ぱる&まりん-ぐるみ



向かって右のかっこかわいいゴールデンがぱる君で、
左のほんわか美女がまりんちゃんです。

ぱる君の特徴は、

男の子らしい丸い頭にクリッと丸い目。
耳は小さく、舌は大きい。
サラサラストレートの毛は豊かで、ゴールドにキラキラ光り、
フサフサの大きな尻尾が自慢です。

と、ママさん。まりんちゃんについては、

小顔でやや(笑)小さな目。
耳は大きく耳や耳下のウェーブヘアが特徴です。
お尻が大きくちょっとポヨポヨの女子体型。

写真を一目見ただけで、ぱる君が男の子で
まりんちゃんが女の子だってわかりますよね♪
そして一目でふたりが仲良しだとも!
でも、ふたりは今お空で仲良く寄り添っています。

 

大きさ   高さ17cm(お座り)、長さ16cm(テディ)(ぱる)
      高さ16cm(お座り)、長さ15cm(テディ)(まりん)
毛の量   40g(お座り)、20g(テディ)
生年月日  2001.4.2~2015.12.13(ぱる)
      2004.8.26~2015.3.8(まりん)
 
 

ママさんにぱる君の性格を教えていただきました。

マザコンと呼ばれ、とにかく甘えん坊で優しい子。
犬にも人にも優しく、揉め事は嫌いで怒ったことは生涯に一度だけ。
敏感なところもあったので、人の気持ちを良く察してくれました。
でも…男子あるあるで、いつまでもお子ちゃま気質が抜けず、
はしゃぎ過ぎ、テンション上がり過ぎで、やらかしちゃう事も度々…

ぱる君の優しい性格は、お顔にちゃんと出ていますよ。
そして、「男っていつまでも子供よね…」と、いい女ふうに呟いてみたクルエラ。

 

ぱる君のエピソードを沢山教えていただきました。

生後40日、コロコロした可愛い仔が我家へやって来ました。
実は、その前にゴールデンの男の子を亡くし、家族中が落ち込んでいるところに、
また笑顔と明るさを、ぱるはくれたのです。
その日から、ずっとぱるは家族に、そしてまりんに寄り添い、
大きな存在で居続けてくれました。

やんちゃぶりはなかなかのもんで…
散歩中に田んぼに飛び込み、泥んこだらけの帰り道…恥ずかしかったなぁ。
ドッグランでは、他所の子のボールを得意げに集めてきたり。
お隣の大好きなおじさんの家へ、いつの間にか上がり込んでた事もあったな。
未だにワン友達から笑われる武勇伝(?)数々…

クルエラの大好物なエピソードを沢山ありがとうございます!
ママさんはそんなぱる君が愛しくてしょうがなかったんですよね~
その気持ち、手に取るようにわかります。

  

そんなぱるもセラピー犬としてゆったりと優しく、
高齢者施設への訪問(AAA活動)、子供達との触れ合い活動(AAE活動)を、
ぱる自身も楽しみながら、ワン仲間達と通っていました。
もっと撫でて欲しいとねだる程、ぱるにもいい時間だったと思います。

シニアになっても、お子ちゃまぶりと優しさは変わらず、
大きな病気もなく過ごしていましたが、
まさか年下のまりんを見送ることになるとは…
いつもくっついてくるのはまりんだったけど、自ら寄り添って、
まりんにかかりっきりになっているママにも、甘えるのを我慢して、
きっとまりんに、「後は兄ちゃんに任せろ。」とでも言ったのでしょう。
まりんは穏やかにお空へ旅立ちました。
大きな体をどんっとくっつけて、残された家族を癒してくれ、
変わらぬ明るさで、落ち込む皆に元気をくれました。

その夏、大きな病気が見つかったぱる君…

顔が腫れたり目も見えなくなったりしましたが、パニックになる事もなく、
最後まで食いしん坊ぶりも変わらず、穏やかな旅立ちでした。

ぱる君らしく、ご家族に心配をかけないよう旅立ったんですね…

 

対してまりんちゃんの性格は、

大人女子…本当は甘ったれのくせにお姉さんぶったツンデレタイプ。
人の話をよく理解し、周りの状況を察する頭の良い子。
食いしん坊。
人にも犬にも優しく接する事が出来る。

さすがぱる君の妹、まりんちゃんも賢くて優しい子!
やや小さなお目々は、とても優しいまなざしをしています。

 

まりんちゃんも色々なエピソードを持っています。

まりんが我家へ来たのは、生後3ヶ月過ぎた頃。
知り合いの「行き場のないゴールデンが居るんだけど…」の一言に、
つい、「ウチ来る?」と言ってしまったママ。家族へ事後報告。
でも、誰も反対しないので、即決。
まりんはウチの子になりました。

先住犬ぱるといるのが嬉しくて嬉しくて、乗っかったり、カミカミしたり、
優しいぱるに好き放題。
そんなある日、「ウーッワン!」と一喝されたんです。
まりんはちょっとビックリしたようでしたが、その後も変わらずの態度でした。

玄関からスリッパを持って来て、ぱるの鼻先に置き、
知らんぷりしてぱるのせいにしたり、
留守中キッチンに入り込みキャベツを食べたり、
本人は内緒でやっているつもりだったようです。
全部ばれていたよ。

