


今月の本1808



週末、森で (益田ミリ)
運は操れる (メンタリスト DaiGo)

お盆中、一気に読んでしまいました。
ミリさんの本にはいつもほっこりさせられます。
DaiGoさんの本はすごく参考になりました。本屋でふと目に留まった本でした。
出会えてよかったです。

長女が本を置いていきました。



西洋絵画 困った巨匠たち対決 (山田五郎)
こはる日記 (益田ミリ)
週末、森で (益田ミリ)
建築デザインの解剖学 (スタジオワーク)
生きるとか死ぬとか父親とか (ジェーン・スー)
天才はあきらめた (山里亮太)
生きるヒント (大宮エリー)

ずいぶん読んでいるな~
今度会う時は何か返そう!

でんすけスイカ!

2018-08-11 14:15:07 | 家づくり


今、家のプランをしているお客様からいただきました。

すごく大きいです。
でんすけというスイカと言うそうです。

ご夫婦は毎朝4時から畑作業をしています。
そんな野菜等をお伺いするたびに野菜や果物をいただいてしまって…。

この前は名取の工事でお世話になった建て主から…。
近くの同級生から…。

いつもお客様から野菜をいただいていて、家計と体を助けてもらっています。


「もらってもらわないと困る。くさらせてしまうので…」
野菜をもらった後、大きなスイカを追加でいただくことに…。


今、仕事があって、お客様に親切にしてもらっていること。
OBの建て主から応援にしてもらっていること。

ご先祖に報告しました。そして、安心してもらえれば…。


近GGセミナー180807

2018-08-09 10:16:41 | 近木職GG
地域型住宅グリーン化事業においてグループを形成している工務店さんと毎月勉強会を行なっています。



今回は日新公の「いろは数え歌」を取り上げました。

い:いにしえの道を開きても唱えても 我が行ないせずばかいなし
  (実行しなければ何の役にもたたない)

ろ:楼の上もはにゅうの小屋も住む人の 心こそはたかきいやしき
  (大きな城に住んでいようと、貧しい小屋に住んでいようと、それで人間の価値は判断できない。心のありかたによってこそ真価が問われる)

に:似たるこそ友としよけれ交じらば われにます人おとなしき人
  (友人を選ぶときは自分に似てる人を選びがちだがそれは間違い。自分より優れた人や見識を持つ人をきちんと選びなさ)

ふ:不勢とて敵をあなどることなかれ 多勢をみても恐れるべからず
  (少人数でも一致団結すれば、大敵をやぶることができる)

日新公は戦国時代の武将です。
島津義弘の祖父で島津忠厚が5年の歳月をかけて完成させました。

薩摩の「郷中教育」の基本精神で、西郷さんは小さい時から毎日この歌を唱えていて、時代が変わってもこの教ええを守りました…。



中山 完成見学会が終わりました

2018-08-02 10:31:00 | 家づくり
2週連続で完成見学会をさせていただきました。

OBの施主様2組、国交省地域型住宅グリーン化事業でグループを形成している工務店の代表の方3名を含め、56人の方に見ていただきました。



工務店の代表の方は、納まりなどに目が行っているようでした…。
今回、近くの木と職人でつくる家づくりグリーン化事業グループの勉強会ということでに完成見学会を会場とさせていただき、開催させていただきました。



大工工事は藤澤棟梁にお願いしました。
数寄屋建築を得意としています。
造作家具としてオープン階段、流し台、座卓、TV台、文机もつくってもらいました。
つくっているのが楽しいという方ですので何でもつくれそうです。
キレイに納めていただきました。



残念なのは建築を勉強している学生さんが一人も参加しなかったことです。

今の時期は夏休み前で課題の提出、試験があるようですが…。

息抜きぐらいの時間で見学できるはずですが…。

そもそも木造住宅に関しては、あまり興味がないのでしょう…。

西側の学生さんたちは東京芸大等の大学院を卒業して大工職になるという方が普通におられますが、東側の学生さんは…そうなったということは聞いたことがありません。

文化の違いでしょうか。

大きな建物、変った建物には興味がある?

