ドラマのとびら

即興の劇や身体表現で学ぶ、教える、浮き沈みの日々とその後

山科四宮

2022-06-07 08:43:11 | 日記・エッセイ・コラム
今日は高齢者大学校の講座で四宮周辺をめぐった。

長年住んでいても、その土地について知らないことがたくさんある。
けれど長年住んでいたからこその思い出もまたある。

山科地蔵。
旧街東海道沿いで毎年行われる山科の地蔵盆は有名で、
東の四宮から西は山科駅前の南北の道にぶつかるところまで、
ずらりと屋台が並んでいた。

幼いころ母が連れて行ってくれた。
屋台の食べ物は「黴菌が心配」」といって買ってもらえなかった。
それでもせがんで飴細工を買ってもらった。

けれど肝心のお地蔵様について、なんの記憶もない。
今回小野篁(おののたかむら)が彫ったと言われる地蔵尊を始めて観た。
石のお地蔵様しかイメージに無かったが、彩色された木のお地蔵様。
しかもけっこう大きい。

ここに手水所があり、旅人や飛脚が休んだという。
高校の地理の時間にここまでフィールドワークに来たことがあった。
きっとお地蔵様の話しもされたのだろうけど、覚えていない。

蝉丸と人康(さねやす)親王の石仏の間に置かれた石造を観て思い出した。
これを「宝篋印塔」という、と。
「宝篋印塔」などという言葉がすらりと出てきて自分でもビックリ!
人の記憶のまか不思議。

私の記憶では、「宝篋印塔」はもっと井戸の近くにあった。
あれから50年。ひょっとしたら邪魔で今の場所に移されたのでは?しらんけど。


諸羽神社。
ここは、高校の時の遊び場というか憩いの場というか。
休校の時、たまには授業をさぼって、友だちとぶらぶらしていた。
何度も来たことがあるのに、岩坐(いわくら)も琵琶石もまったく知らなかった。
50年前も、本当にここにあったの?


一燈園。
突然思い出す。

「とんぼが寂しい机にとまりにきてくれた」 尾崎放哉

高校の国語の時間に習った自由律俳句。
尾崎放哉は一時期一燈園で過ごした、と教師が教えてくれた。

「とんぼが寂しい机にとまりにきてくれた」

詩や俳句が苦手だったのに。
人を求め共にいながらも孤独だった高校時代。

ガイドの方は尾崎放哉が一燈園にいたことはご存じなかった。
でも同じ高校の出身だと分かった。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

夫婦喧嘩はむかしから?

2022-05-12 07:35:46 | 日記・エッセイ・コラム
一時は口をきくのも恐ろしいぐらい険悪だったが
最近はようやく普通に話すようになった

先日、夫が「家をでて部屋を借りたい」という孫の従姉妹に「団地を3万3千円で貸すわ」と言ったことにひどくショックを受けた。
私が団地の部屋をこだわってリフォームした。
お気に入りの場所。今は次男の家族が住んでいる。
その家族が新しい家に引っ越そうとしている。
あとを誰かに貸そうと話していた。

けれど私に何の相談もなく、3万3千円ってどういうこと?
私に相談する気がさらさらないんだ。
悶々とする。
あげく、こだわりを捨てて、夫に大家さんをまかせる決断をする。
夫と話し合うことの困難さを思えば、こだわりを捨てるほうが楽だ。

母の日、めずらしく次男がやってきた。
話しているときに、つい「何の相談もなく家賃を決めた」ことを愚痴ってしまう。
聞いていた夫が「なら自分が大家をしたら?人に押し付けておいて」「いつも上から目線で言うから腹が立つ」という。

