広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

階段を見下ろす

2014-05-06 20:27:48 | 風景

階段
その団地は昔蛇山と言われた蛇の多い山を壊して建てられたそうだ。
だから眺めがいいので、たまに長い階段を登って来てみる。
下りの階段を見ると すごく気持ちがいい。


(RICOH CX6)


コメント

2009年夏の木工所 CX1のちから

2014-05-01 19:06:58 | 風景



今日は初夏のようないい感じだった。

2009年8月27日、CX1で撮った写真。
もうCX6とCaplio R5しか残っていないけど、CX6では出せない味かな。



リコーはCXシリーズは6でお終いにしたようだが、寂しい。

コメント

鶴見川の夕暮れ

2014-03-15 21:40:46 | 風景

鶴見川の夕暮れ

風が冷たくて手袋をしない両手は痛むほどだった。
カンヒザクラがもう少しで満開。


小首をかしげる通りがかりの猫。



 




(α550+Minolta AF 28-80 F3.5-5.6)

コメント

雪の止んだ早朝

2014-02-16 23:37:48 | 風景

16日5時50分頃。
空は澄み切って深い藍色をしている。
月が煌々っと照って白い世界をより明るくしていた。



クリックすると大きなサイズに。
(RICOH CX6)

コメント

水車橋から寺家橋まで - 変わらない景色と変わる景色

2013-01-17 18:07:06 | 風景

水車橋から寺家橋まで - 変わらない景色と変わる景色

ヨーキーが元気な頃は寺家のふるさと村までよく散歩に行ったものだが、ここ数年めったに歩いては行かなかった。
昨日、「畑の中の車屋」に車検を頼むため久しぶりに訪ねた。



水車橋のすぐ近くで。 昔ここに中くらいの高さの木があって、夏の暑い日に木陰で休んだものだ。
この鶴見川沿いには全く木がないので、夏ずっと歩いていると、すっかりくたばって、この木陰にどれほど助けられたものか。
それがある日突然切られてしまった。
木を切るメリットは何があったの?
ほんとに川の管理者とかには「木を見て森を見ず」なる連中が多いと思う。



冬場はめったに来たことがないので、こんなに川が見られるとは知らなかった。
丈の高い草影からちらちら見える川しか知らなかった。



畑だったのにアパートが建っていた。
きっと持ち主が亡くなって、相続税を払うために売ったのだろう。



貸し工場は閉まったまま。
若者が数人昼休みバレーボールをしていることもあった。
こういう小さな場所を借りてやっていた精密関係の会社は他にも数件あったが、完全に姿を消してしまった。
寂しい。



比較的大きな建設会社があった。
寮と駐車場もあり、寮の隣には食堂があって夕食の支度をしている姿も見たことがある。
新築の家が建っている。



駐車場はアパートになっている。
後ろ向きに撮った写真で、ここを更に歩くと早野川が鶴見川に注ぐ場所だ。





早野川が鶴見川に注ぐ寸前に小さな橋が架かっているが名前がない。
勝手に早野小橋と名付けているが、渡り終わってすぐの光景。



ここは、川の向こう側、横浜市側も



川の左側、川崎市側も全く変化はない。
田んぼや畑の持ち主も健在なようだ。



↑ 寺家橋の上から川崎市側。



↑ 横浜市側。
ここから見た限り、大きな変化はない。

 

寺家橋をわたってすぐの畑。
ふるさと村の入り口だ。



少しズームすると、ふるさと村の畑や田圃の向こうはおびただしい家の群れ。



ここに野良の親子がいて、たまに訪ねても足音を覚えていてどこからか姿を見せたものだ。


(2009年)

母親の方はもう亡くなったのかな。
娘のネコはどこかで生きているだろうか。

なんとなくもの寂しい午後だった。

 

コメント

雪の止んだ朝

2013-01-15 11:05:18 | 風景
雪の止んだ朝

昨日降った雪は水気が多かった。
足跡のない雪道を歩くと水があふれて、靴がびしょびしょになってしまった。
今日はいい天気。

雪の止んだ朝3

雪の止んだ朝2

雪の止んだ朝
(RICOH CX6)
コメント

雨から雪へ

2013-01-14 11:35:35 | 風景


5時前目が醒めると雨音がしていた。
6時少し過ぎ早めに犬を散歩に連れ出すと、まだ暗く雨が降っている。

そしてふと気がつくと外は雪が激しく降っている。





1月に雪が降るなんて久しぶりのこと。

コメント

小さな風景

2012-11-30 05:54:55 | 風景

小さな風景

明日は誕生日。


(リコー CX6)