ぱるとのボール遊びが大好き。
”ボールを渡さない”というのが楽しかったようです。

まりんちゃんも色々やらかしていましたね。ぷ。
ぱる君が優しいお兄ちゃんでよかったね~

 

セラピー犬としてはまりんが先輩。
穏やかに細める目と大きなお尻は、施設の方ばかりでなく私も癒されました。
セラピー活動に出かける日は朝からわかるので、
いつもルンルン出かけていました。

東日本大震災の大きな揺れは、とてもショックだったようで、
その後は揺れやテレビの速報の音などにも怖がってしまうようになりました。
強がっていても本当は繊細だったりもしたんですよね。

まりんちゃんの方が、ぱる君より先に大きな病気になってしまいました…

辛い時間も長かったけれど、頑張りました。
その頑張りと、辛くても変わらぬ穏やかさに、私達の方が支えられる思いでした。

まりんちゃんも最後の最後までまりんちゃんらしく頑張ったんですね…

  

ママさんから到着メールを頂きました。

涙止まらず、笑いも止まらず、
ギューしてみたり、並べて前や後ろ姿を眺めたり、
言葉ではどうお伝えしたらわからないくらい嬉しいです。

泣いたり笑ったりしてもらって本当に良かったです♪
お空のぱる君とまりんちゃんも喜んでいてくれるかな~
そしてふたりがもっと喜んでいるだろうことがっ!

今は保護犬を迎え、またゴールデンがいるのですが、
ぱるまりんを知らないのに、なぜかぱるまりんぐるみが
気になってしかたない様子です。

きっとその子がふたりの優しい気持ちを受け継いでくれるはず。
ぱる君、まりんちゃん、ママ達はふたりの想いをずっと受け止め続けるからね!

 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

レオ-ぐるみ



レオ君はとってもイケメンなトイプードルの男の子。
頭とお耳がふわふわで、お顔はスッキリとさせたスタイルです。 

顎下や口周りがシルバーっぽく、全体的に黒く柔らかな毛並みです。
普通のトイプードルより体格は大きめで、柴犬ぐらいあります。

レオ君の体重は6.5Kgだそうですよ。
存在感たっぷりのレオ君と同じように、
レオぐるみも140gで高さ26cmのビッグサイズでお作りしました。

 

大きさ   高さ26cm
毛の量   140g
生年月日  2009.2.9

  

ママさんにレオ君の性格を教えていただきました。

自分の為に皆がいると思っていて、少しでも邪険にすると
ホリホリしながら座布団等に八つ当たりをしてます。
寂しがり屋で言葉をきちんと理解できます。
他の犬とすぐに仲良く出来る友好的な子です。

お家の中では王子さまなんですね~
でも他の犬とすぐに仲良くなれるなんてすごい!
頭が良くて、その場の状況をうまく把握出来る子なんでしょうね。

 

エピソードも教えていただきましたよ。

子供が思春期の頃、周りがペットを飼い始め、
ブリーダーさんを紹介していただきました。
他の犬種と共に母親の愛情をたっぷりもらい、4ヶ月頃我が家へ来ました。
私が選んだと言うより、レオが私を選び、
連れて帰ってほしそうに私のひざで遊び眠ってしまい、可愛く思いました。

4ヶ月まで他のわんこや母犬と一緒に暮らしたことが、
レオ君の友好的な性格や頭の良さの基礎になったんだと思います。
うんうん、わかります…絶対にレオ君がママさんを選んだんですよね!

 

とってもやんちゃで、ボールを差し出し「投げて!」と言うわりに、
そのボールを投げようとすると咥えて逃げていました。
探すことが大好きで、5分以上探し回ります。

ご家族と遊ぶのが大好きなんですね~
楽しそうにボールを咥えて逃げ回るレオ君を想像すると、
思わず笑ってしまいます。
そして5分以上探す…根気強過ぎです!

 

ママさんから到着メールを頂きました。 

レオにとっては、可愛い相棒が来たように思ったらしく、
写真を撮り終えたあと、片付けてしまったら、ずっと探していました。

ここでもお得意の探す能力を発揮するレオ君。
根気強く探してくれて、レオぐるみも喜んでいたでしょう♪

来年は10歳になるレオ君。
いつまでも賢く元気で、楽しく探し回ってくれるよう祈っていますよ!

  

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

まりん-ぐるみ

まりんちゃんは真っ黒クロスケのとっても可愛い女の子。
まだ3歳の元気盛りです。

見た目、骨格がしっかりしているように思います。
ぷりんはフィールド系で、スラッと足が長く体も引き締まっていましたが、
まりんは英国系のせいか足が短い気が…
オッターテイルは太いです。

と、まりんママさん。
ぷりんちゃんとは、まりんちゃんの先代の黒ラブちゃん。
以前、ぷりんぐるみも制作させていただきました。

 

大きさ   高さ16cm
毛の量   50g
生年月日  2015.3.8

 

まりんちゃんの性格を教えていただきました。

普段は手のあまりかからない大人しい子。
少しビビリな性格。
お友達のわんこと遊ぶ時は、誘われると断れないようで思いっきり楽しむ子。
onとoffが出来る感じ。

ラブにはハイパーな子も多いですが、
まりんちゃんは、活発なところと大人しいところのバランスが
丁度良くとれているんですね♪

 

まりんちゃんを家族に迎えた時のエピソードがビックリなんです。

先代犬のぷりんが15歳5ヶ月4日で亡くなって、
次の子を迎える為にブリーダーさんを探していた時に、
春生まれの子が良いなと思って、生まれる前に予約をしたら、
生まれた日が先代のぷりんとたまたま同じ誕生日で運命を感じました(笑)

