BIRDのブログ&ファンフィクション

往年のアニメ 「科学忍者隊ガッチャマン」の大ファンです。
この話題を中心に日常のことなどを綴ってみました。

熱川温泉(静岡県)に行ってきました。

2011-05-03 16:31:43 | 旅行
先月、25日-26日の一泊二日でミニ旅行をして来ました。
行き先は静岡県の熱川温泉です。

昼食後、チェックインまで熱川バナナワニ園を散策。

ワニ園なのでワニだらけです。お昼寝中なのか微動だにしません。


意外と手(前足?)はキュートです。


別の厩舎にレッサーパンダーもたくさんいましたが、こちらも動きません。
縄張り意識がとても強い動物なので、繁殖期以外は別々だそうです。


植物園はツツジ、ハイビスカス、ラン、スイレン等々が満開でした。
バナナもどっさり。

温泉に入って海の幸に舌鼓。極楽極楽…。


【追伸】

途中、熱海を通過するときに名高い貫一・お宮の像がありました。
宿で子供たちにストーリーを聞かせても、現代っ子にはピンとこないようでした。

実演までしたのにな~。
尾崎紅葉先生、ごめんなさい(^^;)
コメント (5)

ブルーインパルス…飛行展示

2010-11-05 11:51:48 | 旅行
滑走路にズラリと並んだ各機を地上展示。各機の飛行パフォーマンスを飛行展示と言うそうです。
スピーカーからブルーインパルスが飛行してくる方角とパフォーマンスの解説があります。



上空3,000メートルから降下。数々の妙技にみとれます。

地上ではバズーカ砲のような広角レンズ付きデジタル一眼レフカメラのシャッター音と携帯電話のシャッター音がもの凄いです。

最も感激したのは星型です。(トップの画像をクリックしてみてくださいね)
星型の各辺はきちんと二等辺三角形に各頂点はぴったり合っていました。

ひとつ疑問が…。
機体は白が基調なのになぜブルーインパルスなんでしょう?

頭上を飛ぶ機体を見て納得。主翼のブルーが青空に映え翼端の日の丸の赤が目に染みるようでした。
超一流の飛行技術に拍手が起こり、見学者の多くが手を振りました。見学者からパイロットは見えませんが
コックピットからは拍手の様子や手を振るのが見えるそうです。す、すごい(@o@)


*各写真は航空自衛隊のサイトからお借りしました。
コメント (6)

ブルーインパルス…創設50周年

2010-11-05 10:21:11 | 旅行
初めて訪れた航空自衛隊入間基地。広~い(@o@)来場者数28万人。人、人、人だらけでした。
滑走路に向かう人波の上空、青く澄み渡った空をT-4(ブルーインパルスの3代目現行機種)が
低空飛行と旋回を繰り返して飛行展示を行います。

ようやく滑走路に到着。ラッシュアワー並みの混雑です。
地元第2輸送航空隊のC-1による飛行、陸自隊員の空挺降下、入間ヘリ空輸隊の大型ヘリコプター CH-47Jによる飛行展示、
U-125A救難捜索機&UH-60J救難ヘリコプターによる航空救難展示を見学しつつ、お目当てのブルーインパルスを
待ちます。

押されているうちに最前列に出ることができました。ズラリと並ぶブルーインパルス7機。
1番機から4番機は編隊飛行を、5、6番機は単独飛行を行います。垂直尾翼に番号がない7機目は予備機です。
目の前は飛行隊長の1番機です!

午後1時を回った頃、燃料車が各機に1台ずつ、整備員も各機に3人ずつ付きました。
整備員による機器点検、燃料注入が始まります。整備員には女性も2人いて頼もしい限りです。
マイクロバスでパイロット登場。
見学者の前で青のフライトスーツ姿のパイロットがGスーツ(下半身用)を装着していきます。
パイロットによる機器点検、エンジン始動。轟音と共に機体後方に陽炎が揺れます。

複座に乗り込んだパイロットが整備員とのやり取りを経て、ヘルメットを装着。キャノピーが閉じました。
エンジンの轟音がいっそう高くなり、ブルーインパルスは滑走路に向かいます。
パイロットのみなさんが手を振り、見学者も手を振って見送ります。
2番機後席のパイロットは両手を振っています(^0^)

午後1時15分離陸。
フワリと滑走路を離れ一気に上昇していきます。

コメント (4)

入間航空祭

2010-11-03 23:09:29 | 旅行
航空自衛隊入間基地の入間航空祭に行って来ました。

ブルーインパルス!

厳しい責務を担った方々の空の妙技に感動です。
詳細はまた…。

写真は千葉国体の前日、幕張のビル群の谷間を飛行するブルーインパルスです。
コメント