むかしは、建築の基本は住宅にある!
小さな住宅ができて、初めて大きな建築ができる!
みたいなものがありましたが…。

しっかり勉強しないと…。

なので、宮城の住宅が違う方へ行っているようで…。
質もあまりよろしくありません。

軒がない、庇がない家が多くなってきています。
見た目がカッコイイので、売れているそうです…。

自然素材住宅の家も同じく…。
反原発、薪ストーブ、気密は必要ない!自然が一番!…。

自然素材なので写真写りはいいし、言っていることは間違っていないのですが…。
中身がありません。

共通して言えるのは住む人より、「売れる家」基準でつくられているところです。

そうならないように、今回少しでも木造住宅に興味をもってもらい、質が少しでも上がるようになればと思って企画しました。

次回、機会があればまた企画したいと思います。

56歳

2018-07-24 13:28:21 | 日記
一週目の見学会が終わりました。
30人の方に見学していただきました。
暑い中、わざわざ来ていただき、ありがとうございます。



同級生が完成見学会に来てくれました。
某銀行の支店長をしています。
当然同じ56歳。

びっくりしました。突然現れたのですから…。

広告を見たとのことで来られたそうですが…。
たぶん、何をしているのか、すこし心配もあったのでしょう。


昨年の同窓会は完成見学会と重なり参加することが出来ませんでした…。
その前もたしか、見学会で…。
しばらく、みんなの顔を見ていません。


先々月、近くの同級生の家にて3人の飲み会に声を掛けていただきました。
いつも野菜をいただいている家です。
先週は採れたての茄子ときゅうりをいただきました。

縁遠くなった私を気にしてくれています…。

その時、行けなかった同窓会の写真を見せていただきました。
同じ歳のみんながいました…。


見学会に来ていただいた同級生に手土産を渡すのを忘れてしまいました…。
わざわざ暑いところ、ありがとうございます。
またそのうち、すこし涼しくなったら…。ゆっくり、お会いしたいと思っています。



完成見学会の広告

2018-07-20 15:58:48 | 家づくり


リビング仙台に載っている今回の完成見学会の広告です。

二週連続で開催することが出来ました…。
建て主様に感謝です。




82歳の母がつくる昼食です。
毎年土用の丑の日には決まってこれがでてきます。

週末はもっと暑くなりそうですが…乗り越えられそうな気がします。


恐れながら 並べてみました

2018-07-16 17:10:35 | 


弘前市民会館2階廊下 
設計 前川國男




伊藤工設計モデルハウス
設計 伊藤博範







宮城県美術館 階段ホールの照明
設計 前川國男




名取の家 リビング照明
設計 伊藤博範







法隆寺宝物館 2階ホール
設計 谷口吉生



中山の家 2階ホール
設計 伊藤博範





「素顔の西郷隆盛」今月の本

2018-07-12 13:44:28 | 



大河ドラマ「西郷どん」の時代考証をつとめている磯田道史著さんが書いた本です。
素顔の西郷さんはどんな人だったのか!を知りたくて…。

ドラマではたぶん表現されないようなことわかり、夢中で読んでしまいました。

西郷より6歳年下の橋本左内を自分の師として慕っていたこと。
ナポレオンやワシントンを尊敬していたこと。


「あだ味方勝も負けるも哀れなり、同じ御国の人と思えば」
(同じ日本人なのだからよくよく考えてください)
西郷と親交があった京で有名な大田垣蓮月尼が鴨川の橋のたもとで和歌を書いた短冊を渡したそうで、この進言も江戸城無血開城につながったのではと…。

明治5年三月からの月給が現金になり、六百円(今の価値で千八百万円)を受け取っていましたがそのお金に手を付けることはなかったそうです。

やはり、私利私欲が無い人でした。

なので「始末に困る人」だったようです。
一度、言ったら曲げない人…。むずかしい人。

「命もいらず、名もいらず、官位も金もいらぬ人は始末に困るものなり、その困る人ならでは、艱難を共にして国家の大業を成し得られぬなり」


「日新公いろは歌」の教え
ろ:楼の上もはにゅうの小屋も住む人の 心にこそはたかきいやしき
(大きなお城に住む人も、貧しい小屋に住む人も、心体が清く正しければ高貴であり、そうでなければ卑しいのだということ)

子どものころから毎日唱えてきた歌を最後まで実践してきた人が西郷さんでしょうか。

近GGセミナー180703

2018-07-08 11:01:53 | 近木職GG
地域型住宅グリーン化事業に置いてグループを形成している工務店さんと毎月勉強会を行なっています。

6月はみなさん忙しく…人が集まらず中止!
今月はみなさん集合!の予定でしたが…。

井上建築工房さんはセミナー前に事務所に来られ…。
今年仙台YMCAのチャリティーランの責任者になったそうでチャリティーランの主旨と協賛の説明をされ、忙しく次のところへ説明に行かれました…。