まさしく運命以外の何物でもありません!
奇跡と言ってもいいくらいですよね。
ぷりんちゃんがママのところに帰って来るために企んだとしか…
同じ日にふたりの誕生をお祝いできる…なんて幸せなことでしょう♪

 

先代のぷりんが相当にテンションの高い子だったのですが、
まりんはパピーの時からボーッとした子で、
トイレトレーを3個ほど壊したり、革リードをショートリードにしたり、
手袋を食べたり(翌日出てきた)はしましたが、
基本的にぷりんより育てやすい子です。
大人しいので少し物足りないと思ったり(笑)
我が家の立派なセラピードッグです。

ボーッとしていると言うわりには派手にやらかしているまりんちゃん。
その時はぷりんちゃんが降臨していたのかも。
実は、先代が強烈だと大人しいのが物足りないと思うのはクルエラも一緒。
でもその穏やかさが、沢山の癒しをくれているんですよね~

 

まりんママさんから到着メールを頂きました。

ぷりんは晩年の頃に作ってもらって、

まりんは3歳8ヶ月と若い時期に作ってもらって、
今度は是非まりんがぷりんと同じように
お顔も白くなった15歳目指して、
作ってもらえると良いなと思ってます。

まりんちゃ~ん、お顔がぷりんちゃんより真っ白になるくらい、
健康で長生きしてくれるよう、クルエラも祈っているからね!

 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ばにら-ぐるみ



ばにら君は優しい笑顔がとっても可愛いイエローラブの男の子。
ばにママさんにばにら君の特徴を教えていただきました。

スタイル抜群、アイラインくっきりのフィールドタイプのイケメン男子。
いつの間にか出現した右耳の妖怪アンテナとトンガリ頭がチャームポイント。
妖怪アンテナは抜け毛と間違われることがしばしば(笑)

本当だ!
右のお耳にアンテナが!!
今回はテディのばにぐるみに妖怪アンテナをお付けしました♪
抜け毛と間違われませんように。ぷ。

 

大きさ   長さ24cm(うつ伏せ)、長さ22cm(テディ)
毛の量   70g(うつ伏せ)、40g(テディ)
生年月日  2001.11.22~2016.1.1

 

実は、ばにママさんからお問い合わせを頂いて、
ばにら君のサンプル毛糸をお作りしたのが14年前でした。
その後、オーダーストップばかりでご迷惑をおかけし、
やっと昨年オーダーをお受けすることが出来ました。
でも、その間ばにら君はお星さまに…
ばにら君、元気な内に分身に会わせてあげられなくてごめんね。
そして、長い間ずっとばにら君の毛を大切に保管し、
諦めずにオーダーしてくださったばにままさんには感謝の気持ちで一杯です。

  

ばにら君の性格は、

雷・花火・地震(緊急地震速報も)が苦手。
ヘタレでちょっと神経質でキレイ好き。
食べることが大好きな食いしん坊。
おやつを持っている人・くれる人はわかってました。


ちょっと怖がりなところがあったんですね。
ラブが食いしん坊なのは想定内!
でも一番は、

こちらの気持ちや状況を理解でき、喋れなくても会話ができる頭の良い優しいコ。

そうそう、それが何より。
ばにママさんを見上げるばにら君の目は、
「ママのことは何でもわかっているよ!」と言っています。

 

ばにら君は頑張り屋さんでもありました。

5歳半のときMDS(骨髄異型性症候群)と診断され、
東大動物医療センターに通院していましたが、
その聞もセラピードックとして、
AAA(動物介在活動・AAE(動物介在教育の活動をしていました。
2015年12月中旬、年は越せないと宣告されましたが、
紅白を一緒に見て、2016年をプレゼントしてくれた
とってもとっても親孝行なコです。
往診に来てくれた鍼灸の先生の治療中、
頑張っているのはママを「ボクが守る」からだと伝え、
空に還った日には「ありがとう、もう大丈夫」と
先生に挨拶に行った律儀な息子。
私が守っていたのではなく、ずーっと彼に守られていたとは… 
ばには最高のパートナーだよ!!


ばにら君自身が病気を抱えているのに、
セラピードッグとして沢山の人を癒してあげていたなんて…
ちょっと怖がりなところがあっても、
芯のところはとっても強い子だったんだと思います。
それもこれも、ママを守るために!

 

ばにママさんから到着メールを頂きました。

可愛い可愛いばにぐるみ、帰ってきました!!

郵便局の配達の方が勤め先に届けてくれて。
ばにのコトも良く知っている方なので、
その場で一緒に対面してもらいました。
二人して涙々で…
一生の宝物だねって言ってくれて。
その通りです。大事に大事に大事にします!

