BIRDのブログ&ファンフィクション

往年のアニメ 「科学忍者隊ガッチャマン」の大ファンです。
この話題を中心に日常のことなどを綴ってみました。

火の鳥 その後 #12 さらに日が過ぎて

2018-11-29 22:37:08 | ファンフィクション


 #12  さらに日が過ぎて


 学校施設を転用したキャンプ内で最も広い場所を占める体育館は様々な物資の置き場になり、
壁にはキャンプ内でのルールや生活情報、キャンプが受信した世界各地の様子が掲示されていた。
怪我から回復した人々は次々とキャンプの運営を支える側に回り、キャンプはあの日から見違えるように
快適になり、整理整頓されて規則に沿った運営をなされていた。
反対側の壁には収容された人々が肉親や友人、知人の消息を問う手書きのメモが壁を埋め尽くすように
貼り出されている。共通ボードの今週の周知事項に目を通したミスJも少しでも手がかりを掴もうと
喰い入る様にメモを見詰める人々に混じって、貼り付けられたメモを端から一枚一枚、端から見て歩いたが
自分の名前もわからない有様ではそれも意味をなさず、やがて壁から離れた彼女は小さく溜め息をついた。

「ミスJ、今日はオフかい?」
すぐ傍から降って来た良く通る声に彼女は顔をあげた。
「ええ」
「俺もオフなんだ」
綺麗なブルーの瞳でにこりと笑ったKは続けて
「外に出て見ない?天気がいいよ」
頷いたミスJを伴って彼はキャンプの建物から外へ出た。


 「何もかも…無くなってしまったのね」
登った丘の上から広がる見渡す限りの荒涼とした風景に絶句したミスJは長い睫毛を伏せて、俯いた。
「すまない。そんなつもりじゃなかったんだ」
Kは申し訳なさそうに言う。
「あなたのせいじゃないわ」
山脈の向こうまで雲ひとつなく晴れ渡った空はどこまでも青く澄み、柔らかな風が
ふたりの髪を揺すっていく。
「お天気が良くて風がいい気持ちね。誘ってくださってありがとう」
長い髪が囲むハート型の顔の中で碧緑の瞳が輝いた。

 突然、羽ばたきの音がして鳥が一羽、2人の前を横切った。
広げた翼一杯に上昇気流を受けた鳥はぐんぐん高みに登って行く。
続いてもう一羽が翼を広げ、先の一羽を追うように舞い上がった。
二羽の鳥は上空で一緒になり、並んで空の彼方に飛び去った。
二羽が消えていった青い空をKはずっと見つめている。

「以前のあなたは空の仕事、たとえばパイロットとかだったんじゃないの?」
端整なその横顔に視線をあてながらミスJがポツリと言った。
「どうして?」
大きな青い瞳で見つめ返されるとなぜか胸の奥がドキンと鳴った。
「みんなそう言ってるわ。Kはいつも空ばかり見てるって。それに…」
「それに?」
「あなたの空色の眼」
「それじゃ、以前はトンボだったのかも」
ポカンとしたミスJは次の瞬間、くすくす笑いだした。
可愛らしいその笑い声は温かく、どこか懐かしいような響きだった。


 丘陵を歩きまわった帰りは行きとは異なるルートを辿った。だが、焼け残った木立に囲まれた帰り道は
途中からひどく窄まり、長い下り坂が続くようになった。やがて木立ちも途絶え、両側に荒い赤土の崖が
壁のように迫る狭い坂道は石が多くて歩きづらかったが、日没までに山を降りなければならない。
「足元に気をつけて」
急ぐ中でもKは足場を確保しながら背後のミスJに言う。
「わかったわ」
彼の踏んだ跡を辿り、坂道を用心深く下っていく間も彼女を護るように時折、背後に廻される手が頼もしく
うれしい。

曲がり道のすぐ先に開けた窪地が見通せて急峻な坂道もようやく終わりに近づいたかと、ほっとしかけた途端、
「あっ!」
背後のミスJが声を上げた。
(しまった!)
バランスを崩して前のめりになった彼女を振り向きざまに抱えて跳躍し、狭い山道の側面を強く蹴る。
赤土が抉られてバラバラと崩れ落ちた。空中で回転しながら身体を大きく捻って向きを変え、
前方の窪地に着地した。
「大丈夫?」
「ええ、ありがとう。私、うっかり浮き石を踏んでしまって…ごめんなさい」
抱えていた腕を解くとミスJは赤くなって眼を逸らせた。