なにごとにも一生懸命です。協賛したいと思います。



森林率84% 秀吉も褒めた美林
近GGセミナーでは高知県の木材に対しての取り組み方を紹介しました。

180515付け新聞に「森林率84% 秀吉も褒めた美林」の記事がありました。

高知県といえばカツオ。そんなイメージが強いが、森の県でもあります。県の面積のうち森林が占める割合(森林率)は84%。全都道府県で一番高いのです。

大きな理由は、北側の県境を走る四国山地を始め、大部分が「山地」であること。その上に広がる森林は土佐藩の時代から伐採を禁じる山を設けたり伐採しても植林をしたりして保たれてきたからだそうです。

先週もだいぶ雨が降ったようですが魚(や)梁瀬(なせ)地区は年間降水量が4000mmを超え、気候も温暖。こうした環境下で育ったのが豊臣秀吉も高い評価を与えたという天然美林のヤナセスギです。

100年たっても旺盛に成長するのが特徴とされ、魚梁瀬にある林野庁の保護林区域では、樹齢200~300年、高さ40メートル超の巨木が群生しているということです。



3年ぐらい前に高知県にある吾川森林の藤原社長からいただいたパンフですが新聞に載ったので改めて見てみました。

秀吉に「日本一」と言わしめた銘木 大阪城に使用された土佐材!
が載っています。



太閤秀吉から「日本一」というお墨付きをもらったことで全国に知られる銘木となりました。江戸時代の初期には大阪城や伏見城などの修築をはじめ、おおきな戦乱に巻き込まれた大阪のまちの復興にも多くの土佐材が使われたそうです。

最近では土佐町役場や梼原町役場が木造で建てられていますし、木のアーケードや高知駅(くじらドーム)は屋根の構造体が木造です。

歴史的建造物の修復にも使用されています。
平成16年、清水寺舞台の床張り替え修繕に桧の床板が使用されました。
平成21年~、厳島神社の床の修繕に桧100年生赤身天然乾燥床板を使用。



パンフの中に「品質を数値化して信頼される木材へ」とあります。

桧のヤング係数では全国平均E130以上が25.1%に対して、高知県産材は49.4%と高くなっています。



高知県では一本一本グレーディングマシーン(強度測定器)にて測定しているとのこと…。
宮城県では住宅を建てる場合、全ての木材は測定していません…。
遅れていることは事実です。

その他にも土佐漆喰、土佐和紙、木のバック等の木製品もあります。

宮城県では助成金と復興により県産材の使用割合は伸びたと思いますが、これからどうやって高知県のようなやり方に近づいていけるか?でしょうか。


10日ぶりのラン

2018-06-29 16:03:42 | 
6/27小雨降る中、走ってきました。
完成見学会の準備等もあって、10日ぶりのランとなってしまいました。

朝から走りたくてしょうがなかったのですが…。
外はあいにくの雨…。

小降りになったのを見計らい、走ってきました。
今日の走行距離は6.76km。



かなり疲れました。体感的には15kmを走ったぐらいに感じました。
10日もあけるとこうなるのか…。

今度の日曜日の朝、走る予定ですので今月はもう終わりです。
6月の集計をしてみました。

走行距離:38.05km
目標の50kmに届きませんでした。
2回休んだのが原因です。

来月も完成見学会があります。
7月の後半2週連続ですのでこのままでは…。

来月の目標は60kmに設定!
これから雨が降る機会が多くなるので…計画してもその通りになるか…。

何事も計画は必要です…。
ちなみにビール消費量は4.95ℓでした。

完成見学会の前をランスマの方たちが走っていきました…。
赤Tシャツを着た5~6人の方たち3組が見学会場の横を走っていきました。



出来れば見学会側ではなく…。赤Tシャツ側の方にいたかったのですが会場から応援!
手を振って応えていただきました。

7/14(土)夕方、BS1で放送するそうです。



ランナーのアイドル!金さんは気さくで親切だったそうです。
名取の宿泊先から仙台まで出てきて個別の打ち上げに参加したと聞きました。

出会いを大切にしていることが分かります。
だから人気があるのでしょう。
お会いしたかった…。