ばにら君は周りの人みんなに愛されていたんですね。
お空の上でも、沢山の人や沢山のわんこ友達に愛されていることでしょう。
そして今でも、ばにママさんのことをしっかり守ってくれているはずです。

 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ララ-ぐるみ

 

ララちゃんはとっても美しい、やや小ぶりなバーニーズの女の子。
お花とバーニーズをこよなく愛するママさんが、
洗練された素敵な写真を沢山見せてくださいました。
もちろんお花も綺麗ですが、負けず劣らずララちゃんも綺麗!
こんな綺麗なモデルなら、ママさんの写真の腕が鳴るのもわかりますね♪
そんなララちゃんですが、昨年若く美しいまま、
お花が散るように天使になってしまいました…

 

大きさ   長さ27cm
毛の量   80g(白・茶部分羊毛混紡)
生年月日  2011.2.14~2017.2.13 

  

ララちゃんの性格をママさんに教えていただきました。

ハイパー。内弁慶。
猫とか小動物を見かけると猛ダッシュして突進する。
体を動かすのが好きだったので川遊びや雪遊びによく出かけた。
一人っ子になり小さい頃から小型犬と遊ぶことが多かったためか、
自分より大きい犬とは遊べなかった。

一見、おっとりとした印象ですが、意外にも機敏な動きをするララちゃん。
その上、小型犬とばかり遊んでいたなんて!
クルエラは知っています。
小型犬が怖がらずに遊べる大型犬は、本当に優しいわんこなんですよね~

 

ララちゃんにはこんなエピソードや、

シャンプー時ストレスなのか、終わると二部屋を猛ダッシュして走り回っていた。

いくら小ぶりなバーニーズとは言え、体重35kgだったララちゃんが、
猛ダッシュで家の中を走り回っている様子を想像するだけで、
クルエラは「ひゃ~!」と悲鳴を上げてしまいます。
また、ララちゃんのお家がか~な~り広いこともわかってしまいました。

 

仰天エピソードも!

帰省中の孫との散歩時、
ララが舐めたところが赤くなったので、孫のアレルギーを心配して、
ララを近寄らせないように、私の腰にリードを巻いて歩くことにしました。
娘とおしゃべりしながら歩いていて、猫を見つけたララが猛ダッシュしたため、
私はアスファルトの上にたたきつけられて大腿骨頚部骨折をしてしまいました。

あぅ…
大型犬と暮らすリスクはこう言うところなんですよね。
骨折までは至らなくても、引き倒されたことがある人は沢山いると思います。
でも、こんなことがあってもママさんのバーニーズ愛が止まることはなく、
初代バーニーズれおん君、2代目ララちゃん亡き後、
現在は3代目ロジャー君と暮らしていらっしゃいます。

  

こんな事件も!

川を挟んだ土手を散歩中、反対側の土手に散歩する犬が現れた時、
土手を駆け下り川にダイブ!
その時はリードが手から離れたので、
パンツの膝辺りに穴が開いただけで済みました。
思ったより高さがあったのに驚いて、川の水の中に立ちすくんだララです。
でもひとりでは斜面に上がってこれなくて、
斜面を途中まで下りてカラーをつかんで引き上げた私です。

陸でも川でも思い切りが良すぎるララちゃん…
ママさんに怪我がなくて何よりでしたが、
川の中から大きな犬を引き上げるママさんの姿を想像したら笑ってしまいました。

とにかくハイパーで、でも訓練所では主人のことが気になって探してばかり。
ノーリードにすると主人を探して逃げ出すので訓練にならずでしたよ。

ハイパーな子は大変なことも沢山ありますが、
その分、ララちゃんの周りにはいつも笑いが溢れていたことでしょう。

  

ママさんが、ララぐるみとロジャー君の写真を撮ってくださいました。
ララぐるみのそばでゆったりとくつろいでいるロジャー君。
ロジャー君がハイパーじゃなくてホッとしているクルエラです。
そして、ララぐるみもララちゃんと同じように、
綺麗なお花と一緒に写真を撮ってもらって♪
ママさんのバーニーズ愛、れおん君とララちゃんへの想いは、
こうやってロジャー君へと引き継がれ、ずっと続いていくのです…

 

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

彩音&伝次郎-ぐるみ



向かって右の細面の美人さんが彩音(あやね)ちゃんで、
その隣で人の良さそうな笑顔を浮かべているのが伝次郎君です。
彩音ちゃんはwanko-amiに、なんと3回目の登場!
伝次郎君は2回目の登場となります。

伝次郎君のチャームポイントをママさんに教えていただきました。

年々大きくなってきているのですが、頭のてっぺんのアンテナが特徴です。
まっすぐではなくて、右に傾いています。
きっとここは伝次郎のパイロットが住んでいると思います(笑)

確かに前より大きくなっているような…クルエラ触ってみたいです♪
そして彩音ちゃんは、

伝次郎よりは小さいですが、頭のてっぺんにまっすぐのアンテナがあります。
舌に黒いところがあります。
ゴールデンなのにしっぽは高く、いつもピンッと立っています。
すっごく美犬さんです、親ばかですが(^_^;)

親ばかでもなんでもなく、彩音ちゃんは誰が見ても美犬さんですよ~
そんな彩音ちゃんですが、寂しいことに2016年お星さまになってしまいました…
今回は彩音ちゃんが最後に遺してくれたものを形にさせていただきました。

 

大きさ   長さ20cm(彩音・テディ)、長さ26cm(伝次郎・伏せ)
毛の量   40g(テディ)、100g(伏せ)
生年月日  2009.4.28~2016.5.14(彩音)、2011.7.30(伝次郎)

 

彩音ちゃんの性格は、

若い時からずっと、とってもやんちゃなガキ大将でした。
小さい時は、本当におてんば娘で、何でも自分が一番がイイ!という子でした。
お気に入りのおもちゃは絶対に離さないし、
食べ物も自分が一番に食べたい子です。

どんな時も甘~いパパが大好きで、いつもパパにべったりでした。

これは生まれながらのお姫様気質です!