 窪地から先、ほぼ平らになって幅が拡がり砂地ながらしっかりしてきた道を、今度は彼女を
先に行かせた。なぜ人を抱えてさっきのような動きができたのか、自分でも信じられなかった。
いや、ミスJも同時に跳び上がり、山肌を蹴った自分の動きにぴたりとシンクロして回転し
同じ方向に身体を捻った。息も上がっていない。
ほっそりした後ろ姿を見せて、ミスJは軽やかな足取りで道を先に進んで行く。

(何者なんだろう?)   
コメント (1)

お前に…

2018-09-29 21:16:06 | ファンフィクション



                 お前に…

「まあ、俺は確実に地獄行きだな」
「ん?」
「あれだけのことをやってきたからな」
「それは俺も同じさ、ジョー。それより案外地獄もいいかも知れんぜ」
「な、なんだと?」
「だってお前が居るじゃないか。それに多分親父もいるだろうしさ」
「じゃ、カッツェやギャラクターのヤツらもわんさか来てやがるってことか」
「そうなるな」
「じゃあ、地獄でも大暴れしようぜ、健」
「ああ、そうしよう」


(あの時は冗談と思って笑い飛ばしたさ)

 

                        *****



伸ばした手指にようやくギャラクター本部の冷たい金属の階段とは異なるものがふれた。
冷たい風にジョーは外へ出たことに気づいた。


『カッツェ様!ゴッドフェニックスが接近してきます!』

『なに!ミサイルで叩き落とせ!』


―フン、竜ならこの霧の中でもゴッドフェニックスを着陸させるさ。ジュンが
誘導のサポートをし甚平が手伝い…健の命令でな―


(あいつに本部の入り口を教えなければ…)
ジョーはすでに感覚の無い全身を引き摺りながら草の上を這った。

抉じ開けた瞼の前にミルクのような霧が流れ、辺りは白く朧に明るい。
(お前の翼の色だな、健。お前は闇を払う光だ。うんと先でその白い翼を広げて
真っ直ぐに天国へ行け!地獄へなんか来るな。来たら叩き出してやる!)


冷気が頬を撫で風が髪を揺らして何時の間にか途切れた意識を呼び戻す。
(…まだ俺は生きてるのかよ…)
ヒマラヤ山脈の最高峰、クロスカラコルムの夜はまだ明けていない。時折の風で霧が払われると
鈍色の空が少しのぞいてまた霧が視界を塞ぐ。
(もうお前と大暴れできそうにないや、あばよ、健。楽しかったぜ)
僅かに意識は戻ったもののとうに力の抜けた身体を草叢に投げ出しジョーは小さく息を吐いて
目を閉じた。



「ガッチャマンだ!」
「捕まえろっ!」
「捕まえろー!」
どのくらいの時間が経ったのか、大地を踏み鳴らす足音と呼び交わす敵の声に遠ざかる意識を
手繰り寄せたジョーは指に絡む草を握り締め、クロスカラコルムに舞い降りた白い翼を求めて
ぐいと顔を上げ、前を見た。

コメント (8)

福岡の旅(2/11-2/12)その1

2018-02-26 00:06:18 | Infini-T Force
インフィニティフォースのコラボカフェがあると知って2月の三連休に福岡まで行ってきました。

移動手段も宿泊場所も含め全部子供に丸投げのお任せ旅です。
コラボカフェを知ったのは先月。毎日チェックしていた航空会社のサイトで、キャンセル発見!
午後2時台の飛行機でしたが、富士山が見えるのは反対側の席。うーん、残念!

福岡に到着後、地下鉄とバスを乗り継いでいざ、カフェへ!
ヒーローカードやコースターゲットのために食べて食べて、飲んで飲んで―。
家族一同、頑張りました!みんな、ありがとう!
コメント

3分でわかる!「Infini-T Force(インフィニティフォース)」TVシリーズ紹介映像

2018-02-20 20:53:30 | Infini-T Force
劇場版本編映像をご覧になってショックを受けたあなた!
TVシリーズ紹介映像で元気になってください。
こちら

何話のどの場面か全てわかる自分がこわい(^_^;)
劇場版予告(安心バージョンの方)に続いています。

さあ、2.24(土)は心の準備をして映画館へバード・ゴゥッ!!!
コメント

劇場版 Infini-T Force 本編映像

2018-02-19 20:35:22 | Infini-T Force
「Infini-T Force」公式が載せているのでご紹介します。

劇場版本編映像⇒ここをクリック

2分10秒あたりからの映像や内容は完成披露上映会で観た時、衝撃的でした。

ポスターにもありますが、劇場版のストーリーは
・正義を見失うな!
・ガッチャマン、さらば友よ です。

「並行世界」についておさらいしてから映画館にいらっしゃるとよりわかりやすいと思います。
楽しい話かどうかは人それぞれです。

コメント