益田森林・林業普及情報

島根県西部農林振興センター 益田事務所

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「田舎もん」主催の森林体験ツアーに参加しました

2015年10月17日 | 木材
 「田舎もん」とは、山口SW会を母体に結成された会で、「四季を感じる田舎の暮らし」をテーマに、地域に根差した住宅づくりを考えるグループです。現在、山口県及び島根県西部の地場工務店14社が会員で、賛助会員を含めると40社余りを数えるそうです。

 「田舎もん」では、3ヶ年の計画で「川上から川中の相互理解」、「川下を巻き込んだ交流イベントの開催」及び「川上から川下までが、地域産業の発展に貢献できる仕組みづくり」を掲げて、活動を展開されています。
 今回はその一環として、当管内で10月2日に森林体験ツアーを実施されると聞いたので、当事務所の林業普及員も参加させてもらいました。
 当日は、当管内森林組合の利用間伐の現場見学からスタートしました。集合場所まで移動する際に降っていた雨もあがり、間伐の現場では、会員の皆さんが森林組合職員からの説明を、熱心に聞いておられました。また、ハーベスタが立木を伐倒、玉切り、そして枝払いをする際には、会員全員が食い入るように見つめられ、作業が終わった時には拍手が起こりました。
  
 その後、場所を移動して意見交換会が実施されました。このたびの「森林体験ツアー」は、工務店自身が山を知ることを目的に企画され、山に入り山を知り木を知ることにより、消費者(施主)へそのことを伝えることができるようになるためのイベントとのこと。しかしいつの間にか、この意見交換会は「田舎もん」会員と、我々林業普及員及び当管内森林組合職員とのキャッチボールの場となりました。
 当事務所職員が資料に基づき管内の森林林業、木材産業の説明をした後、会員の皆さんから山で作業する方の人手不足の解消方法や、地域材の魅力をエンドユーザーに発信する必要性などについて、予定時間を大幅にオーバーして熱く討議しました。

 最後に、当管内森林組合の製材所を見学し、このイベントが無事終了しました。地域材を積極的に活用する工務店との意見交換は有意義であり、このイベントでのつながりを今後の普及活動に必ず活かします。


                                                   (文責 大国隆二)
この記事についてブログを書く
« シンポジウム「もっと知って... | トップ | 公共建築物への流域材利用促... »
最近の画像もっと見る

木材」カテゴリの最新記事