 

それに対して伝次郎君の性格は、

人見知りで、知らない人が「可愛い~」と言いながら伝次郎に近づいてくると、
「ピーピー」とウロウロしながら叫び出して、
もっと近づいてくると「ウォンウォン」と吠え始めます。
どう接したらいいのかわからなくて、困った時はこの態度をします。
伝が喜んでいると思って、みなさん近づいてくれるので、
吠えたとたんにビックリされて、いつも謝っています。

怖がりなところもあるので、カミナリが大嫌いで、
なぜか誕生日の日は毎年大雨とカミナリです。

「私が一番」な彩音ちゃんと、ちょっとシャイな伝次郎君。
絶妙なバランスのコンビでしたね~
それにしても神様、伝次郎君の誕生日にカミナリは勘弁してあげてください!

 

彩音ちゃんのエピソードは次から次へと盛り沢山!

すごくやんちゃなおてんば娘でしたが、伝次郎や年下の子を見ると、
面倒見の良い優しいおねえちゃんでした。
これは昔からではなくて、だんだんそういうふうに変わってくれました。
だから、年下のお友だちは「彩音ねえちゃん」と慕ってくれていました。 

前にもお話しましたが、パパっ子の彩音はお散歩もパパと一緒じゃないとイヤで、
パパが熱を出して寝込んでいても、ママとのお散歩は歩いてくれなくて、
結局は負けてしまって、熱を出しながらパパも一緒に散歩に行きました。
「絶対にアタチのために来てくれる」ってわかっていたんだと思います。
パパは甘いですから(笑)
でも体を動かして、風邪も治ってしまいましたが(笑)

遊ぶことが大好きで、ボール遊びでもプールでも雪遊びでも、
永遠に遊んでいました。
疲れを知らないのかと思うほど、ずーっと遊んでいました。
それで、遊びが終わったとたんに歩き方がトボトボになってしまうほど、
何ごとも全力でした。
自分の体力が分からないほどおバカなのかと心配しました(笑)
おかげで私も体力がつきましたが(^_^;)

彩音ちゃんと言えば、元気一杯!天真爛漫!なイメージでしたが、
おねえちゃんらしい優しくて面倒見の良い一面があったんですね。
パパ大好きな話は、もしかしたらパパの方が彩音ちゃんのことが
大好きなのかもと思いましたよ~

 

昨年、伝次郎君ファミリーに新しい家族が増えました。
ゴールデンの怜音(さとね)ちゃんです。

今まではおねえちゃんの彩音に頼ってばかりだったので、
新しく怜音が来た時はどうなるかものすごく不安だったのですが、
意外とおにいちゃんで、怜音が悪すぎる時は本気でしっかり怒ってくれます。
でも噛んだりしないので、とても優しい子なんだと
怜音が来て初めて伝次郎の本当の姿を知りました(笑)
ただ、一緒に遊んだりするほど、まだ気を許したわけではないみたいで、
おもちゃの引っ張りっこはしますが、
怜音がプロレスごっこをしようとすると怒っています。
怜音は伝次郎おにいちゃんが大好きみたいで、いつも寄って行くのですが、
伝次郎は迷惑そうな顔をしています。
いつかは仲良くしてくれるのかな…

ネコが大好きで、子ネコを保護したりするといつも伝次郎が見守ってくれます。
2歳のネコは小さい時、伝次郎が遊んであげたりしてくれました。

今度は伝次郎君がおにいちゃんになって、妹の面倒を見る番になったんですね。
ママさんもパパさんも感慨深いものがあると思います。
それにしても、ネコを見守っている伝次郎君のまなざしが優し過ぎる!

 

さて、妹の怜音ちゃんがどんな子かと言うと、

彩音と同じく、とってもわんぱくなジャイアンみたいな女の子です(笑)

伝次郎君はやんちゃな怜音ちゃんに振り回されているそうですよ~
そう言われれば、彩音&伝次郎ぐるみが届いた時の怜音ちゃんの顔が、
「何これ?ワクワク!頂戴!早く頂戴!!」って言っているように見えます。
そしてやっぱり、ぐるみの写真撮影時には、
怜音ちゃんはハウスに隔離されたそうです。ぷ。

 

ママさんからメールを頂きました。

今までに作っていただいた勇蔵ぐるみ、彩音ぐるみ、伝次郎ぐるみを並べて、
幸せな気分になりました~♪
きっと怜音はスネていますが(^^ゞ

勇蔵君と彩音ちゃんがお星さまになって寂しくなったと思いますが、
彩音ちゃん以上にやんちゃな怜音ちゃんがいますものね。
たぶん、怜音ちゃんの中で彩音ちゃんが生きていて、
一緒にお転婆しているんだと思います。
伝次郎君、おにいちゃんは大変だね~
でも、ママさんやパパさんが感じているように、
伝次郎君も怜音ちゃんの中に彩音ちゃんを感じているような気がします。
だから、怜音ちゃんと必ず仲良くなれるはず…だよね、彩音ちゃん♪

 

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

健太-ぐるみ



健太くんは大きなミニチュアダックスの男の子。
お座りポーズテディポーズに続き、wanko-ami3度目の登場です。

ちづさんに、健太くんの特徴を教えていただきました。 

ヨコヅナです、病気をして痩せてもヨコヅナでした。
真っ黒の優しいお目々の健太くん。
お顔が大きく4頭身(涙)
立派なしっぽが自慢。

ちづさんがこよなく愛する健太くん…
お星さまになってから、まだそれほど日が経っていません…

 

大きさ     長さ21cm
毛の量     40
生年月日    2003.3.3~2018.5.26

 

健太くんの性格を教えていただきました。

家族を思いやる優しい性格。

ごはんよりもおもちゃが大好きでした。
グレースちゃんには負けないかも???

