ウフフ日記

伊藤美和子が伊藤工設計の日常をお届け、プライベートも。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ウフフ日記からスタッフリレーブログへ移行します。

2018-10-18 10:19:21 | 社内
一気に寒さがやってきました。

仙台近辺の朝の気温は9℃。

ウフフ日記をご愛読の皆様、風邪をひきませぬようご自愛ください。

さてさてこの度、永らく続けてきましたウフフ日記から
スタッフのリレーブログへと移行することになりました。


ウフフ日記のバックナンバーを辿ってみましたら、始まりは2010年12月でした。
震災前ですね。

ウフフはサザエさんがエンディングで「ウフフ・・・」と笑う場面からいただきました。
ちびまる子やサザエさんは、家族でよく観る番組でした。

何気ない日常や家族が暖かく面白く描かれていましたよね、
それを家族で笑って観ている時間が好きでした・・・。


以降は「スタッフブログ https://blog.goo.ne.jp/gikoban-staff 」になりますが、
変わらず伊藤工設計やプライベートを書いていきます。

今後とも変わらぬご愛顧をお願い申し上げます。





住宅雑誌イエココロ’18冬号

2018-10-17 18:31:28 | 社内


宮城の注文住宅雑誌「イエココロ」に今回も載せていただきました。

紙面のほとんどが中山の家です。

伊藤工設計gbスタイル標準仕様と
伊藤工がお勧めするりんごのような家。

造作キッチンなど職人による手間をかけたつくり。

シンプルな外観とお庭まで含めて
伊藤工らしさが全面に出た家です。

お住まいになってからの様子も紹介させていただきました。
キッチン収納はお揃いの収納容器を並べて使い勝手よく、お手本にしたいほどです。



アンティークの家具やセンスのいい雑貨を飾って、住まい手さんのセンスが光っています。





2ページで良さを伝えるのは足りないな~と思ったので追加で紹介します!





住まい手さんにイエココロ数冊を届けてきました。

玄関前に置かれた郵便受けは住まい手さんによるDIY作品、
風で飛ばされないように工夫がしてあります。




とってもいい感じです!



遠見塚の家 完成見学会終わりました

2018-10-15 17:07:24 | 社内
遠見塚の家、完成見学会を終えました。

ご来場いただいた方には、小さくてかわいい家のスケール感がとても参考になったと思います。

実は図面などでみると狭くないのだろうか…とちょっと心配になる広さです。

でも実際に体感してみると、窮屈さをちっとも感じなかったと思います。

それは吹き抜けであったり、引き戸の効果であったり、
目線が抜ける壁や建具の配置であったり、
さまざまな要素が絡んであるからです。

…とか、もっともらしいことを言っていますが、
施主様のお友達がそう言っていました…。











施主様にもお越しいただき、とても感激していらっしゃいました。


家を一軒建てるということは大変なことです。
決断の連続ですから。

私たちを選んでくださったことも大きな決断だったことでしょう(笑)!

私たちの提案と施主様のご要望が上手くマッチングしたと恐れながら思っております。

この後は、お庭づくりをご自身で手を加えながらつくっていくのだそうです。

好きな草木花に囲まれて、
冬は暖かく、夏は涼しく、ストレスのない、潤いのある生活を送っていただけることでしょう。

出会いとご協力に感謝申し上げます。






遠見塚の家 完成

2018-10-12 20:48:21 | 現場
10/13(土)14(日)と完成見学会を行います。





ご自身のイメージと重ね合わせてご覧ください。

お待ちしてします。

今週末10/13・14は遠見塚で完成見学会です!

2018-10-11 08:15:10 | お知らせ
今週末から3週連続でイベントを開催します。

第一弾は若林区遠見塚の完成見学会。

昨日10/10は午前中にクリーニング、午後からはスタッフで
1階に桧床材に蜜ろうワックス塗をしました。
(2階はフローリング建材でワックス要らずです。)

残すは網戸取付やサッシ調整、細かい補修、外の整地、
そして土・日で見学会となります。




建て主さまの思いの詰まった家が出来ました。




総2階建て、25坪のかわいらしい家です。
中心の吹抜けから、冬は太陽エネルギーを取り込む計画です。
1階はヒノキ材の床に蜜ろうワックスを塗り、
2階はsimスタイル(既製品中心)とミックスした仕上げです。

見どころのキッチンは、大工さんによる造作になっています。




きっと愛着を持って大事に暮らしてくれることでしょう。



そんな大切な家を2日間、見学会場としてお借りします。

ご厚意に感謝しながら、これから家づくりを始める方々に見学していただき
参考になれば幸いです。

時間帯によっては混雑が予想されますので、
あらかじめご来場の日時をお知らせいただけると、
スムーズにご案内できるかと思います。

場合によっては、近隣の駐車場をご案内することもあるかと思いますが、
何卒ご理解、ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