息子も「思い入れがあるなら、おかんが管理したらいいやん」という。
そして「あいかわらずの喧嘩やな」「まあ、仲良く暮らしてや」と言って帰っていった。

あいかわらずの喧嘩?
昔はこんなことで言い争った覚えはない、と思ったが。
ぼちぼち蘇ってきたのは、私は夫に対して気に入らないことがあると怒っていたし、時には地団駄踏んでまで怒っていたということ。
言葉で言っても分かってもらえないから。
夫はそういうことがあるといつもダンマリを決め込んでいた。
いつまでも口をきかないこともあった。
けれど私は一過性のこととしてすぐ忘れてしまった。
子どもからしたら、「あいかわらず」のことだったのだ。

あの頃は私にエネルギーがあったのだと思う。
だからいつまでもくよくよすることはなかった。
今は違う。

上から目線で話しているつもりはない。
むしろ話すときに感情をまじえないように気を使っている。
対等に話そうとは思っている。
それを上から目線と思うのは、常に私が下手に出るのが当たり前と思っているからではないか。
私から教わることを極端に嫌う。
「自分は何でも知っているし、いつも正しいと思っている」と私には思える。
アスペルガーだし、男尊女卑の風習から逃れるのもなかなか難しいことだから…と言えばそうなのだが。

夫には「口出ししないから大家さんをお願いします」と言った。
壁がカビだらけだが、そのまま貸すという。
それはどうかと思うが、そのことで言い争いはしたくない。
とにかく争いは避けたい。
一緒にいて、しかも私が楽しくくつろいて暮らせますように。そういう方法を探っていきたい。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

充実のゴールデンウィーク

2022-05-09 15:19:12 | 演劇・映画・音楽・美術
今年のゴールデンウィークはメチャクチャ充実していたので、詳細はまた書けるときとしても、忘れないうちにアウトラインだけでも書いておこう。

4月29日(金)Sさんと
『大河ドラマ「鎌倉の13人」スペシャルトークショーin宇治』
第1部 長村祥知さん<時代考証> 聞き手:宇治市源氏物語ミュージアム館長
第2部 青木崇高さん<木曽義仲役>
    町田悠宇さん<今井兼平役>
木曽義仲の時代の話も面白かったし、「鎌倉の13人」を観ていないにもかかわらず出演者のトークショーは「演じる」という意味で面白かった。

4月30日(土)
出勤

5月1日(日)
恒例の我が家バーベキュー
大人7人、子ども6人
美味しくて楽しいひと時でした。

5月2日(月)
出勤

5月3-5日(火ー木)プレイバック・シアター研究所主催
『「和歌浦」で過ごすゴールデンウィーク合宿ワークショップ
潮みちくればin和歌山』
プレイバック・シアター
散策・詩作・パフォーマンス、他

5月6日(金)
家でひたすら休養、洗濯

5月7日(土)
出勤

5月8日(日)Aさんと
午前 『サロン!雅と俗 京の大家と知らせざる大坂画壇』
京都国立近代美術館
江戸時代後期だけでなく明治・大正そして昭和初期も少し。
それによって日本画の系譜を感じる。
けど、江戸後期からすでに西洋の影響は色濃くあって
絵画の印象の新しさが必ずしも年代順ではなく。
他方で日本独自の戯画的な絵画や
3人の絵師の箕山瀑布図が並べてあったり。
植物図鑑に載るような線描きの竹の絵に感心したり
昭和期の水墨画にターナーを感じたり。
おもしろい日本画展でした。

美術館内のカフェでランチ

午後 『セールスマンの死』
ロームシアター京都
アーサー・ミラー作
広田敦郎訳
ショーン・ホームズ演出
キャスト
段田安則<ウィリー>
鈴木保奈美<妻リンダ>
福士誠治<長男ビフ>
林遣都<次男ハッピー>
鶴見慎吾<友人チャーリー>
高橋克己<兄ベン>

この顔ぶれだけでもゾクゾクする。

SさんやAさんのように誘ったり誘われたりする友人がいて、本当にありがたい!
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ルールを学ぶ

2022-05-01 19:09:03 | 子どもと学ぶ
ゴールデンウィークも中日。
恒例のバーベキューでお腹いっぱいになり、Oちゃん(4歳)が「色オニをしたい」と言い出した。小学生3人と中学生も交えて、私と6人で始める。
さんざん色オニをして、色も出尽くしてきたので、次は「だるまさんがころんだ」をすることに。