おっとりさんですが、おもちゃに関しては性格が変わるほど必死でした。

絶対グレースより健太くんの方がおもちゃ好きですよ~
だってグレースは食べ物の誘惑にすぐ負けましたから…

とても甘えたさん。
おじいちゃんになってからは益々赤ちゃんのようで可愛さ倍増×100倍!

どうしてわんこは年をとればとるほど可愛くなるんでしょうね。
白くなったお顔が愛しくて愛しくて…

 

思い出も沢山!

水泳が大好きで、毎年5月~10月頃まで泳いでいたヨコヅナダックスは、
カワウソ健太と呼ばれていました。
流れに逆らってグイグイ泳ぐ姿はダックスとは思えないほど!
もうみんなが帰るよ~と言っても、ひとりだけ川に浸かって上がろうとせず、
じっと悲しそうに座ってました。
 

ダックスは見た目からしてカワウソっぽいのに、
健太くんが自由自在に川を泳いでいたら、
「絶滅した日本カワウソ発見か?!」てなことにもなりかねません。 

  

2015年に馬尾のヘルニアになってからはとてもかわいそうでしたが、
車イスでもガンガン走っていました。
再生医療のため遠いところまでカバンに入って電車で通いましたが、
おとなしいのでとても助かりました。
亡くなるまでの3年間は、出かけると言えば病院ばかりでかわいそうでしたけど、
嫌がりもせずおとなしく、どこの病院でも褒めてもらいました。
よく頑張りました!
本当によ~く頑張ってくれました!

健太くんも頑張りましたが、ご家族も本当によく頑張られたと思います。
自分が良くなる為に、ご家族が出来る限りの手を尽くしてくれたこと、
それは健太くんが一番よくわかっているはずです。

 

最期は、なんでこんなにいい子がこんな辛い目にあわないといけないのか…
と思うほど
でしたが、
最期の最期まで綺麗な真っ黒の目で私たち家族を見つめていました。

しばらくは最期のシーンを思い出して涙してしまうかもしれませんが、
必ずいつか、笑って健太くんの思い出を話せる日が来ますから!

 

ちづさんから、「健太くんが帰って来ました」と題するメールを頂きました。
そこには健太くんへの深い想いが…

15年と2ヶ月ほどでしたが、
中身の濃い楽しい幸せな時を、健太くんにいっぱいもらいました。
健太くんにありがとうをいっぱいいっぱい伝えたいです。

あれから健太くんの夢をまだ1度も見ません。
それは、今もずーっと健太くんはこのお家に居て
みんなのことを見守ってくれているからだと思っています。
これからも、ずーーっと一緒にいるはずです。

クルエラもそう思います!
健太くんは、今もこれからもご家族の中で生き続けているのですから…

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

ろーじゃ-ぐるみ

ろーじゃ君は、アメリカンコッカーの男の子。
きりっとしたお顔のイケメンです。

トライカラー(黒が多め)。
やや小柄で、骨格が華奢で薄くて平べったい感じとママさん。

実は、14年以上前にろーじゃ君と一緒に暮らしていたありょーしゃ君
編みぐるみも制作させていただきましたが、
今はふたりともお星さまになってしまいました…

 

大きさ   高さ14cm
毛の量   40g
生年月日  2002.10.25~2017.6.3

 

ろーじゃ君の性格を教えていただきました。

コッカーらしく明るく無邪気で明るい仔で、
最期までマザコン犬(主人を冷遇してました・笑)。
仔犬~若い頃は「超」がつくほどのビビりでしたが、
10年近くのロシア生活でビビりを克服。
雷とか、散歩とか…

海外生活が、人間だけでなくわんこをもたくましくさせるなんて!

ありょーしゃの頭がしゃっきりしていた頃は、
ろじはただただ甘え上手な典型的な次男犬でしたが、
(ありょは賢いけど、
ろじは可愛いのが仕事なw、
ちょっとおバカな仔だと思っていました)
晩年ありょが痴呆になり、ろじの希望の代弁が
出来なくなると、
ろじ、急激に賢く成長。
最終的には、可愛いふりして結構腹黒い仔になってしまいました…

当初はありょーしゃ君に何でもお任せで甘えていればよかったけれど、
これは自分がしっかりしなければと危機感を持ったんでしょうね。
ろーじゃ君も、元々頭が良かったんだと思います。
可愛い顔して腹黒いなんて、クルエラなら完全に貢がされてますわ。

 

エピソードは興味深いことばかりです。

我が家には2頭A・コッカーがいたのですが、
兄貴犬ありょーしゃ(約1歳半年長)とろじは小さい頃から仲がイマイチで、
最終
的には、「お互いを透明犬」と思うことで、
何とか一緒に暮らしてきたように思います。
大きな喧嘩は若い頃に数回あった
きりで、その後はお互い無視。
最後の最後まで一度も、「本当は仲良しなんだよ♡」
なんてそぶりは見せませんでし
た…
多頭飼いだったのに残念です。
一度も躰をくっつけて寝たことすらありません
(体が触れるとお互いあからさま
に嫌な顔をしていた)。

一緒に暮らしているからと言って必ず仲良くなるという訳ではないんですよね…
ウチの犬猫たちもそんな感じです。
でも、彼らは彼らなりにお互いの距離感を測って、
ほどよい関係を保っているような気がします。
そして、仲良しではなくても、家族として大切に思っているはず!