コメント

野分のまたの日の夕暮れ

2012-06-20 18:47:58 | 風景

野分のまたの日の夕暮れ








(リコー CX3)




コメント

朝霧

2012-04-12 06:30:00 | 風景

あさぎり



Photo_2

朝霧を見るのは何十年ぶりだろうか。
昔藤沢の勤務先まで車で通っていた頃6時には家を出ていた。
その朝は霧が立ちこめていたが、先が見えないことはなかった。
自転車に乗った男女の高校生が正面衝突したのには驚いた。




コメント

雪の朝

2012-01-24 20:39:12 | 風景





 (リコー CX3)

 

 

コメント

雪の朝

2011-02-15 20:08:58 | 風景


(ペンタックスK10D+DA FISH-EYE 10-17mmF3.5-4.5ED)

冬は、つとめて。
雪の降りたるはいふべきにもあらず。

早朝5時前、外に出ると明るい白い世界だった。
気温がぬるめで道は凍っていない。
結局高めの気温に救われて道が凍る事はなかった。







シナマンサク

     

コメント

大雨の朝

2010-12-03 10:44:35 | 風景

5時過ぎ、風が強くなったので、外に置いてある鉢が心配で行ってみる。
すごーい雨と風。
案の定シコンノボタンが横に倒れていた。
玄関の前に持ってくる。
他の軽い鉢も飛びそうだったので、位置をなおしたり、小さいものはまた玄関前に持って来たりする。
3,4分の動作なのに下着まで濡れてしまった。
こんな事は初めてなので、雨量は半端じゃなかったようだ。

雨が止むと青空が見えて、そのうち日が射して来た。
生暖かい。

シコンノボタン

(オリンパス E-520 +ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 MACRO)
うーん、キズモノになってしまった。


ダルマノコンギク
雨で汚れてしまった。


大雨の後の快晴。

 

コメント

クレマチス畑消える

2010-09-20 06:40:02 | 風景
涼しい風が吹いている朝ですが、湿度が高めです。

去年までクレマチスを栽培していた小沢さんがついに止めてしまいました。
「柿生」「麻生」「都築」「日枝」などのクレマチスの品種開発、挿し木による大量栽培技術を確立した小沢一薫さんが亡くなってから、規模を徐々に縮小して栽培を続けていた奥さんもついに諦めたようです。
「だって○○才だもの、無理よ」
夏も近づく○○のお年なのに、とても元気で毎日畑で働く姿を目にします。




(NIKON D50 + AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G)
後にハックが出来10月より営業します。

さて、尖閣諸島の領土を主張しだした中国。
海底資源があるとわかってからですね。
(メタンハイドレートという次世代の天然ガス資源、日本には100年分あると言われています )



私の甥が東南アジアにある工場を中国人売り渡す仕事をにまかされて、さんざん苦労しました。
平気で嘘をつく、約束を守らない、したたかで全く信用できない。
これが中国、中国人の実態ですね。
まぁ、お人好しで間抜けな日本人には理解できないでしょうが。 ベトナム人もしたたからしいですよ。
これまで数回日本の領土内、公海で潜水艦や軍艦を泳がせて様子を見ていた中国、こりやぁ、なんも出来ないな、と読んだのでしょう。
ついに沈まない不思議な漁船を体当たりさせて、行動に出ましたね。
日本のマスコミのスルーぶりもすごいですね。
もしかすると中国が攻撃してきてもお笑い番組を流しているのかな?
老練狡猾の中国が相手ではアメリカさんを頼るしかないでしょうね。
だって子分は子分の技量しか持ち合わせていないのだから。
コメント

雨の早朝

2010-04-16 16:51:57 | 風景
小雨降る寒い日です。
カリンを撮ったのだけど、うまくいかなかった。


(Canon EOS Kiss Digital N +EF 50mm f/1.8 Ⅱ)
早朝4時過ぎ、もう仕事なのか歩いている人がいる。
バスがないので駅まで歩いていくのだろうけど、始発って何時なんだろう?
雨で寒いし足取りも重かった・・・
コメント