だらだら無気力ブログ!

だらだらと毎日を過ごす映画好きな野郎のブログ。
映画の感想や日々の思ったことを書いてます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

くろねこルーシー

2012-10-23 00:01:29 | 映画(か行)

日本
ドラマ

    * * * * * * * *

『ハンサム★スーツ』などで俳優としても活躍する、お笑いコンビドランク
ドラゴンの塚地武雅が単独初主演を果たした心温まる人間ドラマ。
縁起をかついでばかりの不器用な主人公が、大嫌いだった幼い黒猫との出会い
を通して人生に開眼する姿を優しく描き出す。
『ねこタクシー』などで動物映画に定評のある亀井亨が監督を務め、ダメダメ
な夫を支える妻を癒やし系女優の安めぐみが好演する。
猫たちに生きるすべを教わる男の成長ぶりに感動する。
                                                              (シネマトゥデイさんより抜粋)
    * * * * * * * *

脱サラしてショッピングモールの一角で占い師を始めた鴨志田(塚地武雅)は、
一向に客がつかず生活に困っていた。妻(安めぐみ)にも別居を言い渡され、
息子(村山謙太)もなかなか彼に懐いてくれない。
そんなある日、迷信深くて黒猫嫌いの鴨志田は、アパートの前に放置されて
いた2匹の小さな黒猫たちを、カラスの襲撃から守るべく、やむなく部屋に
入れることに。
                                                              (シネマトゥデイさんより抜粋)
    * * * * * * * *

『キック・オーバー』を観た勢いで、続いて梅田ブルグ7にて鑑賞。

ルーとシーがデラ可愛くて、
   猫飼いたく衝動に駆られてしまう。

これ、元はTVドラマ版があって、映画版はTVドラマ版より前の時代で
主人公は、TVドラマ版の主人公の父親とのこと。
そういった事前知識を全く入れないで、ほのぼのできそうな作品かもって
ことで観に行ったんだが、予想通りほのぼのできた。

サラリーマン生活もうまく行かず、占い師になったものの、それでは満足に
生活できず、妻から別居されるダメダメな中年男が、ひょんなことから自宅
アパート前で2匹の黒猫の子猫を拾ったことをきっかけに、占い稼業が上手く
行きだし、妻や子供との関係や自分自身に正面から向き合い変わっていくと
言うもので、特に大きな事件もなく、悪人もおらず、まったりとした作品で
良かった。

まぁ何より黒猫の子猫・ルーとシーが部屋の中を所狭しと動き回る姿とか
ちょっとしたしぐさが可愛いくて、自分、犬派だけど猫好き度が大幅UP
した一本だった。


お薦め度:★★★★☆(4/5)

にほんブログ村 映画ブログへ

クリックしてくださった方、ありがとうございます。

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (7)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« キック・オーバー | トップ | アウトレイジ ビヨンド »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

映画(か行)」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

7 トラックバック

くろねこルーシー (萬歳楽の酒飲み日記)
公式サイト  http://kuroneko-lucy.info/ おいらは犬派なんだけど、塚地が主演なら観ても損はしないだろうということでの鑑賞。 テレビドラマの方は未鑑賞、と言うか、ドラマになっていたことすら知りませんでした。 脱サラしてショッピングモールの一角で占い師を...
くろねこルーシー/塚地武雅 (カノンな日々)
お笑いコンビのドランクドラゴンには特に惹かれることはないんですけど、俳優・塚地武雅さんには何故か凄く興味がわいてきてしまうんですよね。たぶん塚地さんが出演してきた映画 ...
映画『くろねこルーシー』 (ほし★とママのめたぼうな日々♪)
『幼獣マメシバ』『ねこタクシー』を観た時は 今度、この手の番組が作られたら 「テレビ放送から見逃さないゾ!」って、思いな
くろねこルーシー(2012-129) (単館系)
くろねこルーシー シネマート新宿 イヌゴエ、ネコナデ、幼獣マメシバ、ねこタクシー、犬飼さんちの犬 に続くシリーズ6弾。(シリーズだったんですね!) それの映画版を鑑賞。 脱サラしてショッピン...
映画・くろねこルーシー (読書と映画とガーデニング)
2012年 日本 時代は昭和 寂れたショッピングセンターの一角で占いを生業としている鴨志田賢(塚地武雅) 月の売り上げは10万円にも満たず赤字続き 師匠、新藤(佐戸井けん太)やショッピングセンターの管理部長、滝沢(直江喜一)からは何とかしろと責められ、...
『くろねこルーシー』をシネマート新宿2で観て、猫はともかく安めぐみだふじき★★★ (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【★★★女優がええねん】    まず、猫や犬については思い入れがない。 どれって話で言えば金魚かもしれないが、 あれは別になつくもんでもないしね。 だが、そも ...
くろねこルーシー (愛猫レオンとシネマな毎日)
「ねこタクシー」の亀井亨監督のねこシリーズ最新作。 前作の「ねこタクシー」を、どうしても見たくて、往復200キロの ドライブまでしたワタシ。 今回、近場のシネコンで上映してくれたので、ホント、助かりました(笑) もぉ~猫好きには、たまんない映画です! 特...