 

兄犬が病気のデパートだったせいで、ろじも常に病院に「お供」していましたが、
彼自身はほとんど病気もせず。

さすがに晩年の1年は腎臓の数値がかなり悪く毎日輸液が必要でしたが、
自宅での輸液も大人しくさせてくれ…本
当に親孝行でした。
ありょーしゃが本当に本当に本当に大変だったので、
ろじがいてくれたおかげで、「犬を飼うのは、
本当は楽しいんだ(笑)」
って思えた気がします。

長いロシア駐在生活も病気もせずに付き合ってくれ、
本当に楽しい15年半でした
(ちなみにありょはあちらでも病気
三昧で超大変でした…親不孝者)。

病気がちなわんこと暮らすことは、想像以上に大変だったのでしょうね。
時間もお金もかかるし、何より心労が多いですから…
ただ、ふたりが親孝行でも親不孝でも、
ママさんパパさんにとっては、愛しい愛しい息子たちだったに違いありません。

 

ろーじゃぐるみが届いてジーンとしてしまったというママさん。

最後にろじぐるみも作ってあげられたし、
「兄弟は公平に」のモットーを貫けて清々しいです!
良かった。

お空のありょーしゃ君とろーじゃ君も、ほんの少し距離をとりながら、
「ママ、僕たちのこと思い出して泣いてるね…」
なんて話合っているかもしれません。
そしてふたりとも、「ママとパパの子で良かったね!」って言っているはずです。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

美游&竜-ぐるみ



まるでぬいぐるみのように可愛いふたり♪
珍しい白黒パーティーカラーのトイプードル美游(みゆう)ちゃんと、
真っ白ふわふわなボロニーズの竜之介くんです。
遊ママさんが、愛情たっぷりに育てている子供達ですが、
実は竜くんは、遊ママさんにとって2代目の竜くん。
遊ママさんは、wanko-amiの初めてのお客様で、
先代の竜ぐるみも制作させて頂きました。
あれから17年・・・早いものです。

  

大きさ     高さ15cm(美游)、高さ17cm(竜之介)
毛の量     どちらも40g
生年月日    2013.2.21(美游)、2014.1.1(竜之介)

 

先代竜くんはお星さまになってしまったけれど、
美游ちゃんと竜くんには、ボロニーズのお姉ちゃん萌ちゃんがいます。
10月には17歳になる萌ちゃんは、だいぶ足腰が弱ってしまったそうですが、
食欲は旺盛で、朝晩スプーンでごはんを食べさせてもらっているんですって。

まるで赤ちゃんのような萌ちゃんが可愛くて可愛くて…
美游ちゃんも竜くんも萌ちゃんの事が大好きで、
萌ちゃんの傍に寄り添っている事も多く、見ててほのぼの~幸せ気分です。

と遊ママさん。
「今まで沢山幸せをくれた萌ちゃんだから…」と、
お世話が大変だなんて微塵も思っていないご様子でした。
萌ちゃんもご家族も本当に幸せ♪
そんな幸せな毎日のブログはこちら↓ 
Bolognese ふわふわぁ~な日々 お写真日記

 

美游ちゃんの性格を一言で言うと、

不思議ちゃん

どこか捉えどころのない性格だそうですよ。
でも、こんな一面も…

音に敏感で、ワンワン言う事が多いのですが、
美游ちゃんがワンワン言うのには全て意味があるのです。
年老いた萌ちゃんが困っている時には必ず美游ちゃんが知らせてくれます。
今では萌ちゃん専用の介護士さんのようで、一杯助けてくれているのです。

萌ちゃんはこんなに優しい妹を持って幸せね♪

 

美游ちゃんのエピソードを教えていただきました。

ホームセンターのペットコーナーで5ヶ月半で売れ残っていた子でした。
以前、白いプードル、黒いプードルを飼っていたので、二人を合体したような子。
生後1ヶ月半くらいにお店に置かれ、行く度に見ていたのです。
最初はとっても可愛かったのですが、行く度に汚くなっていき、
可哀想に思えて来て、我が家に迎える事にしたのです。
白プードルの名前が「みらちゃん」、黒プードルは「遊ちゃん」だったので、
みらちゃんから「み」を貰い、遊ちゃんから「ゆう」を貰い、
美游(みゆう)ちゃんと名付けたのでした。

生まれた時からお姫様のようにしか見えない美游ちゃんにも、
辛い時があったのですね…
でも、遊ママさんちに迎えられた美游ちゃんは、なんて強運なんでしょう!

 

最初は美游之介と呼ばれるくらい、女の子とは思えなかった美游ちゃんでしたが、
日に日に可愛く女の子らしくなりました。
遊び好きで、人もワンコも大好きなフレンドリーな子です。
去年の夏までは一度もカットせず、フルコートだったので、
誰が見てもプードルとは分からなかったようで、
会う人会う人に「何の犬種ですか?」と聞かれていました。
トイプードルだと答えると、
「染めてるのですか?」と言われることも多々あるのです。

クルエラもパーティーカラーのトイプードルは初めて見ました。
フルコートの美游ちゃんも可愛いですが、
カットのスタイリングもお洒落で個性的で、本当に素敵!

