佐藤康行の『真我・サンタ営業』の実践日誌…『ひよこ』から『にわとり』への道

うつに苦しみ社会からドロップアウトした人間が真我(=本当の自分)に目覚め、営業の世界に飛び込み、サンタ営業実践日誌です。

【第283回】真我開発講座との縁とその後の人生④

2019-01-02 18:01:15 | 日記

前回から続きます。

真我開発講座を受講後、自分らしい人生を選び、40代手前にして大手企業を退職した私でした。

人生で初めて自分でやりたいと思った仕事でした。

初めて生き甲斐とやりがいを感じる事もできました。

しかし、この決断に家族は皆100%大反対でした。

それも当たり前と言えば当たり前。

40歳目前にして、なぜ安定した大手企業を辞め、何の保障もない中小企業に飛び込み、給料はゼロスタートのフルコミッション営業の仕事です。

誰もこの選択を理解してもらえませんでした。全く応援してもらえませんでした。

そして、転職した年の収入は前職の4分の1に落ち込んでしまいました。

休みもなく、この状況に危機感を感じた妻とは別居し離婚することになりました。

心の浮き沈みもあり、仕事もこの10年間でアルバイトも含めると12~13回転職しました。

その中にはトップセールスを長く続けた時期もあり、それなりの高収入の時期もありましたが、安定はしていません。

普通の人から見れば、大手企業を退職しなければよかったという話です。

しかし、私はそう思っていないのです。

全く後悔していないのです。

そこを次回書きたいと思います。

ありがとうございました。

コメント

【第282回】真我開発講座との縁とその後の人生③

2019-01-01 16:27:50 | 日記

新年明けましておめでとうございます。

本年もよろしくお願いいたします。

前回から続きます。

真我開発講座を受講し、

『人生の中に仕事を入れよう。』

『自分自身の自分らしい人生を生きていこう。』

という気持ちになった私は、

世間一般では高収入の大手企業のサラリーマンを辞め、心の底から自分がやりたいと思う仕事に就きました。

仕事は決して楽な仕事ではなく、また福利厚生も全くなく、自分が勤めていた大手企業がいかに待遇面でも恵まれ過ぎるぐらい恵まれていたかを思い知らされました。

休みもほとんど取れず、さらに会社に寝袋を持ち込んで泊まり込む生活が続きました。

しかし、後悔は全くありませんでした。

既に40歳間近の頃でしたが、人生で初めて自分が心からやりたいと思える仕事に就いたのです。

厳しい仕事でしたが、命懸けの仕事、やりがいのある仕事でした。

社長にはよく叱られましたが、仕事そのものに使命感を感じていたので、落ち込む事はありませんでした。

ただただ猪突猛進に仕事に打ち込みました。

初めて、自分が自分の人生を生きている感覚を味わいました。

しかし、一見良いことばかりではありませんでした。

次回に続きます。

ありがとうございました。

 

コメント

【第281回】真我開発講座との縁とその後の人生②

2018-12-30 17:39:53 | 日記

前回から続きます。

14年前に真我開発講座を受講し、その後もフォロークラスに通い、私自身がどうなったかと言うと、

職場の人間関係で悩む事が無くなりました。

そして、無理をしなくなりました。

等身大の自分の器が見えてきて、その自分自身の器を少しずつ大きくする努力をしながら、その時の自分の器でできないと思った事は、素直に『できない。』と意思表示するようになりました。

そして、私自身の価値観が変わります。

今では、相応の金銭的収入がある事が一番でしたが、その収入を得るための週5日以上の仕事をしている時間は決して楽しく幸せとは言えない時間でした。

しかし、時間そのものが命である。死ぬまでの一生の時間をどう過ごしていくかが一番大事だという事に気づいたのです。

お金は、時間をより良く過ごすための手段、道具に過ぎないと思ったのです。

佐藤学長の言葉に

『仕事の中に人生を入れるのか、人生の中に仕事を入れるのか。』

という言葉があります。

私は仕事の中に人生を入れていた。

お金を稼ぐ手段の中に自分の人生を無理やり入れようとしていたと気づいたのです。

そして、私自身の人生は大きく根本から変わるのです。

次回に続きます。

ありがとうございました。

コメント

【第280回】真我開発講座との縁とその後の人生

2018-12-26 16:51:18 | 日記

久々にブログを書きます。

自分の仕事の状況は、依然厳しい状況が続いていますが、ふとタイトルのような事を思い、勝手気ままに書かせて頂きます。

真我開発講座を受講したのは、14年前になります。

その時は、大手保険会社のサラリーマンでした。

妻と男の子1人の家庭を持つ、世間一般の平均的なサラリーマン。

収入もサラリーマンとしては高水準でした。

しかし、私は、会社生活で4回、心の病を繰り返しました。

色々な原因があったと思うのですが、一つの理由が、私がやりたいと思って選んだ仕事ではなかったという事でした。

高校卒業し、一浪し大学に行き、まともに勉強せず、単位だけとり、当時のバブルブームで何の苦労もなく大手保険会社に入社。

その会社を選んだ理由は、①給料が日本のベスト5に入るくらい高かったから。②就職活動を早く終わらして優越感に浸りたかったら

という短絡的な理由でした。

就職先を、単なるお金を稼ぐ手段と考えていたのです。

ゆえに、就職してからは土日の休みだけが楽しみで、週5日の仕事は苦痛でした。

仕事そのものに生き甲斐も、やりがいも感じず、ただ惰性で過ごす毎日に、さらに職場での難しい人間関係に巻き込まれて、心の病になるのも時間の問題だったと今では思います。

しかし、真我開発講座を受講した結果、私の人生はガラッと変わりました。

激しく変わりました。

周りから見ると悪く変わっていると思う人もいます。

その辺のところを、赤裸々に私の本音を綴ってみたいと思います。

次回に続きます。

ありがとうございました。

コメント

【第279回】ブログを見てくださっている方ありがとうございます。

2018-12-07 21:19:39 | 日記

しばらくブログを書いていない日が続いていました。

今の仕事を辞めようかと真剣に考えている渦中に、転勤になりました。

新しい環境の中、色々多感な毎日を過ごしています。(笑)

サンタ営業を標榜し、それを今の仕事で顕現したい、証明したいのいうのが、今の私なりのテーマです。

しかし、私の思うようにはいかないのです。

私が思い描くのは、ダントツのトップの売り上げを実現すること。

しかし、現状、新天地でそのような状況にはなっていません。

少し、あがいてみようと思います。

ブログを書いていない間も、私のブログを見てくださっている方が結構いらっしゃいます。

多くはないけど、私のブログを一回一回丹念に読んでくださる方がいらっしゃるのです。

自分の体験を通して、何か一つでもご参考にして頂けたら嬉しいです。

そんなブログを書けるようになるように、少し実践の場でもがいでみます。

色々思いが錯綜するのと、その心がそのまま現象面に現れるため、ブログを書こうという気持ちになれませんが、

また不定期にブログを発信したいと思います。

ありがとうございました。

コメント (1)