見学会場の進捗

2018-10-04 15:06:46 | 現場
利府の家は細かいところを残してほぼ完成しています。

先日は社内検査も終えました。








こちらは外構工事を終えてからの完成見学会お披露目となります。





遠見塚の家は内装工事後半、大工さんは造作キッチンの半分くらい。
完成までもうちょっとかかります。

広告用の写真を撮りたかったので、職人さんが来る前の朝を狙いました。







キッチンの収納力については可能な限り使い勝手の良さを要求したので、
さぞや大工さん泣かせかと労いの言葉をかけましたが、
前回のオープンキッチンよりは楽!なのだそうです。



土地から探して家を建てようとしている方は、利便のいい場所であればなお更、
土地探しにはご苦労なさっているのではないでしょうか。

そういう方にはとても参考になる家だと思います。





10月はイベントが3週続きます。

2018-09-28 18:38:36 | 社内
10月はイベントが3週続きます。

2週目 13日(土)・14日(日)は若林区遠見塚で完成見学会。
こちらの家は・・・
小さい可愛らしい家です。



一階に無垢材仕様にし、キッチンも大工さんによる手づくりです。


3週目 20日(土)・21日(日)は利府町で完成見学会。
こちらの家は・・・
広々38坪、断熱性能を吟味し瓦屋根・光セラ外壁など見どころです。
これから外構工事が始まります。


4週目 28日(日)は2回目となる伊藤工設計感謝祭です。

去年の経験を踏まえて、企画を練っています。

先日は企画のひとつ「プランツギャザリング体験」の打合せをしました。
利府在住のHさんに講師としてお世話いただきます。





モデルハウスに飾っているものは7月からずっと元気ままキープできています。
可愛いだけじゃなくて長持ちするのが私的には高ポイントなのです。







収納のお手本

2018-09-14 16:15:37 | 社内
7月末のお引渡しからもうすっかりと落ち着いたご様子、
カメさんとは初対面、はじめまして!



階段下の小さな窓は、計画当初からカメさん用の窓という設定でした。
外も見たいだろうし、確か甲羅には光が必要なんでしたっけ?。



カメさんも心地よさそうで何よりです。



さてさて、きっとセンスのよい素敵な暮らしをしているんだろうな、と期待していました。

思った通り、いや思った以上に素敵でした。






アンティークの小物や家具がところどころに飾られていました。


キッチンの収納はこの通り。



インスタ映えするって言ったら失礼です。
普段から丁寧に暮らしているからこその知恵の結晶!といっても大げさじゃありません。

こんなに(サイズが)ぴったり!とは奥様も喜んでいらっしゃいましたが、
本当にカタログに出てきそうな収納例です。


造作キッチンも調理器具がどんな風に収まるのか興味津々でしたが、
十分に間に合っているそうです。





これから家づくりをする自然派好みの奥様には、これからも自信を持ってお勧めしたいと思いました。

利府梨と「利府の家」

2018-09-10 14:38:07 | 現場
会う方に利府名産の新鮮な梨を食べてもらいたくて、
せっせと直売所に通う日々です。



お気に入りのお店にはほぼ9時の開店にめがけて行きます。
思い付いた時に行くともう売り切れで閉まっていることも度々あったので。

今出ているのは主に幸水という品種、もう少しで無くなるそうです。
アキヅキという品種は日持ちもいいので最近は人気の品種ですが、
10月くらいが食べ頃なんだとか。
雨ばかりでも梨はしっかりと育つそうです。

もうすっかり顔なじみのお母さんからの情報です。



さて「利府の家」は足場も取れて、光セラの外観がお目見えです。
あいにく雨模様なので、光セラ感はわからないかもしれませんが、
青空だと違ってみえるものです。



38坪あるので、伊藤工設計では大きい方の家です。

リビングと和室とは普段オープンにして使うと思うので、
きっとチビちゃんは走り回っていることでしょう。



クロスを貼る前のパテ処理段階です。

Jパネルのテレビ台

2018-09-08 16:47:57 | プライベート
利府の家を担当するタカハシ棟梁が大工工事を終えて一段落ついたところを
つかさず捕まえました。

自宅のテレビ台をつくってほしいとお願いしました。

長年、角材と床材の端材をただ重ねただけの決してテレビ台とは呼べないもので間に合わせていたという…。
なんともお粗末な…。



Jパネルという杉の3層板を材料にしてつくります。
1枚のサイズは尺タイプ910ミリ×1820ミリとメータータイプ1m×2mがあります。

見ての通り立派なので、安くもないことから、
一枚から無駄なく丁度いいサイズを探し当てます。
木取りです。

今回のテレビ台は2作目、1作目より15ミリ高くてもいいか?って聞かれました。
問題ありません。



自宅に持ち帰り、今朝、蜜蝋を塗りました。





1作目は6月に引渡しの際にお客様宅に置いてきました。



Jパネルの家具、バリエーションが増えていきそうです。
和室にもリビングにも馴染むのがいいですね。