 

竜くんの性格は、

超甘えたさん

ベタベタの甘えん坊だそうです。
そりゃ、こんな可愛い子に甘えられたら、目に入れても痛くないですよね~

 

竜くんのエピソードは…

大好きだった先代竜くんが亡くなった後、
ボロニーズのブリーダーさんのご厚意で、我が家に迎える事になりました。
1月1日生まれのおめでたい男の子。
全てに先代竜くんの面影を追い、甘やかして育ててしまい、
超甘えたさんになってしまいました💦

お気持ちよ~くわかります。
クルエラもブログを拝見する度に、
そこに先代竜くんがいるような錯覚に陥ります…

 

自由奔放で、我儘放題、小さい頃は悪戯も一杯しましたが、
今ではすっかり落ち着き、
先代竜くん同様、宝くじ大当たりです♪
まるで先代竜くんが入っているかと思わせてくれるところもあり、本当に可愛い~
欠点はコロコロの子豚ちゃん。
シャンプーに出した時に、トリマーさんに
「美游ちゃんは濡れたら小さくなるけど、竜くんは濡らしても変わらない」
と言われるくらいにコロコロなのです💦
何処ででもへそ天で寝てる天真爛漫で超甘えたさんの竜くんなのです。

よく先代竜くんの時にも、宝くじ大当たり!って仰っていましたよね。
遊ママさんちはハズレなし!
でもって、コロコロでも子豚ちゃんでも可愛ければ問題なし!
と言いたいところですが、竜く~ん健康の為に少しダイエット頑張って~
って、クルエラお前もな!

 

遊ママさんから、ぐるみ達の写真を沢山送っていただきました。

美游ぐるみ、竜ぐるみ、本当にありがとうございました♪
見れば見るほど細部にわたりそっくりで、感動・感激しています。
主人も大喜びでした♪

クルエラは、「遊ママさんちの子はどうして皆こんなに可愛いんでしょう?」
と聞いた時の遊ママさんの言葉が忘れられません。

「そんなの簡単よ。
毎日毎日、可愛いね~可愛いね~って言っていればいいのよ。」

わんこは可愛いと言ってもらえることが、
愛されている証だと言うことをちゃんとわかっているんですよね。

 

遊ママさんが、世の中で一番初めにwanko-amiを見つけてくださったこと、
また新しい家族の毛をクルエラに託してくださったことに、
感謝の気持ちで一杯です。
これからも萌ちゃんの穏やかな毎日が続きますように、
そしてご家族皆さんが健康でありますよう祈っております。

コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )

びりーぶ-ぐるみ



びりーぶちゃんは天真爛漫な笑顔が可愛いチョコラブの女の子。
なんと17歳ですって!
お顔もだいぶ白くなりましたが、これがまた一層愛しいんですよね♪
ママさんによると、ちょっと太り気味と言うびりーぶちゃん。
まだまだ体に沢山エネルギーを蓄えているようです。

 

大きさ   長さ30cm
毛の量   110g
生年月日  2010.4.10

 

びりーぶちゃんの性格をママさんに伺ったところ、

気が強い

の一言が!
とっても優しそうに見えるびりーぶちゃんですが、
芯が1本しっかり通っているんですね。

 

17歳のびりーぶちゃんですが、

若い頃は、夏は休日に川遊び、寒くなると自転車で散歩。
筋肉たっぷりのわんこでした。
現在は寝たきりですが元気です。

とのこと。
泳ぐの大好き、走るの大好きだった子が動けなくなったのは寂しい限りですが、
今は、穏やかで静かな毎日を、
びりーぶちゃんなりに楽しんでいるのだと思いたいです。

 

また、こんなエピソードも。

びーが12歳までは、義父が毎日の散歩を日課にしていて、
決まった時間に2時間ほど散歩のお供をしていました。
近所では名物の、「じーちゃんと散歩する茶色いわんこ」で有名でしたが、
その義父も5年前に亡くなりました。

2時間もお散歩を!
おじいちゃんもびりーぶちゃんも、ふたりでお散歩するのが大好きだったんですね。
お互いの歩調に気を配りながら、時々目を合わせて歩く姿が目に浮かぶようです。
ご近所の方達も微笑ましく見ていたことでしょう♪

 

ママさんから嬉しいメールを頂きました。

17歳を迎え出来ない事がほとんどになり、
残り少ないびーとの生活に、
新しいびーの分身が届き、とても感謝しております。
年齢を重ね、喜怒哀楽の表情も乏しくなって
しまいましたが、
写真を送らせていただきます。

びーぐるみを背中に乗せて、車椅子でお散歩するびりーぶちゃん♪
出来ない事が多くなっても、こうやってお散歩出来るなんてすごいです!
そのお顔からも、嬉しそうにしているのがよくわかりますよ~
やっぱりびりーぶちゃんは毎日を自分なりに楽しんでいるはず!!
それもこれもご家族の献身的な愛情があってこそ。
びりーぶちゃんは本当に幸せなわんこですね。
これからも、びりーぶちゃんの幸せな毎日が続きますよう祈っています。

コメント ( 5 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