電信柱をオニの場所にして、遊び始める。
Oちゃんは飛び出して止まりきれず、「動いた」と言われる。
始めは「動いていない」と言い張ったが「オニが動いたと言ったらその通りにしないとだめ」「みんな自分が動いていないと思っていても、ちゃんといわれたとおりにしているでしょ」と言われ、従うようになった。

今度は、誰かがオニと繋がったところを切っても逃げ遅れて、次のオニにさせられてしまい、オニは嫌だと拗ねる。
「じゃあ、ふうみんと一緒にやってみよう」というとしぶしぶやってみる。

でも、自分が動く番になると、すぐに前に飛び出して、「動いた」と言われてしい、またオニになる。拗ねる。
「オニになるのが嫌だったら、前に出ないほうがいいよ」「誰かの後ろに隠れるんだよ」と言われる。しばらくは、動かないように、見られないように、用心していた。

でもまたオニにさせられる。
一緒にオニをしながら「オニになると面白いよ。『動いた』って言えるよ」というと、今度はひとりでオニができるようになった。

オニになるのが平気になると、また大胆に前に飛び出すようになった。

こうやって、遊びながらルールを学んでいくんだ。
今日は、Oちゃんの成長著しい一日だった。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ダニがチーズをおいしくする

2022-04-30 10:11:28 | 読書

『幻のシロン・チーズを探せ』

チーズが食べたくなる本。
チーズ好き、ワイン好きはこれを読まないではおれないでしょう。

実は島野さんとは以前ダニラー(ダニ仲間)として親しくさせてもらっていました。
島野さんから「分散飼育で、絶滅を防ぐため協力してほしい」と言われ、ミモレットやミルベンケーゼ、アーティズー、ライオル、カンタルのダニを飼育していました。島野さんが遺伝子解析をおこなったというダニです。サレールは記憶にない。

ミモレットがダニと関係しているという話は、ダニ研究に携わっている人なら知らない話ではなかったけれど、島野さんから飼育を託されたとき、「日本のどこかでダニチーズがつくれるといいね」と(自分の育てたダニのチーズで大儲けするなんてことをチラッと夢想したりして)、いっきに身近になりました。

詳しい話を聴いていなかったので、ミルベンケーゼ、アーティズー、ライオル、カンタルという名前はおそらくチーズの名前でダニの種名ではないと思っていたけれど、やはりそうだったのですね。
カンタル以外は、同じ種ということだけれど、同じ飼育条件下で成長度合いが異なっていたのは興味深いです。もともと一緒に住んでいたカビや細菌などの環境が異なったのかもしれません。

けれど大学の職を退くと、大学のように装置がないのでダニの培地となる穀類の粉(餌となるのはチーズのようだけれど)を滅菌する手間や飼育場所の問題(家では冷蔵庫に入れておいたのだけれど)などの問題、何より私のメンタル(退職してエネルギーがガタ落ちになった)の問題もあり、とうとうカビだらけにして飼育を断念してしまいました。(本書で、カビで死んだのではなく、バクテリアのせいで絶滅した結果カビが増殖すると知りました。)

島野さんに「エーッ」と言われたけれど。

大学に勤めた当初、使える実験室がなく、何より他にやることが多すぎて、そこでまずダニ研究に対する情熱が減退してしまったのですが、今となっては1ミリもなくなってしまいました。
それでもダニに対する愛着は今でも感じるのです。

というわけで、私は使命を果たせなかったけれど、島野さんのチーズダニ研究がこんな面白い本になって、よかった!

イラストや写真がふんだんにあるのも楽しい。
イラストは佐々木宏さん。
実は島野さんのもっているダニブローチがうらやましく、私も佐々木さんにブローチをつくってもらいました。メールや郵便のやり取りでお目にかかったことはないのですが。宝にしています。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする