サラ-ぐるみ



サラちゃんは、まだ2歳半の元気溌剌な女の子。
毎日が嬉しくて楽しくてしょうがないようなお顔をしています。

小柄なGRです。飾り毛などは多くて長いです。
いつも口角が上がっていて笑顔の表情がとても多いです。

とママさん。
もちろん、サラぐるみも口角を上げたニッコリ笑顔ですよ♪
先代GRのさくらちゃん、キャバリアのすみる&みみちゃんに続き、
サラちゃんの毛もwanko-amiで形にさせていただきました。



大きさ    高さ15cm
毛の量    40g
生年月日   2018.2.14



サラちゃんの性格を教えていただきました。

とてもGRらしい性格です。
走ったりワンプロしたりするのが大好きです。
元気で活発ですが、誰に対しても穏やかでフレンドリーです。
人の話を良く聞いて従おうとする面もあります。
我が子ながら快活で素直で良い子だなと思います。

サラちゃんは、GRの良いところを全て持っているわんこのようです。
ママさんご自慢の娘ですね!
ただ、GRの困ったところを知り尽くしているクルエラは、
サラちゃんの食欲はどれほどなのか気になるところです。ぷ。



サラちゃんにはこんなエピソードが・・・

GRさくら、CKCSすみる・みみを亡くして、
悲しくてもう犬を家族に迎えるのはあきらめようと思いました。
ところが、日々主人も私も寂しさが募り・・・
そんなある時、さくらの遺影が私はここにいるよと教えてくれたのです。
あるブリーダーさんのピンクリボンでした。
思えばさくらは何もかもピンクのさくら色でした。
それが目印だよという声が聞こえてきました。
私は涙が止まらなくなり、さくらが私たちを心配して
今世に生まれ変わってきてくれたんだと信じられました。
そうして迎えたのがSarahです。
名前もふと頭に浮かんだのがサラでした。
さくらだからサラなんだなと思いました。
今はSarahを迎えてとても幸せです。

さくらちゃんがサラちゃんをご家族の元へ連れて来てくれたんですね。
そしてサラちゃんの中にさくらちゃんが生きていること・・・
これもよくわかります。
そうやってわんこ達の魂が引き継がれ、
私達を幸せに導いてくれるのだと思います。
わんこは本当に優しい生き物ですよね。



ママさんから無事到着のメールを頂きました。

サラぐるみやって来ました!感動です。
さくらぐるみ、すみるぐるみ、みみぐるみと対面を果たしました。
さくらぐるみ、すみるぐるみ、みみぐるみも喜んで笑っている様に感じました。
くしくも今日はさくらの11回目の命日です。
喜んでくれていると思います。

さくらちゃんの命日にサラぐるみがやって来たなんて!
サラちゃんはさくらちゃんの生まれ変わりと言うことで、
クルエラが認定させていただきます!!
って、クルエラに認定されても何の説得力もないか・・・
でも、サラちゃんがこれからもずっとその笑顔でご家族を幸せにしてくれることは、
絶対に絶対に間違いありません!


コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )

はな-ぐるみ



はなちゃんは、天真爛漫な笑顔が可愛いアメリカンコッカーの女の子。

毛の色はゴールデンバフ。
子犬の頃はミルクチョコレートのような色でしたが、

だんだん薄く落ち着いた毛色になりました。
とにかくデカい骨太ちゃん。
ブリーダーさんには、はなを迎えに行った際、何度も何度も
「大きいですよ。大丈夫ですか?血統的に大きくなる子ですよ」と念を押された程。
実際会ったはなのママは、ムチムチの『ビックママ』でした。
中型犬のオールドタイプのコツカーなんだと思います。
胸に大きな白いエプロン。
両手両足には白い手袋と靴下をはいています。

と、めぐねねさん。
体重は16Kgあるそうですよ♪

めぐねねさん御家族にとって、はなちゃんは3代目のアメコカちゃん。
シェルティーの舞ちゃんも含め、初代めぐちゃん 舞&めぐ-ぐるみ
2代目るみちゃん るみ-ぐるみ と、
全員のわんぐるみを制作させていただきました。

はなちゃんは初代のめぐちゃんにソックリだそうで、

「めぐが時々遊びに来ては、はなの中に入っているのかな?と思ったり・・・
(イタコか?!?!)」

とひとりノリツッコミをするお茶目なめぐねねさんです。



大きさ    高さ15cm
毛の量    50g
生年月日   2017.2.27



はなちゃんの性格は、

『頑固』納得するまで動かない。
しかし、元来は陽気なコツカースハニエル。
いつも短い尻尾プリプリ、その為寝たフリもすぐにバレてしまい
ます。
寝る時は鴨や雉のぬいぐるみが必要。
これを咥えながら伏せをすると
眠くなった合図。
各部屋に最低1匹は用意しています。

各部屋にぬいぐるみを最低1匹用意ですと?
これはお嬢様犬確定です!

先代のるみちゃんが、病が見つかってから20日ほどでお空に還ってしまい、
あまりに急なお別れで、めぐねねさんもお母さまもペットロスに・・・
そこではなちゃんとの出会いがあったそうです。

彼女が我が家に来た日から、沈んだ太陽がまた戻ってきました。
家の中に温かい光が差しました。
いたずらっこの子犬相手に、「臥せてばかりはいられぬ」と母も復活です!
たとえ日々の生活の中で困
難な事が起きても、
「我が家は大丈夫。だってはながいるもの!」の精神です。
このコに出会ったご縁に感謝です。

わんこを失った悲しみは、どうしようもなく深いものですが、
それを救ってくれるのもまたわんこなんですよね。
はなちゃんがめぐねねさんちに来てくれて本当によかった!

 

はなちゃんには頑固者のエピソードがあるそうで。

我が家では、代々ワンコのトイレはひとつ決まった場所があったのですが、
はなは何度も何度も何度も何
度も何度も教えても誘導しても
その場所には頑としてせず、あっちフラフラ、こっちフラフラと
色んな場所で
オシッコをして、まったく覚えてくれませんでした。
もう家中がトイレシートだらけの日々。
数か月経ったある日、階段の上から『ワンワン』と鳴き声が。
見に行くとオシッコの横にはドヤ顔のはな。
その時です、「アタシここに決めたから。ヨロシク!」と
彼女の意思がはっきり私の脳に伝わってきました。
次の日からは、嬉ション、ふてくされション以外は、
ちゃーーーーんとできるようになりましたよ。
(親ばかですみません)

気に入った場所を決めるまでこだわり続けたはなちゃんは、
確かに頑固者かも。
そして決めたからにはきちんと筋を通すところも、
意志の強いはなちゃんらしいです。

こんなエピソードも。

ピーピー鳴るおもちゃが大好きで、沢山のおもちゃの中から
いつもお気に入りのボールやぬいぐるみ
を鳴らしてくれます。
連続で強弱の付いたそのピーピーは、まるで音楽を奏でているかのようで、
はなはご
機嫌なのですが、TVの音や会話が全く聞こえず・・・
でも家族みんな拍手で褒めてあげます。
(家族みんな親ばかですみません)
拍手するまで止めないんです。
拍手するともっと鳴らすんです。
それがまた可愛くて・・・(親ばかですみません)

これは・・・
はなちゃんのエピソードと言うより、ご家族のエピソードでは?!
はなちゃん、愛されてる~♪
そして、家族みんなで拍手している様子を想像すると、
楽しくて仕方がないクルエラです。ぷぷ。

めぐねねさんから到着メールを頂きました。

可愛いです可愛いです堪らんです。
当たり前ですが、一体一体毛の質が違うんですよね。
感触がまた愛おしいのです。
そこがクルエラさんのwanko-amiのスペシャルな所です。

ありがたいお言葉と、歴代ぐるみ達の勢揃い写真も送っていただきました♪
そして、ここでもはなちゃんの面白可愛いエピソードが。

もうね、はなはクルエラさんが作ってくださった鴨に夢中で大変です。
興奮しちゃって写真が撮れないっ!

確かに鴨を見つめるはなちゃんの目が異様にキラキラしています!
で、次の日に送っていただいたはなちゃんの写真が・・・

頭の上にちびっこ鴨を乗せている写真→
まだ頭の上にモノを乗せるのは練習中なのです。
が!この【落としてなるものか】な顔をご覧下さい。

はなちゃん、我慢してますね~、エライッ!
↓ の写真の表情の違い、面白すぎます!!
こんなはなちゃんがいるめぐねねさんちからは、笑い声が絶えないはず♪
あと、ピーピー音と拍手も!

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

あずき-ぐるみ



あずきちゃんは、丸顔でコロンとしたとっても愛らしい女の子。

背中の毛が一部黒く、Yの字のようになってます。
尻尾の真ん中と先端の毛が黒いです。

と、ママさん。

実は、上の写真のあずきちゃんの後ろに写っているのは、
以前制作させていただいたちゃまめちゃん♪
ちゃまめちゃんは今年2月17日に16歳と4か月で虹の橋を渡ってしまいましたが、
今は、あずきちゃんと弟分のコタロ―君8歳で仲良く暮らしています。



大きさ   長さ25cm
毛の量   80g(黒部分羊毛混紡)
生年月日  2007.12.23



あずきちゃんの性格は、

穏やか。甘ったれさん。何をされても大丈夫。よく笑ってます。
子犬の時から、まったく手のかからない子でした。
オヤツが欲しい時は吠えてうるさいですが・・・

おぉ、優等生そのものですね♪
あずきちゃんは、ママさんご自慢の娘に違いありません!



あずきちゃんにはこんなエピソードも・・・

誰に対しても穏やかで、いつも笑顔で尻尾ふりふり。
背中をなでるとひっくりかえってお腹を出して、なでてなでてと催促してきます。
1歳の時、肝内シャントと宣告され、肝臓も普通の半分しかなく、
3歳位までしか生きられないと獣医さんから言われましたが、今12歳。
頑張ってます。
子宮水腫、乳腺腫瘍等、オペも何度もしてますが、
やれることはやってあげるつもりです。
まだまだ長生きしてほしいです。

元気一杯に見えるあずきちゃんですが、
色々な病を乗り越えて12歳になったんですね。
こうやって元気でいられるのには、
ママさんの深い愛情と手厚いお世話があったから。
ちゃまめちゃんが亡くなった時、ママさんはこう仰っていました。
「介護状態にもなりましたが、できることはしたつもりで後悔はありません。
覚悟が出来る時間もあり、親孝行な娘でした。」
ママさんはこれからのあずきちゃんにも、
持てる全ての愛情を、持てる全ての力を注いでくれるはずです。
ちゃまめちゃんも、あずきちゃんも本当に幸せな子!



ママさんから到着メールを頂きました。

めっちゃ可愛いです。

そして2ショットの写真も♪
あずきちゃんは自分の分身を不思議そうに眺めていますね。
12歳とは思えないほど若々しいあずきちゃんですが、
これからもご家族の愛情をたっぷり受けて、元気でいてくれるはずです!

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

シナモン-ぐるみ



シナモンちゃんは、穏やかで優しいお顔をした美人さん。
チャームポイントは、

黒目がちな真ん丸の目
尻尾の毛だけ立派

と、masumiさん。
確かに、なんて愛らしいつぶらな瞳をしているんでしょう♪

実はシナモンちゃん、以前制作させていただいたChaiちゃん&Latte君の妹分。
残念ながら、今はみんなお星さまになってしまいました。



大きさ   高さ13cm
毛の量   20g(Chai&Latte毛混紡、一部羊毛使用)
生年月日  不明~2018.11.23




シナモンちゃんの性格を教えていただきました。

大らか(よく言えば)
ジャイ子的なキャラで、お兄ちゃん的存在のラテぽんに対して、
自由かつ気ままに振る舞っていました・・・
が、実はとても頼りにしていて、甘えん坊さん。
存在そのものがとてもとても可愛い、ちょっとドンくさい子でした。

ジャイ子ですと?!
その優しいお顔の印象とは正反対なイメージですが、
それもこれも、ラテぽんがシナモンちゃんを思いっきり甘えさせて、
大きく包み込んでいたからでしょうね。
シナモンちゃん、良いお兄ちゃんがいてよかったね!



シナモンちゃんにはこんなエピソードが・・・

2015年1月、繁殖場崩壊の現場からレスキューされたシナモンを家族に迎えました。
前年11月に、頼りにしていた姉犬のChaiを亡くし、
淋しくてたまらなかったLatteを見て、妹分を探していて巡り会いました。
推定年齢は6~7才、フィラリア陽性でしたが、
とても大らか(と言うか、かなり大ざっぱ)で、
我が家に来た初日からヘソ天で寝られるようなシナモンに、
Latteも私もとても癒されました。

シナモンちゃんの写真からは、そんな辛い過去があったなんて
微塵も感じられません。
ずっと愛されて育ったわんこの顔をしています。
きっとmasumiさまご家族とラテぽんが、
過去を忘れてしまうくらい、沢山の愛情をかけたからですね。



家に来て9ヶ月後には転勤の為アメリカへ。
子供時代をやり直すかのように、自由に、いつも一生懸命に、
そしてチャーミングなキャラで生き抜いて、
2018年11月にアメリカで亡くなりました。

一緒にいられた時間は短かったかもしれませんが、
幸せをギュッと濃縮した時間を目一杯謳歌したシナモンちゃん。
いつだって、「最高に幸せ!」と言っているようです♪



シナモンぐるみ到着のメールを頂きました。

手にした瞬間に口からでたのは、「お帰りなさい」でした。
また心の奥にある、シナモンを失ったことの痛みが少し和らぎました。

そしてこんな嬉しい写真も・・・

現実では叶わないチャイラテシナモンぐるみの集合写真です!

きっと今はお空でみんな仲良く集合していますね。
そして、masumiさんご家族をみんなで見守ってくれていると思います。

コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )

モカ-ぐるみ



モカちゃんは、体重2.6Kgの小さくて最高に愛らしい女の子。
アプリコット色の繊細でフワフワな毛をしたトイプードルです。

小ぶりでとても華奢な子です。
典型的な小顔でマズルは短く、
目と鼻は真っ黒で真ん丸く、
お顔の中心に3つの黒が「キュッ」っと集まっています。

女の子らしく耳の毛は長め残していることが多かったです。

とママさん。
モカちゃんは誰が見ても、ザ・女の子!と言った感じですよね。
髪飾りもとてもよく似合っています♪

抜歯の影響もあり、最期の最期のほうは、常に横っちょにベロが出ているという、
完全にペコちゃんスタイルでした(笑)
そうなる前は、いつでもお口は閉じていたんですけどね(^^;
モカといったらベロ♪みたいに、チャームポイントになっていました。

クルエラだったら、モカちゃんの可愛いちっちゃなベロを、
しょっちゅうツンツン触っていたかも。
そしてモカちゃんにものすごく嫌がられていたかも。

そんな愛しい愛しいモカちゃんですが、昨年お星さまに・・・



大きさ   高さ17cm
毛の量   30g
生年月日  2002.12.23~2019.6.13



ママさんにモカちゃんの性格を教えていただきました。

どんなwankoもそうだと思いますが、健気で我慢強い子です。
それでいて筋は通っていて、周りに流されない、意思も強い子です。
wanko友達にはまったく興味がなく、飼い主さんの方へまっしぐら!!
特に60才以上のおばちゃま、おばあちゃまが大好きで、
お散歩中に遭遇すると面識がないにもかかわらず、
尻尾がちぎれるほどの猛アピールで、愛想をふりまいていました。

こんな可愛い子に大好きアピールされた女性達は、
さぞ嬉しかったでしょうね~
でも、その理由が「60才以上だから」と知ったら・・・ぷぷ。
いや、年をとるのも悪くないと思ったはず!



微笑ましいエピソードも一杯です♪

当時9歳だった息子のたっての希望で家族となったモカ。
息子以外はなかなか賛成しなかったけれど、よくある話で、彼の熱意に負けました~
もちろん、息子とモカを繫いでいた運命の糸には心から感謝しています!

お子さんにせがまれて飼うことになったwankoに、
結果、家族みんながドハマりしてしまったパターンですね。
そりゃ、モカちゃんの魅力にあらがえる人なんていませんて!

車に乗ると、窓を全開にして風を受けるのが大好き。
真冬でも、鼻と耳がキンキンに冷えて、
取れちゃうんじゃないかと
思うくらいでも平気。
真夏の熱風もおかまいなく、モカの気が済むまでこちらも我慢してました。

車の箱乗りが好きなのは大きいwankoのイメージがありますが、
そんな小さい体で真冬も真夏も思いっきり風を受けていたなんて!
モカちゃんの意外な一面です。
モカちゃんは、「ワイルドだろ~」と言っていたとかいないとか。

食べ物では、焼き芋が大好きでした。
『待て!』のあいだは、いつも震えが止まりませんでした(笑)

お水を飲むときは、必ず後ろ足でステップを刻む姿が、今でも焼き付いています。

クルエラの頭の中で、モカちゃんの面白可愛い仕草が完全再現されました!
小柄なモカちゃんは、どんな動きもキュートだったでしょうね~



ママさんからモカぐるみ到着のメールを頂きました。

モカのその日が近づいていることを感じていた頃は、
淋しさでいっぱいでしたが、いざそうなった時は、
これでもうモカを失うことはない、これからはずっと、
今まで以上に長く、永遠に一緒にいられるんだなと思ったものでした。

モカぐるみを手にして、やはりその思いが一層強くなりました。

ママさんのモカちゃんへの想いに、クルエラ心が震えました・・・
そうですよね。
もう失うことの恐怖心を持たずに、ずっと一緒にいられるんですよね・・・



モカちゃんを迎えるきっかけとなった息子さんもすっかり大人になり、
結婚して独立されたそうですが、モカぐるみに会いに来てくれたとのこと。
そしてキッチンに立つ息子さんを見上げるモカぐるみの写真がっ!

何度見ても、錯覚しちゃいます!!
これこれ!この佇まい!って。
「何かくれないかな~?」て、辛抱強く待ってる何百回も見た光景です♪

そこにモカちゃんがいる!と言っていただきました。
うんうん、いつだってそこに、ご家族の傍にモカちゃんはいるはずです。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

バーツ&ハクム-ぐるみ



抱っこされてご機嫌なMダックスのふたりは、
左がお兄ちゃんのバーツ君(ゴールド)で、
右が弟のハクム君(ブラックタンパイポールド)です。
ハクム君は、ふたり一緒に抱っこされているのが嬉しいのか満面の笑顔♪
一見クールに見えるバーツ君ですが、嬉しくて口角が上がっているのを、
クルエラは見逃しませんよ。

そんな仲の良いふたり。
お空に行くのも、あまり間を置かずに旅立ってしまいました。
ご家族はきっと、「そこまで仲良くしなくても・・・」と悲しんだはずです。



大きさ   長さ17cm(バーツ・お座り)
                      長さ18cm(ハクム・お座り)

毛の量   どちらも30g
      (ハクムぐるみには一部羊毛混紡・茶色部分バーツ君の毛使用)

生年月日  2002.1.25~2018.3.18(バーツ)
      2004.2.23~2018.10.12(ハクム)



綺麗なゴールドのコートを持つバーツ君。

普通のダックスよりマズルと胴が短い

とママさん。
だから女の子のような愛らしい雰囲気があるんですね。



ハクム君は、ブラックタンパイポールドと言う珍しい毛色。
複雑な毛色ですが、とっても魅力的!
吸い込まれそうなクリクリなお目々もチャームポイントです。



バーツ君の性格は、

おっとりで優しい

とママさん。
性格がそのままお顔に出ていますね♪



バーツ君に対してハクム君は、

やんちゃ、とにかく元気

これまた性格がそのまんまお顔に出ている気がします。
好奇心旺盛な目をしていますよね。



ママさんに、バーツ君のエピソードを教えていただきました。

子犬の頃に散歩をしていたら近所の犬に噛まれてしまい、
犬が嫌いになってしまいました。
ドッグランに連れて行ったりしましたが、全然ダメでした。
思い切ってもう一匹飼えば、犬嫌いも少しは良くなるかとハクムを迎えました。
ハクムが子犬だったからか、初めからとても仲良くしてくれました。
他の犬にはやっぱりダメでしたが、ふたりが毎日仲良く過ごしてくれていたので、
兄弟を作ってあげてよかったです。

犬嫌いになってしまったことは、ご家族も心配なさったでしょうが、
こうやって弟のハクム君を迎えて仲良く過ごせたことは、
バーツ君にとって、とても幸せなことだったと思います。
家族みんなが仲良しであることが一番の幸せですから!



ハクム君のエピソードも・・・

とにかく元気で、いつも走り回ったりジャンプしたりで、
その元気過ぎで4歳の頃ヘルニアになってしまい、3度の手術をしました。
トイレも自分で出来なくなり、毎日決まった時間に出してあげていました。
車椅子を付けると、いつまでも走り回っていました。

ハクム君も辛かったでしょうが、ご家族もそれ以上にお辛かったことでしょう。
どんなに心配し、お世話も大変だったことか・・・
でも、ご家族の深い愛情があったからこそ、
車椅子になっても、生き生きとした表情と、
屈託のない笑顔を見せてくれたのだと思います。
何より車椅子でいつまでも走り回っていたなんて!
さすが元気印のハクム君、アッパレです!!



ママさんから無事到着のメールを頂きました。

あまりの可愛さとそっくりなので、みんなでお帰り~と迎えました。
夫は何度も名前を呼んで頭を撫でていました。
家族でしばらくにんやりしていました。

私達家族の一生の宝物です。

ご家族みなさんでバーツ&ハクムぐるみを囲み、
ニコニコしている様子が浮かんできて、こちらまで幸せな気持ちになりました。
ふたりがご家族にどれだけ愛されていたかが、あらためてわかりましたよ。



また、写真にはバーツ&ハクムぐるみと一緒に写る猫ちゃんが・・・

3ヶ月前に家の庭に迷いこんだ猫(♀・9ヶ月)を保護して家族に迎えました。
バーツとハクムとは会ったことがないのに、
わんこぐるみを置いたら優しく匂いを嗅いでいました。

猫ちゃんは、バーツ君とハクム君がいてくれたからこそ、
自分がこの家に迎えられたことがわかったんだと思います。
バーツ君とハクム君は、新しい家族が増えたことを喜んでいるはず。
猫ちゃんはまだご家族に懐いていないそうですが、
ふたりがお空から見守ってくれているから、絶対仲良くなれますよ!
だってふたりは、「家族仲良しが一番幸せ!」って言っていますから・・・

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

そら-ぐるみ



美しいバラの花をバックに、それ以上に美しく、
華麗な雰囲気を醸し出しているそらちゃんは、
Mダックス(チョコレートタン)の女の子。
以前にもそらぐるみをお作りしたので、wanko-amiには2度目の登場です。

飼い主の親ばかのせいか分かりませんが、とても17歳には見えない外見です。
そらの若々しさを見ていると、奇跡に立ち会っているような気さえしてしまいます。
最近皮膚を患っていて、自慢の毛が少し薄くなってしまいましたが、
毛むくじゃらは相変わらずです。

いえいえ、決してママさんの親ばかのせいではありません。
誰がそらちゃんを見て17歳だと思うでしょう!
ゴージャスな飾り毛も可愛いお顔も相変わらず。
どうしたらその齢までその美貌を保てるのか、教えてもらいたいくらいです。

  

大きさ     長さ16cm(四足立ち)、高さ9cm(テディ)
毛の量     30g(四足立ち)20g(テディ)
生年月日    2002.9.30

 

ママさんにそらちゃんの性格を伺いました。 

大人しくてマイペースは相変わらずですが、
歳を重ねてマイペースに益々磨きがかかったかもしれません。

益々マイペースになったと言うことは、益々人間に近づいたと言うことですね。

 

最近のそらちゃんの様子は・・・

前回製作をお願いしてから、3年経ちました。
目はまだしっかり見えてるものの、耳は大分遠くなってしまいました。
飼い主が帰宅しても気づかず寝ている事がほとんどになりました。
飼い主の見送りと出迎えがないのは今に始まったことではないのですが、
出かける時は「行ってらっしゃいおやつ」を自分で持って来て、
食べ終わったら玄関から立ち去り寝てしまい(笑)、
帰って来ても中々気づかず、気づけば「お帰りおやつ」をまず探し、
おやつさえ食べれば、また寝てしまいます(笑)

思った以上にマイペース!
でも、周りに気を遣い過ぎず、
自分がしたい事だけをしているのが長生きの秘訣なのかもしれません。

 

耳が遠くなったせいで食センサーは大分鈍りましたが、
それでもキッチンでご飯の支度をしているとほぼやって来て、
食いしん坊が衰える気配がありません。
自分が食べたいタイミングでおやつを持ってくるのも相変わらずです(笑)

咥えてますね~
まさかのおにぎりまで!
そしてママさんをじっと見つめるオリーブ色をしたビー玉のようなお目々も、
相変わらずの可愛さです。

 

歳をとったせいか、環境の変化にかなり弱くなってしまいました。
今までは一緒に寝ていたのですが、夏は涼しいリビングで独り寝させていたら、
2階で一緒に寝る事を嫌がるようになってしまいました(涙)
こたつの時期はこたつ布団の上で寝ているのですが、
こたつをどかして掃除している間は、ややパニック状態です。
こういうパニック状態の時や何か困ったこと?があると、
ひとりになるとペットシーツを掘るようになってしまって、
我が家では「掘りぞう」と呼んで諦めています(笑)

こんなに可愛いそらちゃんが、「堀りぞう」と呼ばれているとは!
そう呼ばれていることにご本犬が気付いていないことを願うばかりです。
ぷぷ・・・笑ってごめんね、そらちゃん。

 

我が家はローテーブルで食事をしてます。
そらはまぐろのお刺身が大好きなのですが、
買ってきたトレーの蓋の上にそら用のまぐろをわけて、
テーブルの端に置いておくと鼻でツンツンしてトレーを落とそうとしたり、
テーブルに足をかけてトレーのまぐろを食べようとします。
食べ物に関してやって良い事悪い事を分かっていたはずなのに、
食い意地に勝てなくなってきました(笑)
飼い主が「もう歳だし・・・」と色々甘やかす様になったせいかもしれません^^;

↓ の写真のそらちゃんは、パパさんに何かをねだっているところでしょうか。
超真剣な目!
確かに、高齢になった我が子は甘やかしてしまいますよね・・・ウチもそうです・・・

  

歳をとってご飯前のお座りが中々出来なかったり、
色々出来ない事が増えてしまいましたが、
シニアの可愛さは言葉では言い表せない~と益々溺愛しています。
でも飼い主が「そら大好き~」と匂いを嗅いだりハグしたりすると、
すぐ腕をすり抜け「そんな事するならおやつちょうだい」と
言っているかのようにおやつを探して持ってきます(笑)

本当に、わんこはどうして年をとればとるほど可愛くなるんでしょうね。
元々溺愛されていたそらちゃんが、益々溺愛されたらとろけてしまうかも♪
ママさんの腕をすり抜けてしまうのは、とろけ防止の為?
いやいや、やっぱりおやつ命!なんだと思われ。

 

ママさんから無事到着のメールを頂きました。
初代そらぐるみも揃うと、圧巻の眺めです。
写真撮影の際には、こんなアクシデントもあったようで。 

おやつで釣ってるので、テディそらはヨダレの餌食になりました(笑)
そらのエキスがついて、益々愛着あるものになりました。

ヨダレが出るのも若い証拠!
ママさんはそらちゃんの成人式を目指しているとのことですが、
この調子なら実現するかも♪
クルエラも実現を祈っています。
そらちゃん、これからもおやつ命のマイペースでいいから、
ずっとママさんとパパさんのそばにいてあげてね。
でも、時々はママさんの腕の中でとろけちゃってもいいからね。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ジャビ-ぐるみ

ジャビ君は、ゴージャスなコートが魅力的なアメリカンコッカーの男の子。

白黒茶の黒毛が多目のトライカラーです。イケメンです。  

とママさん。
以前、ろーじゃぐるみを制作させていただきましたが、
ジャビ君とろーじゃ君は同胎兄弟なんだそうです。
道理で似てる!で、ふたりともイケメン!!

2005年にはジャビ君と一緒に暮らしていた
エル君の編みぐるみも制作させていただきました。
エル-ぐるみ(ページの下の方にあります)
ジャビ君は昨年お星さまになり、今はお空でエル君と暮らしています。

 

大きさ   高さ16cm
毛の量   60g
生年月日  2002.10.25~2018.5.11


 

ジャビ君の性格を教えていただきました。

ママちゃん命のストーカー(笑)
でも、食いしん坊さんも凄くて!
もしかしたら私オヤツに負けるんじゃない?と感じることも(笑)

それを言ったら、クルエラなんかオヤツに全敗・・・
と言うか、オヤツと闘う前に勝負あったでございます。
オヤツといい勝負が出来たママさんは、どれだけジャビ君に愛されていたことか!

 

人が大好きで皆にジャビたんジャビたんって可愛がられました。
気が強く合わない仔とは血をみるほどのバトルに!!
大好きなお友達にはすごく友好的で、
自分からお尻を持っていきマウントしてもいいよって!!
私の言うことはピシッと聞いてくれる、とても頭のいい仔でした。
そしてとてもとても可愛い仔でした。

アメリカンコッカーはメリーコッカーと呼ばれるほど陽気なわんこと聞きます。
その上、こんなにイケメンなジャビ君ですから、
どれだけ皆に可愛がられたことか。
この笑顔はまさしくメリーコッカーです!

 

こんなエピソードも伺いました。

ジャビは最後認知症になり寝たきりになりましたが、
苦しまず眠る様に息をひきとりました。
手のかからないとてもいい仔で、頭のいい仔でした。
沢山の思い出がありすぎて、楽しい思い出ばかりで、
思い返すといつもにやけてます(笑)
エルとジャビと過ごした年月は私にとってかけがえのない日々でした。

最後は寝たきりになったと言うことですから、恐らく介護も大変だったと思います。
それでも、手がかからなかったと仰るママさん・・・
どれだけジャビ君を愛し、大切にしていたかがわかります。
ジャビ君、ママの仔で幸せだったね・・・
ママさんもエル君とジャビ君のママで最高に幸せだったって!

 

ジャビぐるみの到着メールを頂きました。

ジャビ最高です!もろジャビですね!!
感激してます。ウルウルしてます。
ジャビが帰って来たって(つд;)
エルぐるみよりリアルに思います。

主人にジャビぐるみを見せたら、主人もウルウルしてましたよ!
柄、毛の感じ、表情、全てジャビだぁ!って(笑)

ママさんもパパさんもウルウルしてくださったなんて、クルエラも感激です。
ジャビ君も喜んでくれているかな・・・
そして、エル君と一緒にお空の上からママさんとパパさんを見守っていてね。
ママさんにずっとストーカーしててもいいからね・・・

 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ピウピウ-ぐるみ



ピウピウちゃんは、ボルゾイ×Aマラミュートの珍しいMIXの女の子。

耳と鼻と黒目が大きい

とピウピウちゃんの特徴を教えてくださったピウママさん。

その個性的な美しさは神々しいほどですね。

 

大きさ   長さ20cm(うつ伏せ)、長さ16cm(テディ)
毛の量   30g(うつ伏せ)、20g(テディ)
生年月日  2003.5.19~2019.7.30

 

実は今回ピウピウぐるみを制作させていただくのは、
2006年2011年に続きなんと3回目!
ゆったりと寛いでいるうつ伏せポーズと、テディポーズの2体です。
うつ伏せポーズの方は、喜んでいる時の耳を倒した状態で。
今年旅立ってしまったピウピウちゃんの、最後のピウピウぐるみとなりました。 

 

ピウピウちゃんの性格は、

おとなしくて、優しくて、滅多に吠えなかったので、
大きいのに時々存在を忘れるくらいでした。


ピウピウぐるみを初めて制作させて頂いた頃はやんちゃもしたようですが、
年を重ね、その優雅な外見そのままに、
穏やかでゆったりとした性格になっていったのですね。

 

ピウピウちゃんらしいエピソードも・・・ 

親バカですが本当に美しく、見知らぬ人からディズニーのプリンセスみたい、
高貴なお方が歩いてきたみたいと声をかけられたりしました。
おとなしく人懐っこいので、散歩中に近所のジジババに可愛がられていました。
ピウピウちゃんに会えたから元気が出たよ!って声をかけてもらったりしました。

ピウピウちゃんに声をかけたくなる気持ち、よくわかります。
特別なオーラを持った美しいわんこですものね。
クルエラだったら、ありがたくて思わず手を合わせてしまうかも。

 

2月に前庭疾患を発症してから体調が不安定でしたが、
まさかこんなに早くさよならが待ってると思いませんでした。
4月に海に行ったのが最後の遠出でした。
少し耳が遠くなり目も多少は白くなっていましたが、痴呆も出ず、
旅立つ5日前まで歩いていました。
年齢的には大往生ですが、もっとしてあげられる事があったのではないかと
後悔の日々です。
 

うちに来てくれてありがとう。毎日が楽しかった。
彼女には感謝しかないです。これからもずっとずっと大好きです。

追記
上の文章は私が書きましたが、旦那に何かエピソードが無いか聞いたところ、
「16年間ずっと可愛かった」とのことです。

ピウママさんとピウパパさんのピウピウちゃんへの想いが伝わって来て、
胸が一杯になりました。
ピウピウちゃんは、これ以上ない深い愛情を注がれていたと思います。

 

ピウピウぐるみが到着して、ピウママさんが
歴代のぐるみ達との写真を撮ってくださいました。
お骨になったピウピウちゃんも一緒です。
そしてありがたいお言葉も・・・

可愛くて涙が出ました( ; ; )
ありがとうございます、呼びかけたら今にも尻尾を振りそうです!
旦那さんから、とても特徴をとらえてもらって嬉しいですって伝言です。
(開封してすぐにチューしてました)

wanko-amiを始めてから長い年月が経ちましたが、
その愛らしい名前と言い、個性的な美貌と言い、
ピウピウちゃんはクルエラにとって忘れられないわんこになりました。
そしてもちろん、パパとママの心の中で、ずっとずっと生き続けてくれるはずです。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

るな-ぐるみ



るなちゃんは優しく穏やかなお顔をしたMダックスの女の子。
艶々したブラッククリームの毛色が美しいわんこです。

 

大きさ   高さ12cm
毛の量   40g
生年月日  2006.8.8


 

るなちゃんの性格をママさんに教えていただきました。

甘えん坊で繊細な寂しがり屋

その美しい見た目通りのお姫様気質ですね♪
そんなるなちゃんを、思いっきり甘やかして可愛がっている
ご家族の様子が目に浮かぶようです。

 

お姫様で繊細なるなちゃんですが、お家では、

いつもこんな格好でよく寝ています。

と、ママさん。
あられもない格好で寝ているるなちゃん。
ヘソ天で寝ていられるのは、大好きなご家族に囲まれ、
何の心配もないからなんですよね~

 

そんなるなちゃんですが、実は今大変な病気と闘っています。

るなは5年前位に慢性肝炎と診断され、ずっと投薬を受けていましたが、
6月末に急に元気がなくなり、診断してもらったところ、
肝臓にしこりが出来ていて、それが破裂して出血し、
貧血していることがわかりました。
そのしこりは肝臓の奥の方にあり、大変もろくて薄いので、
よほどの技術を持った名医が手術しても、成功するかどうかと言う難しいもので、
たとえ手術しても手術中に死んでしまったり、
転移する可能性もあるとのことでした。

家族でよく相談した結果、年齢的にも(13歳)
入退院を繰り返して体に負担をかけるより、

残った日々を我が家で過ごさせてやりたいと決めました。
幸い、3日間の入院で輸血をして出血も止まり、今は元の状態に戻りつつあります。
ただ、いつまた出血するかわからないので、
しこりのある体の右側をぶつけたりしないよう、

抱っこも最低限にして見守っている状態です。

ご家族の皆さんは、どんなにご心配され、悩まれたことでしょう・・・
でも、ご家族で決めたその選択が、
るなちゃんにとって一番幸せなことだと思います。
るなちゃんにとっては、ご家族と一緒にいることが一番の薬なのですから。

 

ママさんから無事到着のメールを頂きました。

本当にるなそっくりで嬉しくなりました。
るなにも見えたらどんなに良かったことでしょう。

家族もるなぐるみを見てそっくりだと大喜びしています。


るなちゃんもきっと自分の分身だとわかっているような気がします。
だよね、るなちゃん♪
これからもご心配なことは変わらないと思いますが、
るなちゃんとご家族の幸せで穏やかな毎日が
ずっと続きますようお祈りしています。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